スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟がいることを学習したまえ。

中国の貿易総額世界一 12年358兆円、米国上回る
中国の経済状態は悪くないみたいですね。
貿易総額が世界一だとか。
ふむふむ、21世紀は中国の時代ですねぇ。
そんなことある訳がない。
中国がどんなに威勢のいい数字を出してきても、眉唾ものである。
中国GDP水増し疑惑、地方合計11%多く
中国に31ある省クラスの地方行政区がそれぞれ発表した2012年の域内総生産(GDP)合計額が、中国国家統計局が1月に発表した全国の同年GDPを11.1%も上回っていたことが分かった。5日付の中国紙、第一財経日報が伝えた。同紙によると、国家統計局が発表した全国の名目GDPは51兆9300億元(約773兆円)。これに対し、31の地方政府が発表した同GDP合計値は57兆6900億元。その差は5兆7600億元と、邦貨換算で約85兆7700億円に上った。
地方行政区が兵器で嘘をつく国である。
全ての中国の報道は、嘘が混じっていると思った方がいい。

中国国防省、日本の説明を否定 世論戦で対抗の構え
↑↑嘘である
日本は騒ぎ過ぎ!自衛隊は中国艦船を日に百回もロックオンしている―中国紙
↑↑子供並みの嘘である。
「監視用レーダー使用」 中国国防省が主張「日本側は事実ねじ曲げ」
↑↑逆ギレ的な嘘である。
嘘に嘘を重ねても、真実の持つ圧倒的な力にはかなわない。
事実、日本はきちんと納得できるデータを持っているから、正々堂々と言論を展開できる。
防衛相「証拠に確信」 データ開示検討
小野寺五典防衛相は9日、中国が海上自衛隊護衛艦への射撃管制用レーダー照射を「捏造」と全面否定したことを受け、証拠データの一部開示を検討する方針を表明した。電波データに加え映像、写真記録もあり「証拠として確信できる内容だ」と強調した。読売テレビ番組などで語った。
 中国側は照射を「監視用レーダー」としているが、小野寺氏は「通常レーダーはくるくる回って警戒監視するが、火器(射撃)管制用レーダーはずっと追い掛ける形で照射する。わが方の船を一定期間、追い掛けていた証拠がある」と反論。「特殊な電波なので、それも記録している」と述べた。開示する場合の範囲は「日本の安全保障の機密にも関わる。どこまで表に出していいかを政府内で検討している」と説明。「普通の人が見て、なるほどと思われる説明をしたい」と述べた。

「普通の人が見て、なるほどと思われる説明をしたい」小野寺防衛省GJ!!!
本当にいい仕事していますなぁ。
ロックオンされて恐怖を感じつつ、うろたえずに行動する自衛隊の自制心。
情報を集め、証拠固めを行う自衛隊の情報収集能力。
中国の非道にも凛として是非を問う政府の良識。
全ての情報を勘案し、発表を決めた安倍総理の胆力。
日本人の良さが現れています、安倍内閣。
嘘つきで自分勝手でみっともない中国政府に対して、安倍内閣の格好いいことよ。

ちなみに格好悪い国は引き際まで格好悪いです。
中国軍の挑発沈静化 日本政府、「軍独断」の見方
政府が5日に中国海軍艦艇の射撃管制用レーダー照射を発表して以降、東シナ海での中国軍の挑発が沈静化していることが8日、分かった。フリゲート艦は沖縄県・尖閣諸島の北方海域に展開しているものの動きは小さく、連日続いていた戦闘機などの領空接近は途絶えた。中国共産党指導部が挑発を自粛するよう指示したためとみられ、政府は照射が「軍の独断」だったとの見方を強めている。
 東シナ海上空では昨年9月以降、中国海軍のY8哨戒機とY8情報収集機が日本領空に連日接近。12月からはY8を護衛する形で空軍戦闘機J10も近づき始めた。緊急発進(スクランブル)する航空自衛隊のF15戦闘機や警戒監視中の海上自衛隊P3C哨戒機などが入り乱れ、偶発的な衝突が懸念されていた。
 政府高官は「年末から一触即発の状態が続いていたが、6日以降は驚くほど静かになった」と指摘。別の高官も「フリゲート艦を尖閣北方から後退させることはないが、この3日間の領空接近は皆無だ」と語る。後略

やばっ、バラされた。これ、まずいかも(中国軍)
ば、バカ、調子に乗ってやりすぎだ、少し大人しくしとけ(中国共産党)

ということだと思います。
ま、今まで民主党で何しても怒られなかったから調子に乗ってしまうのも分かるけどね。
しかし、今は安倍自民党だ。
腰抜け売国の民主党とは、何もかもが違う。
何かするには覚悟がいることを学習したまえ。
これにこりておとなしくしてくれたら良いのだけど。
しかし、中国がそんなに良識があるとは期待できない。
あいつら自分の欲には正直で対外的には嘘つきだから。
何度も、何度も繰り返し中国の非道を国際社会に訴える。
繰り返して飽きることなく中国の非常識ぶりを宣伝する。
国際社会で孤立している事を中国に認めさせるまでこの争いは続くだろう。
しかし、日本は尖閣諸島を諦めることはしない。
尖閣諸島は歴史的にも国際法的にも日本固有の領土であるからだ。
さて、もう一度びしっと言っていこう。
結局正義は勝つ。

中国訴えられる。正義は勝つと思う。
↑↑おすすめ過去記事

安倍内閣の格好いいことよ。

人気ブログランキングへ

結局、正義は勝つ。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

民主党のボケ共が隠してたのを朝日新聞、日経までもが暴露してしまいましたからねえ。さすがのマスゴミも安倍総理のあげあしとりができないようです。ザマア。
外務省は早く日本人を帰国させてほしい。大気汚染がひどいから、って言えばいいじゃん!

No title

名無しさんコメントありがとう。
だれも批判できない正しい事を行う安倍さんが頼もしいですね。
そうですね、外務省ももっと積極的に働きかけるべき。
国民の命を守れって感じですね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。