スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の党?

石原新党の名前が「太陽の党」に決まったそうですね。
郎さんがを見るためのなんていう意味なんでしょうか?
と、ちょっと不定的な書き出しになったのは理由がありまして。

党綱領は立派な保守で頼もしい限りです。
http://mainichi.jp/select/news/20121114k0000m010082000c.html

◇太陽の党綱領(要旨)
・日本の歴史、伝統・文化を尊び、自由で繁栄した国際社会を築き、わが国の独立と平和、国民の生命と財産を守るため、自主憲法を制定する
・東日本大震災への対応を反省し、危機管理体制を立て直す。機能する2院制を担保する選挙制度の抜本的改革を通じて政治に強い統治能力を取り戻す
・内外の多様な危機を見据え、わが国の発言力と防衛力を倍増させる
・大規模な財政出動による被災地復興などを柱に徹底して内需の発掘と雇用の拡大を図る。デフレ克服と成長力強化により豊かさを実感できる経済社会を実現する
・優れた環境技術輸出を背景に、地球環境や水・資源問題の国際的取り組みを主導する
・農林水産業による活力ある地域振興を図る
・現行の社会保障制度を改革し、安定した財源と雇用を軸とした持続可能な医療・保育・介護・年金制度を構築する。「中福祉−中負担」のもと活力ある安心社会を実現する
・地方の自立と活性化を推進する
・「経済政策と税の一体改革」を推進し、20年代に新たな赤字国債発行ゼロを目指す
・教育基本法に基づき、国や地域、家族とのつながりの中で健全な社会の一員である国民を育成するために教育を振興し、世界一の人材大国を目指す
・日本の伝統文化と大衆文化を世界に発信すべき資源と再認識し、日本の文化的影響力を倍増させる

と、保守政党としてぜひぜひ応援したくなるような内容です。
今の日本に必要な政策が期待できそうです


しかし・・・

石原氏は会見で「既存の公明党、自民党、民主党を含めた大政党に対抗する」と明言。第三極について「太陽の党は一過性にすぎない。必ず衆院選前に大同団結する。(新党は)消えたってかまわない」と述べ、日本維新の会などとの「大連合」に改めて意欲を示した

なんで、安倍総裁の自民と対立軸なんだろう?
政策は明らかに維新の会より、自民よりと思われる。
小異を捨て大同につく~とか言っていましたが、それってただの選挙互助会になるんでは?
このままでは、民主と同じ道を辿りそうな気配がプンプンします。
民主のような売国はしないにしても、期待外れという意味では同じです。
過去に自民党を見限って、都知事になった過去があるので、色んな思いや、恨みまであるのかもしれません。
でも、それこそ小異な事ではないのでしょうか?
今、日本を立て直すためにしなければいけないのは官僚機構のぶっ壊す事だそうです。
安倍自民と組んで、国民の高い支持率を獲得して支持を後ろ盾として、やるべき事と思うんだけどな。


保守層の票が割れそうで、心配になってきました。
結局、自分が政治のキャスティングボードを握るための道具にするつもりじゃないだろうな?
なんて邪推をしています。
邪推であれば良いのですが。

クリックしてくれたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

テーマ : 石原慎太郎
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。