スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛国教育を考える。

今日は建国記念の日ですね。
産経新聞の記事が良かったので紹介します。
建国記念の日 政府自らが祝ってほしい
47回目となった今年の「建国記念の日」も政府の主催や後援による記念式典は開催されず、残念といわざるを得ない。
 日本書紀によれば紀元前660年、橿原(かしはら)宮(奈良県)において初代神武天皇が即位した。その日を太陽暦に換算したのが2月11日である。明治6年、政府はこの日を「紀元節」として祝日に定めた。
 当時の日本は、西欧列強がわが国を植民地にするかもしれないという脅威の中で、世界に伍(ご)していくべく新しい国づくりが求められていた。紀元節の制定は、建国の歴史を学ぶことで国民に一致団結を呼びかける意味があった。
 しかし先の敗戦後、GHQ(連合国軍総司令部)によって紀元節は廃止され、建国にかかわる神話も学校では教えなくなった。
 国民の強い要望に応え、2月11日が「建国記念の日」として復活したのは昭和42年である。名称は変わったものの、祝日法に「建国をしのび、国を愛する心を養う」と明記されたのは、まことに意義深いことだった。
 それにもかかわらず、市民活動家らはいまだに「建国記念の日は国家主義の復活、戦争の美化に通じる」などと訴えている。理解に苦しむばかりだ。建国を祝い愛国心を養うことが、どうして国家主義や戦争などに結びつくのか。
わが国はこれまで一度として国家が断絶することもなく、一系の天皇を戴(いただ)きながら連綿と継承されてきた世界でもまれな国である。祖先が建国の歴史に誇りを持ち続けたたまものといえよう。
その日本がいま、中国や北朝鮮などによって主権を脅かされ、あらゆる面で日本人が自信を失いかけている。いまこそ紀元節を定めた明治期のように、全国民が建国の歴史に学び、誇りを胸に一致団結すべきではなかろうか。
 そのためにも「建国記念の日」を祝う式典を、政府自らが主催することが求められる。政府後援の式典が中止された平成17年以降、政府が直接かかわる式典は開かれていない。国が定めた祝日でありながら、政府が祝わないのは、極めて異例というほかない。
 自民党は昨年末の衆院選で、政府主催の式典の開催を公約に掲げた。その自民党が政権復帰したことで「政府主催」に期待が膨らんでいる。臨機応変に今回、対応してほしかったが、来年はぜひ政府主催を実行してもらいたい。

2月11日は、もともと明治政府が紀元節として決めた祝日ですね。
紀元節とは、初代神武天皇が即位した日を、今の暦で換算した決めた日です。
維新がなって6年後、欧米に追いつけ追い越せと頑張っていた日本人に「それでも日本の建国の歴史大事にしよう」と決められた記念日。
明治6年って、凄まじいスピードで時代が変化していたと思うんですよね。
徳川幕府→大政奉還→廃藩置県→と大きく環境が変化していた時に価値観まで変わってしまう時代。
変化が大きい時代にこそ「日本のはじめ」を意識するって大事と思います。
昔の人は、本当に偉大だったんだなぁと思う。

大戦後に、GHQによって紀元節が廃止されます。
GHQからしたら「日本の初代天皇を祝う祝日なんか要らない」と思うでしょうね。
しかし、国民からしたら必要な祝日です。
敗戦3年後の昭和23年7月制定の「国民の祝日に関する法律」に先立つ政府の世論調査で、「紀元節」は、第1位の「新年」、第2位の「天皇誕生日」に続いて、国民各層から81・3%という圧倒的な支持を得て第3位に入り、衆参両院の法案審議でも議員多数が賛同した。にもかかわらず、この日を「超国家主義イデオロギー」のシンボルと見なしたGHQの強硬な圧力で廃止されたのである。
神武建国の精神思う日に←記事参照してください。
日本を愛する人々が、建国記念の日(紀元節)を大事に思うのは当たり前です。
自分は名称を紀元節に戻せとまでは思わない。
しかし、建国記念日はもともとは紀元節と言われていました、紀元節とはどういう意味かといえば・・などと学校で教えるべきだと思います。
それにもかかわらず、市民活動家らはいまだに「建国記念の日は国家主義の復活、戦争の美化に通じる」などと訴えている。理解に苦しむばかりだ。建国を祝い愛国心を養うことが、どうして国家主義や戦争などに結びつくのか。
ここなんか「その通り」と思ってしまう。
国を愛することと、戦争の美化は分けて考えなければいけない。
日本が好きだというと、脊髄反射で「右翼だ、過去の戦争を反省しろ」という左翼的思考はいい加減時代遅れだ。
愛国心が国を滅ぼすとでも思っているのだろうか?
国を滅ぼすのは正しい教育を行わない人々であり、愛国者ではない。
左翼主義者も、教育についてちゃんと考えてもらいたいと切に願う。
わが国はこれまで一度として国家が断絶することもなく、一系の天皇を戴(いただ)きながら連綿と継承されてきた世界でもまれな国である。祖先が建国の歴史に誇りを持ち続けたたまものといえよう。
荳也阜蜿イ蟇セ雎。蟷エ陦ィ__convert_20130129031431
綿々と続く日本の歴史、これは誇りに思い将来に受け継ぐべき大事な財産です。
先達だちが、命をかけて守ってきたものを大事に受け継いでいきたい。
そう思うのは人として当たり前の感情だし、子供たちにもそう思ってもらいたい。
その日本がいま、中国や北朝鮮などによって主権を脅かされ、あらゆる面で日本人が自信を失いかけている。いまこそ紀元節を定めた明治期のように、全国民が建国の歴史に学び、誇りを胸に一致団結すべきではなかろうか。
特亜をはじめとする「日本を邪魔に思う」国々が歴史や内政に干渉して愛国教育ができない状況。
日本が嫌いな左翼が便乗して必要以上に日本を貶めています。
自分が生まれた国を誇りに思う
当たり前のことが、当たり前にできない状況を変えていきたいです。
事実、日本の文化や歴史は誇りに思って然るべきだと思います。
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか←過去記事参照にしてください。
今こそ、日本の文化や歴史を見直し正しい教育を始めてもらいたい。
↓↓これなんか、今すぐ日本全国の幼稚園で広めるべきと思うんですよね。


安倍内閣にはその力があると信じています。
内閣支持率71%、2回連続上昇…読売世論調査
安倍内閣の支持率は71%(前回1月11~13日は68%)で内閣発足から2回連続して上昇した。
 発足から連続の上昇は、1993年の細川内閣以来だ。支持率が70%を超えたのは、鳩山内閣発足翌月の2009年10月(71%)以来。不支持率は18%(前回24%)に下がった。

発足後よりも今の評価が上昇しており、実績で評価される安倍内閣ということが判りますね。
実力も段違いと世間も分かってきています。
このまま参議院選挙でも大勝して、日教組を叩き潰し、教育改革を行ってもらいたい。
日本を誇りに思い、自国を愛せる教育を子供たちに残したい。
日本が好きだ、と普通に言える社会にしていきたいと思っています。

日本が好きだと普通に言える社会。が素敵と思ったらクリック。

人気ブログランキングへ

安倍内閣を支持する。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

誇りを持てる国民へ

 こんにちは。

 建国記念の日は日本にとって歴史ある由緒あるような祝日ですが、それに平然と「NO」と言う左翼政治家や知識人団体には「国家そのものをよく否定できるな!!」と思います。

 紀元節に基づき、国家としての誇りを持てるようになれば私はいいのだ。
 何かあればすぐに「軍国主義的だ」「戦争の美化につながる」と言う左翼ですが、日本人でありながら日本と言う国そのものを否定するような人間は正直2級市民扱いにしていいくらいだ。こう言う組織のせいで日本人は誇りを失い他国に平然と脅されゆすられる国になったんだ!! と思います。

 参院選で大勝し、日教組など左翼系組織をブッ壊して欲しいね。自民党には。世界広しと言えど国家そのものを否定する左翼が存在しているのは日本だけなのも情けなく見える。

 左翼や市民運動家は日本の敵!! 国家への誇りや忠誠心なき人間など国民に非ず!!

追伸です

 もし他国でこう言う祝日に反対する集会などを開いたら、石を投げつけられるか「売国奴!」「自分の国を愛せない奴は出ていけ!」と罵倒されるかです。

 日教組解体だけではなく、市民運動家の公職からの追放や共産・社民・公明と言った左翼系政党を非合法化して表舞台から追放することも視野に入れていいのでは? 安倍政権は。

 日本と言う国を愛し、日本と言う国に誇りを持つような人間を育てなければ日本社会の為にならないし、日本の国際的印象がダメになるだけです。だからこう言う祝日は必要だ!!

No title

日本の建国を祝わない会が存在するのを、初めて知りました!

日本の病巣は深いです。

No title

アジシオさん、コメントありがとう。
左翼、市民運動派は国のためではなく、自分のため、他国のために活動している人が多いように思うんです。
そういう人は、何らかの制限があればいいと思いますね。

希望さん
そんな会が存在するんだ。
何が目的なのか理解できません。ほんとに病巣は深いですね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。