スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、ギブアップ寸前

中国も相当、追い詰められていますなぁ、愉快愉快。
中国「所得格差」危険水域さまよう ジニ係数12年ぶり発表
中国国家統計局の馬建堂局長は18日の記者会見で、国民の所得格差の程度を示すジニ係数が2012年は0・474だったと発表した。中国での公式なジニ係数の発表は00年の数値以来、12年ぶり。数値が1に近づくほど格差が大きく、警戒ラインの0・4を上回ると社会不安が広がるとされる。
 00年に0・412だったジニ係数は、発表によると03年に0・479と悪化。さらにピークの08年は0・491まで上昇した。馬氏は09年から数値が下降線をたどった点を挙げ「所得配分の改革が進み、格差は縮小した」と強調した。
 昨年11月の中国共産党大会の政治報告で、所得倍増計画が明示されたのを受け公表に踏み切った。だが、0・4を大きく上回る危険水域をさまよっていることに変わりはなく、都市と農村などの間の格差が改めて浮き彫りになった。
 一方で、上海の中欧国際工商学院の許小年教授は18日、発表されたジニ係数について「偽りの数字だ」とコメントし、実際の格差はさらに大きいとの見方を示した。昨年12月には中国人民銀行(中央銀行)などの調査で、ジニ係数は「10年に0・61に達した」とされており、公式統計との乖離(かいり)が問題となっている。

あらら、貧困の格差が激しいと行っているけど、もういつ暴動が起きて共産党倒れてもおかしくないね。
しかし、昔はジニ係数0・6とか言っていた記事があったよ?
↓↓以下記事を参照してください。
中国の歴史は繰り返す
どうやら、中国国家統計局の馬建堂局長よりも上海の中欧国際工商学院の許小年教授の方が正しいようですなぁ。
国家機関が嘘をつく国、中国。
大丈夫、そんなことは既に世界の常識だから、わかったところで「やっぱりね」としか思わないよ。

しかし、中国も、すでに詰んでいるんじゃないか?
今回の広がりゆく経済格差でしょ。
中国のデモは年で18万回
昨今、中国で発生している暴動は1日平均500件、年間18万件である。よほど大規模か、参加者に多くの犠牲が出る、あるいは日本企業が狙われるなどのデモ・抗議行動ではない限り報道されることはない。

言論への統制も効かなくなってきている
ここまで来ると、共産党宣伝部による言論の統制はすでに破綻寸前の末期状態であるといえよう。やっている本人たちが「それが正しい」と主張できなくなるような仕事が、どうやって長続きするのだろうか。おそらく党宣伝部のみならず党の最高指導部も、このままでの言論統制はもはや無理であることを悟っているはずだ。

経済も伸び悩み、13年ぶりの低下
中国国家統計局が18日発表した2012年の実質国内総生産(GDP、速報値)成長率は前年比7・8%と、1999年以来、13年ぶりに8%を割り込んだ。政府目標の7・5%は上回ったが、欧州債務危機や対日関係の悪化で輸出の伸びが大幅に鈍化したほか、国内の新車販売台数の伸びが頭打ちとなるなど個人消費も低迷したことが影響した。

日本企業の移転加速が拍車 崩れる「世界の工場」の地位=中国
周期的な減少や中国国内の経済成長原則、ヨーロッパの債務危機の影響との意見があるとしたうえで、「長期的な賃金上昇傾向や、特に基礎製造業の競争力が弱まったことが原因だ」と論じ、タイやインドネシアでは12年に外資の直接投資額が大きく増加したことを挙げた。
  記事はさらに「外資の中国撤退を加速させた決定的な役割を果たしたのが、日本だ」とし、昨年9月の日中関係悪化以降に多くの日本企業がリスク回避のために第2の生産基地を探し始めたことを紹介した。


中国、一部企業の操業停止 大気汚染、メディアも批判
中国各地で大気汚染が深刻化している問題で、北京市は一部企業の操業を停止させるなど異例の対策を取った。15日付の中国紙、中国青年報は「国内総生産(GDP)の高成長により、いびつな発展を招いたことを反省すべきだ」と指摘、メディアからも政府を批判する声が出ている。

これらの記事をまとめてみると。
格差社会が拡大中の中国は、一年に18万回のデモが発生しているが、最近ではお得意の言論統制も上手くいかなくなっている。
国民の不満を減らすには経済拡大が必要だが経済は伸び悩み、13年ぶりの低成長度に陥った。世界の工場だった昔と違って、中国から逃げ出す企業も増えており見通しは厳しい。
首都、北京でさえ、環境悪化による大気汚染で健康被害が続出。工場の稼働停止も余儀なくされた。
政治も経済も民度も自由度も、空気さえ、見通しの悪い中国は一体どこに向かうのであろうか?

すげぁ、これで政権運営とかどんだけ無理ゲーなんだ?
タイトロープにも程がある。


日経によると、中国はギブアップ寸前みたいですよ。
日米のガイドライン見直し作業注視 中国、安倍首相の真意探る
 【北京=島田学】中国は日米の指針改定の行方を注視している。中国軍関係者は「アジア太平洋の軍事バランスを崩しかねない」と警戒。日米が沖縄県・尖閣諸島を巡る対応についてどこまで具体的に議論するのかにも注目していると述べた。
 ただ習近平指導部はまだ明確な対日方針を決めていない。安倍首相が2006年に中国との関係改善に動いたことから依然、期待も少なくない。「日本は政権が代わったので早くしっかりした答えを出してほしい」。賈慶林・全国政治協商会議主席は16日、訪中した鳩山由紀夫元首相を通じ、安倍首相に対中関係の基本方針を示すよう促した。
 木寺昌人駐中国大使が17日、北京の人民大会堂で胡錦濤国家主席に信任状を提出した際、胡主席は06年に安倍首相との間で合意した日中戦略的互恵関係の重要性について改めて指摘したという。中国側は今後、村山富市元首相や加藤紘一元自民党幹事長らも招待しており、日本政府との接触のタイミングを図ろうとしているようだ。

ただ習近平指導部はまだ明確な対日方針を決めていない。安倍首相が2006年に中国との関係改善に動いたことから依然、期待も少なくない。「日本は政権が代わったので早くしっかりした答えを出してほしい」
うむ、こんな泣き言が聞けるなんて、かなり厳しいようだ。
ここは一つ、中国共産党の滅びるさまを見ながら旨い酒を飲みたいものである。
ちゃんとチベットやウイグルは助けるから心配するな。
心おきなく滅んでいくが良い!!!
・・・・・まぁ、実際にはそう簡単には行かないと思うが。
しかし、中国の悲鳴は聞こえてきている。
さらに、追い込み「日本と喧嘩しても、いい事は無さそうだ」と分からせてやらねばならない。
仲良くするとか無理な民族には怖がらせるしかない。
安倍内閣率いる日本には、その力は十分にある。

政権交代をしみじみ良かったと思う。

中国、無理せず諦めろ。と思う人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

安倍政権は抜群の安心感だ。と思う人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でも油断大敵ですよ。奴らあちこちに入り込んでロビー活動とかやるしね。日本にも売国奴多い。ローソンもユニクロも潰れればいいのに、、、、。

Re: No title

アリスさん、コメントありがとう。
ですねぇ、特亜のロビー活動は執拗ですものね。
ユニクロは絶賛不買中。
ユニクロの社長が日本語喋るのに、違和感を感じる今日このごろです。

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。