スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、フィリピンにいたぶられる(笑)

中国が仲裁手続拒否、フィリピンは法廷闘争継続
【シンガポール=青木伸行】南シナ海の領有権問題で中国が、国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所を舞台とする法廷闘争を拒否した。中国を相手取ったフィリピンによる仲裁手続き(提訴)に応じず、国際法に背を向ける中国の実像を改めて鮮明にした。フィリピンは「中国不在」のまま法廷闘争を継続し、中国の領有権主張の違法・無効性などを訴える。そこには両国それぞれの思惑がある。
 中国の馬克卿・駐フィリピン大使は19日、マニラの外務省に出向き、拒否の決定をフィリピン側に伝えた。馬大使は、1月22日にフィリピン側から手渡された“訴状”も突き返した。
 これに対し、フィリピン政府は、中国の拒否によって「仲裁手続きが妨げられるわけではなく、引き続き仲裁裁判所に委ねる」と表明した。とりわけ、中国による南シナ海のほぼ全域の領有権主張の不当性を、追及するとしている。
 中国が拒否した主な理由は「(提訴は)南シナ海行動宣言を侵害し、フィリピン側の主張には事実、法律上の誤りがある。問題は2国間の話し合いで解決されるべきだ」(馬大使など)というものである。
だが、フィリピン政府筋は「拒否は驚くに当たらない」と、織り込み済みだとの認識を示す。それは領有権問題を国際法廷に持ち込めば、中国にとり(1)国際法上、中国の主張の不当性が明らかになる(2)南シナ海のみならず、他地域での領土・領海問題を含め、他国との法廷闘争を誘引しかねない(3)訴訟が進行中の間は実効支配を推進しにくい-などと、分析していたからだ。
 一方、フィリピン側にすれば、提訴自体に国際社会へのアピール効果があり、中国の拒否によって「中国は国際法にのっとった解決を尊重しない」ことを、印象づける結果ともなっている。
 それ以上に、中国が拒否した場合でも、中国不在の“欠席裁判”を確保できるとの計算があった。国連海洋法条約の規定では、提訴から30日以内に計5人の「仲裁人」を、両国が選定しなければならない。19日に中国が拒否を伝えたのも、この規定ゆえだが、今後は中国に代わり、国際海洋法裁判所長が仲裁人を選定する。所長は日本の柳井俊二氏である。フィリピンはドイツ人の国際法の教授を指名している。
 軍事力では中国に及ばず、中国が拒否権をもつ国連安保理にも頼れない中、「大国」に対する「小国」の「よく練られた戦術」(外交筋)が見て取れる

なかなか外交上手ですねぇ、フィリピン。
どうせ中国は無理矢理感満載の正当性の主張なんだから、正々堂々と裁判に訴えるのがいいね。
この地図見たら明らかだろ。
中国領海
中国は欲張りすぎなんだよ
中国が抱えている領土問題は以下のとおり。
領土問題Wiki
Wikiによると、中国に関係する東アジア、南アジア、東南アジアでの領土問題は14件。その内中国は10件に関わっている。
中国のアジアにおける領土問題率71%ってすごいな。
日本と中国 尖閣諸島
中国と韓国 白頭山、 蘇岩礁、可居礁、丁岩礁の4件
中国と台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイで南沙諸島
中国と台湾、ベトナムで西沙諸島
中国とマレーシアでサバ州
中国とブータン 国境線問題
中国とインド アクサイチンとプラデーシュ週
中国とインド、パキスタンでカシミール地方
どんだけ喧嘩しまくっているんだよ、さすが文化的発展途上国。
日本は尖閣を実効支配しているから、訴えに出るなんてできない。
そもそも、今のスタンスは「尖閣諸島は国際的歴史的にも日本固有の領土」というもの。
裁判するとなると、この前提が崩れてくる。
日本の長所であり、短所でもあるけど、言論の自由が有り、世論の方向性が様々ということがある。
野党党首に噛み付いてもらいたいね。
「シナは尖閣の領土を主張する割には裁判などは起こさない。自信がないんだろうね」石原代表とか言いそうだ。
「中国は平和国家という癖に戦争一歩手前の行為をしている。本当の平和国家というなら裁判すればいいではないか」橋本代表言ってもらいたい。
彼らはラウドスピーカーとしての能力は長けているんだから、こういう時に大騒ぎしてもらいたいものだ。
喧嘩してこそ、維新の存在価値だろ。
さて、丹羽元大使や孫崎享氏や鳩山、村山、加藤などの国賊グループは何か言わないのかな?
『フィリピンは中国を訴えたりしないで、平和的に話し合いで解決しろ』とか言ってくれたら面白い。
言わないとは限らないのがこれらの国賊だ。
ホント中国に帰化しろよ、君たち。誰も止めないぞ。

外資の“中国離れ”鮮明 1月対中投資 8カ月連続減
【上海=河崎真澄】中国商務省が20日発表した今年1月の外国直接投資(FDI、実行ベース)は、前年同月比7・3%減の92億7千万ドル(約8640億円)で8カ月連続のマイナス。賃金高騰などを背景に、製造業など外資系企業の“中国離れ”が鮮明になった。中でも日本の投資は、同20・0%減の6億4千万ドルと大きく落ち込んだ。
 沖縄県の尖閣諸島をめぐる昨秋の反日デモで、中国各地の日系企業の拠点が放火や破壊の被害を受けた問題が影を落とした。日中経済関係の冷え込みも、改めて浮き彫りになっている。
 対中投資全体の約半分を占める香港は同10・2%減の57億1千万ドル、米国も同20・0%減の2億7千万ドルと低迷した。一方、欧州債務危機の影響で減少傾向が続いた反動で、欧州連合(EU)27カ国の対中投資は、同81・8%増の8億2千万ドルと大幅に拡大した。
 対中投資の見通しについて、会見した商務省の沈丹陽報道官は「不確実な要因が多く、情勢は総じて厳しい」との見方を示した。昨年1年間の対中投資は前年比3・7%減で3年ぶりに前年割れ。外国投資の鈍化で、中国経済の先行きに不透明感が出始めている。

世界各国で中国離れが進んでいますね、ヨシヨシ。
しかし、日本が20%減でも6億4千万ドルだって?
米国も同20・0%減の2億7千万ドルと低迷した。とアメリカの倍以上投資している。
欧州連合(EU)27カ国の対中投資は、同81・8%増の8億2千万ドルと大幅に拡大した。
EU27カ国に対しても日本一国で約8割かぁ。
日本には馬鹿な企業はまだまだいるらしい。
なんで危険極まる国に進出する必要があるんだろう。
中国とFTA組んでいる国に進出すれば、関税なしで商売できるしね。
例えば、このフィリピンとか有力候補じゃないか。
「比は積極活用を」、中国とASEANのFTA[経済]
賃金も中国は上がってきているから、ほかのASEANの方が全然有利と思う。
アジア各国の賃金比較
フィリピンのマニラやセブも中国に比べると安い。
中国の優位は性はあったのだろうが、今から中国に進出するなんて正気を疑う。
みずほ銀行アジアンサイト
この記事見ると、まだまだ中国は有利なようです。
だけど、今後の希望が感じられるような記事になっています。
ASEANとの連携を深くして、中国からの脱出を加速させなきゃ。

フィリピン超頑張れ。と思った人はクリック。

人気ブログランキングへ

中国に投資する企業は自己責任な。と思う人はクリック。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

No title

 こんにちは。

 ホント近隣諸国と諍いばかり起こす中国の姿勢には、19世紀の帝国主義かナチス・ドイツを思わせるような覇権主義にしか見えないです。

 自分たちの利益になることならば、平気で人の土地に土足で入り込んでやりたい放題、そんな横暴に抗議する意味でもう中国を経済的に重要なパートナーだと見なすのを日本政府はやめるべきである。

 インドやASEAN諸国と進んで関係強化して、中国をけん制することが今の日本に求められます。これ以上中国に配慮し続けることは大義名分を余計与えることでしかないです。

No title

じゅんいちさん、コメントありがとう。

アジシオサンコメントありがとう。
平気で土足で入り込む。その通りですね。
付き合う国は選びたいです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。