スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒ、お友達会社にダメだしされる

朝日新聞「中国機信号射撃方針」記事 防衛相が抗議、「誤報ではないか」との声
朝日新聞社の広報部では、防衛相が領空侵犯にしっかり対応する方針は変わっていないと会見で述べたことに触れ、「防衛相がこのように説明した『対応』『方針』の中身を読者にわかりやすく伝えるため」と報道について釈明した。そして、無線連絡をしたり機体を振って伝えたりしても従わない場合に警告射撃すると、「自衛隊法に基づく防衛省の対応の手順を記事中に明記しました」と言っている。
また朝日が売国しときながら、自己弁護しているなぁ。
クソ新聞社め、嘘ついてもわかるんだぜ?

と思いながら、記事元の原文を探しました。
これがそうらしいです。
領空侵犯に信号射撃 対中国で防衛相方針
 小野寺五典防衛相は15日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領空で中国機が無線などによる警告を無視して領空侵犯を続けた場合、警告のため曳光(えいこう)弾で信号射撃をする方針を表明した。領空侵犯への対処手順を示し、中国側を牽制(けんせい)する狙いだ。
 小野寺氏は会見で香港メディアから「中国機が領空に入れば警告射撃はありえるか」と問われ、「国際的な基準に合わせ間違いない対応を備えている」と語った。自衛隊は1987年に旧ソ連のTu16電子偵察機が沖縄上空を領空侵犯した際、信号射撃をしている。
 自衛隊法では、外国機が領空侵犯した場合、防衛相は自衛隊に対し、着陸か領空外に退去させるよう命令できる。自衛隊は(1)領空外に出るよう無線警告(2)機体を振り視覚信号を送る(3)曳光弾による信号射撃で警告という手順を内部で定めている。
 外国機が一連の警告に従わない場合、防衛省幹部は7日の自民党国防部会で「必ずしも撃ち落とすことにならない」と説明。出席議員から「対応には交戦ルール策定が喫緊の課題だ」との意見も出た。


自衛隊法では、外国機が領空侵犯した場合、防衛相は自衛隊に対し、着陸か領空外に退去させるよう命令できる。自衛隊は(1)領空外に出るよう無線警告(2)機体を振り視覚信号を送る(3)曳光弾による信号射撃で警告という手順を内部で定めている。
う~ん、一応ちゃんと書いているねぇ。
だからといって、悪いことしていないとか思っているのか?

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領空で中国機が無線などによる警告を無視して領空侵犯を続けた場合、警告のため曳光(えいこう)弾で信号射撃をする方針を表明
この言葉だけで、どのような反応が起きるか想像出来ないのかね?
それとも想像したから、あえて書いたか?
全国紙の記者が記事を書いて、新聞に載るまでには、3回程度のチェックがあるだろう?
チェックする人全てが「この言葉を使って問題ないと判断」しているわけだ。
その結果、中国では大きな問題になったよね。
この言葉に悪意は無いとは、どうしても思えない。
結果、このような問題が発生したわけだ。
中国軍少将 「日本が曳光弾を発射すれば開戦だ」と反撃を明言
【北京=矢板明夫】日本政府が領空侵犯する中国航空機への警告射撃を検討していることについて、中国人民解放軍の彭光謙少将が、中国メディアで「日本が曳光(えいこう)弾を1発でも撃てば、それは開戦の一発を意味する。中国はただちに反撃し2発目を撃たせない」と発言したことが中国国内で大きな反響を呼んでいる。インターネットには「よく言ってくれた」「原子爆弾でお返しをしよう」といった支持の声が多く寄せられ、中国国内で好戦ムードが高まっていることを裏付けた格好だ。
「軍靴の音が聞こえてくる」事を何よりも恐れている朝日新聞が、戦争を近づけているな。
そのことについて朝日新聞は、反省もなにもせず。
「防衛相がこのように説明した『対応』『方針』の中身を読者にわかりやすく伝えるため」と報道について釈明した。そして、無線連絡をしたり機体を振って伝えたりしても従わない場合に警告射撃すると、「自衛隊法に基づく防衛省の対応の手順を記事中に明記しました」
そっけない返答するだけだ。
国家間の緊張を増す新聞記事に対して、謝罪も反省もしないんだなぁ。
では、これから自民党の政治家が些細な失言しても「市民の皆様に分かりやすく伝えるため、あえて簡略してしゃべりました」とかの釈明でOKなんだよね?

新聞社って、本当に身内に優しく、他人に厳しいなぁ。
その他人には国民の生活も入っており、国民が消費税上がっても、自社は消費税上げられなきゃ嬉しいんでしょ?

新聞は要らないと声を大にして叫ぶよ。

小野寺防衛相「頭の中に国賊よぎった」 鳩山氏発言に
なんかルーピー氏が国賊と呼ばれた事を、記事にしているけどな。
お前のところも大概な国賊だからな。
ひとごとじゃないんだぜ?


最後に、一番上の記事に戻って。
朝日新聞「中国機信号射撃方針」記事 防衛相が抗議、「誤報ではないか」との声
中国国内では、日中開戦すら臭わす人民解放軍幹部らの強硬な発言が相次いでいると報じられている。さらに強硬論に火が点くのを中国政府が恐れたのか、共産党機関紙のサイト「人民網」は16日、香港メディア記者の書き込みを紹介して、朝日が誤って伝えていると異例の記事を載せた。
共産党機関紙のサイト「人民網」は16日、香港メディア記者の書き込みを紹介して、朝日が誤って伝えていると異例の記事を載せた。
人民網にダメ出しされたアサヒ。
ザマァないぜ。

人民日報と朝日新聞は提携関係にあり、朝日新聞のWebサイトではCNNやロイターと並んで人民日報の記事を特別コーナーにて常時掲載しているのに対し、人民日報のWebサイトでは朝日新聞の記事を常時掲載している(有料の携帯サイトには掲載していない)。また、読売新聞の海外特約メディアの一つであり、記事掲載やシンポジウム共催などで提携している。
人民網は、人民日報のデジタルサイト版です。
まぁ、提携関係にある仲良し会社ですな。
アサヒ、お友達会社にダメ出しされる
でも恥ずかしく思わないから、訂正記事も出さないんだね。
アサヒ、オワッテル。

ザマァ、アサヒ。と思った人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

アサヒ、オワッテル。と思う人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

おまけ。
共産党機関紙のサイト「人民網」は16日、香港メディア記者の書き込みを紹介して、朝日が誤って伝えていると異例の記事を載せた。
人民網が間違いを指摘するのは異例の記事らしい。
中国も相当ビビってるみたいですなぁ(笑)
万が一でも戦争が始まってしまったら、困るもんね。
中国は戦争の準備じゃなくて選挙の準備しろよ
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。