スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPの陰謀論とか考えると。

TPPについての議論が活発になってきましたね。
昨日のTVタックルは、西田議員が登場していて見ごたえがありました。
韓国のFTA(米韓自由貿易協定)はコメと国民皆保険は守ったが、それ以外はやられた(笑)
と、人ごとのように笑って済ませていいわけないんですよね、未来の日本の姿かもしれない。
ただ交渉によって、ある程度の譲歩は得られる事は確実。
しかし自由貿易とはルールなきガチンコの喧嘩なんだから国力の強いほうが有利。です。
出来ればTPPには参加しないのが一番良いとは思うのですが。
昨日のTVタックルでは大竹まことが「じゃぁ、アメリカに逆らってTPP不参加とかできるの?」と言ったら、西田議員や三橋貴明さんまでも「いや、そこは、」と言葉を濁すような反応。
TPP交渉参加するように相当な圧力が掛かっているのでしょう。
アメリカの圧力といえば、基軸通貨としてのドルを背景とした経済力と、世界の警察を辞任する軍事力。
明博が韓国のFTAを批准した背景も「北朝鮮による砲撃事件」にビビってアメリカの軍事力を当てにするためだたっとか情報が流れていましたね。
日本も尖閣問題があり、アメリカの軍事力をに期待せざるおえない状況。
TPP参加交渉についての、安倍さんの態度が決まっておらず保守の中でも意見が分かれていますね。
この微妙に似通った状況には陰謀論も唱えたくなるのだが、自分は陰謀論はあまり好まない。
深読みしようと思えばいくらでも深読みできるからね。
例えば。
・韓国のFTAをアメリカ有利に進めるために、北朝鮮の砲撃準備などには気づいていたが韓国にはあえて情報を流さなかった。
・北朝鮮の砲撃事件にビビって、焦った韓国はアメリカ有利な条約で批准した。
・TPP交渉参加しない日本にプレッシャーかけるために日本と中国に離間の計を仕掛けるアメリカ。
・ヘリテージ財団を使って、石原都知事(当時)尖閣の東京都買取を進める。
・焦った野田首相は国有化を進めるが、胡錦涛の怒りを買ってしまい中国との軋轢が増して緊張状態に。(参照:検証 尖閣問題
・アメリカの軍事力を頼らざるを得なくなる。
・安倍政権は中国との軋轢があったほうが、内閣の支持率が維持できるのであえて中国とは距離を取る。
・アメリカのジャパンハンドラーによる陰謀は続き、TPPで日本の国富を食い物にしようと考えている。
自分のような知識も半端な男でも、陰謀論を唱えればいくらでも勘ぐることができる。
陰謀論とか考えると、思考の迷路に入り込み、迷ってしまう。
迷ったときは、今までの実績とこれからの方針を検討するべきと思うのです。
事実は事実として考えてみれば。
安倍さんの実績2013年度版。
・朝鮮学校適用除外
・英、露、豪、印、インドネシア、ベトナムの首脳と電話対話
・原発推進
・日経平均株価上昇 (10,801円 ※2013.1.13)
・円安誘導 (ドル円89.16 ※2013.1.13)
・拉致問題調査
・皇室男子継承明言
・ミャンマー支援
・「教育再生」会議設置
・靖国放火の容疑者引き渡し拒否に抗議
・自衛隊拡充!
・いじめ問題に着手!
・尖閣の監視を強化!
・ベトナム、タイ、インドネシアを訪問・ASEANと連携 ←New!
・NATO事務総長に親書(東アジアの安定と繁栄に積極的役割を果たすと表明) ←New!
・道徳・全国学力テスト・体力テスト ←New!
ちなみに、2013年1月半ばまでの実績です。

3月までの実績となるともっといろいろ増えているはず。
自分の検索力ではヒットしなかったけど、持っている人いたら教えてください。
なければ自力作成する←宣言。
安倍さんのTPP交渉参加についての条件。
TPP 交渉参加の判断基準
① 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
② 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
③ 国民皆保険制度を守る。
④ 食の安全安心の基準を守る。
⑤ 国の主権を損なうようなISD条項(注)は合意しない。
⑥ 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる

実績、今後の方針ともに問題ない。
安倍さんが「国想う政治家」であることは、間違いがない
だからと言って安倍さんを無条件に信用するのはやめましょう。
安倍さんは政治家であって、宗教家ではないからだ。
安倍さん自身も、盲信されても困るはず。
政治についての意見を述べる国民であることを望んでいると思うんだよね。
安倍さんに頼り切ったりせずに、自分たちで考えて自分たの意思を持つ。
そのことについては施政方針演説でも最初に言っています。
施政方針演説全文
「強い日本」。それをつくるのは、他の誰でもありません。私たち自身です。
 「一身独立して一国独立する」
 私たち自身が、誰かに寄り掛かる心を捨て、それぞれの持ち場で、自ら運命を切り開こうという意志を持たない限り、私たちの未来は開けません。
 日本は、今、幾つもの難しい課題を抱えています。しかし、くじけてはいけない。諦めてはいけません。
 私たち一人ひとりが、自ら立って前を向き、未来は明るいと信じて前進することが、私たちの次の、そのまた次の世代の日本人に、立派な国、強い国を残す唯一の道であります。

政治の事を調べるようになり、日本の状況やTPPの事を考えると「将来大丈夫かなぁ」という気分になりますね。
あまりにも反日組織は多く、信頼できる保守政治家は少ない。
しかし、私たち一人ひとりが、自ら立って前を向き、未来は明るいと信じて前進することが、私たちの次の、そのまた次の世代の日本人に、立派な国、強い国を残す唯一の道であります。 というのは、その通りでもあるのです。
自分たちが出来ることは「自分で考え、自分で判断する」事。
国民が一人ひとりで考え、判断する事によって判断された政治決断ならば、納得はできるとおもうのです。
で、自民党に意見を送りましょう。
自民党へメール
みんなが意見を述べることで国民の総意に近づく。
国民が何を望み、何を望んでいないのか生の声を伝える。
それこそが保守政治家に対する最大の支援じゃないかと思うのです。
このサイトが、自分で考え自分で判断する、ための材料になるとすれば「こんな嬉しいことはない」と思います。

実績と今後の方針を勘案すると、安倍さんを支持する。

人気ブログランキングへ

安倍さんが総理大臣で良かったと思う。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>自分たちが出来ることは「自分で考え、自分で判断する」事。
とても、大事なことですね。

TPP参加交渉について
日本はアングロサクソンには負けてしまいそうです。
同じアジア人(中国朝鮮韓国)の慰安婦強制の捏造プロパガンダでさえ、まともに抗議できていない日本国が
米国相手に丁々発止できるとは思えない。

通産省・通産官僚は、中国にガス田を盗られた過去の実績を忘れてはいけない!


TPP交渉参加に反対です。
のらりくらりして、地獄行きのバスを発車させてしまいましょう。
地獄行きのバスなんぞ、日本が乗る必要はありません!!

戦争を煽ったマスコミが、大絶賛しているTPPなので反対するのがベストだと思います。

国防をもたない=交渉力0

国内はともかく、外交において、いくら理想論を言っても
軍事力をもたない国=発言権ゼロ、なわけで・・・・

今、安倍さんはものすご~く難しい綱渡りをしているところ

ここは歯ぎしりしながらも見守りたいですね

Re: No title

希望さん、コメントありがとう。
TPP交渉参加反対、意見受けたわりました。
自分もなんとか交渉しないでバスが出発しないものか考えるのですが。
そのバスは日本が乗るまで、いつまでも発射しないような気がしています。
いっそ、安倍さんが乗ることにしたほうが良いのかなぁと思ったり。
国体の維持ができるかの瀬戸際ですね。

Re: 国防をもたない=交渉力0

mikuさん、コメントありがとう。
うん、実力なき正義は虚しいです。
もう、いいから核武装してしまえ。
なんてことを叫びたくなる今日この頃。

陰謀論‥歴史は繰り返す?

祖父が少年時代の昭和初期に、
「今までの全ては米国の陰謀」と談義する
鬼畜米英志向の年配の男性が
街に多くいたそうです。

彼らは、バブル景気の大正ルネサンスと
昭和不況の時期に
今で言えばネットのような画期的メディアだった
「ラジオ」と「同人誌」によって「目覚め」て、
不満を米国と英国にぶつけていた‥と聞きました。

↑何だか今も昔も‥という感じがします^^;

「ネットで得られる情報は、全体の1%」と
島津(博士のひとりごとⅠ)さんが仰っていました。
PC画面を見つめてあれこれ考えても
あまりいい結果にならないような気もします。

いろんな国々、企業、団体etc...に思惑はあるでしょうが
もし大金を使ってキャンペーンを仕掛けても、
ミニブームは起こっても
全体の流れが形成されていくには
「自然にそうなっていく力」が必要かなと思います。

また、お若い頃にご苦労をして成功された方はよく、
「世の中、そう簡単には動かない」
と仰いますよね‥

Re: 陰謀論‥歴史は繰り返す?

小心者さん、コメントありがとう。
歴史は繰り返す、という事なんでしょうね。
ん、でも歴史に学んで繰り返さないのが賢者への道。
どうすればいいんでしょうね。
自然にそうなっていく力。
正しい方向に行きたいものです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。