スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢できずにツイッターで活動中。

3月末までブログの更新はしないと書いたのですが・・・・。

スマホで新聞記事とか読むと、どうしてもそのことについて書きたい思いがつのり。

ツイッターでつぶやいています。

ブログのように熟慮せず、反射とひらめきで書いています。

文字制限もあり、ブログのように読んでもらっても楽しんでもらえるかは不明ですが。

よろしかったらフォローしてください。

https://twitter.com/kiichi43_1

休憩時間や移動時間でパッと書いているので時間も掛からないし。

息抜きに最適ですね(笑)

中国の横暴には憤りを感じて書かずにいられないし。

左巻きの人々には呆れてつぶやきたくなるし。

K国の悪口書くのは楽しくて息抜きになる。だって本当に馬鹿なんだもん。

あ、のめり込まずにちゃんと勉強も頑張るのでご心配なく。

自分の記憶力の低減に愕然としていますが。

日々努力中。

だけど、ブログもたまには更新しようかなぁなんて気持ちが揺れています。

だってパソコンで文字打ち込んでると、やはり楽しいもの。

超不定期で更新するかもなので、気が向いたら見に来てくださいね。

ツイッターも楽しんで、勉強も頑張ります。

それと、感謝の言葉を。
NPさん、FRUGさん、オッドアイさん、嫌韓になりましたさん、ただの主婦さん、ケンさん、ふすべ庵さん、*さん、案山子さん、アジシオ次郎さん、名無しで書いてくださったかた、メールで書いてくださった方、応援コメントありがとうございます。
持ってくれる人がいる自分は、幸せ者だとしみじみ思う。
皆さんの期待に応えられるよう、頑張っていきます。

ではでは。
スポンサーサイト

無念ですが、しばしのお別れ。

諸事情により、ブログの更新を行うのが難しくなりそうです。

本当に申し訳ありません。

この前の出張関係で再開したばかりなのに、この状況で休むのは心苦しいのですが。

なんだか仕事関係での要求が自分が思う以上に厳しくなってきています。

会社に望まれることは喜ばしい事なんだとは思うのですが、私生活の時間が奪われるのが厳しい。

この前の休みで落ちたランキングも、皆さんの応援であっという間に復活しました。

さて、これからまたバリバリ書いていこう、というところなんですが。

ちょっとした試験を受ける必要がでまして。

試験勉強をしながらブログ更新していくのも厳しい(ブログ更新は一日2時間は費やします)

若い頃に比べると、信じられないくらいに記憶力は落ちているし。

覚えたはしから忘れていく状況。本当にどうなっているんだろう、自分の記憶力は。

ちょっと、勉強に専念せざるおえないなぁ、という結論です。

おそらく、再開は3月以降です。

3月までがっつり勉強して試験に一発合格します。

3月末に試験の結果が出ますので合格していればブログ再開!

不合格ならば・・・・・どうしよう。

その時は・・・・週一更新のブログになるかもです。

なんだか無念だなぁ。

ブログの更新は苦しいことは多いですが、やりがいもあり「楽しい」です。

いい文章が出来た時は「おお、オレ天才かっ」とか小躍りします←バカです。

ほかの人の素晴らしいブログを読んで「俺はダメ人間だ」と打ちのめされたりもします。

それらの四苦八苦、試行錯誤も含めてブログの更新は楽しいです。

自分の作る文章を楽しみにしてくれる人がいる、とようやく自信がついてきたところです。

その人たちの期待を裏切る形になるのが一番心苦しい。

ただ、ちゃんと戻ってきます。

もう自分は『文章を書く』という事から離れられるとは思えない。

再開するときは、必ずこのブログで再開します。

違うブログをつくる場合でも、必ずこのブログで告知はします。

それまで記憶の片隅にでもとどめてくれたら嬉しいです。

まずは来年の3月末の更新をお待ちください。

「B層ですか、中道です」ブログ、しばしのお別れです。

左巻きの人々の異常性。

特定秘密保護法が成立しそうですね。
左巻きな人々が必死になって阻止しようとしています。
その人々の言っている中身を見ると「本当に法案について真剣に考えているのか?」と疑問に思います。
反対のための反対運動としか感じられない。
ではどうして反対するのか?
相当自分たちに都合が悪くなるような法案なんだろうなぁ、と思いますね。
せめて、これくらいは読んでから、法案について語って欲しいと思うんですけどね。
特定秘密の保護に関する法律案Q&A←クリック。

左巻きな人々がどんなことを行っているのか検証しましょう。
馬鹿らしくなりますよ。
ストップ!「秘密保護法」大集会での共産党志位委員長のあいさつ

東京・日比谷野外音楽堂で21日開かれた「STOP!『秘密保護法』大集会」での日本共産党の志位和夫委員長のあいさつを紹介します。
矛先は、公務員だけではなく、すべての国民に向けられている

 みなさん、こんばんは。この希代の悪法を必ず廃案に追い込む決意を込めて熱い連帯のごあいさつを送ります。(拍手)

 「秘密保護法案」の仕組みは、政府が持つ膨大な情報の中から、政府が「特定秘密」を指定し、「秘密を漏らす人」「秘密を知ろうとした人」などを厳罰にするというものです。私が訴えたいのは、その矛先が公務員だけでなく、すべての国民に向けられていることです。

何が秘密かも秘密―自由な活動を圧殺する暗黒社会を許すな

 恐ろしいことはたくさんあります。

 第一に、何が秘密かも秘密です。“原発事故が心配だ”と、写真を撮ってブログにのせた。“米軍基地被害が深刻だ”と写真を撮ってブログにのせた。ある日突然、警察がやってきて逮捕になりかねません。国民のあらゆる自由な活動が圧殺されます。このような恐ろしい暗黒社会は、絶対に許すわけにいきません。(「そうだ」の声、拍手)

「情報公開しろ」の一言で犯罪―新しい治安維持法そのもの

 第二に、「秘密を漏らす人」「秘密を知ろうとした人」だけでなく、「共謀」した人、「教唆」―そそのかした人、「扇動」―あおった人も処罰の対象とされます。ある集会で「情報を公開しろ」とマイクで訴えたら、その一言が犯罪とされかねません。これでは新しい治安維持法そのものではありませんか。(拍手)

何を裁かれているかわからないまま重罪に

 第三に、「秘密保護法」違反で逮捕されたらどうなるでしょうか。裁判の過程でも「特定秘密」は開示されません。弁護士はどう弁護したらいいかわかりません。ひとたび「被告人」とされたら、自らを防護する手段が存在しない。何によって裁かれているかもわからないまま、重罪にされます。このような暗黒裁判を、断じて許してはなりません。(「そうだ」の声、拍手)

「海外で戦争をする国」へ――国民の目と耳と口をふさぐ

 政府は、「安全保障のためなら、秘密にして当たり前」といわんばかりです。しかし、安全保障にかかわる問題こそ、可能な限り、最大限、国民に明らかにされなければならないのではないでしょうか(拍手)。それを国民に隠し、ウソの情報で欺いた結果が、あの侵略戦争の誤りにつながった。この歴史の教訓に学ぶべきではないでしょうか。(「そうだ」の声、拍手)

 「米軍とともに海外で戦争をする国」をつくる、そのために国民の目と耳と口をふさぎ、情報を統制し、世論を誘導する。いつか来た道の再現を許すな。この声をつきつけようではありませんか。(「そうだ」の声、拍手) 
~以下略

法案をきちんと把握していないのだろうな。
もしくは把握するつもりがないか。

一つ一つ検証していきましょう。
青字は志位委員長の言葉。
紫字は自民党のHPにある特定秘密保護に関するQ&Aからの抜粋。
そのほかの文字いろは自分の主張です。
政府が「特定秘密」を指定し、「秘密を漏らす人」「秘密を知ろうとした人」などを厳罰にするというものです。  
 適性評価を受け、特定秘密を漏らすおそれがないと認められた職員のみが特定秘密を安全保障上の必要から取り扱うことができます。
適正評価を受けたのに、秘密を漏らすような人間は処罰されて当たり前です。
処罰されるのが嫌なら、適正評価を拒否すればいいだけ。
秘密に関わることなく、平穏無事に生きられますよ。
そして「秘密を知ろうとした人」が処罰されることはありません。
本法案は、特定秘密を取り扱う公務員等について、これを漏えいした場合の罰則を規定しています。
 ただし、公務員等以外の者についても、暴行や窃盗等により特定秘密を取得した者や特定秘密を取り扱う公務員等をそそのかして特定秘密を漏えいさせた者等は、本法案の処罰対象となりますが、この場合には、特定秘密であることを知ってこれらの行為を行う必要があります。
 したがって、例えば、外国情報機関等に協力し、特定秘密を敢えて入手したような例外的な場合を除き特定秘密を取り扱う公務員等以外の人が本法案により処罰対象となることはありません。

特定秘密であることを知って、暴力や窃盗により秘密を取得した者は処罰される。
左巻きの人々は何を心配しているのか?
暴力や窃盗で秘密を取得するつもりがないのなら心配する必要はありません。
もしくは、外国情報機関等に協力し、特定秘密を敢えて入手しようとしなければ心配ないです。
外国情報機関に協力するつもりがあるから心配になるのか?
ああ・・・・なるほど(察し)

何が秘密かも秘密です。“原発事故が心配だ”と、写真を撮ってブログにのせた。“米軍基地被害が深刻だ”と写真を撮ってブログにのせた。ある日突然、警察がやってきて逮捕になりかねません。 
そんな事有る訳ないだろ。
日本語が読めないのか?理解する気がないのか?
例えば、自衛隊の保有する武器の性能や重大テロが発生した場合の対応要領といった、国と国民の安全にかかわる重要な情報が特定秘密に指定されます。
今までどおり好きなだけ原発や米軍基地のブログを書きなさい。
tだ、米軍基地に関してはアメリカの治外法権なので好き勝手に写真撮影するとやばいことになるけどね。
そのくらいの常識はわきまえていると思うけど。わきまえてないかな?

「秘密を漏らす人」「秘密を知ろうとした人」だけでなく、「共謀」した人、「教唆」―そそのかした人、「扇動」―あおった人も処罰の対象とされます。
繰り返しになるけど。
特定秘密であることを知って、暴力や窃盗により秘密を取得しようとした人。
外国情報機関等に協力し、特定秘密を敢えて入手しようとした人。
それらは処罰されます。
心配なの?
該当しそうで心配なの?


政府は、「安全保障のためなら、秘密にして当たり前」といわんばかりです。しかし、安全保障にかかわる問題こそ、可能な限り、最大限、国民に明らかにされなければならないのではないでしょうか
防衛に関する事項)に該当するものとして、例えば、以下のものが挙げられます。
・防衛、警備等に関する計画
・防衛に関し自衛隊が収集した画像情報
・自衛隊の部隊等が作戦行動等の際に他の部隊等との通信内容を秘匿するために用いる暗号
・潜水艦のプロペラの材質又は形状、戦車等の装甲厚
・誘導弾の対処目標性能、潜水艦の潜水可能深度

これらを秘密にするのは当たり前。何か不都合があるのか?
どこの誰にこれらの防衛に関する秘密を明らかのしようとするんだよ。
逆に疑問に思ってしまうな。

反対のための反対としか思えない。
日本のためでなく、違う国のために活動しているのではないか?

共産党は、個人個人の利益を守ることについては結構有能な政策の提議をしてくるんだけどね。
保育所の増設や、労働関係の権利や教育の充実についてなどでは、なにげに頼りになる。
しかし、国策となると途端に怪しくなる。
とてもじゃないけど、こんな政党に投票する人の気持ちがわからない。

左巻きの人々に関しては、こんな記事もありますね。
【暗躍列島を暴く】沖縄の自称・市民活動家たちが展開する常軌を逸したヘイトスピーチ
京都地裁は今年10月、朝鮮学校周辺での街宣活動を「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」と認定し、違法判決を下した。一部のメディアは、このニュースを喜々として取り上げ、まるで「多くの日本人がヘイトスピーチをしている」かのような印象操作を行った。

 一方で、こうしたメディアが決して取り上げない「ヘイトスピーチ」「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」がある。沖縄の米軍普天間飛行場前で、自称・市民活動家らによる嫌がらせである。

 彼らはオスプレイ配備反対などを掲げて、基地のフェンスに無断で赤いテープを大量に巻き付ける抗議活動を展開しているが、テープの中に、ガラスの破片や針金をしのばせている。

 ボランティアでテープを撤去している沖縄教育オンブズマン協会の手登根(てどこん)安則会長は「ガラスで手をケガをした仲間が何人もいる。彼らは、清掃する人間を傷つけようとしている。あまりにも卑劣だ」といい、さらに続ける。

 「問題行為はまだある。彼らは米兵だけでなく、家族や子供たちがゲートを通るとき、複数で車を取り囲み、『ファック・ユー!』などと聞くに堪えない言葉を浴びせている。最近では、ゲート横で脱糞までする嫌がらせをはじめた。日本人として看過できない

 傷害罪や脅迫罪、軽犯罪法違反などで摘発できそうなものだが、警察は目立った動きをしていないという。米軍側はどう思っているのか。

 在沖海兵隊バトラー基地・政務外交部のロバート・D・エルドリッジ次長は「同盟関係で重要なのは、法的な約束以上に人間同士の信頼関係です。一緒に現状を見てください」といい、私(大高)を車の助手席に乗せてゲートを出てみた。

 すると、中年の日本人男性が車に近寄り、鬼のような形相で「ヤンキー・ゴー・ホーム!」を連呼し、団塊の世代とおぼしき女性2人が「オスプレイ反対!」と金切り声を上げながら、得体の知れない死体写真を車のガラスに押し付けてきた。他の運動家たちは、怒声や卑猥な言葉を発し続けた。私も怖かったが、これを子供が受けたら…と思うとゾッとした。

エルドリッジ氏は悲痛な表情で「これが毎日です。もちろん、あのような活動家は日本人のごく一部だと理解しています。しかし、毎日執拗にやられたら、普通の人間は嫌気がさします」と話し、こう続けた。

 「われわれは兵士ですから耐えられます。しかし、家族はそうではありません。勤務地更新のとき、妻や子供たちに『もう日本は嫌だ』とせがまれる兵士が増え、沖縄での更新を希望する兵士は激減しています。毎年、兵士の2、3割が任期を終えて帰国しますが、彼らや家族を日本の友人にするのか、それとも…。日本政府には何らかの策を取ってほしい」

 表向きは平和を叫び、人権を主張しながら、同盟国の兵士や家族などに「ヘイトスピーチ」「ヘイトクライム」を繰り返す市民活動家たち。彼らの許し難い行為を一切報じない一部メディア。その背後で、一体何が暗躍しているのか。
 取材の最後、エルドリッジ氏は「東アジアの情勢は激変しています。私は沖縄が中国にならないよう、願うばかりです」と語った。

怒声や卑猥な言葉で罵声を浴びせたり脱糞したり。
明らかに日本人の行動じゃないよね。

保守派のヘイトスピーチには過剰に反応する人々が、ヘイトクライムを行っている。
これは米軍関係者への人権無視だ。
人権を守るのが好きな弁護士の皆さんはどうして何も声を上げないのだろう?
なんにせよ、左巻きの人々は「自分は正義」と思い込んでいるから危ないと思う。
自分は正義と信じている人は、たやすく狂気へと踏み込む。 
彼らが憎んでいる、70年前の一部の軍人と同じではないだろうか?

つくづく左巻きな人々の異常性を感じる。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


コリアンパッシング!

片山さつき氏 反日中傷繰り返す韓国に状況次第で経済制裁も
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は外遊の先々で反日をアピールしている。欧州訪問では「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」などと日本を批判。朴大統領の「反日告げ口外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、繰り返されてきた。

 朴大統領が世界中で根も葉もない中傷話をばらまいていることに対し、そう冷静ではいられない勢力も現われてきている。

「ある総理側近の官邸スタッフは、先日の朴大統領の欧州歴訪を見て、『日本がコケにされ、黙っていていいのか。経済制裁を発動して、目に物いわせてやるべきではないか』と怪気炎を上げました」(官邸の中枢スタッフ)

 日本も韓国も加盟するWTO(世界貿易機関)は、よほどの理由がない限り加盟国間での経済制裁を禁じている。なので、経済制裁はかなりオーバーなリアクションではあるが、官邸内外に少しずつそうした対韓強硬論が聞こえ始めた。

 自民党参議院議員の片山さつき氏は、「韓国は経済的に見て、日本にとってなくてはならないマーケットではないので、当面はパッシング(無視)していればいい」と述べつつも、状況次第では経済制裁などの対抗措置を取ることも考えておくべきだと主張する。

「WTOの規定では、『安全保障上の問題が存在する場合』には経済制裁の発動が許されています。日韓間の安全保障上の問題とは、たとえば、朴大統領による竹島への強行上陸や、韓国軍による竹島占領の強化などが行なわれた場合などが挙げられます。

 ただし、安全保障上の問題とまではいえなくても、国際関係のルール上、“相応の対抗措置”をとれる場合もあると考えています。たとえば、現在、韓国の高裁で新日鉄住金や三菱重工に戦時微用工への賠償を命じる判決が出ています。

 もしそれが最高裁で確定するようなら、もちろん日本としては日韓基本条約で解決済みとして支払いを拒絶します。その際、韓国側が差し押さえなどの強制手段をとってきたらWTOなどに訴え、対抗措置を取ることはできるでしょう。

 どういう場合、どういった制裁や対抗措置を行ないうるかという具体的なことは申し上げられませんが、それらについて日本の外交当局と話をしたことはあります。感情論に走るべきではありませんが、粛々と、しかし断固たる姿勢を貫くべきです」

さつき女史のいう「韓国は当面はパッシング(無視)していればいい」という意見は賛成。
韓国:ジャパンバッシングするニダ。
日本:コリアンパッシングでOK!

こんな感じですかねぇ、。
解りやすいし、すっきりして良いんではないでしょうか?
もともと韓国は日本のストーカー的にまとわりついているんだから。
ストーカーには極力関わらないのが一番良い。
あまりにしつこいならば、実力で撃退する必要がありますが(経済制裁など)
経済制裁したら、スカッとするだろうけどねぇ。
経済制裁するのが国益かどうかの判断をするべきですね。
韓国に経済制裁することが国際社会で賛成される状態までは来ていないと思う。
もう少し後押しが必要ですな。
パククネにはもっと頑張って反日行動を推進してもらいたい。
こういう記事が公に出るようになったんですねぇ。
韓国への国民感情は、もう止まらないでしょう。悪くなる一方です。
韓国が態度を改めれば日本人の態度も少しは軟化するかもですが、韓国人が態度を改めることはないでしょう。
韓国と日本の歴史認識には大きな隔たりがある。
文化も人種も歴史も違うのだから、それは当然だ。
しかし、韓国側は日本側に可歴史認識を押し付ける。

日本は「つじつま合わず」 安重根問題で韓国
初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根を菅義偉官房長官らが「犯罪者」などと表現したことについて、韓国外務省の趙泰永報道官は21日の定例記者会見で「(日本が)こうした歴史に逆行する発言をしながら国際社会でより積極的な役割を果たしていくというのは、つじつまが合わない(言動)と言うしかない」と述べた。

 趙報道官は「日本は歴史を直視し、謙虚に反省しなければならない」と日本の態度を批判、「安重根義士は犯罪者ではない」と強調した。

 一方、東京の韓国大使館で1950年代に韓国政府が作成した植民地時代の強制徴用者名簿などが6月に見つかり、韓国政府がこれまで把握していなかった資料が含まれていたことで、韓国外務省は全ての在外公館にある資料の再チェックを始めた。

 趙報道官は既に10の公館で着手したと説明。「今回、重要な外交資料があまりにも遅く見つかった」と述べ、資料管理の不手際を認めた。(共同)

つじつまが合わないとか当たり前だ。
日本の物証に基づく歴史認識と、韓国のファンタジーに基づく歴史認識のつじつまが合うわけがない。
安重根義士は犯罪者ではないとか、韓国内で好きなだけ叫んでいればいい。
なぜ日本にそれを押し付けようとするのか?
日本の初代内閣総理大臣を、射殺したテロリストという事実は変わらない。
テロリストを英雄視する韓国人の価値観は世界でも疑問視される。
コリアンはおかしい、と国際社会が気づいてきています。
韓国 慰安婦問題を東南アジアに浸透画策も悪い印象を与える
SAPIO12月号では『韓国が背負う「嘘の代償」』と題する大特集を組んでいる。韓国の朴槿惠大統領は就任以来、ことあるごとに「慰安婦問題」を世界に広めようとしてきた。海外訪問先のアメリカやフランスでも「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」「日本はドイツに見習うべきだ」などと批判を繰り返している。しかしこうした告げ口外交は自らに跳ね返ってきかねない。在米ジャーナリストの高濱賛氏がレポートする。

 * * *
 外交の場で日本を貶め続ければ、韓国は世界からそっぽを向かれることになる。新たな成長市場として世界から注目される東南アジアについて評論家・江崎道朗氏はこう語る。

「東南アジア諸国では、華僑を除けば韓国が主張する慰安婦問題についての関心はほとんどない。外交は虚実織り交ぜた駆け引きの世界だと考えているから、韓国の言い分を額面通り信じてもいない。

 そもそも様々な分野で韓国への印象が悪い。たとえばインドネシアは韓国から武器や家電製品を輸入しているが、その性能の低さが反発を呼んでいるし、韓国人ビジネスマンや観光客のマナーの悪さにも辟易している。一方、日本には好意的な印象がある。

 そうした土壌の中で日本政府が慰安婦問題についての正しい文献や書籍を現地のマスコミや大学・研究機関に提供し、また巡視船の提供など東南アジア各国の実利になるような政策を進めれば、『頼りになる日本のことをとやかく言う韓国はおかしい』といった気運は高まっていくはずだ

 韓国の与党議員らは10月中旬、「慰安婦の記録物(*注)が世界記録遺産に登録されるよう、東南アジア各国と連携して作業を進めるべき」と主張した。

 そんなデタラメを東南アジアにまで押しつければ、韓国はさらに信用を失い、成長著しい新興市場をみすみす失うことになるだろう。
【*注】元慰安婦が共同生活を送る「ナヌムの家」などに所蔵される日記や写真。ただし、日本軍による強制連行があったとする元慰安婦の証言を裏付ける史料はない。

このままコリアンパッシングを続けよう。
それだけで韓国は勝手に滅んでいく。

愉快だろうなぁ(笑)

応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

日本を守るために必要な法案②

特定秘密保護法が成立しそうですね。
『スパイ天国日本』と言われて久しい、情報がただ漏れの日本。
そのせいで、同盟国アメリカや友好国イギリスなどから、重要な情報が得られない状態になっています。
アルジェリアの拉致問題でも、アルジェリア政府の不確実な情報だけでなく、カウンタ-インテリジェンスの進んだアメリカ、イギリスなどから情報を得ようと活動しても、情報漏えいの激しい日本には満足な情報提供ができませんでした。
日本がカウンターインテリジェンスの観点から信用が得られていないことが浮き彫りになっています。
国益を大きく損じる状況となっています。
その情報漏に関する日本の弱点を強化しようというこの法案、可決すべきです。
例によって、左翼系の新聞や団体は問題視していますが、この法案のどこが問題なのか自分にはわからないですね。

特定秘密保護法の詳しい内容が、自民党のHPに記載されています。
特定秘密の保護に関する法律案Q&A
別表第1号(防衛に関する事項)に該当するものとして、例えば、以下のものが挙げられます。
・防衛、警備等に関する計画
・防衛に関し自衛隊が収集した画像情報
・自衛隊の部隊等が作戦行動等の際に他の部隊等との通信内容を秘匿するために用いる暗号
・潜水艦のプロペラの材質又は形状、戦車等の装甲厚
・誘導弾の対処目標性能、潜水艦の潜水可能深度

 別表第2号(外交に関する事項)に該当するものとして、例えば、以下のものが挙げられます。
・領域の保全に関する外国との交渉のための対処方針
・北朝鮮による核・ミサイル・拉致問題に関するやり取り
・外国が弾道ミサイルを発射した場合に執る措置(入国禁止、貨物の輸出入の禁止、関係団体等の資産の凍結等)の方針
・我が国の安全保障に影響を与えるA国の政府の外交方針に関して情報保護協定に基づき友好国Bの政府から提供を受けた情報
・公電に用いる暗号

 別表第3号(特定有害活動の防止に関する事項)に該当するものとして、例えば、以下のものが挙げられます。
・外国からの不正アクセスによる政府機関の情報窃取を防止するために講じる防護措置
・大量破壊兵器関連物資の不正取引を防止するための計画
・外国の情報機関から秘密の保全を前提に提供を受けた大量破壊兵器関連物資の不正取引に関する情報
・情報収集活動の情報源

 別表第4号(テロリズムの防止に関する事項)に該当するものとして、例えば、以下のものが挙げられます。
・重要施設の警備の実施計画
・重大テロが発生した場合の治安機関の対処方策
・外国の情報機関から秘密の保全を前提に提供を受けた国際テロ組織関係者の動向
・情報収集活動の情報源

これらの情報を特定秘密として保護することに何か問題があるのか?
これらを秘密とされて困るのは日本の敵国としか考えられない。
そして、このような情報を漏洩するのなら、処罰も当たり前と思うのだけどね。
ほかにも様々な事をQ&A方式で分かりやすく解説しています。
ぜひ一読してください。

今までの当ブログでの特定秘密保護法の記事がこれです。
なかなかいい記事書いていると自画自賛してしまいます(笑)
特亜の侵略に対応するため、はじめの一歩。←クリック。
日本を守るために必要な法案←クリック。

「最長60年」の例外再提案=与党、26日に衆院通過方針-秘密保護法案
自民、公明両党は20日午後、機密を漏らした公務員らへの罰則を強める特定秘密保護法案について、日本維新の会、民主党との個別の修正協議を続行した。維新との協議で与党は、秘密指定の期間を武器や暗号などを除いて最長60年とする修正案に関し、例外をより限定した案を再提示した。維新は持ち帰り、同日夜に協議を再開した。
 一方、衆院国家安全保障特別委員会は同日、秘密保護法案の採決の前提となる地方公聴会を25日に福島市で開催することを議決。これにより、週内の衆院通過はなくなった。与党は、維新や民主党との修正協議を優先し、当初目指していた週内採決を断念した。ただ、両党の対応にかかわらず、26日に衆院本会議で採決に踏み切る方針だ。
 与党は19日、維新に対し、原則30年と提案していた秘密の指定期間を、7項目の例外を設けて「60年を超えることができない」とする修正案を示した。7項目は、(1)武器、弾薬その他の防衛に供するもの(2)国際社会の平和と安全に関する外国政府、国際機関との重要な交渉の方針・内容(3)情報の収集・整理(4)情報源に関する情報(5)暗号-など。 
 維新が例外をさらに絞り込むよう求めたため、与党は20日の協議で、(3)を「情報収集活動の手法」とするなど3項目を変更して再提案。維新は持ち帰って対応を協議した。
 与党は、維新に続いて民主党とも修正協議を行った。民主党の対案の内容について与党が疑問点をただした。21日も協議する。(2013/11/20-19:18)

この法案は珍しく野党も真剣に競技しています。
民主、維新、みんなと個別協議して意見をすり合わせていますね。
それにより第三者委員会の設立や、秘密指定の指定期限を儲けるなどが新しく盛り込まれました。
これらを盛り込むことは賛成です。
万が一、未来の日本で民主党のようなクズ政党が政権を取った時に好き放題させないためにも。
今は安倍さん率いる自民党だからまだ安心していますが、リベラル系の自民党の議員が総理大臣になった時など、恣意的運用されないか心配になります。
どうしてもある程度のストッパーは必要でしょう。
今回、自民党が上手くやったと思うのは、個別協議にしたところですね。
維新、民主、みんな対与党で協議したらまとまるものもまとまらなかったでしょう。
みんなの党のミスターアジェンダとか、民主党のでしゃばり議員などがスタンドプレーに走った可能性が高い。
個別協議で、各個撃破していった印象です。
このまま成立するに向かいそうですね。
日本もようやく「スパイ」に対する抑止力を得ることができそうです。
左翼系団体や朝鮮総連、民団の中にはガクブルしている人も多いんだろうなぁ。
『日本に住んでる日本の敵』に、好き勝手させてはならないです。
さらに日本版NSCや本格的なスパイ防止法の成立を目指していきたい。

ちょっと話は変わるのですが、これも追加で。
昨年の衆院選は「違憲状態」 最高裁大法廷
「一票の格差」が最大2・43倍だった昨年の衆院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、区割りを「違憲状態」と判断した。選挙無効の請求は退けた。~以下略。
「一票の格差」に関する最高裁の判決が出ましたね。
違憲状態で選挙は有効、となっています。
選挙が有効になったので、現在の安倍政権の正当性が確立されました。
まぁ、逆に選挙無効という判決を出してもらえば面白かったかもしれません。
いま選挙すると、去年よりも自民党は大勝利する可能性があるしね。
そうなると、選挙後は第三次安倍政権となり、さらに安倍政権は長期化出来たかもしれない。
ま、現時点では安倍さん以外に総理を任せれる政治家はいないのだけど。
それはそれで日本の将来が不安になるな。
これからも日本を任せられる政治家の発掘もしていきたいですね。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

嫌韓という日本にとって当たり前の感情

菅氏、韓国の安重根石碑を批判
菅義偉官房長官は19日の記者会見で、韓国の朴槿恵大統領が、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根をたたえる石碑計画を進めていることを批判した。「安重根は犯罪者だと韓国政府にこれまでも伝えてきている。このような動きは日韓関係のためにはならない」と述べた。
 韓国政府への対応については「しっかりとわが国の主張を韓国に伝えていきたい」と強調した。

菅官房長官GJ!
日本政府は日韓首脳会談を行うつもりがないことを宣言しました。
菅官房長官が、この発言で韓国側がどのような反応を示すか、予想できないはずがない。
そして、予想通りの反応を示しています。

韓国、「犯罪者」に反発=安重根めぐる菅官房長官発言
【ソウル時事】韓国外務省報道官は19日の定例記者会見で、菅義偉官房長官が初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根について「犯罪者だ」と述べたことに対し、「はなはだ遺憾だ」と批判した。
 報道官は「日本の帝国主義、軍国主義時代に伊藤博文がどのような人物だったのか、日本が当時、周辺国にどんなことをしたのかを振り返れば、官房長官発言はあり得ない」と主張。「安重根義士はわが国の独立と東洋の平和のために命をささげた方だ」と反論した。 

予想を一ミリも外さない反応、流石だ(笑)
安重根は日本の初代内閣総理大臣、伊藤博史を暗殺したテロリスト。
東洋の平和には何の関係もないだろ?
伊藤博史暗殺でアジアの平和が推進されたとでも言うのかね?
伊藤博史は、韓国の併合には反対派で、日本の軍事力を発揮するのも抑制する国際協調派だった。
軍隊とのつながりが深く、韓国併合派で強硬派の山県有朋と数少ない同等に話せる人物でもあった。
伊藤博史の暗殺は軍閥の勢いを増幅させるために役立った。
安重根は全くの道化者だった。そしてそれを英雄視する韓国は歴史の真実を知らないマヌケとしか思えない。
ま、どっちにしろ政治も司法も「国民感情」を優先する韓国としては、日本政府を非難するしかないわけです。
いつものことですね。

官房長官「安重根は犯罪者」 石碑建立計画を批判 韓国反発には「過剰反応だ」  
菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は19日午前の記者会見で、初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を中国・ハルビンで暗殺した安重根をたたえる石碑の建立計画が韓国と中国の間で進められていることについて「わが国は、安重根は犯罪者であると韓国政府にこれまでも伝えてきた。このような動きは日韓関係のためにはならないのではないか」と述べ、韓国政府を批判した。

 韓国外務省が「犯罪者」との菅氏の指摘に反発したことには、19日午後の記者会見で「随分と過剰反応だなと思う。私は従来のわが国の立場を淡々と述べただけだ」と一蹴した。

 日本政府の立場を外交ルートで韓国側に伝えるかどうかについては「わが国の立場は伝えてきている」と述べ、説明済みとの立場を示した。同時に「韓国は大事な隣国だ」とも述べ、関係改善を目指す姿勢は変わっていないと強調した。

建前:私は従来のわが国の立場を淡々と述べただけだ
本音:韓国人、火病りすぎ(呆)
   コントロールしやすいわ(嘲)

関係改善するつもりはあるとは思えないですなぁ(ニヤニヤ)
菅官房長官のブレない姿勢には感服する。
安倍内閣がスタートしたときは、地味でパッとしない人だから官房長官という広報もにない閣僚に不向きじゃないかと思っていた。
ところがどっこい、ブレない姿勢と、冷静、的確な判断で総理の女房役を的確にこなしている。
菅官房長官にとって幸運なのは「今、官房長官の役についている」ことでしょう。
一昔前の官房長官が、このように韓国を挑発する言動を行ったら、タダでは済まない。

このような国民感情があるからこそ、菅官房長官の有能さが発揮できていると言えます。
韓国「信用できない」7割、「賠償金支払うな」8割 産経・FNN世論調査
韓国で戦時中の韓国人徴用に対し、日本企業に賠償支払いを命ずる判決が相次いでいるが、産経新聞社とFNNの合同世論調査では、外交や経済活動の相手として「韓国は信頼できない」とする回答が7割近くに達した。

 賠償支払いについて、日本政府は、昭和40年の日韓国交正常化の際に結んだ日韓基本条約や請求権協定で解決済みとの立場で、韓国司法の判断については、日韓関係の冷却化の一因とされている。経団連など日本の経済団体は今月6日、両国の経済関係への悪影響を懸念する声明を発表した。

 調査結果によると、外交や経済活動の相手として信頼できないとする回答は69・3%で、信頼できるは16・8%だった。韓国司法の判断が「納得できない」は82・7%で、「納得できる」は5・6%。「賠償金を支払うべきではない」も79・2%に及んだ。
 一方、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」を裏付ける公的資料が見つかっていないとして、談話見直しを求める声があることについては、「見直すべきだと思う」が55%で、「思わない」の27・5%を大きく上回った

嫌韓は日本国民の普遍的感情になりました。
7割もの人が韓国は信用できないと考えています。
逆に言えば17%の人はどうして韓国は信用できると考えているのだろうか?
目を覚ませと言いたい。
いずれにしても、2年前まででは考えられないアンケート結果です。
日本での嫌韓意識は加速、増加しています。
これだけ意識が変わると、政府も国民感情を忖度する必要があります。
今までのように「仲良くしよう」は通用しなくなっていますね。

国民感情、政府の対応だけでなく、マスコミの報道も変わってきています。
「Nキャス」韓国反日の正体。←クリック。
11月9日放送のTBS「情報7days ニュースキャスター」。
 韓国の反日の実態が特集で報道されました。
 TBSにしてはだいぶマシな内容でした。

↑↑ぼやきくっくりさんのHP、ぜひ参照してください。

全ては、国民の意識が変わったおかげで、政府、マスコミも変わったと言えます。
嫌韓という国民意識は、インターネットから始まり、広まりました。
「名も無き普通の人々」がネットを使ってマスコミが報道しない情報を拡散してきた。
少しづつ、少しづつ正しい情報は広がり、多くの国民が目覚めてきました。
そして、その活動に少しでも貢献できたことを嬉しく思う。
ブログを続けてきて良かったなぁ、しみじみ思います。

まぁ、まだまだようやくスタートラインに達した程度です。
日本を蝕む団体は多いし、危険な状態であることには変わりありません。
今は、ネットという武器を手にして、戦っていけるということが証明された段階です。
これからもどんどん戦っていきますよっ!
経済や中国共産党のお話も始めていきます。
これからも応援クリックよろしくお願いします。
みなさんのクリックが自分のエネルギーとなるのです。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

韓国の孤立化を促進させよう。

日韓の「潜在的時限爆弾」 2015年問題とは
なかなか改善がみられない日韓関係。しかし両国間の関係には「潜在的時限爆弾」がある。

 中国の「戦略的反日」に便乗するように「反日悪罵」を吐いている韓国。歴代大統領は就任当初は未来志向をとなえ、政権末期に反日に走るのが常だった。だが朴槿恵(パククネ)大統領は就任早々から反日全開、米中トップとの首脳会談で日本批判を繰り返し、安倍晋三首相との会談は「過去の歴史解釈が道徳的でない」と拒否し続ける。

日本を外し、米中双方とうまくやろうとの二股外交が朴政権の戦略だ。米韓軍事同盟を維持し北朝鮮への軍事圧力を強める一方、韓国の最大貿易相手で北朝鮮に影響力を持つ中国との関係深化を狙った。米国で慰安婦問題をカードに日本を叩き、日本の評判が落ちれば日米離間が可能と考えた」(木村幹・神戸大学大学院教授=韓国政治)

 が、海洋覇権をめぐる米中対立が容易に解けるはずもなく、オバマ政権が日本の集団的自衛権行使検討を歓迎したことに韓国は大ショック、韓国メディアも「日韓首脳が会わないのは異常」と主張をやや転換した。

 日韓の「潜在的時限爆弾」が「2015年問題」だ。国交正常化(1965)50周年の年に、外交関係の礎である日韓基本条約と請求権協定が破綻するのではないかというのだ。

 植民地時代の請求権は、日本が韓国政府に巨額の賠償金を払うことで決着。協定に「完全かつ最終的に解決された」と明記され、個人補償分もそれに含まれた。だが韓国側が条約見直し要求の動きを見せつつある。

「日本企業に戦前徴用された韓国人の賠償請求訴訟の大法院(韓国の最高裁)判決が近く予想されるが、原告勝訴の可能性が高い。そうなれば、個人補償は解決ずみとの協定が崩れかねない。条約見直し要求がメディアで高まれば韓国政府も対応を迫られる。日本政府は応じまいが、関係は一層悪化する」(浅羽祐樹・山口県立大学准教授)

韓国が目論むのは、中国とアメリカの二股外交で韓国の存在感を示しつつ、日本を阻害して自国の自尊心を満たすというのが基本的外交のようです。
アジアのバランサーになるニダ。
・・・・お、おう、まぁ頑張ってくれ。出来るわけがないけどな。

本来、大国の同士のバランサーになるのは、大国でなければ出来ません。
それも状況が限定されています。
大国どうしが戦争、もしくはそれに近い関係が続き疲弊し、関係修復を望んでいる。
その関係修復を、第三者の大国が取り持つことならべ十分可能です。
アメリカと中国は戦争状態でもないし、今は関係修復を望んでいません。
むしろ、互を覇権主義と認識し牽制し合っている状態。
その中に、韓国のような中堅国があいだを取り持とうとしても「何このうざい国」となるのが当たり前です。
呼ばれて無いのにしゃしゃり出るうざい国と思われるのが韓国。
呼ばれてないのにしゃしゃり出て、話す言葉は日本が悪いニダ、なんだから中国はともかくアメリカは意味がわかんないだろうなぁ。

ヘーゲル米国防長官 訪韓時の朴大統領の日本批判に苛立った
11月上旬に欧州歴訪を行なった韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は行く先々で反日を猛烈にアピール。「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」などと“告げ口外交”を行なった。

 朴大統領の「反日憎悪外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、事ある毎に行なわれてきた。

 今年5月、初訪米でのオバマ大統領との会談では「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と“直訴”。9月末に訪韓したヘーゲル国防長官との会談でも、歴史問題や領土問題で日本を批判したのである。

 魂胆はミエミエである。朴氏は強大な同盟国であるアメリカを味方につけ、日本を叱ってもらえば、日本がキャンと鳴くと踏んだのだろう。

 残念ながら、その思惑は裏目に出た。10月3日、日米両政府が東京で開いた安全保障協議委員会にヘーゲル国防長官が出席。その場で、「集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の修正」を支持すると表明した。朴氏が必死になって憲法解釈の修正を批判してきたにもかかわらず、アメリカはそれをあっさりと袖にした形だ。

「ヘーゲル氏は訪韓時、朴大統領に持論の日本批判を並べ立てられて苛立っていた。他に重要な外交課題を持って行ったにもかかわらず、関係ない話ばかりされたからだ。今回、日本の憲法修正支持を表明したのは、朴大統領への当てつけだと見られている」(外務省筋)

最近の韓国の外交優先順は「どうやって日本を陥れるか?」になっているように思う。
本来ならば、どうやって国益につながる外交を行うか?が優先順位が高いはずなのに。
日本を陥れることに必死になって、本来行うべき外交を行えていない。
アメリカからしたら、韓国は自分たちで国を守ろうとしない自立していない国、です。
"米国防総省、韓国 戦時作戦統制権転換 再延期要求に失望感"
韓国が2015年末に予定されていた戦時作戦統制権(戦作権)転換日程を再延期してほしいと要求していることに対して、米国国防部と議会の一角で失望感と嫌気を感じていると<ワシントン ポスト>が30日(現地時間)伝えた。
この新聞は「米国は最近数年間、韓国軍に戦作権の委譲を説得しようと試みてきた。 しかし韓国の前・現職政府は繰り返し委譲の延期を要請した」として「これは韓国軍が米軍の指導力なしに作戦を遂行できるかという疑問を増幅させている」と報道した。 新聞は更に「韓国政府の官吏たちが今夏から戦作権転換延期のための公論化に乗り出しているが、米国の官吏たちはこれに同意していない」として「一部の官吏らは韓国が自身の国防に責任を負いたがらないことに対して不満を表出している」と付け加えた。

自分たちで国を守ろうとせず米軍に依存する韓国が、自衛権を強化して自分で国を守るという気概を見せる日本を批判しているわけです。
アメリカからしたら「何言ってんのお前たち」となるのは当然でしょうね。
アメリカからこのように思われており、韓国が擦り寄るのは中国となるのですが。
最近の中国にも少し動きがあるようです。

「中国外交に軟化の兆し?」 政府、習国家主席の重要講話を分析
政府は、中国の習近平国家主席が10月下旬に出した重要講話を基に「中国の外交姿勢が軟化しつつある」(政府筋)との見方を強め、動向分析を本格化させた。注目点は習氏が周辺外交について「(相手国の)感情を重んじ、常に顔を合わせ、人心をつかむ必要がある」と述べたこと。共産党最高幹部7人全員を集めて開かれた異例の座談会で発表された。

 佐藤地外務報道官は13日の記者会見で「(中国が)実際の行動で外交を展開するか、関心を持って注視したい」と強調。谷内正太郎内閣官房参与も11日の講演で「中国と対話を進める努力が必要だ」と訴えた。

 ただ習氏は周辺国の具体名に触れず、日本を念頭に置いているかは不明。公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵入も断続的に起きており、官邸筋は「楽観視できない」と指摘する。

自分は日中首脳会談には賛成です。
日本と中国で仲良くやれというのではない。
必要なことに話し合い、取り決めをしておくべきと思うのです。
尖閣での不慮での事故が、戦争に突入しないようにホットラインの作成をしておくこと。
中国は価値観も政治方針も違いますが無視できない強国です。
必要最低限の国際交流は行うべき。
にこやかに握手し、机の下で蹴り合うという外交の基本を推進すべきです。
嫌いな国だから、国交など要らない、なんて韓国人がいうような事は言わないようにしたい。
中国との国交は国益に適うから、です。
韓国との国交は国益に適いません。
付き合えば一方的に助けることになります。そして感謝もされない。
これでは付き合う意味ないですからね。
しかし、日本とアメリカの協力関係は強化。
そして日韓首脳会談に先駆けて、日中首脳会談が行われたとき。
パククネはどうするんだろうか?
自国が望んでいたアジアのバランサーを日本が行いそうにある危険性を感じるでしょう。
必死で日韓首脳会談を行うように方向転換するのか?
それとも強硬に日韓首脳会談を拒否するのか?
どっちにしても日本政府には今までと同じ方針を貫いてもらいたい。
韓国を無視続ける。
それが日本の国益です。


クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


火病るのは韓国人に任せとけばいいよ。

下村文部科学相が、北東アジア地域での共同の歴史教科書の発刊について「大歓迎したい」と言ったそうですね。
北東アジア共同教科書 下村文科相「大歓迎したい」
【松井望美、ソウル=中野晃】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が14日、ソウルの国立外交院創立50周年を記念した国際会議で「北東アジア地域で共同の歴史教科書を発刊すべきだ」と語り、日中韓3カ国を念頭に北東アジア共同の教科書づくりを提唱した。下村博文文科相も15日の記者会見で「大歓迎したい」と賛意を示した。ただ、歴史認識をめぐる関係国の溝は深く、一足飛びに進展とはいかなさそうだ。

 朴氏の提案は日韓関係が行き詰まり、日中韓の首脳会談も展望が開けない中、関係打開の糸口にしたい思いもあるとみられる。これに対し下村氏は15日、「日中韓の関係大臣が話し合うよう大統領が韓国内で指示してくれれば、(日本も)積極的に対応すべきだ」と前向きな姿勢を示した。

 だが、見通しは明るくない。下村氏は同じ会見で小中高校向け教科書の検定基準を改定する意向を表明。学説が未確定な事項にバランスをとるよう求め、政府見解を記載させる内容で、歴史認識をめぐる記述が対象になる可能性がある。

こんなの実現不可能でリップサービスでしかない。
下村さんの本音は多分こうです。
共同教科書の発刊を大歓迎したい(出来やしないけど)
まぁ、こんなところだと思います。
下村さんに為人をきちんと把握していたら分かる。

下村さんはこんな人です。
選挙ドットコム「下村博文」
国益、公益派議員のTOP10入りしている筋金入りの保守政治家です。
最近の政治活動を振り返ってみると。
夏の靖国参拝「予定ない」 下村文科相、既に参拝
下村博文文部科学相は2日の記者会見で、10日にモスクワで開幕する陸上の世界選手権視察を理由に挙げて「夏に靖国神社を参拝する予定はない」として、終戦記念日の参拝を見送る考えを示した。

 同時に、下村氏は既に文科相として参拝したことも明らかにしたが、「いつ、どういう形でしたかは、ここでは言わない」と述べるにとどめた。

文科省として靖国参拝を行っています。
終戦記念日に行かなかったのは、閣僚として行政を司る以上、特亜に多少の配慮をしたのでしょう。
特亜に多少の配慮も許さないという人もいるでしょうが、そう言う人は自分は「右翼原理主義者」と呼ばせてもらう。
理念だけで政治が上手くいくわけ無いでしょ。

高校授業料無償化「朝鮮学校は適用外」 下村文科相が表明
下村博文文部科学相は28日の閣議後の会見で、朝鮮学校に高校授業料無償化を適用しない方針を表明した。下村文科相は「朝鮮学校については、拉致問題に進展がないこと、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)と密接な関係にあり、教育内容、人事、財政にその影響が及んでいることなどから、現時点では国民の理解が得られない」と述べた。~以下略
文科相として、朝鮮学校の授業料無償化を適用外に決定しています。
下村さんが文科相就任時には、実質的に朝鮮学校の授業料はSTOPしていたが、それを決定し明文化した実績は大きいでしょう。
さらに極めつけはこれ。
近隣諸国条項は自虐史教育 下村文科政務官が批判
下村博文文部科学政務官は6日、都内で開かれたシンポジウムで講演し、教科書検定基準にアジア諸国への配慮を求める「近隣諸国条項」が盛り込まれていることについて「(以前より)もっと徹底したマルクス・レーニン主義による自虐史観の教育が行われていることに対し、とても看過できないということで、歴史教科書を考える議連をつくった」と述べ、同条項を厳しく批判した。  下村氏は1997年、超党派議員による「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」を中心メンバーの一人として設立した。  また下村氏は、2006年度から中学校で使う教科書について「教育委員会ではなくて、現場の先生、実際は日教組(の主張)に偏った採択が行われてきた。ぜひ正常な形で、正しく教科書が採択されるように」と述べ、採択は現場の教員の意見に左右されるべきではないとの考えを示した。
自虐史観を正そうと活動している、保守議員の中心人物の一人です。

これだけの保守議員として活動している人が、共同教科書を作ると言ったらその真意は何か大体わかると思います。
日本、韓国、中国で、統一された歴史教科書など作れるわけ無いのです。
【日韓歴史研究】「共同研究は不毛」 共通認識形成にはほど遠く
日韓両国の超えられない政治課題を民間に「丸投げ」の形で委託された日韓歴史共同研究は、そもそもの立ち上がりから政治の手段だった。このための埋めがたい溝は第2期研究でより明白になった。政治的には「緩衝地帯」、学会間ではお互いを知る意味はあるものの、「歴史」の共通認識形成にはほど遠い現実が浮き彫りとなった。

 教科書小グループ新設は平成17年6月の小泉純一郎首相と盧武鉉大統領の首脳会談で決まった。小泉氏の靖国神社参拝で冷却した日韓関係修復に向けた日本側の配慮の色彩が濃かった。

 安倍晋三政権でスタートした第2期。安倍氏は韓国側の狙いは承知の上で、主力委員に「がんばって闘ってください」とエールを送り、「健全な議論」に期待を表明していた。

 しかし韓国側は、日本の歴史教科書を「日本の近代史を帝国主義の侵略と戦争を擁護し正当化する立場」(金度亨延世大教授)とひとくくりにし、採択率約0・4%の扶桑社「新しい歴史教科書」などを過半数以上の採択率の東京書籍の教科書と同等に扱い、「右翼」「軍国主義」などの用語で攻撃した。

 一部には『日本の教科書は戦争の拡大過程と占領地の事情についても記述している』(鄭在貞ソウル市立大教授)などと、バランスをとろうとした韓国側委員もあったが、「従軍慰安婦」と「(女子)挺身隊」と混同したままの『重大な欠陥を有した論文』もあり、大半の議論は平行線。このため『2年半にもわたる「歴史共同研究」を行いながら…はっきりした点がある。それは日韓の歴史教科書共同研究が不毛だったということである』(山室建徳帝京大准教授)と書いた委員もいたほどだ。

 教科書小グループ幹事の古田博司筑波大教授は「韓国側のサンプリングは恣意(しい)的。当初から善玉・悪玉史観があり、それに合わせて資料を張り付けた観が否めない。日本側は多くの資料からの帰納的研究を目指したが、議論は全くかみ合わなかった」と総括した。

 一方、植民地時代を含む19世紀中盤から現代までの近現代をあつかった第3分科会の日本側委員は「今年は日韓併合100年。植民地時代は35年だが、日韓にはその後の65年、日々新たに積み重ねた歴史がある。今研究では近代をトータルにみようと、共存の65年に文化や女性、人の動きといった違う視覚からのアプローチを試みた」と述べる。

 だが、このテーマ設定に加え、韓国側は近現代分科会でも日本の教科書記述を扱うべきだと主張するなど紛糾。委員の一人は「文化的なテーマ設定に韓国側はことごとく反対し、議論は“格闘技”だった」と振り返った。

日韓の歴史教科書共同研究が不毛だったということである
韓国側のサンプリングは恣意(しい)的。
日本側は多くの資料からの帰納的研究を目指したが、議論は全くかみ合わなかった

しかし、参加した大学教授の皆様は本当に大変そうだ。
もう一度日韓歴史共同研究を行おうとしても、日本側は学者が集まるのだろうか?
韓国とかかわり合いになるのは嫌だとか絶対に思っているだろうな。
この悲惨な結果を、日本の前途と歴史教育を考える議員の会に在籍している下村さんが知らないわけがない。
もう一度書きますが、下村さんの本音は多分こうです。
共同教科書の発刊を大歓迎したい(出来やしないけど)
あくまで、リップサービス、というかポーズ。
『日本は韓国、中国と良好な関係を作ろうと努力していますよ』という国際社会に向けたアピールです。

ネットの世界では、共同教科書の発刊を大歓迎したい→売国奴決定、などと脊髄反射でものを考えたりする人がいます。
きちんと調べれば分かること。
すぐに火病を起こすのは韓国人の特性です。
日本人は冷静に、事実の積み重ねを検証して発言すべきだ。
じゃないと朝鮮人モドキとか言われちゃいますぜ?

↑これって最大の罵倒文句だなぁ。
少なくとも自分は、何かの記事に踊らされたり、惑わされたりせず、きちんと情報を取捨して検証して、自分の脳みそを使って記事を書いていきます。
読者の皆さんも、同じ気持ちだと思います。
国民一人ひとりが、政治に関心を持ち深い思索をするのが、成熟した民主主義と思うのです。
どこかの民族のように、感情に流されず、現実的かつ国益に適う政治家を支持、支援していきましょう。

応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

理想の日韓関係形成のために。

さて、復帰後一作目はやはり韓国関連から書いていきたいです。
この文春が報じた安倍さんの「韓国は愚かな国」発言。
本当のことを言われて怒るのが朝鮮人クリティです。
と一行で解決しちゃうのですが(笑)
それだと物足りないので、いろいろ書いていきますね。

安倍首相が「韓国は愚かな国」と発言か、韓国メディアが一斉に報道
14日に発売された週刊誌・週刊文春が、安倍首相の側近の発言として、安倍首相が「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」と語ったと報道した。韓国国内では、安倍首相が韓国をおとしめる発言をしたとして、各メディアが15日、一斉に報じた。
  韓国メディアは、安倍首相は14日には、日本を訪問した韓国の国会議員などに会い、年内の首脳会談の開催を強く希望していたと紹介。しかし、週刊文春が伝えた安倍首相の発言は、日中韓首脳会談を望む最近の態度とはまったく異なるものであり、2つの顔があると指摘。「本性があらわになった」、「安倍がまた妄言」、「韓国をおとしめる発言」などと非難した。
  また同誌の記事では、日本統治時代の強制動員被害者らに、日本企業が賠償しなければならないとの判決が韓国国内で続いていることに関連し、「日本企業が賠償金を強制的に徴収されれば対抗措置は、(韓国への)金融制裁しかない」という見方があると紹介された。
  もし安倍首相が、実際にこのような発言をしていた場合には、日韓関係の悪化は避けられず、波紋が広がると伝えた。
  しかし、韓国政府は、安倍首相の直接の言葉ではなくメディアの引用報道という点を挙げて、公式な対応を自制する立場を取るとみられている。

中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ、か。
安倍さん、本音言いすぎ(笑)
しかし、安倍さんはこれを本当に言ったのかね?
最近の慎重な安倍内閣の運営を考えると、実際にこういうことをしゃべるほどの脇の甘さは感じられない。
あるとするならば、よほど身近な人の集まりでの発言か、もしくは計算的にリークしたかですね。
そういえば飯島勲内閣官房参与が、週刊文春で連載を受け持っていましたね。
産経にそういう記事が残っていました。
妄想・暴走「韓国」のネタ席巻の雑誌界
『文春』で飯島勲内閣官房参与のコラム「激辛インテリジェンス」が9カ月ぶりに復活。今後、毎週、目が離せない。今号で飯島さんはこう言っている。
 〈(中国に対して)安倍首相は毅然として安易に譲らない姿勢が大事さ。オレは「首脳会談まで三年かかろうが五年かかろうが知ったこっちゃない」と平気で中国側に言ってるもの〉
 韓国に対してもそうあるべきだ。

この飯島氏の意見に100%同意します。
ちなみに、飯島勲氏とは、Wikiではこういうふうに書かれています。
メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローブ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。
この「官邸のラスプーチン」がある目的をもって、文春にリークしたのだとしても自分は全く驚きません。
当然、安倍さんは「黙認」程度はしているでしょうね。
わざとリークしたのなら、安倍さんもしたたかになったと思うなぁ。
当然非難しているのではなく、心強いと褒めています。

この文春の記事が記載された結果、日韓関係にどのような影響を与えたかというと。
韓日協力委に出席の安倍首相、「リップサービス」ばかり
安倍晋三首相と麻生太郎副総理が15日、東京で開かれた韓日協力委員会の総会にそろって出席し「(両国で)未来志向の関係を構築していきたい」と強調した。1969年に韓日の政治・経済・文化人の交流や理解拡大を目的に作られた韓日協力委員会の行事に日本の現職首相が出席したのは初めてだ。

 安倍首相は13日にイ・ビョンギ駐日韓国大使、14日に韓国の国会議員らと会い、首脳会談の早期開催など韓国との関係改善の意向を明らかにした。しかし、安倍首相は両国間の関係改善で最大の障害となっている歴史認識問題については言及しなかった。

 安倍首相は同日、総会のあいさつで「両国は1965年の日韓国交正常化以来、さまざまな課題を克服し、関係を強化してきた。両国の発展のために手を取り合って協力しなければならない。現下の東アジア情勢を考えたとき、両国は米国の同盟国であり、日韓そして日米韓3カ国の緊密な連携が戦略的に非常に重要だ。今後も大局的な観点から協力を強化し、重層的で未来志向の関係を構築していきたい」と述べた。これは、中国・北朝鮮をけん制するには韓日両国の協力が重要だと強調したものだ。安倍首相の祖父・岸信介元首相は韓日協力委員会の日本側初代会長を務めている。

 韓日協力委員会の日本側新会長に就任した麻生太郎副総理も「両国は最も近い隣人。困難な問題がある時期こそ対話が重要だ」と首脳会談の早期開催の必要性を強調した。麻生副総理は首相経験者で、第二次世界大戦の戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を毎年参拝しており、韓国関連の妄言も多いことで知られている。韓国側は事前に麻生副総理の会長内定を知らされ、日本側に懸念を表明したが、日本は任命の方針を変更しなかったという。

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は総会に寄せたメッセージで「両国は価値を共有する隣国であり、信頼を土台に、未来志向の関係を発展させていかなければならない」と述べた。安倍首相は朴大統領のメッセージが読み上げられる前にスケジュールの都合で会場を後にした。

 一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「安倍首相が『韓国はただの愚かな国』と語ったと」と報じた週刊文春の記事に言及し「(安倍首相が)そんなことを言うわけがない」と否定した。韓日協力委員会総会に出席した韓国の国会議員7人はこの日、同誌の記事に関連した声明で「韓日関係の悪化をもたらすものとして深刻な懸念を表明する。日本政府は記事の内容が韓日関係に及ぼす否定的な波長を十分に認識し、事実関係をすぐに明らかにし、責任ある措置を講じるべきだ」と述べた。そして議員らは開会式には出席したものの、抗議の意思表示として日本の議員らとの昼食会などほかの行事には出席しなかった。

この記事面白いです。
安倍さん、麻生さんそろい踏みで出席した韓日協力委員会の総会のこと。
安倍さん:日韓そして日米韓3カ国の緊密な連携が戦略的に非常に重要だ。
麻生さん:困難な問題がある時期こそ対話が重要だ
と、言っているのに対して韓国は、麻生さんの会長内定に懸念を表している。
韓国は相変わらず失礼な対応しており、その失礼さに自覚がない。 
日本に対して失礼なことを散々しておきながら、自国の悪口には、日本の一週刊誌の記事にさえ敏感に反応する。

馬鹿すぎるでしょ→知っていたけど。
まぁ、今回は日本も少々失礼な対応をしたように書いているけど。
安倍首相は朴大統領のメッセージが読み上げられる前にスケジュールの都合で会場を後にした。
ヒステリーおばさんの言動を聞く暇はなかったようです(笑)
口を開けば日本に対して的の外れたクレームしか言わないパククネ。
さながらモンスターペアレンツならぬ、モンスタープレジデントというところでしょうか。
そもそも、パククネ本人が来ているのではなく、メッセージを読み上げるだけなんです。
一国の首相と副首相が揃って貴重な時間を使って出席したことに感謝するのではなく。
パククネのメッセージを聞くまで在籍していなかったことを非難する。
他者への感謝は感じず、自分たちへ非礼に対してだけは敏感。
それが朝鮮人クオリティです。
まぁ、なんだかんだあって、結局韓国の議員らは開会式には出席したものの、抗議の意思表示として日本の議員らとの昼食会などほかの行事には出席しなかった。
つまり、韓国との関係改善に努力しているように見せかけ、実際の接触はなるべく避ける。
理想の日韓関係が実現できていると思います。

日本側からは菅官房長官が文春は嘘記事だよ(棒)と言っています。
日本の週刊誌の記事に踊らされる韓国議員。
この絵図を書いた人がいるとするならば「韓国人操りやすい(笑)」と大笑いだろうなぁ。

最後にもう一つ記事を。
「日本の態度の変化なしに韓日関係の改善なし」
前略~大統領府は、安倍晋三首相が、機会があるたびに韓日首脳会談について言及していることについても、ほかの意図があると考えている。

 ある関係者は「安倍首相が朴大統領のメッセージに対し答えを出すべきなのに、ただ首脳会談をやろうという話ばかりしている。これは国際社会に対するアピール作戦ではないか」と語った。

 日本による集団的自衛権の行使などの懸案をめぐり、米国側が「韓国側は過度にデリケートな反応を示しているのではないか」というムードが形成されていることにも、大統領府は神経を尖らせている。
 これについて朴大統領は9月30日、チャック・ヘーゲル米国防長官と会った際、安倍首相について「たびたび時代や歴史に逆行する発言を繰り返す(日本の)指導者」と述べた。当時、大統領府は日本に関する朴大統領の発言だけを別途に公開した。

 このような状況にあるだけに、韓日関係の改善は当分難しいのではないかとの見方が広がっている。大統領府の関係者は「国際社会で通用する普遍的な論理に基づき、冷静に対処する必要がある。時間をおいて解決していくしかない」と語った。

流石にこのままではヤバイのではないかと韓国人もわかってきたようです。
しかし、わかってきたからといって、反日傾向を変更するわけにはいきません。
経済立て直しも、年金見直しもうまくいっていないパククネが唯一韓国国民にアピールできる政策が「反日外交」
そもそも、あからさまな「反日外交」はレームダック予防策としてとっておくのが韓国の韓国大統領の常。
政権末期に取っておくべき伝家の宝刀を抜きまくっているのです。
これからパククネは何もできることはないような気がします。
自分から日本に擦り寄ることは絶対にできない。
だからこそ「日本が態度を変えないと、どうしようもない」と言っているのでしょうね。

まぁ、それは韓国の事情。
日本は韓国と付き合わなくても何も困らない。
むしろ「仲の悪い隣国」の国内事情に漬け込んで、今のうちに散々韓国の国際的評判を落としておくのが日本の国益だ。
韓国大統領に、国際社会で眉を顰めるような反日言動を繰り変えさせる。
そうすることで、日本が韓国に対して非協力的な態度をとっても正当化できる国際世論を形成できる。
韓国を徹底的に無視して、かかわり合いを持つことを避ける関係が自然と出来てきている。
安倍内閣は、それを着実に遂行しているように感じます。
時間をおいて解決していくしかないと韓国関係者は言っています。
同感だ、日韓の関係改善には1000年位の時間をかけたほうが良い。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ただいま。

ただいま戻りました。
出張初日から風邪で発熱。
まさかの波乱含みの出張となりました。
上司からもらった『謎の飲み薬』とロキソニンで無理矢理治しながらなんとか仕事をこなし。
一応上司からは「合格点」を貰えたようです。
最終日は熊本城を1時間で走破→九州新幹線で熊本~福岡に40分で移動→博多で痛飲→一泊遊んできましたよ。
上司の金で飲む酒と高い食事はスゲーうまかった(笑)
計算違いは、帰京して直帰の予定がまさかの出社指示で夜まで仕事してきました。
社畜は辛いぜ。
好むと好まざると、仕事は嫌いではないし(好きでもないけど)仕事できる環境に感謝すべきかなぁ。

地方に行って思ったのが「日本は均一化」してきたという事。
博多が東京にある都市のような印象を受けた。
屋台も少なくなってきているらしいし。
それと地方の、さらに遠方の地方はゴーストタウンしてきていること。
工場関係者なので、今回も出張先は地方でしたが、地元の人から話を聞いたらすごいスピードで地方が疲弊しているそうです。
日本は長い歴史に裏付けされた、多様な文化が特色です。
日本の底力が失われてきているような感じがしました。
旅には出てみるものですね。
いろいろ苦しくも楽しかった出張でした。

ブログは更新していなくても毎日400~300人の人が訪れてくれていたようです。
そしてその中でも何人かの人は応援クリックをしてもらえました。
さらには暖かいコメントをくれた人もいます。
嫌韓になりましたさん、NPさん、イーグルスさん、ふすべ庵さん、ただの主婦さん、オッドアイさん、アジシオ次郎さん、*さん、秋子さん、ちゃみーさん、お手玉さんコメントありがとうございます。
待っていてくれた人々には感謝の思いで一杯です。
明日から通常通りのブログ更新に戻ります。
お休みの期間、文字を書いてないので結構ウズウズしています(笑)
バリバリ書いていきたいなぁ。

見に来てくれている人々、応援クリックしてくれている人々、当ブログを支えてくれる人々。
それらの人の期待に応えるような記事を書いていきたい、
何より自分が自分のために好きなように文章を綴りたい。
そうすることで「日本の国益に」に貢献できるのならば、すごく嬉しいですね。
自分が好きなことをやって、人を喜ばせ、日本のためになる。
とても恵まれているなぁと実感します。
さてさて、書いて書いて書きまくりますよっ!!!
でも、とりあええず、寝ます、自分の布団でゆっくりと。

明日からの通常更新を楽しみにしてくれる人はクリックしちゃいましょう。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

しばらくお休みします。

少し前から「1周年を過ぎたら少しサイト更新をお休みしよう」と考えていました。
でも、更新するのが楽しいし、せっかくここまで上がったランキングを休載により落としてしまうのもなんだか勿体無い。
読者の方も、固定で見てくれる人も相当数増えたいるようだし。
毎日のユニークユーザーは平均すると1000人もの人が訪れくれています。
読者の人や応援してくれる人々がいなければ、ここまで頑張れません。
本当に、本当にありがとうございます。

私事ですが、11月の12日から15日に出張がありまして、現在はその準備に追われています。
現在は、資料作成に追われ毎日残業。
多分、出張本番まではあまり時間とれず、記事もかけるか分かりません。
(というか、仕事のことで頭がいっぱい)
いっそのこと、きちんと休載のお断りをいれて休んでしまうことにしました。
再開は16日あたりになるかなぁ?

ランキングはすごく落ちるでしょうが。
また皆さんに見てもらえるように頑張っていきます。

まだまだサイトでやりたいことや考えていることが有ります。
歴史資料室の作成とか、あえて左翼視線での記事を書いたりとか、初心者向けの記事を作ったりとか、盛りだくさん。
やりたいことはたくさんあるのに時間がない。
しかし、自分のような働き盛り世代は、みんな時間が欲しいと思っているところで時間のやりくりをしているんでしょうね。
自分も、うまく時間作って、無理せず、楽しくサイトを作っていきたい。
思えば、自分が政治に目覚め、サイト運営を始めてから生活が一変しました。
テレビを見ながらヘラヘラ笑っていた自分には、もう絶対に戻りません。
今は生活が本当に充実しています。
寝不足な日も、記事が思い浮かばず書けない日も、嫁と喧嘩した日も(笑)
キーボードに向かい、その時の自分のかけるだけの記事を書いてきました。
文章を練るのが楽しくて、上手な記事がかけた時の達成感はほかでは味会えません。
ブログのランキングが上がれば嬉しく、下がったら悲しく一喜一憂。
そして心の底にはささやかながら「日本のために役立っている」という矜持をもってやってまいりました。
本読む時間が取れなくなったのが一番悲しいかな。
そこらへんも、今後は改善していきたいと思っています。

しばらくのお休み、楽しみにしてくれている読者様には申し訳ありません。
必ず始めますので、待っていてくださいね。
これからも応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

がんばれパククネ、負けるなパククネ(笑)

ヨーロッパを外遊中の韓国大統領パククネは相変わらず「日本が~」発言を繰り返しているようです。
「日韓首脳会談は行わないほうがましだ」とか言ったようです。
この調子で頑張って欲しいですな(笑)

日本との首脳会談、意味なし=歴史問題で態度不変なら-韓国大統領
【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は、英BBC放送(電子版)が4日伝えたインタビューで、従軍慰安婦問題など歴史問題で安倍政権が前向きな姿勢を示すまで日韓首脳会談は困難との認識を重ねて強調した。
 大統領は「(日本は)重要な隣国で、ともに協力することも多い」と述べながらも、日韓関係改善を困難にしている例として、特に慰安婦問題を挙げた。
 その上で「そういう問題が一つも解決されず、日本が考えを全く変えるつもりがない状況で、歴史認識について日本の一部指導者が今後もそういう(反省しない)発言を続けるなら、会談しない方がましだ」と表明。「『過ちはない』として謝罪する考えもなく、苦痛を受けた人を冒涜(ぼうとく)し続ける状況では(会談しても)一つも得るものはないのが現実だ」と語った。 
 一方、「米中関係は、建設的な方向に発展している。われわれには米中両国との関係がともに重要だ。さらに発展させるよう努力している」と強調した。(2013/11/04-12:54)

歴史認識について日本の一部指導者が今後もそういう(反省しない)発言を続けるなら、会談しない方がましだ、か。
その件に関しては完全に同意する。
日韓首脳会談など行っても何も得るものがない。

しかし、ヨーロッパにいってまで反日反日とにかく反日。
お役目ご苦労さんですなぁ(呆)
もう、元いじめられっ子が、自分がいじめられる前に誰かをすケーピゴートにしようとしている状態ですな。
そういうことする奴は、大体周りにハブられて自分が虐められることになるんだけど。
ま、それも自業自得、全く同情の余地はない。
最近思うのが、韓国の中国化です。
習近平も安倍さんとの首脳会談を逃げ回っている。
中国ははあらかじめ「何らかの約束事」が交わされないと首脳会談をしないと決めている。
中国に「お土産」がないと会談ができない状態です。
日本との会談で、何らかの「誇るべき成果」を得ないと、国内の世論が許さない状態です。
韓国も全く同じです。
日本との首脳会談で、「誇るべき成果」が無いと、韓国民は納得しないでしょう。 
しかし当然、日本は韓国に譲歩する必要は全くない。

譲歩されないとなると、パククネは会談はできません。
自分の政権が持たないから。
過去の大統領は、支持率が下がると「半日ブースト」という伝家の宝刀を振り回して支持率を回復していましたが。
既にパククネは伝家の宝刀を抜きまくっています。これでもかこれでもかというくらい。
支持率が下がってきたらどうするんでしょうね?

しかしヨーロッパも迷惑だなぁ。
「日本が間違った歴史認識を正すべき」と言っているけど。
外国の方も今までは「ほう、日本はそんなにひどいことをしたのか?」と受け止めていただろうが。
毎回毎回これだと流石に「またそれ?なんで日本に言わないの?」となるだろう。
このまま続ければ世界が韓国の異常性に気づく。
もう少ししたら「やれやれ、隣国がアレで日本は大変だなぁ」と同情される日も近いんじゃないかなぁ。
その日が来るまで頑張れ、パククネ。

外国どころか韓国内のマスコミも、韓国内でも行き過ぎたパククネのパフォーマンスを問題視しているようですが。
日本無視の「朴槿恵外交」に韓国でもいらだち 国際的な孤立自覚か
ソウル=黒田勝弘】韓国では朴槿恵(パク・クネ)政権が2月にスタートして以来、いまだ日韓首脳会談が開かれないことに、いらだちが出始めている。朴大統領は今週末から英仏などヨーロッパ訪問に出かけるが、これまで国際会議への出席も含め、米中露や東南アジアはすでに訪問しており、日本だけを避けている感じだ。

 日本を“無視”するような朴槿恵外交に主要メディアや知日派の間では不安と不満が出ている。朴大統領に対し「被害者意識からの脱皮」(朝鮮日報)や「嫌いな人とも対話」「冷静で理性的な国益計算」(中央日報)を求め、「首脳会談で両国間の葛藤を克服すべきだ」(同)として「朴大統領の決断がカギ」(東亜日報)としている。

 また安倍晋三首相をはじめ日本側がしきりに会談を呼びかけているのに対し、朴大統領がこれを拒否しているという図式に「外交当局者も負担を感じている」(外交筋)といい、「米国をはじめ国際的にもクビをかしげる向きが多い」(同)という。

 朴大統領が安倍首相との首脳会談になかなか腰を上げない背景には、安倍首相に対し「右傾化」とか「軍国主義復活」などと非難を続ける韓国内の世論がある。就任以来、日本に対し「正しい歴史認識」を要求してきた手前、雰囲気がよくないというわけだ。~以下略。

韓国内の(珍しく)理性的な声に耳を貸さず、我が道を歩んでくれ。
千年先も「日本が~」ってやる予定なんだろ?
まだ一年も終わってないからね。
パククネには、このまま妄念的な反日行動を取り続けてもらいたい。
日本は「助けず、教えず、関わらず」が正当化できて大助かりだ。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



全力で日韓首脳会談を阻止しよう。

韓国大統領が欧州歴訪、就任年最後の外遊に 日本訪問の見通しなし
韓国の朴槿恵大統領は2日、欧州歴訪のためソウル近郊の空港から特別機で出国した。フランスと英国、ベルギーを訪問し9日に帰国する。

 今年2月に就任した朴氏にとって、年内は最後の外遊になる見通し。朴氏は就任後、米中やロシア、ベトナムなどを訪問したが、日本訪問が実現する見通しはない。

 フランスではオランド大統領と、英国ではキャメロン首相とそれぞれ首脳会談を行う。英国はエリザベス女王が国賓として朴氏を招いた。ベルギーでもディルポ首相と会談するほか、欧州連合(EU)本部を訪問する。(共同)

パククネ大統領が日本を訪問する予定はないそうですな。
朗報だ。
このまま大統領退任まで日本の地を踏ませないように頑張ろう。

どうせ韓国に関わってもねぇ。
慰安婦への謝罪と賠償が必要ニダ・・チラッ・・とか。
もうすぐ並唱オリンピック開催するニダ・・チラッ・とか。
スワップ・・増額してもいいニダ・・・チラッ・・とか。
韓国の文化財をあるべき場所に戻すべきニダ・・・チラッ・・・・とか。
要求するばかりで、日本には何もメリットはない。
韓国側は、何して欲しいとか何をするべきだとか、だだを込めるガキのように要求するだけでいいけど。
その要求を日本が適えてあげないと知ると「裏切られたニダ」とか言い出す。
さんざんディスカウントジャパンで日本を貶めておいて、都合の良時だけ未来志向で協力関係をとか言われても日本国民は納得しない。
もう、昔とは違い韓国のゲスなやり方は知れ渡っているのだ。
日本の敵国を助ける必要がどこにある。 
日本の国益は、全力で日韓首脳会談を阻止することだと本気で思う。


フランスでも楽しく、必死で日本を貶めているようです。
欧州統合見習え=韓国大統領、フランス紙にまた日本批判
【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は2日、フランス訪問を前にソウルで仏紙フィガロのインタビューに応じ、冷え込む日韓関係に関し「日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい」と語った。聯合ニュースが報じた。
 朴大統領は「われわれは両国関係を未来志向の関係に発展させたいが、一部の日本の政治家らが歴史に関し、しきりに退行的な発言をするので遺憾だ」と主張。 「欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった」と述べ、関係改善に向け日本がまず積極的な姿勢を示すよう求めた。 
 朴大統領はメルケル独首相やヘーゲル米国防長官との会談でも同様の日本批判を展開。日本側は反発を強めそうだ。(2013/11/02-20:37)

日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい?
利いたふうな口をきくな!!!
欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった?
ドイツは国家的な賠償は行っていませんが。
あくまでナチスの犯罪の賠償として個人補償を延々と行っている。
それは虐殺を行ったのが歴史的真実だからだ。
日本が韓国に行ったのは歴史的虐殺か?
人口を1300万人から2600万人に増加させ。
医療制度の整備や疫病の防止に努め平均寿命が24歳から56歳に増加させ。
学校を作り、識字率が61%を超えた(1944年時、併合時は4%程度と推定されている)
韓国人を近代化させたことは歴史的犯罪行為だったか?
確かにそうかもしれない。
未来永劫まで途上国だったほうが世界のためだったかもしれないなぁ。
ドイツを見習えというが、ドイツを見習って個人賠償を行ったほうがいいのか?
そうすると、朝鮮半島に資産を遺棄してきた日本人の個人補償も復活する。
韓国政府が、個人賠償を原則とすると主張するのであれば、 日本人にも韓国政府が個人賠償するべきだ。
日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約
韓国に対する日本の経済協力、及び、両国間の財産、請求権の完全かつ最終的な解決[編集]
1949年、韓国政府は「日本が韓国に21億ドル(当時)+各種現物返還をおこなうこと」を内容とする対日賠償要求を連合国軍最高司令官総司令部に提出しており、日韓基本条約締結のための交渉の際にも同様の立場を継承したうえで、韓国側は対日戦勝国つまり連合国の一員であるとの立場を主張し[7]、日本に戦争賠償金を要求した[8]。
これに対し日本側は、韓国を合法的に領有、統治しており、韓国と交戦状態にはなかったため、韓国に対して戦争賠償金を支払う立場にないと反論し、逆に韓国独立に伴って遺棄せざるを得なかった在韓日本資産(GHQ調査で52.5億ドル[9]、大蔵省調査で軍事資産を除き計53億ドル[10])の返還を請求する権利があると主張した。
日本の対韓請求権に関しては、韓国が米国に照会して日本の対韓請求権は存在しない事を確認し[11]、日本政府も日韓会談の過程でそれを受け入れた。[要出典]

まずは53億ドル、当時レートは1ドル360円で計算すると、1兆9080億円払ってからにしてもらおうか?

彼らは「そんなことはできない」と分かってはいるようだけど。
「司法の独走」懸念も 挺身隊判決 韓国政府、苦しい立場
【ソウル=加藤達也】韓国人の戦時徴用労働者が三菱重工業を相手取った損害賠償請求訴訟で、韓国の光州地裁は対日請求権は有効との判断を示した。

 日本政府や企業は日韓請求権協定(1965年)により、請求権は「消滅した」との立場だ。韓国政府も従来、元徴用労働者らの個人請求権は消滅したとの立場だった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は2005年、「個人の財産権や強制動員の被害補償問題の解決金など」については、協定締結当時に日本側が拠出した3億ドルの無償経済協力に「含まれている」との見解を明示していた。
 ただ、最近の韓国の司法判断は異なる。1日の判決は韓国最高裁が昨年5月、三菱重工や新日鉄住金が被告となった別の2件の訴訟で、「個人請求権は消滅していない」とした判断に沿ったものだ。

政府の従来の立場とも相いれない司法判断が定着しつつあるなか、韓国政府内でも「司法の変質」が日韓関係をさらに悪化させかねないとの懸念が出ている。
 韓国外務省報道官は判決をふまえ、「司法手続きが進行中だ」と政府としての立場表明を回避。この問題をめぐる韓国政府の苦しい立場をにじませた。
 韓国政府の複数の高官は最近、在韓の日本メディアに「司法判断を尊重せざるを得ず、介入と取られかねない働きかけはしない」との姿勢を示しており、日韓関係のさらなる悪化を食い止めるため、朴槿恵(パク・クネ)政権が政治的リーダーシップを発揮するかは不透明だ。

そもそも、韓国政府は既に日韓基本条約で金を受け取ったんだから、個人保障は韓国政府がすべきだ。
それを行うと「親日政権だ」と批判され政権が持たないので、すべてをほうっかぶりして日本に解決を預けている。
本来自分たちで解決すべきことを「日本が払うニダ」と言って知らんぷり。
日韓基本条約で個人保障は韓国政府が行うと条約を交わしている。
国家間条約は国内法より優先されるのが国際的常識だ。
いくら韓国政府が常識知らずといってもいい加減にして欲しい。
こんなふうだから韓国人とは出来るだけ関わりたくはないと日本人が思うのだ。
もう一度繰り返します。
日本の国益は、全力で日韓首脳会談を阻止することだと本気で思う。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

韓国政府の慰安婦捏造運動に、日本国民で倍返しだ!

日韓、慰安婦問題で漫画戦争勃発! 韓国の出品に日本は“倍返し”で対抗

慰安婦問題の真実を伝える漫画「The J Facts」
 韓国政府の暴挙が発覚した。フランスで来年1月に開催される国際漫画フェスティバルに、慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して、日本や日本人の名誉を貶めようとしているのだ。わが国の誇るべき文化・漫画を悪用した「反日」政策といえる。これに憤慨した日本の若き会社社長が、韓国の卑劣な嘘を暴く、真実の慰安婦問題を伝える漫画100本を制作し、「倍返し」の徹底抗戦をするという。

 「子供たちが楽しみに読む漫画で、事実とまったく違う内容を描き、日本と日本人を傷つけるなんて…。一報を読んで『絶対に許せない』と思いました。これは、お金の問題じゃない。徹底的にやります」

 こう語るのは、都内でコンサルタント業や漫画広告事業を営む藤井実彦氏(41)。今回の「論破プロジェクト」の発案者であり、実行委員長である。

 藤井氏が奮起するきっかけとなったのは、今年8月14日付のブログニュース「サーチナ」の以下の記事だ。

 《韓国の政府機関・女性家族部(省)は13日、国際社会に日本軍慰安婦被害者の実情を知らせるための漫画を制作し、来年1月にフランスのアングレーム市で開かれる世界最大級の国際漫画フェスティバルに出品・展示する計画であることを明らかにした》

 同ニュースなどによると、韓国側は100ページ程度の慰安婦漫画と短編を計50作品も制作。同フェスティバルに出品するとともに、英語やフランス語などに翻訳し、世界各国の学校などに配布し、国際社会にアピールするという。現在、韓国系団体が全米各地で慰安婦の碑や像を設置する悪らつな宣伝工作を進めているが、ついに韓国政府が前面に出てきたようだ。
 記事には、10月上旬、国連ですさまじい反日演説をした、韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相の「今後も継続的に国際社会の積極的な理解を求める」とのコメントも掲載されていた。

 言うまでもなく、第2次世界大戦当時、公娼制度は合法だった。慰安婦は世界各国にいたプロの戦時売春婦であり、当時の日本兵の数十倍もの高給を得ていた。反日メディアの虚報などで間違った情報が広まっているが、日本軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっていない。

 慰安婦募集の強制性を認めた、1993年の「河野洋平官房長官談話」については、根拠である元慰安婦への聞き取り調査がずさんだったことを、産経新聞が10月16日にスクープした。これを受け、日本維新の会が、同談話を検証するプロジェクトチーム(PT)を近く発足させるなど、日本国内に見直しの機運が高まりつつある。

 藤井氏は「嘘で塗り固められた韓国の慰安婦漫画を放置できない。日本側としても『慰安婦問題の真実とは何か』を冷静に解説する漫画を制作して、同フェスティバルに出品しなければ。『韓国に倍返し!』で、100本の作品をそろえて対抗する」と決意し、「論破プロジェクト」を立ち上げて動き出した。

 こうした趣旨や行動に、上智大学の渡部昇一名誉教授や、拓殖大学の藤岡信勝客員教授、外交評論家の加瀬英明氏、作曲家のすぎやまこういち氏、「金田一少年の事件簿」で知られる漫画家のさとうふみや氏、月刊「WiLL」の花田紀凱編集長らが賛成し、プロジェクトの賛同人として名前を連ねた。

 漫画フェスティバルに出品する代表作は「The J Facts」。慰安婦問題について知識のなかった姉妹2人が、これまでの経緯や、韓国側の嘘を学ぶことで、「慰安婦問題の真実」にたどり着く-というストーリーで、原作は藤井氏、作画は大雲雄山氏が担当した。83ページの力作で、11月にフランスでフランス語版を出版するという。韓国側をたたく内容になっていないあたりが、日本の見識といえそうだ。

 日本語版発行の準備もしており、今後、英語や韓国語に翻訳して、世界各国に広めていく計画という。

 同プロジェクトでは、これ以外に、前出の「河野談話」の背景を描く漫画など、数十本を用意しているが、まだ100本には足りない。このため、プロでなくても、学生や一般人など“漫画心”があり、「日本を守りたい」という人たちの協力を求めているという。

 韓国系団体などによる慰安婦問題での暴挙に対しては、最近、米国内の日系人や在留邦人、日本の普通の主婦らが「歴史を捏造するな」「日本や日本人の名誉を汚すな」と立ち上がり、具体的な論拠を示して、反対運動を展開し始めている。

 藤井氏は「韓国側の宣伝工作で、米国内では日系人の子供がイジメられている。韓国の慰安婦漫画を放置すれば、世界中で同じような辛い目にあう子供たちが出てくる。私には4人の子供がいるが、子供たちに嘘で貶められた日本を残したくない。私は民間の立場で真実を訴えていくが、日本政府にも立ち上がってほしい」と語っている。

韓国の捏造慰安婦宣伝に倍返しだ!!!
cbc06bc6-s.jpg
韓国政府機関の女性省が前面に出て慰安婦捏造漫画の政策、出展を計画している。
今までは反日広報組織であるVANK等の民間団体が主な活動組織だったのが、今回は政府組織が出てきたということですね。
韓国政府が堂々と捏造慰安婦問題を広報しています。
ここは日本も政府組織がカウンターに乗り出すべきだと思うのだが。
アメリカのブエナバーク市での慰安婦像設置却下も、在米日本人による活躍が大きい。
日本政府は「慰安婦問題を政治問題にしない」としているが、そろそろそれもどうだろう?
日本政府が動かないから市民団体が動かざるおえない。
今回の漫画でカウンター行動を支持します。
一応、どういう人が中心人物か位は知っておきたい。

会社概要 アイコミックス
今回の漫画で倍返し運動の名称は「論破プロジェクト」
そして論破プロジェクトの実行委員長が、都内でコンサルタント業や漫画広告事業を営む藤井実彦氏(41)
その藤井氏の会社がアイコミックスです。
アイコミックスは、漫画で企業の宣伝業務を請け負う会社。
漫画広報のプロフェッショナルと言っていいですね。
企業広報と政治問題広報と違いはあれど、漫画で広報という日常業務と同じ事を行うことになります。
その道のプロが仕掛ける戦略に期待したいと思う。
ま、穿った見方をすれば「藤井氏の企業の宣伝になるんじゃないか?」と私欲での行動を疑う人もいるだろうけど。
実際、漫画での自己紹介を読むと、上昇志向が豊かな人物とは思う。
だが、慰安婦カウンター運動が金になるとは思えない。
私欲だけでこんなめんどくさい、リスクもある事に絡むわけないしなぁ。
多分、もっとこの活動が広がれば韓国人や一部の在日朝鮮人から相当嫌がらせが来るだろうし。
論破プロジェクトの結果としてアイコミックの売り上げが伸びる事はむしろ望ましいと思う。
日本の国益に貢献して、自己現実も達成できるのならば、素晴らしいことだ。
この企業が絡む新しい慰安婦反対運動に期待したい。
そして、この企業が絡む保守行動が、世間に認知されて場合、第二、第三の藤井氏が現れるかもしれない。
そうして「企業がセールスとして行う保守活動」が広まったら良いなぁ。

『論破プロジェクト』の賛同者にもそうそうたるメンバーが名を連ねている。
論破プロジェクトとは
賛同人一覧(50音順、敬称略)
•加瀬英明(外交評論家)
•黄 文雄 (評論家)
•さとうふみや(漫画家・論破プロジェクト漫画選考委員長)
•すぎやまこういち (作曲家)
•高橋史朗 (明星大学教育学部教授)
•田中英道 (東北大学名誉教授)
•中村 功 (経営者漁火会会長)
•西村幸祐
•花田紀凱 (『WiLL』編集長)
•濱口和久 (拓殖大学客員教授)
•坂東忠信 (全国防犯啓蒙推進機構理事(元.通訳捜査官))
•藤岡信勝 (拓殖大学客員教授)
•水間政憲 (近現代史研究家)
•鳴  霞 (ジャーナリスト)
•惠隆之介 (「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表)
•茂木弘道 (「史実を世界に発信する会」事務局長)
•山際澄夫 (ジャーナリスト)
•渡部昇一 (上智大学名誉教授)

後援団体(50音順)
•「慰安婦の真実」国民運動
•株式会社安田建設
•幸福実現党
•日本の歴史を考える会

協賛企業・団体
•株式会社安田建設
•島根と日本の誇りを守る会
•有限会社林商事


なお、論破プロジェクトでは支援者を募集しています。
ご支援いただく場合には下記のように5つの形がございます。
1.facebook、twitterでいいねやフォロワーになっていただきこの企画を拡散する
2.企画にご賛同いただき、漫画やイラストを投稿していただく(入賞賞金あり!)
3.論文や記事などをご投稿いただき、ROM-PA.comを盛り上げていただく
4.ウェブ広告のご購入や、協賛金のご寄付をいただき、ROM-PA.comをご支援いただく
5.英語版や各国版の翻訳作業にボランティアスタッフとしてご協力いただく

どなたでも、日本を愛する全ての方に本趣旨をご理解いただき、なんらかの形でご参加いただければ大変嬉しく思います。 個人の協賛金は一口1,000円からできます。 facebookやtwitterでフォロワーになっていただくのは、費用がかからず、ご賛同をお示しいただく、大変嬉しいご支援です。 どんなことでも構いません。 是非、日本に対する印象を悪くしようとする国に対して、正しい論陣を張る為の場所として、「論破ドットコム」は作られました。 よろしくご支援の程、お願い申し上げます。

フェイスブックやツイッターでの『いいね』は気軽にできるし、拡散に役立ちます。 
論破プロジェクトを、どんどん拡散していこう。

論破プロジェクトはこちらをクリック!!!

漫画の投稿も募集しています。
募集フォームもあるので、絵心のある人は気軽に参加してみてはどうだろうか?
賞金も出るみたいだから、やりがいもあるぞ。
投稿漫画でサポートを!
あなたのマンガを世界に発信し、慰安婦についての間違った歴史観を払拭しませんか?

史実ベースに基づいた内容であれば、すでに発表済みの作品でもOK!
最優秀賞には賞金20万円を差し上げます。
賞金:
•最優秀賞:賞金20万円(1人)
•佳作:賞金10万円(3人)
•敢闘賞:賞金5万円(5人)

締め切り 2013年12月24日 


論破プロジェクトの応援をよろしくお願いします。
当ブログの応援クリックもお願いします。 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

山本太郎に好きなようにレッテル貼りしてみた。

「明らかな政治利用」との指摘も 宮内庁幹部も懸念
31日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた秋の園遊会で、出席していた山本太郎参院議員(38、無所属)が陛下に直接、手紙を渡した。宮内庁によると、公の場で陛下に手紙を直接渡す行為は極めて異例。国会議員の立場にある人物の行為に、識者からは「明らかな天皇陛下の政治利用」との指摘が出ている。
 山本氏は、陛下が招待者の並ぶ列を回って来られた際、折りたたんだ手紙を直接手渡した。陛下はいったん受け取り、そばにいた侍従長に手渡された。

 山本氏は園遊会後、国会内で取材に応じ、手紙には東京電力福島第1原発事故をめぐる健康被害などについて書いたとし、「政治利用にはつながらない」との認識を示した。

 山本氏によると、「子供たちの未来が危ない。健康被害が出ている」などと陛下に話しかけたが、お答えはなかったという。

 これに対し、菅義偉(すがよしひで)官房長官は31日午後の記者会見で、「礼儀にふさわしいかどうかは自身で判断することだ。常識的な線引きはある」と、不快感を示した。

 識者や宮内庁の関係者からも、異例の行動に批判的な声が上がった。

 高崎経済大の八木秀次教授(憲法学)は「明らかな政治利用だ。天皇陛下の政治的中立ということをまったく理解していない。国会議員としての資質が問われる」と指摘する。

宮内庁のある幹部も「一般論として、ああいう場所で物をお渡しするのはエチケットに反し、あってはならないことだ。陛下としてもお困りになるだろう」と懸念する。

 園遊会は毎年春と秋の2回開かれ、芸術やスポーツなど各界の功労者や国会議員、官僚、自治体の首長らとその配偶者の約2千人が招かれる。

日本人として山本太郎を許せない。
この記事を見た人のほとんどが同じ気持ちを抱いたのではないだろうか?
天皇陛下は日本の象徴であり、日本人は自然と皇室には畏敬の念を抱く。
自分は、2600年の歴史ある、世界に冠たる天皇陛下に畏敬の念を抱き、言葉を交わすのも「恐れ多い」と感じる。
太陽が唯一無二の存在であるように、天皇陛下も同じく唯一無二の存在なのだ。
山本太郎は天皇陛下を政治利用し、手紙を片手で手渡すという暴挙をやってのけた。
本人は日本人として、自然と湧き出る感情を持ち合わせていないのだろう。
天皇陛下を政治利用した。
自分の欲のために陛下を利用したのです。

山本太郎氏の会見詳細が産経新聞に記載されておます。
以下のとおりです。
(1)「どんなレッテルを貼ってもらっても結構」
(2)「伝えたいことというものがあふれた形です」
(3)「原発作業員、ひどい労働環境の中で働かされている」と
(4)「田中正造さんが直訴されたということも知っています」
(5)「この星に生きるものの一人として向きあわないといけない」
(完)「言いたいように言っていただいて結構です」
ここで彼は開き直りのように取れる発言をしている。
--失礼にあたるかもしれないとは思わなかったか

「ルール的には園遊会の中でお手紙を渡すということが禁じられていることは聞いていなかったということがあります。常識的に考えて、陛下に対して、お手紙をお渡しするという行為は失礼に当たるかもしれない。けれどもやっぱりこの現状を知っていただきたいという自分の気持ちがまさってしまったという部分ですね」

--禁じられていなければ、何をやってもいいということか

「そのことによるんじゃないですか。その内容によるんじゃないですか」

--法律で禁じられていなければできるということですよね

「そうですよね」

--外形的には政治利用であり、憲法にもかかわる問題だという認識はないか

「まあまあまあ、どのようにレッテルを貼っていただいても結構です。それはなんやろう、公人という立場で僕がそのような行為をしたことに対して、みなさんが言いたいように言っていただいて結構です。でも自分自身どういうつもりで、どういう気持ちでその手紙をしたためたか。そしてどういう気持ちで、天皇陛下に受け取っていただいたかというのは先ほど説明した通り、ということです」

どのようにレッテル貼って頂いても結構だと?
では、思いっきり好きなようにレッテル貼らせてもらおうか?

(青字が彼が発言した内容です)
陛下は聡明(そうめい)な方なので、すでにご存じなこととは思うんですが
彼は、陛下が福島の現状について存じ上げていることを承知で手紙を渡した。
手紙を渡す意味が無いじゃないか。パフォーマンスと罵られても仕方ない。
本当に劣悪な環境の中で、しかも、搾取されながら労働の対価というものを手にすることなく、命をはりながら、命を削りながらやっているにもかかわらず、健康管理とか放射線管理がずさんなままにされている実情ですか。
それを何とかするのが国会議員の役目。
自らは職務放棄したうえ、陛下にお力添えを要求した。
お前、日本人じゃないだろ、絶対。

うう、なんか書いていて怒りで頭がクラクラしてきた。
こんなに怒ったのは、靖国神社放尿事件以来だ・・・・。
識的に考えて、陛下に対して、お手紙をお渡しするという行為は失礼に当たるかもしれない。けれどもやっぱりこの現状を知っていただきたいという自分の気持ちがまさってしまったという部分ですね
自分の気持ちが優ってしまった?
我慢しろよ、馬鹿が!
自分の感情を抑えることができないお子様か?


続いて、彼がどのような人間か、好きなようにレッテル貼らせてもらいます。
山本太郎陣営、公選法違反の疑い次々 前日の20時以降ビラ配り、当日にネット中継
2013年7月21日に投開票のおこなわれた第23回参議院議員選挙で当選を果たした山本太郎氏の選挙運動が「公職選挙法(公選法)に触れる」との疑いが持ち上がっている。
ネット選挙解禁の波に乗り、ネット活用が勝因と各紙で分析されている山本氏だが、型破りの選挙運動には問題もあったようだ。

山本太郎は公選法違反を犯しているので議員の資格はありません。

山本太郎は中核派の支援候補
山本はこうした中核派の支援に対して「拒否しない」とのべている。彼の集会への動員数やポスターの数は民主党候補を上回っており、彼の運動の背後に組織があることは確実だ。中核派は、これまでにも瓦礫反対運動の「実働部隊」として動いており、一般の反原発への関心が冷める中で、彼らの比重が高まっている。
革共同中核派は、これまで内ゲバで革マル派や革労協などを50人以上殺してきた、日本最大のテロリスト集団である。彼らの支援する候補が国政に議席を得るというのは先進国では例をみない事態であり、日本の政治は世界から嘲笑されるだろう。

山本太郎は日本最大のテロリスト集団と仲間。

山本太郎、参院選投開票日に子供が産まれていた 「電撃離婚発表」の次は「電撃出産発表」!
2013年8月6日の会見で離婚10+ 件していたことを発表した山本太郎10+ 件参院議員(38)に、今度は「実は子供がいた」ことがわかった。
誕生は、山本氏が初当選を飾った参院選投開票日の13年7月21日。子供の母親は元妻とは別人という。様々な驚きのある公表となった。

山本太郎は19歳の未成年と結婚し、すぐに離婚した。
その直後、元妻とは別の女性を孕ませて、出産させている。
これらは何も公表せず、選挙戦を行い当選した。
東電の隠蔽体質を批判しながら、身近らの身の上は隠蔽していた。
山本太郎は男としても、人間としても不誠実です。

山本太郎、大島でボランティアの寝場所がないことに激怒する
台風による土石流で甚大な被害が出た伊豆大島(東京・大島町)。現在も行方不明者の捜索が続いているという緊迫した状況だが、この島に島外からボランティアが集結している。だが、善意で集まったはずの人々が「モンスターボランティア」になることもあり、東日本大震災の被災地でも無料の宿泊場所や食事などを要求する行為が問題視された。伊豆大島でも同じ問題が起きているらしく、現地でボランティア活動をした女性が「島外ボランティアのワガママ」ぶりを告発。しかも、その図々しい要求をしてきた人物が参議院議員の山本太郎氏(38)だった可能性が浮上し、ネット上で物議を醸している。
山本太郎は被災地の人より自分を支持してくれているボランティアの事情を優先させる。
山本太郎はモンスタークレイマーで関わると不幸になる。

以上、お言葉に甘えて好きなようにレッテル貼りさせてもらった。
悪意あるレッテル張りである事は認めます。
本当に大嫌いで軽蔑すべき人間なので、悪意あるレッテル貼りをしても全く心は痛みません。
この男を活躍させないことが日本の国益に叶うと思うし、都民の皆さんの切実たる思いだと感じる。
この男を当選させてしまった都民の皆さんは責任を感じているだろうから。
現役の国会議員で世界で二番目に嫌いだったが、この件で世界で一番嫌いになりました。
次回の選挙が待ちきれませんな。

山本太郎の議員辞職を願う。
参院議運、山本議員を聴取 閣僚、与野党は批判の嵐、議員辞職要求も
山本太郎参院議員(無所属)が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した行為について1日、閣僚や与野党幹部から、「(天皇の)政治利用そのもので、議員辞職ものだ」(下村博文文部科学相)などと、批判が相次いだ。自民党の脇雅史参院幹事長は党役員連絡会で、山本氏が辞職しない場合は辞職勧告決議案の提出を検討すべきだとの考えを示した。

 参院議院運営委員会は同日午前の理事会で、山本氏に対する処分をめぐり対応を協議。岩城光英委員長が山本氏を国会内に呼び、事情を聴取した。山本氏はこの後、記者団に対し「マスコミが騒がなければ、政治利用といわれることはなかった。議会の沙汰があれば受け止める」と述べ、自ら辞職する考えがないことを強調した。

 古屋圭司国家公安委員長は記者会見で「常軌を逸した行動だ。国民の多くが許されざる行為だと怒りをこめて思っているのではないか」と批判。新藤義孝総務相は「皇室へのマナーとして極めて違和感を覚える。国会議員ならば、新人とはいえ自覚を持って振る舞ってほしい」と語った。安倍晋三首相も周囲に「あれはないよな」と不快感を示したという。

 与野党でも厳しい意見が上がり、自民党の石破茂幹事長は記者会見で「見過ごしてはならないことだ」と言明。公明党の井上義久幹事長は「極めて配慮に欠けた行為だ」と指摘した。

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は市役所で記者団に対し「日本の国民であれば法律に書いていなくてもやってはいけないことは分かる。しかも国会議員だ。信じられない」と批判を強めた。民主党の松原仁国対委員長も記者会見で「到底許されない」との認識を示した。

全ての国会議員が山本太郎を罷免するように働くべきだ。
と思うんだけど、こんな小物のためにそんな無駄な活動をするのも馬鹿らしい。
国会議員でいることも無益というより有害だし、辞めさせるために他の国会議員の時間を使うのも馬鹿らしい。
・・・・ほんっとに日本のためにならないなぁ。
ほぼ同レベル馬鹿の元国会議員の言葉で締めくくろう。
政治家が馬鹿では国が持たぬ。
鳩山
そして、馬鹿な政治家を選ばないように国民は賢くありたい。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。