スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご飯がうまい国

最も好きな外国料理は“日本料理” ジェトロが世界7カ国・地域の意識調査公表―中国報道
日本メディアの報道によると、日本貿易振興機構(ジェトロ)は5日、7カ国・地域の消費者を対象に実施した日本の料理に関する意識調査の結果を公表した。調査対象は中国本土、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリアで、このうち米国を除く6カ国・地域では「最も好きな外国料理は日本料理」という結果だった。米国では日本料理は3位。日本料理の中では、すし、焼き鳥、てんぷらが人気だった。中国網が伝えた。
調査は2012年12月、7カ国・地域の20歳から59歳までの計2800人を対象に、インターネットを通じて行った。
アジアと米国では各店が次々と出店しているラーメンの人気が高く、欧州では日本のアニメによく登場するカレーライスが人気だった。
また、中国本土と米国では日本酒、フランスでは緑茶が好評であることも分かった。「最も食べたい日本の食品」は「牛肉」「桃」との答えが多かった。

世界で日本食が大人気、嬉しいことです。
品質確かな食材を使い、伝統に裏付けされた調味料と技術で、こだわりあるシェフが作る。
安全で、安心な日本食。人気がでない方がおかしいですもんね。
日本食の大人気、世界で人気があるアニメや漫画の文化的輸出を検討する会議も開催されています。
クールジャパン推進会議が初会合 首相「結果を出してほしい」
政府は4日、アニメ、ゲームなどのコンテンツや日本食など独自文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」の具体策を検討する推進会議の初会合を首相官邸で開いた。
 安倍晋三首相は「日本の潜在力は極めて大きい。具体的な戦略を作り、3年、5年の間に結果を出してほしい」とあいさつした。
 会議には人気アイドルグループ「AKB48」のプロデューサー、秋元康氏やデザイナーのコシノジュンコ氏らが参加。6月の政府による成長戦略策定に向け、4月までに海外への発信力強化策などを取りまとめる

何もしていないのに世界で人気になっている日本文化を、官民あげて応援する。
これはおおきな経済牽引力に成り得ると思います。
安倍政権では問題なく進展できると思いますが、くれぐれもKの国のようにならないように注意したい。

大量輸出で金使い過ぎ!? K-POPが実は大赤字の理由
 「大手マスコミは、なぜか収益のみを報じていましたが、トータルでは赤字なのです。同じ統計で、昨年の文化産業の支出が10億1780万ドル(約779億円)、トータル収支だとマイナス2億2380万ドル(約171億円)と出ています」(芸能ライター)
 文化産業の支出とは、いまひとつわかりづらいが…。
 「韓国政府が文化産業に予算をつけ、国策として韓流ブームを後押ししていることは有名です。韓国ドラマを買い付けると補助金がもらえるという話もあるほど。音楽、ドラマなど大衆文化を流行させ、韓国商品の販売増加、韓国そのもののイメージ向上が狙い。今年の予算は335億ウォン(約23億円)で、今後も上がっていく見込みです」(同)

韓流と名づけてブームを捏造しようと頑張っているが、所詮中身のない作られた文化。
韓流、実は収益ではマイナス(笑)
さらに、食文化でも韓流押し付けしていますが。
韓国料理店がアジアのベストレストラン50に選ばれない理由
イタリアのミネラルウオーターメーカー、サンペレグリノなどが後援する「アジアのベストレストラン50」が先週発表されたが、韓国料理店が一軒も選ばれていないことに一部批判の声が上がっている。だが、韓国料理がリストに掲載されていないことに不満を言うよりも、なぜ韓国料理店はリストに選出されないのか、なぜその状態から脱することができなのかを認識した方がいいのではないか。
火病起こすな、まずいんだから仕方ないだろ。と怒られています(笑)
うん、まぁ仕方ないよ。
美味しくないご飯を食べたいとは思わないもん。
韓国のご飯屋さんは安全衛生の管理ができているとは思えないし。
韓国への解毒の旅?残飯食べるの好きな人?

ご飯が美味しい国に生まれて良かったとしみじみ思う。
ちなみに今日の朝ごはんは白米に目玉焼き、イカの塩辛、白菜の浅漬けにお味噌汁でした。
超簡単手抜き料理なのに、何この美味さ最高と思いながら食べました。
本当にうまかったぜ。
さて、お昼ご飯は何食べようかな。

日本食は最高である。

政治 ブログランキングへ

本当に日本のご飯は美味しい。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和食の塩分は問題ではない

今日は。

伝統的和食の唯一の欠点と言われた塩分ですが、適度に運動すれば汗や尿として排出されますし、逆に塩分不足だと低体温症や
夏季の熱中症の原因になります。最近の過度の塩分摂取制限は、デスクワークの人には良いかも知れませんが、全ての人に適切とは思えません。

よって、元々和食と言うのは、肉体労働を主として来た我が国ではそれ程塩分自体が問題であったのではなく、それ以外の要因、例えば結核とかその他の病気、栄養不足などが寿命を縮めていた要因だと小生は考えています。

特に年寄りは運動しなくなりますから、塩分過多になり易く、高血圧につながるのでしょう。それに対し、我が国の農家のジイサン・バアサンは、死ぬまで農作業をする例が多いです。我々現代人は、老若男女、この労働観を見習わねばなりません。

Re: 和食の塩分は問題ではない

素浪人さん、コメントありがとうございます。
なるほどなるほど。
生きるのに必須な塩分、働き者の日本人には過剰摂取にならなかったんですね。
しかし、昔の人の知恵って素晴らしいですね。

おはようございます

やっぱり、日本式で打って出るべきだと思うな。

No title

イーグルさん、コメントありがとう。
ですよね。
この日本文化を広めないのはもったいないと思います。
奥ゆかしさもいいけれど、アピールにもそろそろ慣れなきゃ。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。