スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国&韓国。あるべき姿に戻って良かった、良かった。

中国に傾斜する韓国 ソウルで日中が外交戦
【ソウル=黒田勝弘】韓国での朴(パク)槿恵(クネ)政権のスタートを前に、日本と中国がソウルで外交戦を展開している。日本が先週、額賀福志郎・日韓議連幹事長(元財務相)を安倍晋三首相の特使として派遣したのに続き、中国も9日、張志軍・外務次官を特使としてソウルに送り込む。
 日中とも韓国の新政権を自らに有利に取り込もうと懸命だが、韓国はこのところ中国への傾斜が目立ち、日本にとっては厳しい状況になっている。
 「日本より中国」を物語る象徴的な場面は、朴槿恵氏の大統領当選直後の各国大使との面談。過去、歴代の当選者は米国大使の次には必ず日本大使に会ってきたが、今回、初めて中国大使が2番目になり、日本大使は3番目に“格下げ”となった。
 経済力をはじめこの地域での中国の存在感が大きくなった結果とはいえ、初めてのことだけに日本にとってショックだ。「当選祝いの花輪とメッセージを届けたのは日本が1番だったのに」(日本大使館筋)「韓国で日本が中国の後塵(こうじん)を拝するのは19世紀末の日清戦争前以来ではないか」(ソウルの外交筋)との声さえ聞かれる。
 靖国神社放火の中国人容疑者引き渡し問題でも、韓国は日本の引き渡し要請を拒否し中国に送還した。法治主義を無視し「反日無罪」の立場で中国の主張をそのまま受け入れたのだ。「日本への配慮より中国への配慮が優先した結果」(同)である。
「日本に文句を言われても大したことはないが、中国を怒らせると実害があるとの判断からだろう。裁判所の決定であっても最近の韓国の対日、対中意識を反映しているとみて間違いない」(同)という。
 韓国ではこれまで公式、非公式を問わず主要国の名前に触れる場合は必ず「米国、日本、中国、ロシア…」の順だったが、最近は「米、中、日…」になる場合が多い。以前はよく耳にした「伝統的な友邦、日本…」という言葉もほとんど聞かれなくなった。
 この傾向は中国の経済規模が日本を追い抜いた一昨年あたりから強まった。代わってメディアや識者の議論でしきりに登場するのが「G2」。世界を率いるのは「米国と中国の2大国」という意味だが、国際的にはそれほど一般化していないのに、韓国では国際情勢を語るときの“合言葉”になっている。
 今回、特使受け入れでは日本が先んじたかたちだが、今後の日程では2月25日の大統領就任式の際の“祝賀外交”や、新大統領が東京と北京のどちらをまず訪問するかが関心を集めている。過去、日本より先に中国を訪問した新大統領はいない。

なんてラッキーなんだ。
すごい晴れ晴れとしたニュースですなぁ。
そもそも100年前は宗主国と仰いでいたんだから、100年前にもどるだけ。
むしろ、歴史的には中国の属国だった期間がはるかに長いんだから、あるべき姿に戻るだけなのだ。
例えるなら、DVにあっていた哀れな女に同情して、一時の気の迷いで住まわせたやった。
女は勘違いして、居着いてしまう。働かないくせ、贅沢な生活を要求するし文句しか言わない最低な女だった。
嫌になって、家を追い出したら「謝罪と賠償を要求するニダ」と血迷いごとを言ってくる。
「お前、俺がどのくらいお金貸したり、いい物食べさせたりしてか覚えてないのか?」
男の当たり前の要求にも女は「別にイヤイヤ暮らしていただけニダ。謝罪と賠償を~」
男は馬鹿らしくなり、大量の手切れ金を渡すが、女はそれからもお金に困ると「謝罪と賠償を~」と言ってくる。
男は無視したり、お小遣いを渡したりするが、ほとほと嫌になる。
そんな腐りきった女がDV男の元に帰っていったのだ。
なんだこの清々しい気分は。
頼むから、そのまま仲良くして行ってくれ。
必要以上に日本にかかわらないでくれ、
そうしてくれたら、もちろん日本も関わりは最低限にするよ(頼まれるまでもない)
だがしかし。
特亜のバカップルは二人して「謝罪と賠償を~」と言ってくるに違いない。
ハズレようのない予想に泣きたくなるよ。

日本は、日本を頼りにしてくれる、価値観を共通する友好国と仲良くしたい。
自由と繁栄の弧を完成させて、本当の友好国と繁栄していきたいのだ。

特亜とかかわらなくて済む方法を考えれた人はノーベル平和賞受賞するな。と思う人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

特亜は世界に不要だと思う。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当にね。
韓国は最初からシナのものですよお。
日本は何の興味もありませんから。

Re: No title

アリスさん、コメントありがとうございます。

本当に。
そっちでホルホルするのは止めないから、こっち見んな。
そう思いますね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。