スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い国日本。だが、そこがいい!

海自飛行艇 印へ輸出 中国牽制、政府手続き着手
政府が、海上自衛隊に配備している水陸両用の救難飛行艇「US-2」をインドに輸出するための手続きに着手したことが23日、分かった。インドは日本側に救難活動や海賊対策でUS-2を導入する方針を伝えてきており、製造元は現地事務所を設け、インド政府との交渉に入った。日本にとり輸出による生産増で1機当たりの製造コストを下げ、自衛隊の調達費を低減させるメリットがある。
中略~
 インド政府はUS-2について救難活動に加え、海賊対策に転用することも検討している。インド洋での航行の安全性が高まれば、中東から日本に原油を運ぶ海上交通路(シーレーン)の安定にもつながり、日本にとっても意義は大きい。
政府高官によると、タイやインドネシア、ブルネイなどもUS-2導入に関心を示している。インドに加え、これらの東南アジア諸国連合(ASEAN)各国と同じ装備を保有し、技術交流や共同訓練を活発化させれば、「高圧的な海洋進出を拡大させる中国への牽制(けんせい)にもなる」(高官)との効果も指摘される。
【用語解説】US-2
 海難事故の救助を目的とした救難飛行艇で、海上自衛隊は平成18年度から配備。湖での離着水が中心のロシアやカナダの飛行艇とは違い、波高3メートルの荒海でも着水できる世界唯一の飛行艇とされる。航続距離は4700キロメートルで巡航速度は480キロ。

うん、日本固有の技術を輸出するのはいい事ですね。
それも、戦略性を持った輸出をしている。
ASEAN、インドなど価値観を共有できる国に輸出。
中国への牽制として機能。
つまり、自由と繁栄の弧を形成する手段の一つだ。
080927_01.jpg

近年、中国も武器輸出を拡大し、武器輸出国の世界第五位になりました。
武器輸出>中国が世界第5位に、相手先の多くは貧困国―米シンクタンク
報告書によれば、中国は現在、米ロ仏英に続く世界第5の武器輸出国。相手先は全て、アジアやアフリカの貧困国やパキスタン、イランのような国際社会にあまり歓迎されていない国だ。中国は最近、それらの国々に「友好価格」で兵器や軍用トラック、制服などを提供。その目的は、政治的なものか、あるいは原油や鉱物資源が豊かな国を丸めこむために他ならない。
政情不安定な貧困国に武器を売るということは、内戦や弾圧に使われるということです。
恥を知らない武器輸出国家は、正常不安定な国へ武器を売りつけ「死の商人」と呼ばれている。
中国は、まさに死の商人ですね。安保の常任理事国は死の商人
▲ 武器の輸出国として、輸出量が一番多い国々は、国連の安全保障理事会の常任理事国なのです。グラフ中では青で示された国々が、輸出量上位5位の国々です。まさに、アメリカ、フランス、イギリス、ロシア、中国が並んでいます。
complete.gif

そして、その買い手となっているのが、政情不安定なアフリカや南米、そしてアジア地域。これらの国々では教育や社会福祉への資金が足りていないにもかかわらず、流入する武器を買うために、大量の資金が軍事費に費やされる結果となってしまっています。

常任理事国の5大国が死の商人として君臨している。
その結果として、アフリカの内戦で子供が武器を持ち。
南米のジャングルではコカイン工場が武装している。
日本は決して死の商人の仲間入りをしてはいけない。
輸出する国家、輸出する製品を限定する必要がある。
・内乱や弾圧に発展しない国を選んで輸出する。
・日本と友好度が高い、かつ平和貢献するような国に限定する。
とまぁ、アメリカやロシア、中国に比べると甘ったれた、生ぬるい商売になるのであろうが。
「だが、そこがいい」と思うのです。

US-2の動画を見てお楽しみください。




だが、そこがいい!

人気ブログランキングへ

死の商人に中国仲間入り。まさにお似合いだぜ。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。