スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国は戦争の準備じゃなくて選挙の準備しろよ。

「戦争の準備をせよ」対日想定…中国軍指導部が全軍に指示
北京=矢板明夫】中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していたことが明らかになった。14日付の軍機関紙、解放軍報などが伝えた。また、国営中央テレビ(CCTV)など官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定した特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおっている。
 沖縄県・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、習近平新指導部がその準備と雰囲気作りに着手し始めた可能性がある。
~中略~
一方、日本と外交交渉を通じて尖閣問題の解決を主張する学者らはほとんどメディアに呼ばれなくなったという。ある日本研究者によると、最近北京で行われた尖閣問題に関するシンポジウムで、「論争の中心は対日戦争を小規模にとどめるか、全面戦争に突入するかが焦点になりつつある。小規模戦争を主張する人はハト派と呼ばれ、批判されるようになった」という。
 共産党筋によれば、習近平総書記は昨年11月の党大会で、軍人事の主導権を胡錦濤国家主席が率いる派閥に奪われた。習氏は現在、軍内の保守派と連携して、日本との軍事的緊張を高めることで、自身の求心力を高め、主導権を取り返そうとしているとみられる。

戦争の準備ねぇ。
確かに、最近の中国は強気の対応が目立ちますな。
ただ、焦っている、困っているのを隠して、強気の対応のように感じます。
中国機、また尖閣接近 空自戦闘機がスクランブル
そもそも、領空接近で、スクランブルとか、そんなに珍しいことではないみたいです。
第2節 実効的な抑止及び対処
スクランブル
平成22年度と少し古いデータですが、中国の領空接近による自衛隊のスクランブル発進は100件近くありますね。3日で1回はスクランブル発進していたようです。
昔から、我が物顔ででかい面していたんだなぁ、ムカつく人々だ。
侵犯経路
侵入経路も尖閣近くまで来ていますね。
昔から行ってきたことを、最近は頻度が高くなったようです。
自衛隊はちゃんと対応できてきたのですから、そんなに心配することもないのかも。
しかし、ロシア侵犯の多さは、ちょっといい加減にしとけって思いますね。
戦争が起きるとは思いにくいけど、万が一航空事故が発生したら止められないかもしれない。
そこは気をつけてください。自衛隊も皆さんを頼りにしています。

中国は打つ手が無くなって来ているんじゃないかな?
レアアースの経済制裁は逆にダメージ食らう。
日本企業のデモという名の略奪も社会的信用を失う。
今までのように脅しても一歩も引かない強い総理が控えている。
中国包囲網を着々と作られ、自国が孤立していることを思い知らされる。
↓↓下記エントリーに書いています。
中国包囲網の完成を期待する
中国にはアメとムチを使い分けて接しよう

さらに自分の国では、メディアのコントロールさえ厳しくなってきている。
共産党VS中国メディア “宣伝機関”からの脱皮なるか
【上海=河崎真澄】改革志向の中国週刊紙、南方週末の社説が中国共産党賛美の内容にすり替えられた問題は、編集部側が抗議の矛を収めて10日に通常通り最新号を発行し、表面上は収束に向かった。だが、河南省の地方紙が11日付で南方週末を公然と支持するなど、党の“プロパガンダ機関”から脱皮したいメディアやそれを支持する知識層の抵抗は続いている。一党支配を覆す民主化運動への発展を警戒する共産党は言論統制を強め、水面下の攻防は激しさを増している。
なぁ、キンペイちゃんさ、日本に構うより自分の国の心配するべきじゃないの?
それとも、どうにもならないから反日プロバガンダで国民を欺いているのか?


そこでふと気目にとまった記事が。
中国 不動産価格再び上昇の兆し バブル抑制に逆行 背後に太子党の影
【北京=川越一】中国で不動産価格が再び上昇する兆しを見せている。昨年11月の中国共産党大会で「新型の都市化」を推進する方針が決められたことが関係業界に弾みをつけた。温家宝首相が格差是正を目的に進めようとした「不動産バブル抑制」に逆行する動きの背後には、習近平総書記(国家副主席)の出身派閥で不動産業界と太いパイプを持つ太子党(高級幹部子弟)の影がちらついている。
 中国では近年、投機目的の不動産売買が横行し、不動産バブルが社会問題となった。温首相は一昨年、価格暴騰を「断固として抑制する」との決意を表明し、一時、沈静化に向かいかけた。ところが、利下げや地方で不動産バブル対策の部分的緩和が拡大したことで、昨年6月ごろから住宅価格は上昇に転じた。
  ~中略~
習氏は昨年末、河北省の貧困地域を視察し、「貧困をなくし、共に豊かになることが社会主義の本質的要請だ」と強調。都市化促進で農民工(出稼ぎ労働者)の就業機会増加を期待する声もあるが、不動産市場の活況は、格差をさらに拡大する結果を招きかねない。

温ちゃん、バブル弾けそう、ヤバイ→無理やり沈静化→習ちゃん、いいじゃん、儲けようぜ
「不動産バブル抑制」に逆行する動きの背後には、習近平総書記(国家副主席)の出身派閥で不動産業界と太いパイプを持つ太子党(高級幹部子弟)の影がちらついている。
なんかさぁ。
中国立て直すなんて、もう無理ゲーだから儲けるだけ儲けて海外に貯金して、内乱起こして自分らは海外にトンズラしちゃおうよ
こんな感じですかね?

いま中国に必要なのは戦争の準備ではなくて、民主主義に則った選挙の準備だぜ。
その為の協力なら、日本も手伝うのにやぶさかではない。
まぁ、民主化しても、相変わらずの中国で反日ばっかりの可能性はあるなぁ。

中国は迷惑かけずに滅んでね。という人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

共産党とか言いながら資本主義じゃん。という人はクリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まあ、とにかく中国と朝鮮とは鎖国でいいです。
別に過激な方々のように、シネ、とか言いません。
とにかく、関わるべからず。

Re: No title

アリスさん、コメントありがとうございます。
そうですね「関わらない」事が本当のウィンウィンな関係になると思います。
しかし、やつらは日本をほっとかないという不思議。

No title

中国の核兵器の先制攻撃不使用宣言は信用出来ないので、先手として、核兵器を日本に先制攻撃で撃ち込んだら、それを理由に地方も含めた党幹部や軍幹部の暗殺と引き換えに金を渡すというメールを中国内部の貧困層などに送っておきましょう。
最高幹部には、一首一兆円分のドルかユーロか金で良いでしょう。
核兵器を撃ち込むことで自分の死刑執行証書にサインをする状況に追い込む戦術は中国には有効です。
土地を奪われた農民やら、イスラム系の人やら、恨みを持つやつらや金のためには強盗するようなやつらには事欠かないですから。
勝ったはいいが、一生死の恐怖に怯える事に耐えられますかねえ。
本題になりますが、中国は対外戦争より国内戦争に備えた方が良いでしょう。
うまい扇動家が煽ったら大規模な低強度紛争はいつあってもおかしくないですから。

Re: No title

Suica割さん、コメントありがとう。
獣どうし共食い戦法ですね(笑)
確かに、中国は内乱寸前のようです。
うまいアジテーターとか、日本が送り込めればいいんですけどね。
そのくらい外交力つけても良いと思う。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。