スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経新聞VS朝日新聞

産経新聞と朝日新聞が同じ武器輸出三原則について書いており、結論が正反対な状態です。
当たり前ながら、産経を支持します。

まずは産経新聞のの産経妙から。
3月4日 産経妙
先の大戦で、同じく敗戦国となった親しみからだろうか。「ドイツに学べ」という声が、時々巻き起こる。ただ、戦後57回も改正されている憲法や数年前まであった徴兵制が取り上げられることはない。
 ▼米国、ロシアに次いで世界3位の武器輸出国である事実についても同様だ。もちろん、人権弾圧や紛争の当事国は除外する「原則」はある。昭和42年に佐藤栄作首相が打ち出した「武器輸出三原則」も、本来は共産圏などに限定して、輸出を認めない内容だった。
 ▼ところが51年に、「平和愛好」に前のめりの三木武夫首相は、全面禁輸を決めてしまう。この時点で、「三原則」の名称はふさわしくない。当時ロッキード事件で勢いを増していた社会党など、野党に対する国会対策の意味もあった。
 ▼以来30年以上、日本の安全保障にとってどれほど大きな障害になってきたことか。何より、武器の国際共同開発に参加できなかった。日本が供与した部品や技術が「第三国」に移転されるかもしれない、との懸念からだ。
 ▼安倍政権は今回、「例外」として、航空自衛隊の次期主力戦闘機となるF35の共同生産への参加を決めた。当然の決断だ。「骨抜き」「形骸化」など批判は当たらない。偽りの「三原則」の方こそ、問題が多すぎる。
 ▼英国政府との間では、テロに対抗する「化学防護服」の共同開発で、事実上合意したという。こちらは、一昨年に野田政権が踏み切った「三原則」の緩和に伴うものだ。失政ばかりが目立った民主党政権にとって数少ない成果のひとつといえる。きのうも登場していただいた外相経験者の玄葉光一郎氏には、TPPとともに「三原則」の見直しも後押ししてほしい。

うむ、全くその通りだ。
特亜や左翼などは「ドイツに学べ」とか言うくせに、ドイツの様に憲法改正しようとしたら日本の右傾化が~とか言い出す。
偽りの「三原則」の方こそ、問題が多すぎる。
これも確かにその通り。
三原則は最初は共産圏に輸武器を出する事を禁じていたのが、平和ボケした人々は「武器を作るのは戦争を助長する」とかでどんどん拡大。
武器に転用できる民生品まで考慮の対象となった。
昔PS2かPS3が「武器輸出三原則」に適用するんじゃないかとか話題になったことあったな(笑)
「行き過ぎた平和主義は喜劇だ。今後の悲劇に陥らないことを望む」誰が行ったか忘れた。
三原則を見直して、現代の日本に合う状況にしたい。

それに対して朝日新聞が流石です。
朝日新聞「天声人語」
中国の古典は「アリの穴から堤も崩れる」と教える。英語では「小さな水漏れ穴が巨船を沈める」と説くらしい。金科玉条に見えた原則も同じく、一つの例外から滅ぶ▼戦闘機のF35が武器輸出三原則の例外となった。敵レーダーが捉えにくい新鋭機は、日本企業を含む国際分業で生産され、第三国への移転は米国に任される。周辺国と緊張関係にあるイスラエルに日本製部品が渡り、戦争を支えることもあろう▼三原則を緩め、安保で近しい国との共同開発を認めたのは野田内閣だ。安倍内閣は、国際紛争を助長しないという輸出の前提を取り払った。民主と自民の骨抜きリレーに、防衛産業は喜びを隠さない▼安倍首相は憲法を変えて、自衛隊を国防軍にするという。次は集団的自衛権、ついでに非核三原則もという勢いだ。誇るべき平和国家のブランドが色あせていく。このまま「普通に戦争ができる国」まで落ちてしまうのか▼なるほど、大戦の反省から生まれた憲法は普通ではない。だが先進的な理想主義は、世界が追いつくべき「良き例外」である。「米国に押しつけられた」憲法とそれに基づく国是を、「米国と共に責任を果たすため」に改める……一人二役の米国も忙しい▼国際常識が通じない中国が台頭し、核は拡散、テロも絶えない。だからといって、日本までが兵器の競争に手を染めることはない。現実に合わせて理想を傷めては、人類の進歩はおぼつかない。がんこ一徹の平和国家が、一つぐらいあってもいい。
さすがの朝日クオリティ(笑)
安倍首相は憲法を変えて、自衛隊を国防軍にするという。次は集団的自衛権、ついでに非核三原則もという勢いだ。
それを国民が望んでいるのである。
普通の先進国国家になりたい、と。
自分の国は自分で守り、価値観を同一とする同盟国を守り、核を配備して世界の平和に寄与する。
平和を愛する日本にこそふさわしい国の形だ。
北朝鮮のようなキチガイ国家に核を持たせて、放置していいわけがないだろう。
国際常識が通じない中国が台頭し、核は拡散、テロも絶えない。だからといって、日本までが兵器の競争に手を染めることはない。現実に合わせて理想を傷めては、人類の進歩はおぼつかない。がんこ一徹の平和国家が、一つぐらいあってもいい。たしかに人類の進歩のため平和は大事だ。
だからといって日本が侵略されて良いわけがない。
もちろん朝日は日本が侵略されているのに積極的に手を出しているのだが。
慰安婦に靖国参拝、朝日が反日に手を貸した事は山のようになる。
このような売国新聞が、日本で二番目に売れている新聞なんだから話にならない。
日本の闇は根が深い。

まだまだ自分もブログでできることはたくさんあると感じる。
読者お皆様、これからもよろしくお願いします。

日本の闇は根が深い

人気ブログランキングへ

これからもよろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「沖縄県の反日運動が致死性罠を大量設置する国家的テロに変貌」 中国工作員の極悪非道な破壊工作の実態が暴露
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50395329.html

Re: No title

000さん、コメントありがとう。
侵食がひどい。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。