スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクス突き進め!

アベノミクスがG20でお墨付きを貰えそうですねぇ。
G20声明草案、財政・金融政策は国内目的とのG7文言盛り込まず
[モスクワ 15日 ロイター] モスクワで15日から2日間の日程で始まった20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明草案では、財政・金融政策は国内経済目的の達成のみに用いるべきとした今週の日米欧7カ国(G7)声明の文言は盛り込まれない。G20筋が協議後に明らかにした。
特定の為替レートを目標にはしないとしたG7声明の文言も盛り込まれず、為替の過度な変動や、あからさまな競争的な通貨切り下げを回避する必要があるとしたこれまでのG20声明の文言を踏襲する見通し。
同筋は「誰もが(この方針を)支持している」と述べた。
また、声明をめぐる協議で日本への名指しはなかったとし、「日本を追い詰めようとする動きはなかった。これは少々驚きだった」と述べた。
財政問題に関しては、信頼ある中期的な財政再建計画を策定するコミットメントを確認すると同時に、一部の国については、目先の経済状況を考慮するとの見解を示す見通し。米国をはじめ、景気回復ペースが依然緩慢となっている国に配慮した。
G20筋によると、財政に関し「目標」という文言を盛り込むかどうかで意見が対立した。最終的に米国の主張が通り、声明草案では財政目標に関する直接的な言及はない。
目標を導入すれば非常に長期にわたって大規模な財政緊縮策が実施されることを示唆し、財政的な足かせが課されるとのシグナルを世界に送ることになりかねないとして、米国だけでなく多くのG20参加国が懸念を表明したという。
G20筋は「短期的に成長が懸念される状況において、これは正しいメッセージではない」と述べた。
財政再建については、一部の国の間から、これまでの取り組みは積極的過ぎるとの声が上がる一方、ドイツや欧州委員会、欧州中央銀行(ECB)は、緩慢な進展は不透明性を招くと主張した。

声明をめぐる協議で日本への名指しはなかったとし、「日本を追い詰めようとする動きはなかった。これは少々驚きだった」と述べた。
とありますが、ようやく日本の言い分が認められたようですね。
通貨の切り下げなど行っていない。
デフレ脱却のために、日本国内での通貨量を増やし、お金が循環しやすくするだけである。
国内の経済状態の改善のためである。
結果として円安となっているが、それは市場が望んだ事だ。
為替の過度な変動や、あからさまな競争的な通貨切り下げを回避する必要があるとしたこれまでのG20声明の文言を踏襲する見通し。
これを行っているのは韓国や中国ね。
中国とかすごいよ。
中国、マネーサプライ急増が意味するものとは?
中国人民銀行のデータによると、昨年末の時点で中国の広義マネーサプライ(M2)は97兆4200億元(約1402兆3000億円)に達し、100兆元を突破することは間違い無くなった。この額はすでに、世界のマネーサプライ総量の4分の1に近づいており、米国の1.5倍、英国の4.9倍、日本の1.7倍で、ユーロ圏全体のマネーサプライ合計を20兆元上回る。中国は今や、世界一のマネーサプライを有する国となった。新華社が伝えた。
世界のマネーサプライの25%が中国元。
お金擦りすぎだろ、中国よ。本当に自分勝手な国だな
お次は韓国。
韓国銀行総裁が円安に警戒感 介入を示唆
ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の金仲秀(キム・ジュンス)総裁が最近の急激なウォン高・円安に警戒感をあらわにし、「口先介入」に乗り出した。また、政策金利などの通貨政策について2月に発足する新政権の経済政策と歩調を合わせるとの考えを示した。
 金総裁は14日、外信記者クラブでの会見で「円安が大幅に進み為替レートの変動幅が大きくなれば為替市場介入、外為健全性措置など積極的に対応していく」と明らかにした。

ほら、為替介入していくと卑怯者宣言しています。

そして日本は、正々堂々と。
日本の政策、国内の物価目標達成が目的=浜田内閣官房参与
内閣官房参与は、国内の物価目標の達成を目指せば、結果的に一定の為替水準になるとし、これは為替操作にはあたらないと述べた。
また米リーマン・ブラザーズ破綻後の金融危機時に、日本はイングランド銀行(英中銀)や米連邦準備理事会(FRB)が行った拡張的な金融政策を批判しなかったとし、日本の積極的な金融政策も非難されるべきではないというのが日本当局者の見解だと述べた。

イギリス、アメリカが行った時は、日本は文句言わなかった。
日本は、今行っているだけだから黙ってろよ。
G20の会場では、麻生太郎閣下には頑張ってもらいたいですね。
帽子姿がかっこいい。
G20に出発する麻生太郎閣下がかっこよすぎ
↑↑麻生さん好きな人は確認しましょう。

ちなみに、なぜアメリカはアベノミクスを容認するか疑問に思いませんか?
「世界の工場」の復活を目指しているオバマ政権にとって、円安ドル高は足かせになるというのに。
この記事読んで「ああ、一理ある」と思いました。
長いので引用しませんが、興味があればぜひ読んでください。
こういう文章、自分でかけるようになりたいなぁ。
コラム:円安を容認する米国の地政学的事情=武者陵司氏

アベノミクスで日本は復活する。と思う人はクリック

人気ブログランキングへ

特亜は為替操作やめろ。と思う人はクリック
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人民元・ドル・円 3/5~共産支配体制

外資を含め大半の企業内には共産党委員会が設置されている。国有企業では、経営側として、工場長-党書記-工会(労働組合)主席-副工場長-財務・技術等の責任者という流れと、もうひとつ党書記-工場長-工会主席-党事務局主任という2つの流れがある。いわば一企業二制度である。党書記と党委員会は人事権を掌握している。人事権を握るのが企業の最高権力者だという日本企業の常識からすれば、企業の最高経営責任者は党...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。