スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国にはアメとムチを使い分けて接しよう。

中国軍機領空接近、中国新体制の高圧姿勢を裏付け 安倍政権、自衛隊積極活用へ
沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国の脅威が、またひとつ明らかになった。今回判明した中国軍用機の日本領空への接近飛行は、「海洋強国」を掲げる中国の習近平体制の高圧姿勢を裏付けるものだ。こうした事態を受け、安倍晋三政権はこの地域での自衛隊の積極活用に舵を切る。背景には、民主党政権時代の弱腰対応が、結果的に中国の攻勢を助長したとの認識がある。
 「即刻退去の求めにもかかわらず長時間侵入した」
 外務省の斎木昭隆外務審議官は8日、中国の程永華駐日大使を呼び、海洋監視船による尖閣周辺での日本領海侵入に厳しく抗議した。安倍政権発足後、駐日中国大使を呼び出し抗議するのは初めてだ。
 領海侵入は常態化しているとはいえ、今回は7日午前から8日未明にかけ延べ13時間に及ぶ執(しつ)拗(よう)さで「極めて特異」(菅義偉官房長官)なケース。程氏は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国領。抗議は受け入れられない」と反発した。
 尖閣国有化後の中国側の攻勢は苛烈を極める。軍用機Y8の接近飛行はその最たるものだ。政府高官は「9・11(尖閣国有化)以降、飛行頻度は格段に増した」と語る。空自のスクランブル対応が早くなると、Y8はより日本領空に接近してくるなど一触即発の状態が続く。
接近をいち早く探知するため、航空自衛隊の早期警戒機E2Cと空中警戒管制機AWACSは東シナ海上空を連日飛行。E2Cは9月以降、整備基盤がないにもかかわらず那覇基地にほぼ常駐しており、「要員も装備も疲弊している」(防衛省幹部)という。
 政府内には、中国側が挑発をエスカレートさせれば防空網に穴が空きかねないとの危機感も強い。このため、実効的な対処にはスクランブル時の警告射撃などが不可欠だとの認識も広がりつつある。
 実は、警告射撃や海上自衛隊艦艇の前方展開は野田佳彦前政権では「中国を刺激する」として自重されてきた。しかし、こうした「配慮」が裏目に出たことは、今回判明した中国軍用機の接近飛行を見ても明らかだ。(半沢尚久、峯匡孝)

すごい強気だな、安倍さん。
今までとは違う内閣なんだ、ということを思い知らせるのは良いことだ。

外務省の斎木昭隆外務審議官は8日、中国の程永華駐日大使を呼び、海洋監視船による尖閣周辺での日本領海侵入に厳しく抗議した。安倍政権発足後、駐日中国大使を呼び出し抗議するのは初めてだ。
いいですなぁ。
今までのように、ナイーブ外交ばっかりじゃ通用しないのは分かっているから。
「遺憾に思う」を繰り返しても意味ないしね。
むしろ、今まで中国大使を呼び出して講義していなかったのが驚きだ。
民主党は本当に何もしてこなかったんだな。
改めてしみじみ「クズ政党だったんだなぁ」と思う。
政府内には、中国側が挑発をエスカレートさせれば防空網に穴が空きかねないとの危機感も強い。このため、実効的な対処にはスクランブル時の警告射撃などが不可欠だとの認識も広がりつつある。
 実は、警告射撃や海上自衛隊艦艇の前方展開は野田佳彦前政権では「中国を刺激する」として自重されてきた。しかし、こうした「配慮」が裏目に出たことは、今回判明した中国軍用機の接近飛行を見ても明らかだ

警告射撃、自衛隊官邸の前方展開、賛成。
もちろん、闇雲にやって「不慮の事故」が起きるのは日本、中国ともに本意ではない。
行うときは慎重に事故が起き無いよう、細心の注意が必要だ。
ただ「警告射撃するぜ」というメッセージを外交カードに使うのは、有りですなぁ。
まぁ、日本が言ったからといって「じゃぁ、接近は辞めます」とか中国がいう訳ないのは分かっている。
国益よりメンツを大事にする精神的後進国に反省を期待しても無駄というものだ。
ただ、今回のように長時間の接近はやりにくくなるよね。
プレッシャーをかけるとはこういうことだと思う。

でも、中国はメンツを大事にする国。
脅すばかりじゃ、進展はしないと思う。
外交はアメとムチを使い分けることが基本だし。
なんか、中国にもメリットらしきものを与えといて、実は日本の罠でした~みたいな狡猾な手段が必要だ。
中国がレアメタル関税撤廃、批判かわす狙いか
【北京=栗原守】中国政府が、マンガンなどのレアメタル(希少金属)を含む9種類の原材料にかけていた関税を今月から撤廃したことが分かった。
中国メディアが報じた。中国による9種類の原材料の輸出規制は、米国、欧州連合(EU)が不当な規制として世界貿易機関(WTO)に訴え、2012年1月に中国側の協定違反との判断が確定していた。
 中国の関税撤廃は、日本などがレアメタルの代替品を開発し、輸出が伸び悩んでいることに加え、国際社会からの批判をかわす狙いがあるとみられる。
 これまで中国はこれらの原材料に対して、最高で40%程度の輸出関税をかけていた。
 日米欧は12年3月、レアアース(希土類)についても、中国の輸出規制はWTO協定違反として提訴している

これなんかいいんじゃない?
関税を40%から撤廃にするという事は、そうとう追い詰められているんだろうし。
ある意味中国の「調子に乗ってすいませんでした。レアメタル買ってください」というメッセージとも思う。
「仕方ないなぁ、今はカザフスタンとかオーストラリアから買うと決めたからあんまり必要ないけど、中国のために買ってあげますよ」
なんてこと言ってレアメタル購入。
関税撤廃で以前より安価だし、さらに競争相手もいるんだから値段も競争させればいい。
安く大量購入して、余るようなら備蓄しておけばいいし。
いろいろあるけど、まぁ仲良くやりましょう。という日本からのメッセージになればいいな。
中国のメンツも立てられるし、ここで関係を改善しないと中国もしんどくなる。
ま、関係改善できたとしても、いつまでも続きはしない。
きっと、その内中国は「靖国参拝反対アル」とか「国防軍はダメアル」とか難癖つけてくるだろうし。
その時はアメをムチに変えればいい。
「中国からレアメタルの購入を完全にゼロにします」
その頃には代替技術も進んでいるだろうし、他国からの購入量も増えただろうし、中国から安く買った備蓄あるしし、全く困らないだろう。
昔は、中国→日本への経済制裁だったレアメタルが将来的には逆に日本の経済制裁になりうる。
使えるカードは沢山あったほうがいいしね。
中国との外交ではウィンウィンの関係はできないと思う。
「日本と喧嘩してもいい事ないな」と分からせないとダメなのだ。
必要以上の配慮を間違ったメッセージになってしまう。
毅然と、冷静に、しかし冷酷になる事を躊躇わない外交をお願いしたい。
それが可能な内閣が日本にあって本当に良かった。
民主党の3年半の外交実績は安倍内閣は1ヶ月で取り戻す勢いだな。


中国との外交を民主党に任せなく良かった。と思う人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

自衛隊は大変だけど頑張って欲しい。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。