スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍無双継続!!!

野党共闘演出のはずが…
民主党は24日の定期大会に日本維新の会やみんなの党などから来賓を迎え、参院選に向け野党共闘の演出を試みた。ところが姿を現したのは民主党離党組の面々。会場には険悪なムードが漂った。
 維新の松野頼久国会議員団幹事長は昨年9月に離党し、維新の中心メンバーとなった。松野氏が壇上に立ち、「懐かしい気持ちでいっぱいだ」と挨拶した途端に「いい加減にしろ」「何で離党したのか」などのヤジが浴びせられた。
 みんなの浅尾慶一郎政調会長は「組織に属さない人の声を聞く政党に変わってほしい」と労組依存体質を批判。会場がどよめいた。
 進行役の牧山弘恵参院議員は維新に「建設的な関係を築きたい」、みんなに「多様な連携を図りたい」と取り繕ったが会場はぶぜんとしたまま。ある前議員は「あれが来賓の挨拶か」と不快感をあらわにした。

野党がザコ過ぎて笑った。
まぁ、民主党の人々が野次りたくなる気持ちもわかる。
民主党の定期大会に出席者の人選も面白いからな。
2012年民主離党→維新の会に入り国会議員団幹事長になった松野頼久。
2009年に、離党してみんなの党で出馬して当選、政調会長になった浅尾慶一郎。
ともに民主を離党して出世した男達です(笑)
まぁ、松野は議員バッチつけながら維新の会に移籍した「裏切り者」に対し、浅尾は民主の公認あられず離籍したので断然、松野のほうが風当たりが強い。それは当然です。
裏切り者が出世して上から目線で語りだしたら誰もが怒り出すよ。
これが、党首クラスが出席したいたら、まったく違った状況になるに違いない。
拍手喝采だったろうねぇ。
選挙で勝ち目の薄い民主党は、維新の会やみんなの党との連携は不可欠だから。
ま、維新の会やみんなの党は民主党と連携したくないだろうね。
この嫌がらせのような人選がその証拠です。

民主と連携とかしたいと思うわけないよな。
民主党大会 綱領決定も理念あいまい、空虚な総括…
引用するのもスペースがもったいないので簡略すると。
綱領は決まったが、寄り合い所帯らしさ満載。
幹部の意思統一もできず、だめだこりゃ。
という感じですな。
自分は、民主党は自民党が腐らないようにするための反省材料として存続して欲しいと思っていたけど。
これは、もうダメな感じがしますね。
民主衰退、社民滅亡がベストですが、民主滅亡、社民滅亡でも対して困らないから良いといえば良いです。
すでに党首もやる気が感じられませんし。
民主・海江田代表“自公過半数なら代表辞任”
民主党の海江田代表は、党大会後の記者会見で、今年夏の参議院選挙について「自公が過半数を取らないよう努力する」とした上で、自公が過半数を取った場合は代表を辞任する考えを示唆しました。
 「責任を果たすのに、刀折れ矢尽きたと思ったときには、潔くそれは代表は辞めるということは考えています」(民主党 海江田万里代表)
この状況で自民党の過半数を防げると思っているわけはない。
党首の経験していい思い出も出来たし、早く辛いことから逃げ出したい。
その気持ち、分かります。
自分も犯罪者になりそうなのに、人の面倒とか見てる場合じゃないしな(笑)

そして自民党は圧倒的な強さですね。
アベノミクスに期待 内閣支持70%超え
共同通信の世論調査で、安倍内閣の支持率は昨年12月の発足時が62・0%、今年1月が66・7%で、今回は72・8%まで伸ばした。最近の歴代内閣は発足時以降、下降していくパターンが続いていたが、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」への期待感に加え、中国海軍によるレーダー照射や北朝鮮核実験への対応などが一定評価されて、70%超えにつながったとみられる。
 自民党の高村正彦副総裁は共同通信の取材に対し「経済再生が順調に進み、日米首脳会談で外交も一歩前進したと理解されたのではないか」と指摘した。公明党の山口那津男代表は「謙虚かつ積極的に政権運営に取り組んでいる印象が高まっているのではないか」との見方を示した。
 政党支持層別にみると、日本維新の会の70・5%、みんなの党の68・5%、民主党の40・5%、共産党の40・2%が内閣支持に流れており、野党支持層にも幅広く浸透している実態が浮かび上がった。

安倍さん強すぎ。まさに安倍無双状態だ!!!
他の政党を支持しているのに、安倍内閣は支持する人が増えているという。
ようやく世間も安倍さんのすごさが浸透してきたようです。
選挙から応援してきた人々は嬉しい事ですよね。
俺も微力ながら頑張ってよかったよ。
夏の参議院選も楽しみになってきました。

おまけ。
TPP交渉参加決定なら…他の通商交渉も加速か
日本がTPP交渉への参加に踏み切れば、その他の大規模な通商交渉も一気に加速する可能性がある。
 TPP交渉参加11か国に日本が加わると、国内総生産(GDP)の合計が約27兆ドル(約2500兆円)と世界経済の38%を占める経済圏の誕生を意味するため、域外の中国などが対策を急ぐとみられるためだ。
 中国は、TPPに対抗する枠組みとして、東アジア地域16か国による包括的経済連携(RCEP=アールセップ)交渉を重要視している。参加国は日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)10か国、インド、豪州、ニュージーランドで、GDPの合計は約20兆ドル(約1800兆円)に達する。
 中国にとっては、自国が入らないTPP交渉が先にまとまれば、アジア太平洋地域での貿易ルール作りで後れを取ることを意味する。このため日本政府関係者の間では、中国がRCEPや日中韓3か国による自由貿易協定(FTA)の交渉で、自国の主張をある程度抑えてでも進展を急ごうとするのではないか、との見方が出ている。

日本がTPP交渉参加に踏み切れば、中国は焦るし困る。
TPPに交渉参加も決まってないけど、もし交渉参加したとしても、カードの一つとして使えるということですな。
もちろん、TPPの危険性は十分承知しているから、不参加が一番です。
しかし、TPP交渉参加しつつ、RCEPでの発言力を強めることで、さらにTPPでの発言力も大きくなると思う。
逆説的にRCEPの交渉参加したらアメリカは困るってことだろうしね。
なんにせよ、外交カードはたくさんあった方が有利には違いない。
民主党の時は外交や交渉とかは何も期待できなかった。
それを考えると、アメリカともちゃんとやりあえる首相がいるということはなんという安心感だろう。
↓↓ちなみにRCEPははこちら。
東アジア地域包括的経済連携(RCEP)

安倍無双の継続10年求む。という人はクリック。

人気ブログランキングへ

夏の参議院選圧勝祈願クリック。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

TPPについて、ユーロのイギリスのように、
様子を見て決めるという事にしたらどうでしょう。
まぁ、そうなると大概入らないのがベストという
結論になるでしょうが。

No title

 こんにちは。

 もはや求心力を失った民主党になどすすんですり寄るようなのはいないでしょうし、維新の会やみんなの党に最大野党の座を明け渡しそうな感じですね。現に自民党の次に支持率が高いのは維新の会だし。

No title

supermumさん、コメントありがとう。
なるほど、イギリス。
俺は仲間だけど、別行動とるよ、というある意味美味しいポジションですね。
いいかも。

アジシオさんコメントありがとう。
本当に。
民主党の崩壊の音が聞こえてきます。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。