スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリアンパッシング!

片山さつき氏 反日中傷繰り返す韓国に状況次第で経済制裁も
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は外遊の先々で反日をアピールしている。欧州訪問では「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」などと日本を批判。朴大統領の「反日告げ口外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、繰り返されてきた。

 朴大統領が世界中で根も葉もない中傷話をばらまいていることに対し、そう冷静ではいられない勢力も現われてきている。

「ある総理側近の官邸スタッフは、先日の朴大統領の欧州歴訪を見て、『日本がコケにされ、黙っていていいのか。経済制裁を発動して、目に物いわせてやるべきではないか』と怪気炎を上げました」(官邸の中枢スタッフ)

 日本も韓国も加盟するWTO(世界貿易機関)は、よほどの理由がない限り加盟国間での経済制裁を禁じている。なので、経済制裁はかなりオーバーなリアクションではあるが、官邸内外に少しずつそうした対韓強硬論が聞こえ始めた。

 自民党参議院議員の片山さつき氏は、「韓国は経済的に見て、日本にとってなくてはならないマーケットではないので、当面はパッシング(無視)していればいい」と述べつつも、状況次第では経済制裁などの対抗措置を取ることも考えておくべきだと主張する。

「WTOの規定では、『安全保障上の問題が存在する場合』には経済制裁の発動が許されています。日韓間の安全保障上の問題とは、たとえば、朴大統領による竹島への強行上陸や、韓国軍による竹島占領の強化などが行なわれた場合などが挙げられます。

 ただし、安全保障上の問題とまではいえなくても、国際関係のルール上、“相応の対抗措置”をとれる場合もあると考えています。たとえば、現在、韓国の高裁で新日鉄住金や三菱重工に戦時微用工への賠償を命じる判決が出ています。

 もしそれが最高裁で確定するようなら、もちろん日本としては日韓基本条約で解決済みとして支払いを拒絶します。その際、韓国側が差し押さえなどの強制手段をとってきたらWTOなどに訴え、対抗措置を取ることはできるでしょう。

 どういう場合、どういった制裁や対抗措置を行ないうるかという具体的なことは申し上げられませんが、それらについて日本の外交当局と話をしたことはあります。感情論に走るべきではありませんが、粛々と、しかし断固たる姿勢を貫くべきです」

さつき女史のいう「韓国は当面はパッシング(無視)していればいい」という意見は賛成。
韓国:ジャパンバッシングするニダ。
日本:コリアンパッシングでOK!

こんな感じですかねぇ、。
解りやすいし、すっきりして良いんではないでしょうか?
もともと韓国は日本のストーカー的にまとわりついているんだから。
ストーカーには極力関わらないのが一番良い。
あまりにしつこいならば、実力で撃退する必要がありますが(経済制裁など)
経済制裁したら、スカッとするだろうけどねぇ。
経済制裁するのが国益かどうかの判断をするべきですね。
韓国に経済制裁することが国際社会で賛成される状態までは来ていないと思う。
もう少し後押しが必要ですな。
パククネにはもっと頑張って反日行動を推進してもらいたい。
こういう記事が公に出るようになったんですねぇ。
韓国への国民感情は、もう止まらないでしょう。悪くなる一方です。
韓国が態度を改めれば日本人の態度も少しは軟化するかもですが、韓国人が態度を改めることはないでしょう。
韓国と日本の歴史認識には大きな隔たりがある。
文化も人種も歴史も違うのだから、それは当然だ。
しかし、韓国側は日本側に可歴史認識を押し付ける。

日本は「つじつま合わず」 安重根問題で韓国
初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根を菅義偉官房長官らが「犯罪者」などと表現したことについて、韓国外務省の趙泰永報道官は21日の定例記者会見で「(日本が)こうした歴史に逆行する発言をしながら国際社会でより積極的な役割を果たしていくというのは、つじつまが合わない(言動)と言うしかない」と述べた。

 趙報道官は「日本は歴史を直視し、謙虚に反省しなければならない」と日本の態度を批判、「安重根義士は犯罪者ではない」と強調した。

 一方、東京の韓国大使館で1950年代に韓国政府が作成した植民地時代の強制徴用者名簿などが6月に見つかり、韓国政府がこれまで把握していなかった資料が含まれていたことで、韓国外務省は全ての在外公館にある資料の再チェックを始めた。

 趙報道官は既に10の公館で着手したと説明。「今回、重要な外交資料があまりにも遅く見つかった」と述べ、資料管理の不手際を認めた。(共同)

つじつまが合わないとか当たり前だ。
日本の物証に基づく歴史認識と、韓国のファンタジーに基づく歴史認識のつじつまが合うわけがない。
安重根義士は犯罪者ではないとか、韓国内で好きなだけ叫んでいればいい。
なぜ日本にそれを押し付けようとするのか?
日本の初代内閣総理大臣を、射殺したテロリストという事実は変わらない。
テロリストを英雄視する韓国人の価値観は世界でも疑問視される。
コリアンはおかしい、と国際社会が気づいてきています。
韓国 慰安婦問題を東南アジアに浸透画策も悪い印象を与える
SAPIO12月号では『韓国が背負う「嘘の代償」』と題する大特集を組んでいる。韓国の朴槿惠大統領は就任以来、ことあるごとに「慰安婦問題」を世界に広めようとしてきた。海外訪問先のアメリカやフランスでも「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」「日本はドイツに見習うべきだ」などと批判を繰り返している。しかしこうした告げ口外交は自らに跳ね返ってきかねない。在米ジャーナリストの高濱賛氏がレポートする。

 * * *
 外交の場で日本を貶め続ければ、韓国は世界からそっぽを向かれることになる。新たな成長市場として世界から注目される東南アジアについて評論家・江崎道朗氏はこう語る。

「東南アジア諸国では、華僑を除けば韓国が主張する慰安婦問題についての関心はほとんどない。外交は虚実織り交ぜた駆け引きの世界だと考えているから、韓国の言い分を額面通り信じてもいない。

 そもそも様々な分野で韓国への印象が悪い。たとえばインドネシアは韓国から武器や家電製品を輸入しているが、その性能の低さが反発を呼んでいるし、韓国人ビジネスマンや観光客のマナーの悪さにも辟易している。一方、日本には好意的な印象がある。

 そうした土壌の中で日本政府が慰安婦問題についての正しい文献や書籍を現地のマスコミや大学・研究機関に提供し、また巡視船の提供など東南アジア各国の実利になるような政策を進めれば、『頼りになる日本のことをとやかく言う韓国はおかしい』といった気運は高まっていくはずだ

 韓国の与党議員らは10月中旬、「慰安婦の記録物(*注)が世界記録遺産に登録されるよう、東南アジア各国と連携して作業を進めるべき」と主張した。

 そんなデタラメを東南アジアにまで押しつければ、韓国はさらに信用を失い、成長著しい新興市場をみすみす失うことになるだろう。
【*注】元慰安婦が共同生活を送る「ナヌムの家」などに所蔵される日記や写真。ただし、日本軍による強制連行があったとする元慰安婦の証言を裏付ける史料はない。

このままコリアンパッシングを続けよう。
それだけで韓国は勝手に滅んでいく。

愉快だろうなぁ(笑)

応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

韓国の孤立化を促進させよう。

日韓の「潜在的時限爆弾」 2015年問題とは
なかなか改善がみられない日韓関係。しかし両国間の関係には「潜在的時限爆弾」がある。

 中国の「戦略的反日」に便乗するように「反日悪罵」を吐いている韓国。歴代大統領は就任当初は未来志向をとなえ、政権末期に反日に走るのが常だった。だが朴槿恵(パククネ)大統領は就任早々から反日全開、米中トップとの首脳会談で日本批判を繰り返し、安倍晋三首相との会談は「過去の歴史解釈が道徳的でない」と拒否し続ける。

日本を外し、米中双方とうまくやろうとの二股外交が朴政権の戦略だ。米韓軍事同盟を維持し北朝鮮への軍事圧力を強める一方、韓国の最大貿易相手で北朝鮮に影響力を持つ中国との関係深化を狙った。米国で慰安婦問題をカードに日本を叩き、日本の評判が落ちれば日米離間が可能と考えた」(木村幹・神戸大学大学院教授=韓国政治)

 が、海洋覇権をめぐる米中対立が容易に解けるはずもなく、オバマ政権が日本の集団的自衛権行使検討を歓迎したことに韓国は大ショック、韓国メディアも「日韓首脳が会わないのは異常」と主張をやや転換した。

 日韓の「潜在的時限爆弾」が「2015年問題」だ。国交正常化(1965)50周年の年に、外交関係の礎である日韓基本条約と請求権協定が破綻するのではないかというのだ。

 植民地時代の請求権は、日本が韓国政府に巨額の賠償金を払うことで決着。協定に「完全かつ最終的に解決された」と明記され、個人補償分もそれに含まれた。だが韓国側が条約見直し要求の動きを見せつつある。

「日本企業に戦前徴用された韓国人の賠償請求訴訟の大法院(韓国の最高裁)判決が近く予想されるが、原告勝訴の可能性が高い。そうなれば、個人補償は解決ずみとの協定が崩れかねない。条約見直し要求がメディアで高まれば韓国政府も対応を迫られる。日本政府は応じまいが、関係は一層悪化する」(浅羽祐樹・山口県立大学准教授)

韓国が目論むのは、中国とアメリカの二股外交で韓国の存在感を示しつつ、日本を阻害して自国の自尊心を満たすというのが基本的外交のようです。
アジアのバランサーになるニダ。
・・・・お、おう、まぁ頑張ってくれ。出来るわけがないけどな。

本来、大国の同士のバランサーになるのは、大国でなければ出来ません。
それも状況が限定されています。
大国どうしが戦争、もしくはそれに近い関係が続き疲弊し、関係修復を望んでいる。
その関係修復を、第三者の大国が取り持つことならべ十分可能です。
アメリカと中国は戦争状態でもないし、今は関係修復を望んでいません。
むしろ、互を覇権主義と認識し牽制し合っている状態。
その中に、韓国のような中堅国があいだを取り持とうとしても「何このうざい国」となるのが当たり前です。
呼ばれて無いのにしゃしゃり出るうざい国と思われるのが韓国。
呼ばれてないのにしゃしゃり出て、話す言葉は日本が悪いニダ、なんだから中国はともかくアメリカは意味がわかんないだろうなぁ。

ヘーゲル米国防長官 訪韓時の朴大統領の日本批判に苛立った
11月上旬に欧州歴訪を行なった韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は行く先々で反日を猛烈にアピール。「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」などと“告げ口外交”を行なった。

 朴大統領の「反日憎悪外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、事ある毎に行なわれてきた。

 今年5月、初訪米でのオバマ大統領との会談では「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と“直訴”。9月末に訪韓したヘーゲル国防長官との会談でも、歴史問題や領土問題で日本を批判したのである。

 魂胆はミエミエである。朴氏は強大な同盟国であるアメリカを味方につけ、日本を叱ってもらえば、日本がキャンと鳴くと踏んだのだろう。

 残念ながら、その思惑は裏目に出た。10月3日、日米両政府が東京で開いた安全保障協議委員会にヘーゲル国防長官が出席。その場で、「集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の修正」を支持すると表明した。朴氏が必死になって憲法解釈の修正を批判してきたにもかかわらず、アメリカはそれをあっさりと袖にした形だ。

「ヘーゲル氏は訪韓時、朴大統領に持論の日本批判を並べ立てられて苛立っていた。他に重要な外交課題を持って行ったにもかかわらず、関係ない話ばかりされたからだ。今回、日本の憲法修正支持を表明したのは、朴大統領への当てつけだと見られている」(外務省筋)

最近の韓国の外交優先順は「どうやって日本を陥れるか?」になっているように思う。
本来ならば、どうやって国益につながる外交を行うか?が優先順位が高いはずなのに。
日本を陥れることに必死になって、本来行うべき外交を行えていない。
アメリカからしたら、韓国は自分たちで国を守ろうとしない自立していない国、です。
"米国防総省、韓国 戦時作戦統制権転換 再延期要求に失望感"
韓国が2015年末に予定されていた戦時作戦統制権(戦作権)転換日程を再延期してほしいと要求していることに対して、米国国防部と議会の一角で失望感と嫌気を感じていると<ワシントン ポスト>が30日(現地時間)伝えた。
この新聞は「米国は最近数年間、韓国軍に戦作権の委譲を説得しようと試みてきた。 しかし韓国の前・現職政府は繰り返し委譲の延期を要請した」として「これは韓国軍が米軍の指導力なしに作戦を遂行できるかという疑問を増幅させている」と報道した。 新聞は更に「韓国政府の官吏たちが今夏から戦作権転換延期のための公論化に乗り出しているが、米国の官吏たちはこれに同意していない」として「一部の官吏らは韓国が自身の国防に責任を負いたがらないことに対して不満を表出している」と付け加えた。

自分たちで国を守ろうとせず米軍に依存する韓国が、自衛権を強化して自分で国を守るという気概を見せる日本を批判しているわけです。
アメリカからしたら「何言ってんのお前たち」となるのは当然でしょうね。
アメリカからこのように思われており、韓国が擦り寄るのは中国となるのですが。
最近の中国にも少し動きがあるようです。

「中国外交に軟化の兆し?」 政府、習国家主席の重要講話を分析
政府は、中国の習近平国家主席が10月下旬に出した重要講話を基に「中国の外交姿勢が軟化しつつある」(政府筋)との見方を強め、動向分析を本格化させた。注目点は習氏が周辺外交について「(相手国の)感情を重んじ、常に顔を合わせ、人心をつかむ必要がある」と述べたこと。共産党最高幹部7人全員を集めて開かれた異例の座談会で発表された。

 佐藤地外務報道官は13日の記者会見で「(中国が)実際の行動で外交を展開するか、関心を持って注視したい」と強調。谷内正太郎内閣官房参与も11日の講演で「中国と対話を進める努力が必要だ」と訴えた。

 ただ習氏は周辺国の具体名に触れず、日本を念頭に置いているかは不明。公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵入も断続的に起きており、官邸筋は「楽観視できない」と指摘する。

自分は日中首脳会談には賛成です。
日本と中国で仲良くやれというのではない。
必要なことに話し合い、取り決めをしておくべきと思うのです。
尖閣での不慮での事故が、戦争に突入しないようにホットラインの作成をしておくこと。
中国は価値観も政治方針も違いますが無視できない強国です。
必要最低限の国際交流は行うべき。
にこやかに握手し、机の下で蹴り合うという外交の基本を推進すべきです。
嫌いな国だから、国交など要らない、なんて韓国人がいうような事は言わないようにしたい。
中国との国交は国益に適うから、です。
韓国との国交は国益に適いません。
付き合えば一方的に助けることになります。そして感謝もされない。
これでは付き合う意味ないですからね。
しかし、日本とアメリカの協力関係は強化。
そして日韓首脳会談に先駆けて、日中首脳会談が行われたとき。
パククネはどうするんだろうか?
自国が望んでいたアジアのバランサーを日本が行いそうにある危険性を感じるでしょう。
必死で日韓首脳会談を行うように方向転換するのか?
それとも強硬に日韓首脳会談を拒否するのか?
どっちにしても日本政府には今までと同じ方針を貫いてもらいたい。
韓国を無視続ける。
それが日本の国益です。


クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


理想の日韓関係形成のために。

さて、復帰後一作目はやはり韓国関連から書いていきたいです。
この文春が報じた安倍さんの「韓国は愚かな国」発言。
本当のことを言われて怒るのが朝鮮人クリティです。
と一行で解決しちゃうのですが(笑)
それだと物足りないので、いろいろ書いていきますね。

安倍首相が「韓国は愚かな国」と発言か、韓国メディアが一斉に報道
14日に発売された週刊誌・週刊文春が、安倍首相の側近の発言として、安倍首相が「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」と語ったと報道した。韓国国内では、安倍首相が韓国をおとしめる発言をしたとして、各メディアが15日、一斉に報じた。
  韓国メディアは、安倍首相は14日には、日本を訪問した韓国の国会議員などに会い、年内の首脳会談の開催を強く希望していたと紹介。しかし、週刊文春が伝えた安倍首相の発言は、日中韓首脳会談を望む最近の態度とはまったく異なるものであり、2つの顔があると指摘。「本性があらわになった」、「安倍がまた妄言」、「韓国をおとしめる発言」などと非難した。
  また同誌の記事では、日本統治時代の強制動員被害者らに、日本企業が賠償しなければならないとの判決が韓国国内で続いていることに関連し、「日本企業が賠償金を強制的に徴収されれば対抗措置は、(韓国への)金融制裁しかない」という見方があると紹介された。
  もし安倍首相が、実際にこのような発言をしていた場合には、日韓関係の悪化は避けられず、波紋が広がると伝えた。
  しかし、韓国政府は、安倍首相の直接の言葉ではなくメディアの引用報道という点を挙げて、公式な対応を自制する立場を取るとみられている。

中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ、か。
安倍さん、本音言いすぎ(笑)
しかし、安倍さんはこれを本当に言ったのかね?
最近の慎重な安倍内閣の運営を考えると、実際にこういうことをしゃべるほどの脇の甘さは感じられない。
あるとするならば、よほど身近な人の集まりでの発言か、もしくは計算的にリークしたかですね。
そういえば飯島勲内閣官房参与が、週刊文春で連載を受け持っていましたね。
産経にそういう記事が残っていました。
妄想・暴走「韓国」のネタ席巻の雑誌界
『文春』で飯島勲内閣官房参与のコラム「激辛インテリジェンス」が9カ月ぶりに復活。今後、毎週、目が離せない。今号で飯島さんはこう言っている。
 〈(中国に対して)安倍首相は毅然として安易に譲らない姿勢が大事さ。オレは「首脳会談まで三年かかろうが五年かかろうが知ったこっちゃない」と平気で中国側に言ってるもの〉
 韓国に対してもそうあるべきだ。

この飯島氏の意見に100%同意します。
ちなみに、飯島勲氏とは、Wikiではこういうふうに書かれています。
メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローブ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。
この「官邸のラスプーチン」がある目的をもって、文春にリークしたのだとしても自分は全く驚きません。
当然、安倍さんは「黙認」程度はしているでしょうね。
わざとリークしたのなら、安倍さんもしたたかになったと思うなぁ。
当然非難しているのではなく、心強いと褒めています。

この文春の記事が記載された結果、日韓関係にどのような影響を与えたかというと。
韓日協力委に出席の安倍首相、「リップサービス」ばかり
安倍晋三首相と麻生太郎副総理が15日、東京で開かれた韓日協力委員会の総会にそろって出席し「(両国で)未来志向の関係を構築していきたい」と強調した。1969年に韓日の政治・経済・文化人の交流や理解拡大を目的に作られた韓日協力委員会の行事に日本の現職首相が出席したのは初めてだ。

 安倍首相は13日にイ・ビョンギ駐日韓国大使、14日に韓国の国会議員らと会い、首脳会談の早期開催など韓国との関係改善の意向を明らかにした。しかし、安倍首相は両国間の関係改善で最大の障害となっている歴史認識問題については言及しなかった。

 安倍首相は同日、総会のあいさつで「両国は1965年の日韓国交正常化以来、さまざまな課題を克服し、関係を強化してきた。両国の発展のために手を取り合って協力しなければならない。現下の東アジア情勢を考えたとき、両国は米国の同盟国であり、日韓そして日米韓3カ国の緊密な連携が戦略的に非常に重要だ。今後も大局的な観点から協力を強化し、重層的で未来志向の関係を構築していきたい」と述べた。これは、中国・北朝鮮をけん制するには韓日両国の協力が重要だと強調したものだ。安倍首相の祖父・岸信介元首相は韓日協力委員会の日本側初代会長を務めている。

 韓日協力委員会の日本側新会長に就任した麻生太郎副総理も「両国は最も近い隣人。困難な問題がある時期こそ対話が重要だ」と首脳会談の早期開催の必要性を強調した。麻生副総理は首相経験者で、第二次世界大戦の戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を毎年参拝しており、韓国関連の妄言も多いことで知られている。韓国側は事前に麻生副総理の会長内定を知らされ、日本側に懸念を表明したが、日本は任命の方針を変更しなかったという。

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は総会に寄せたメッセージで「両国は価値を共有する隣国であり、信頼を土台に、未来志向の関係を発展させていかなければならない」と述べた。安倍首相は朴大統領のメッセージが読み上げられる前にスケジュールの都合で会場を後にした。

 一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「安倍首相が『韓国はただの愚かな国』と語ったと」と報じた週刊文春の記事に言及し「(安倍首相が)そんなことを言うわけがない」と否定した。韓日協力委員会総会に出席した韓国の国会議員7人はこの日、同誌の記事に関連した声明で「韓日関係の悪化をもたらすものとして深刻な懸念を表明する。日本政府は記事の内容が韓日関係に及ぼす否定的な波長を十分に認識し、事実関係をすぐに明らかにし、責任ある措置を講じるべきだ」と述べた。そして議員らは開会式には出席したものの、抗議の意思表示として日本の議員らとの昼食会などほかの行事には出席しなかった。

この記事面白いです。
安倍さん、麻生さんそろい踏みで出席した韓日協力委員会の総会のこと。
安倍さん:日韓そして日米韓3カ国の緊密な連携が戦略的に非常に重要だ。
麻生さん:困難な問題がある時期こそ対話が重要だ
と、言っているのに対して韓国は、麻生さんの会長内定に懸念を表している。
韓国は相変わらず失礼な対応しており、その失礼さに自覚がない。 
日本に対して失礼なことを散々しておきながら、自国の悪口には、日本の一週刊誌の記事にさえ敏感に反応する。

馬鹿すぎるでしょ→知っていたけど。
まぁ、今回は日本も少々失礼な対応をしたように書いているけど。
安倍首相は朴大統領のメッセージが読み上げられる前にスケジュールの都合で会場を後にした。
ヒステリーおばさんの言動を聞く暇はなかったようです(笑)
口を開けば日本に対して的の外れたクレームしか言わないパククネ。
さながらモンスターペアレンツならぬ、モンスタープレジデントというところでしょうか。
そもそも、パククネ本人が来ているのではなく、メッセージを読み上げるだけなんです。
一国の首相と副首相が揃って貴重な時間を使って出席したことに感謝するのではなく。
パククネのメッセージを聞くまで在籍していなかったことを非難する。
他者への感謝は感じず、自分たちへ非礼に対してだけは敏感。
それが朝鮮人クオリティです。
まぁ、なんだかんだあって、結局韓国の議員らは開会式には出席したものの、抗議の意思表示として日本の議員らとの昼食会などほかの行事には出席しなかった。
つまり、韓国との関係改善に努力しているように見せかけ、実際の接触はなるべく避ける。
理想の日韓関係が実現できていると思います。

日本側からは菅官房長官が文春は嘘記事だよ(棒)と言っています。
日本の週刊誌の記事に踊らされる韓国議員。
この絵図を書いた人がいるとするならば「韓国人操りやすい(笑)」と大笑いだろうなぁ。

最後にもう一つ記事を。
「日本の態度の変化なしに韓日関係の改善なし」
前略~大統領府は、安倍晋三首相が、機会があるたびに韓日首脳会談について言及していることについても、ほかの意図があると考えている。

 ある関係者は「安倍首相が朴大統領のメッセージに対し答えを出すべきなのに、ただ首脳会談をやろうという話ばかりしている。これは国際社会に対するアピール作戦ではないか」と語った。

 日本による集団的自衛権の行使などの懸案をめぐり、米国側が「韓国側は過度にデリケートな反応を示しているのではないか」というムードが形成されていることにも、大統領府は神経を尖らせている。
 これについて朴大統領は9月30日、チャック・ヘーゲル米国防長官と会った際、安倍首相について「たびたび時代や歴史に逆行する発言を繰り返す(日本の)指導者」と述べた。当時、大統領府は日本に関する朴大統領の発言だけを別途に公開した。

 このような状況にあるだけに、韓日関係の改善は当分難しいのではないかとの見方が広がっている。大統領府の関係者は「国際社会で通用する普遍的な論理に基づき、冷静に対処する必要がある。時間をおいて解決していくしかない」と語った。

流石にこのままではヤバイのではないかと韓国人もわかってきたようです。
しかし、わかってきたからといって、反日傾向を変更するわけにはいきません。
経済立て直しも、年金見直しもうまくいっていないパククネが唯一韓国国民にアピールできる政策が「反日外交」
そもそも、あからさまな「反日外交」はレームダック予防策としてとっておくのが韓国の韓国大統領の常。
政権末期に取っておくべき伝家の宝刀を抜きまくっているのです。
これからパククネは何もできることはないような気がします。
自分から日本に擦り寄ることは絶対にできない。
だからこそ「日本が態度を変えないと、どうしようもない」と言っているのでしょうね。

まぁ、それは韓国の事情。
日本は韓国と付き合わなくても何も困らない。
むしろ「仲の悪い隣国」の国内事情に漬け込んで、今のうちに散々韓国の国際的評判を落としておくのが日本の国益だ。
韓国大統領に、国際社会で眉を顰めるような反日言動を繰り変えさせる。
そうすることで、日本が韓国に対して非協力的な態度をとっても正当化できる国際世論を形成できる。
韓国を徹底的に無視して、かかわり合いを持つことを避ける関係が自然と出来てきている。
安倍内閣は、それを着実に遂行しているように感じます。
時間をおいて解決していくしかないと韓国関係者は言っています。
同感だ、日韓の関係改善には1000年位の時間をかけたほうが良い。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

がんばれパククネ、負けるなパククネ(笑)

ヨーロッパを外遊中の韓国大統領パククネは相変わらず「日本が~」発言を繰り返しているようです。
「日韓首脳会談は行わないほうがましだ」とか言ったようです。
この調子で頑張って欲しいですな(笑)

日本との首脳会談、意味なし=歴史問題で態度不変なら-韓国大統領
【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は、英BBC放送(電子版)が4日伝えたインタビューで、従軍慰安婦問題など歴史問題で安倍政権が前向きな姿勢を示すまで日韓首脳会談は困難との認識を重ねて強調した。
 大統領は「(日本は)重要な隣国で、ともに協力することも多い」と述べながらも、日韓関係改善を困難にしている例として、特に慰安婦問題を挙げた。
 その上で「そういう問題が一つも解決されず、日本が考えを全く変えるつもりがない状況で、歴史認識について日本の一部指導者が今後もそういう(反省しない)発言を続けるなら、会談しない方がましだ」と表明。「『過ちはない』として謝罪する考えもなく、苦痛を受けた人を冒涜(ぼうとく)し続ける状況では(会談しても)一つも得るものはないのが現実だ」と語った。 
 一方、「米中関係は、建設的な方向に発展している。われわれには米中両国との関係がともに重要だ。さらに発展させるよう努力している」と強調した。(2013/11/04-12:54)

歴史認識について日本の一部指導者が今後もそういう(反省しない)発言を続けるなら、会談しない方がましだ、か。
その件に関しては完全に同意する。
日韓首脳会談など行っても何も得るものがない。

しかし、ヨーロッパにいってまで反日反日とにかく反日。
お役目ご苦労さんですなぁ(呆)
もう、元いじめられっ子が、自分がいじめられる前に誰かをすケーピゴートにしようとしている状態ですな。
そういうことする奴は、大体周りにハブられて自分が虐められることになるんだけど。
ま、それも自業自得、全く同情の余地はない。
最近思うのが、韓国の中国化です。
習近平も安倍さんとの首脳会談を逃げ回っている。
中国ははあらかじめ「何らかの約束事」が交わされないと首脳会談をしないと決めている。
中国に「お土産」がないと会談ができない状態です。
日本との会談で、何らかの「誇るべき成果」を得ないと、国内の世論が許さない状態です。
韓国も全く同じです。
日本との首脳会談で、「誇るべき成果」が無いと、韓国民は納得しないでしょう。 
しかし当然、日本は韓国に譲歩する必要は全くない。

譲歩されないとなると、パククネは会談はできません。
自分の政権が持たないから。
過去の大統領は、支持率が下がると「半日ブースト」という伝家の宝刀を振り回して支持率を回復していましたが。
既にパククネは伝家の宝刀を抜きまくっています。これでもかこれでもかというくらい。
支持率が下がってきたらどうするんでしょうね?

しかしヨーロッパも迷惑だなぁ。
「日本が間違った歴史認識を正すべき」と言っているけど。
外国の方も今までは「ほう、日本はそんなにひどいことをしたのか?」と受け止めていただろうが。
毎回毎回これだと流石に「またそれ?なんで日本に言わないの?」となるだろう。
このまま続ければ世界が韓国の異常性に気づく。
もう少ししたら「やれやれ、隣国がアレで日本は大変だなぁ」と同情される日も近いんじゃないかなぁ。
その日が来るまで頑張れ、パククネ。

外国どころか韓国内のマスコミも、韓国内でも行き過ぎたパククネのパフォーマンスを問題視しているようですが。
日本無視の「朴槿恵外交」に韓国でもいらだち 国際的な孤立自覚か
ソウル=黒田勝弘】韓国では朴槿恵(パク・クネ)政権が2月にスタートして以来、いまだ日韓首脳会談が開かれないことに、いらだちが出始めている。朴大統領は今週末から英仏などヨーロッパ訪問に出かけるが、これまで国際会議への出席も含め、米中露や東南アジアはすでに訪問しており、日本だけを避けている感じだ。

 日本を“無視”するような朴槿恵外交に主要メディアや知日派の間では不安と不満が出ている。朴大統領に対し「被害者意識からの脱皮」(朝鮮日報)や「嫌いな人とも対話」「冷静で理性的な国益計算」(中央日報)を求め、「首脳会談で両国間の葛藤を克服すべきだ」(同)として「朴大統領の決断がカギ」(東亜日報)としている。

 また安倍晋三首相をはじめ日本側がしきりに会談を呼びかけているのに対し、朴大統領がこれを拒否しているという図式に「外交当局者も負担を感じている」(外交筋)といい、「米国をはじめ国際的にもクビをかしげる向きが多い」(同)という。

 朴大統領が安倍首相との首脳会談になかなか腰を上げない背景には、安倍首相に対し「右傾化」とか「軍国主義復活」などと非難を続ける韓国内の世論がある。就任以来、日本に対し「正しい歴史認識」を要求してきた手前、雰囲気がよくないというわけだ。~以下略。

韓国内の(珍しく)理性的な声に耳を貸さず、我が道を歩んでくれ。
千年先も「日本が~」ってやる予定なんだろ?
まだ一年も終わってないからね。
パククネには、このまま妄念的な反日行動を取り続けてもらいたい。
日本は「助けず、教えず、関わらず」が正当化できて大助かりだ。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



全力で日韓首脳会談を阻止しよう。

韓国大統領が欧州歴訪、就任年最後の外遊に 日本訪問の見通しなし
韓国の朴槿恵大統領は2日、欧州歴訪のためソウル近郊の空港から特別機で出国した。フランスと英国、ベルギーを訪問し9日に帰国する。

 今年2月に就任した朴氏にとって、年内は最後の外遊になる見通し。朴氏は就任後、米中やロシア、ベトナムなどを訪問したが、日本訪問が実現する見通しはない。

 フランスではオランド大統領と、英国ではキャメロン首相とそれぞれ首脳会談を行う。英国はエリザベス女王が国賓として朴氏を招いた。ベルギーでもディルポ首相と会談するほか、欧州連合(EU)本部を訪問する。(共同)

パククネ大統領が日本を訪問する予定はないそうですな。
朗報だ。
このまま大統領退任まで日本の地を踏ませないように頑張ろう。

どうせ韓国に関わってもねぇ。
慰安婦への謝罪と賠償が必要ニダ・・チラッ・・とか。
もうすぐ並唱オリンピック開催するニダ・・チラッ・とか。
スワップ・・増額してもいいニダ・・・チラッ・・とか。
韓国の文化財をあるべき場所に戻すべきニダ・・・チラッ・・・・とか。
要求するばかりで、日本には何もメリットはない。
韓国側は、何して欲しいとか何をするべきだとか、だだを込めるガキのように要求するだけでいいけど。
その要求を日本が適えてあげないと知ると「裏切られたニダ」とか言い出す。
さんざんディスカウントジャパンで日本を貶めておいて、都合の良時だけ未来志向で協力関係をとか言われても日本国民は納得しない。
もう、昔とは違い韓国のゲスなやり方は知れ渡っているのだ。
日本の敵国を助ける必要がどこにある。 
日本の国益は、全力で日韓首脳会談を阻止することだと本気で思う。


フランスでも楽しく、必死で日本を貶めているようです。
欧州統合見習え=韓国大統領、フランス紙にまた日本批判
【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は2日、フランス訪問を前にソウルで仏紙フィガロのインタビューに応じ、冷え込む日韓関係に関し「日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい」と語った。聯合ニュースが報じた。
 朴大統領は「われわれは両国関係を未来志向の関係に発展させたいが、一部の日本の政治家らが歴史に関し、しきりに退行的な発言をするので遺憾だ」と主張。 「欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった」と述べ、関係改善に向け日本がまず積極的な姿勢を示すよう求めた。 
 朴大統領はメルケル独首相やヘーゲル米国防長官との会談でも同様の日本批判を展開。日本側は反発を強めそうだ。(2013/11/02-20:37)

日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい?
利いたふうな口をきくな!!!
欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった?
ドイツは国家的な賠償は行っていませんが。
あくまでナチスの犯罪の賠償として個人補償を延々と行っている。
それは虐殺を行ったのが歴史的真実だからだ。
日本が韓国に行ったのは歴史的虐殺か?
人口を1300万人から2600万人に増加させ。
医療制度の整備や疫病の防止に努め平均寿命が24歳から56歳に増加させ。
学校を作り、識字率が61%を超えた(1944年時、併合時は4%程度と推定されている)
韓国人を近代化させたことは歴史的犯罪行為だったか?
確かにそうかもしれない。
未来永劫まで途上国だったほうが世界のためだったかもしれないなぁ。
ドイツを見習えというが、ドイツを見習って個人賠償を行ったほうがいいのか?
そうすると、朝鮮半島に資産を遺棄してきた日本人の個人補償も復活する。
韓国政府が、個人賠償を原則とすると主張するのであれば、 日本人にも韓国政府が個人賠償するべきだ。
日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約
韓国に対する日本の経済協力、及び、両国間の財産、請求権の完全かつ最終的な解決[編集]
1949年、韓国政府は「日本が韓国に21億ドル(当時)+各種現物返還をおこなうこと」を内容とする対日賠償要求を連合国軍最高司令官総司令部に提出しており、日韓基本条約締結のための交渉の際にも同様の立場を継承したうえで、韓国側は対日戦勝国つまり連合国の一員であるとの立場を主張し[7]、日本に戦争賠償金を要求した[8]。
これに対し日本側は、韓国を合法的に領有、統治しており、韓国と交戦状態にはなかったため、韓国に対して戦争賠償金を支払う立場にないと反論し、逆に韓国独立に伴って遺棄せざるを得なかった在韓日本資産(GHQ調査で52.5億ドル[9]、大蔵省調査で軍事資産を除き計53億ドル[10])の返還を請求する権利があると主張した。
日本の対韓請求権に関しては、韓国が米国に照会して日本の対韓請求権は存在しない事を確認し[11]、日本政府も日韓会談の過程でそれを受け入れた。[要出典]

まずは53億ドル、当時レートは1ドル360円で計算すると、1兆9080億円払ってからにしてもらおうか?

彼らは「そんなことはできない」と分かってはいるようだけど。
「司法の独走」懸念も 挺身隊判決 韓国政府、苦しい立場
【ソウル=加藤達也】韓国人の戦時徴用労働者が三菱重工業を相手取った損害賠償請求訴訟で、韓国の光州地裁は対日請求権は有効との判断を示した。

 日本政府や企業は日韓請求権協定(1965年)により、請求権は「消滅した」との立場だ。韓国政府も従来、元徴用労働者らの個人請求権は消滅したとの立場だった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は2005年、「個人の財産権や強制動員の被害補償問題の解決金など」については、協定締結当時に日本側が拠出した3億ドルの無償経済協力に「含まれている」との見解を明示していた。
 ただ、最近の韓国の司法判断は異なる。1日の判決は韓国最高裁が昨年5月、三菱重工や新日鉄住金が被告となった別の2件の訴訟で、「個人請求権は消滅していない」とした判断に沿ったものだ。

政府の従来の立場とも相いれない司法判断が定着しつつあるなか、韓国政府内でも「司法の変質」が日韓関係をさらに悪化させかねないとの懸念が出ている。
 韓国外務省報道官は判決をふまえ、「司法手続きが進行中だ」と政府としての立場表明を回避。この問題をめぐる韓国政府の苦しい立場をにじませた。
 韓国政府の複数の高官は最近、在韓の日本メディアに「司法判断を尊重せざるを得ず、介入と取られかねない働きかけはしない」との姿勢を示しており、日韓関係のさらなる悪化を食い止めるため、朴槿恵(パク・クネ)政権が政治的リーダーシップを発揮するかは不透明だ。

そもそも、韓国政府は既に日韓基本条約で金を受け取ったんだから、個人保障は韓国政府がすべきだ。
それを行うと「親日政権だ」と批判され政権が持たないので、すべてをほうっかぶりして日本に解決を預けている。
本来自分たちで解決すべきことを「日本が払うニダ」と言って知らんぷり。
日韓基本条約で個人保障は韓国政府が行うと条約を交わしている。
国家間条約は国内法より優先されるのが国際的常識だ。
いくら韓国政府が常識知らずといってもいい加減にして欲しい。
こんなふうだから韓国人とは出来るだけ関わりたくはないと日本人が思うのだ。
もう一度繰り返します。
日本の国益は、全力で日韓首脳会談を阻止することだと本気で思う。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。