スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙はどうなるのかねぇ?

読売新聞社は、衆院解散直後の16日夕から17日にかけて緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。
 衆院比例選の投票先について政党名を読み上げて聞いたところ、自民党が26%(11月2~4日の前回調査25%)でトップとなり、民主党が13%(前回10%)で続いた。日本維新の会は3番目の8%(同12%)に下がった。太陽の党も5%で前回の9%(石原新党との回答)から落ち込み、第3極勢力は失速気味になっている。
 投票先では、維新の会と、合流する太陽の党を単純に合計すると13%で、民主党と並んでいる。
 政党支持率は自民22%(前回24%)、民主13%(同11%)で、無党派層は43%(同53%)だった。
 衆院選で維新の会など第3極の政党が連携することに「期待する」と答えた人は48%で、前回の52%から下がった。衆院選後の望ましい政権の枠組みについては、「自民、公明、維新」16%、「民主、自民、公明」15%、「自民、公明」13%、「民主中心」12%と大差がなく、有権者が迷っている現状が浮かび上がった。
 野田内閣の支持率は24%(前回19%)で、不支持率は65%(同68%)。野田首相が今の時期に衆院を解散したことを「評価する」は52%で、「評価しない」37%を上回った。民主党内の反発を抑えて年内解散に踏み切ったことが一定の支持を得たとみられる
http://rd.yahoo.co.jp/media/topics/news_obi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121117-00000838-yom-pol
う~ん、自民は26%かぁ。
この読売の調査だと前回と比べて微増なのは良いけれど、過半数取れるか心配になってきた。
国民の大きな支持を得なければ思い切った政権運営出来なしね。
憲法改正、河野談話見直し、インフレターゲット、戦後レジュームからの脱却、TPP反対。
安倍さんも前回の総理の経験があるし、民意も変わってきているから多少は政権運営も楽になるだろうけど、心もとない。
あと、安倍さんも元総理なんだから、フェイスブックで反論したり、絵文字使ったりは控えたほうが良いのでは?
マスコミに反撃する強さは頼もしいけど、もう少しどっしり構えて欲しい。



日本維新の会は17日、太陽の党との合流に際し8項目の基本政策で合意した。「強くてしたたかな日本をつくる」と題し、衆院選公約の柱となる。中央集権体制の打破を目指し、橋下徹大阪市長が主張した消費税の地方税化と「税率11%目安」、地方交付税の廃止を明記した。脱原発依存の主張は大幅に後退した。
 環太平洋連携協定(TPP)交渉参加と農業の競争力強化策を掲げた。エネルギー政策では、原発の廃止時期は明示せず、安全基準などのルール構築と、電力市場の自由化を盛り込んだ。

http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012111701001748.html
維新とは憲法改正では合意できるだろうけど、他の政策では違いが見えるしね。
でも、太陽と合流して、原発とTPPに関しては少しだけ、たちあがれの意見も取り入れた模様で、これは少し嬉しい。
平沼さんが、維新の内部で保守目線の抵抗勢力として頑張っていくという腹をくくったのなら応援したいね。
なんといっても、石原氏と橋本氏がツーショットで会見していると、やはり選挙民に対するアピールは高い気がします。
自民党の議席が食われないか心配しているのだけど。
最悪、維新の勢力が伸びたとしても、外国人参政権とかに平沼さんが反対してくれたら、喜ばしいことだ。



かたや、政権与党から、第二政党どころか第三政党にも滑り落ちそうな民主は悪あがきしていますね。
http://rd.yahoo.co.jp/media/topics/news_obi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121117-00000023-asahi-pol
羽田国交相を公認せず 首相が指示 民主、脱世襲を徹底。
今更、世襲批判してもあまり効果は少ないと思うけどね。
世襲であっても、掲げる政策や、法令知識、運営能力、政治家としての潔癖さがあれば何の問題もないし。
民主党はそれらがなかったから今の低落になっているだけ。
自民党との差別化に必死になっているだけにしか思えない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121117-00000030-asahi-pol
鳩山元首相「民主から立候補、当然」 公認されるか未定。
元国交省を公認しないのなら、元総理も公認しないんじゃないかな。
公認しなければ面白い。
公認しても民主の人気が落ちる。
どちらに転んでもメシウマですな(笑)
なんか、この人既に存在がギャグになっている。
おとなしく引退しときゃよかったのに。


しかし、生まれてきてこんなに選挙のことを考えるのは初めてだ。
本読んで、ネットで調べて、考えて、判断する。
分かり始めると政治って面白いし、自分の生活に密着している。
どうしてもっと早く、目覚めなかったんだろうと後悔しています。
この後悔を活かしていかねければ。
3年前の過ちは二度と繰り返さない。


その意気や良し、と思ってくれた方はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も常々“世襲議員”批判は選挙民への侮辱と感じていました。

親の地盤を引き継いだことによる“しがらみ”で、世の変化についていけなくなれば政界からは消えていく。

“政治家”という職業を代々の家業としている奴がいても、かえってプロフェッショナル性が評価の対象になる場合もある。

政治の世界もグローバル化して、「選挙とは政党を選ぶ」という考えが広がりつつあるが、それには大きな疑いがある。

政党は“人”だ。

あとひと月、時間が短いな~


No title

ことばかりさん、コメントありがとう。
プロフェッショナル性、おっしゃる通りです。
安倍総裁のように、プロフェッショナルな人をきちんと選んでいくべきですよね。
田中真紀子のような、ただのわがまま2世はちゃんと見極める。
選挙民が賢くなり、人を見極める力が選挙の本質。
あとひと月、短いですね。

こんばんは

『生まれてきてこんなに選挙のことを考えるのは初めてだ。
本読んで、ネットで調べて、考えて、判断する。
分かり始めると政治って面白いし、自分の生活に密着している。
どうしてもっと早く、目覚めなかったんだろうと後悔しています。』
文章そのままですみません、
私の今と全く同じだったもので。
政治にもプロがいてくれないと困ります。

No title

翼さん、コメントありがとうございます。

共感してもらえて、嬉しかったです。
仲間ですね、仲間。
これからお互いに成長していきましょう。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。