スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本VS韓国、民度の違い、雪かきバージョン。

日本と韓国、ちょうど雪かきに関する記事が出ていました。
民度の違いがよく分かる比較ができるので載せてみますね。

まずは日本の青森県より。
雪に垣間見た「日本人の心」
~前略~
 一見、当たり前のことと思われがちだが、これこそがわれわれ、日本人が最も大切にしていかなければならない「他人(ひと)を思いやる心」であり、教育の根幹だと言いたい。本来ならば、通学路の除排雪は行政がやらなければならないことなのかもしれないが、自分の子供のためには行政だけに頼らず、親たちができる範囲で率先して何かをやる。そして、若者も地域のために何かを実践する。こうした精神がまだ根付いている限り、日本人もまだまだ捨てたものじゃない。
 大阪での体罰教師問題やいじめ問題など、教育をめぐる問題が日々、マスコミで報じられている。しかしながら、こうした地域の厚情に接し、支えられている子供たちは決していじめなどに走ることはなく、健全に育っていくのだと確信する。やがて大人になり、自分たちが受けた恩恵をまた子供たちに還元するという「善の心」が受け継がれていくと思う。
一方、行政側も連日の降雪に対応するため、青森市では職員による「スノーレスキュー隊」を編成、1人暮らし高齢者宅や障害者宅、母子家庭などの除雪を始めた。昨冬に続く編成で公務扱いだが、屋根の雪下ろしがままならない高齢者、障害者にとってはうれしい取り組みかもしれない。
 今日もまた外は雪。だが「春が待ち遠しい」と嘆くのはやめよう。雪国の宿命と割り切るしかない。しかも、とかく希薄になったといわれる住民同士のコミュニケーション、結び付きが「雪かき」というツールによって強まり、住民に対する行政サービスのありようにヒントを与えてくれているのだと思うと「雪だってまんざらでもない」

子供のために、率先して親、地域社会が雪かきをする。けっして公務員任せにしない。
その姿を見た子供は、大きくなったら「人のために雪かきするのは当たり前」と思うのでしょうね。
思いやりを受け継ぐ心のリレー。いい話です。
かたや、公務員でもお金を使って処理するだけでなく、汗をかいています。
公務員が一人暮らしのお年寄り、障害者や母子家庭などの除雪を行っています。
業者に頼まず、公務員が行うことにより、孤立しがちな人々の家庭を訪れるとコミュニケーションも取れるし、地域の結びつきも強まる。
「役人」とは「役に立つ人」ここの人は「役人」でありますね。
おたがいさま、おかげさま、人を思いやり、慈しむ文化が根付いている日本人に生まれて良かったと思う。

そして韓国。
リンク切れになっていたので、サイトから情報をもらいました。キムチ速報さんありがとう。
韓国】雪かきしない韓国人…寒波で転倒事故が急増
寒波や大雪のため道路が凍結し、また市民が自宅前の雪かきを十分に行わないため、転倒事故が相次いでいる。このため、整形外科病院は多くの人でごった返している。消防防災庁によると、先月発生した転倒事故は2万4254件に達し、前年同期(1万4808件)に比べ63%(9446件)増加した。
ソウル市は、居住用建物の前1メートル、居住用でない建物の周辺1メートルの範囲で、所有者や占有者、管理者が雪かきをすべきだとしている。だが、罰則がない勧告にとどまっているため、実際に雪かきをする人は少ない。10日午後、ソウル市冠岳区大学洞の考試院(受験生向けの貸し部屋)が集まる路地では、通行人たちがアイスバーンと化した道を、まるで綱渡りをするかのように注意深く歩いていた。
大学生オム・テヨンさん(25)は「誰も雪かきをしないため、雪が降った翌日には道が凍り付く。昨年末からずっとこの状態だ」と話した。
今月3日、自宅前の路地で転倒し入院した会社員(26)は「自宅前の雪かきを義務付ける条例があることを知らなかった。公務員が除雪をするのが当然ではないか」と話した。また、京畿道九里市で果物店を営む男性(61)は「お客さんがけがしてはいけないと思い店の前の雪かきをしているが、市役所でやってくれた方が気楽だ」と話す。

大学生オム・テヨンさん(25)は「誰も雪かきをしないため、雪が降った翌日には道が凍り付く。昨年末からずっとこの状態だ」と話した。
いや、しろよ、雪かき。若いのに何サボってるんだ?
今月3日、自宅前の路地で転倒し入院した会社員(26)は「自宅前の雪かきを義務付ける条例があることを知らなかった。公務員が除雪をするのが当然ではないか」
条例を知らなかったことに対して逆ギレですか?
このあきらかな民度の違い。
同じ人類ですかね?
(タブンチガウ)

ちなみに韓国の記事の元ネタは朝鮮日報ですよ。
他国の誹謗中傷記事ではありません。
韓国人による、韓国人のことを書いた記事です。
韓国人も「いい加減この国の民度の低さはどうしようもないな」と思っているんでしょうね。
なんだ、今頃気づいたのか?

俺はそう思いました。
日本人と韓国人の民度対決、結果はあえて書きません。
というか、考えるまでもない事でした。

日本人に生まれて良かった。と思う人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

韓国人に生まれなくてマジで良かった。と思う人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。