スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の嫌われ国家、中国。

今日も休みで二本立て。
読者さんも増えてきて「楽しみにしています」とか言われているのでやる気倍増(笑)
読んでくれる人がいると思うと、モチベーションがアップしますね。
楽しみにしている人のためにも、頑張ってみました。

中国が非道国家、覇権主義としての本性を表してきましたね。
ベトナム漁船に発砲 南シナ海 中国海軍
【シンガポール=青木伸行】ベトナム政府は25日、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島周辺海域で、中国海軍の艦船がベトナム漁船1隻に発砲し、中国側に強く抗議したことを明らかにした。
 ベトナム外務省によると、事件があったのは20日。中国海軍艦船は、漁船を約30分間にわたり追跡した後、警告なしに発砲した。
 漁船は積んであった4つのガソリンタンクとともに炎上した。乗組員にけがはなかった。
 今月に入りベトナム漁船が中国艦船に追跡されたケースは4件にのぼっているが、発砲を受けたのは今回が初めて。
 ベトナム政府はこの事態を重く受け止め、在ベトナム中国大使館を通じ、中国政府に「非常に深刻な事案であり、ベトナムのパラセル諸島の領有権主張と、漁民の生命を脅かすものだ」と強く抗議した。
 中国海軍の南海艦隊は南シナ海で遠洋訓練を行っており、23日からスプラトリー(中国名・南沙)諸島で監視活動を開始するなど動きを活発化させており、今回の事件もその一環だとみられる。

ベトナムの漁船を中国軍の艦船が警告なしに発砲。
さすがだな、中国は。
漁船だぜ?
漁民が乗っている漁船相手に海軍の戦艦が発砲。
そりゃな、ひどすぎだろう。
中国はなんて言い訳するんだろうな。
「ベトナムの妄言であり、我が国の平和国家としての~以下省略」とか言うんだろうな。
ほら、これと同じパターンと思うよ。

「二度ないよう、中国に申し上げたい」首相、再発防止要求
中国軍のレーダー照射を日本が指摘。
中国軍、レーダー照射認める「艦長の判断だった」
攻撃用の射撃管制レーダーを照射したことを認めた
中国国防省は否定「日本は反省し、無責任な言論を停止するべき」
でもやっぱりやってないアル。日本は黙るアルヨ。
子供でも騙されないような嘘をつき恥じることがない国

なんといっても、こんなむちゃくちゃな領有権を主張して、恥じることのない国だからね。
中国領海


今回のベトナムいじめもどうせ「真相ははっきりしている。日本側の主張は事実に合致しない」とか言うんだろうな。
なんでこんな暴挙に出たかというと、これが気に入らなかったのかもね。
ベトナム、ロシアを引き込み 南シナ海カムラン湾を共同開発 中国牽制
【シンガポール=青木伸行】ベトナムは、中国と領有権を争う南シナ海に面する南部カムラン湾に、ロシアをはじめ諸外国の海軍艦船の補給・整備施設などを、共同で建設することにロシアと合意した。ロシアの支援により、ベトナム海軍の潜水艦基地も建設される。ベトナムはフィリピンとも軍事協力の強化に動いており、対中牽(けん)制(せい)網を広げている。
 カムラン湾はベトナム戦争当時に米軍が、その後はソ連(ロシア)軍が2002年に撤退するまで使用した要衝。施設の共同建設はロシアのショイグ国防相が今月上旬、カムラン湾などベトナムを訪問した際に合意された。
 ベトナムは水深18~30メートルのカムラン湾を再開発し、各国の海軍艦船に、燃料や食糧などの補給と要員の休息、艦船の整備のために開放する構想を示してきた。
 これを対中戦略の観点に限定してみれば、米国やロシア、インドなどの艦船を招き入れることにより、対中抑止力とする狙いがある。同時に、主に米国という特定の“対中勢力”にのみカムラン湾を使用させる形は避け、中国との関係悪化を回避するという「全方位外交」の反映でもある。
 再開発構想では、カムラン湾は(1)潜水艦基地などベトナム海軍専用(2)外国海軍の艦船用(3)民間船用-の3区域に区分される。ロシアは自国用施設のみならず、外国海軍艦船の施設全般の建設を支援する。
 さらに重要なことは、ロシアがベトナムの潜水艦基地の建設にも協力するという点だ。ベトナムは対中戦略の目玉として、ロシアからキロ級潜水艦636MVを6隻購入しており、今年中に1隻が引き渡される予定。ロシアは潜水艦部隊の編成、要員の訓練も支援し、基地の建設と合わせハード、ソフト両面における“後ろ盾”だといえる。
 カムラン湾では13日、施設建設などに従事するロシアの船舶・軍事関連企業1社が、事務所を開設した。
 ベトナムはまた、対中強硬派のフィリピンと国防当局者による作業部会を開き、中国を主眼に連携を強化することで合意した。両国は10年に、防衛協力に関する覚書を交わしており、これを基本に具体策が協議されたとみられる。
 ベトナムは最近、中国によるパラセル(中国語名・西沙)諸島でのテレビ、ラジオ局の開設や、スプラトリー(同・南沙)諸島における3G通信システムの導入など、ソフト面での実効支配に対しても強く警戒、反発している。

ベトナムがロシアから潜水艦の購入を決定。
さらに、ロシアは潜水艦部隊の編成、要員の訓練も支援し、基地の建設と合わせハード、ソフト両面における“後ろ盾”だといえる。
ベトナムはまた、対中強硬派のフィリピンと国防当局者による作業部会を開き、中国を主眼に連携を強化することで合意した。
ロシアが随分と協力的だな。
潜水艦売り、訓練支援、基地建設、手とり足取り状態じゃんか。
あれ?中国はロシアと親友じゃなかったの(嘲)

中国の狙いは日米牽制か ロシアから戦闘機など購入
「戦後の秩序守るべき」 習近平主席 ロシア講演で 尖閣問題、日本をけん制
習氏は中露両国が相互の核心的利益に関わる問題を支持しなければならないと指摘。とか言っちゃってますが。
中国:核心的利益に関わる問題を支持しなければならない(キリッ)
露:お、おぅ。
中国:仲良しだよね、僕たち。
露:・・・・・
越南:潜水艦欲しい。
露:売ってやる
越南:訓練が足りない。
露:そうか、教えてやろう。
越南:基地とかどうしようかなぁ?
露:しょうがない、作ってやろう。
中国:もしもし、ちょっと・・露さん・・・。
露:今忙しい。
中国:露さん、戦闘機48機売って欲しいアル。
露:(うぜぇ)・・・半分だけにしろ。
越南:露さん、今度はさぁ。
中国:越南ばかりずるい。(`・ω・´)ムッキー!   発砲。

アフリカにも嫌われてきていますよ、中国さん。
論説副委員長・西田令一 愛中から覚めよアフリカ
「中国は植民地主義」と批判
石油などの資源を確保するためアフリカ投資を拡大する中国。蜜月関係とされた中国とアフリカだが、変化の兆しが出てきた。ナイジェリア中銀総裁が中国を警戒する必要性を訴えた。
 「アフリカは中国に対する幻想を捨て、中国をパートナーであると同時にライバルで、植民地時代の宗主国と同様の搾取を行う能力を持つ国と見るべきだ」――。ナイジェリアの中央銀行総裁であるラミド・サヌシ氏がこのほど本紙(フィナンシャル・タイムズ紙)に寄稿し、こんな警告を発した。
中国政府に真っ向から挑戦したのがサヌシ氏だ。彼は寄稿で、「中国はもはや“同じ途上国”ではない」「中国は西欧諸国と同様の搾取をし得る世界2位の経済大国だ」「アフリカの産業を空洞化させ、その結果、低開発状態にある主因は中国にある」と指摘した。

正論過ぎて痛快に感じますなぁ(笑)
アジアでもアフリカでも嫌われている中国。
080927_01.jpg
すでに、民主主義国家からしたらあまりに価値観が違うということに気づいている。
日本は着々と自由と繁栄の弧を形成していけば良い。
中国には、お友達にニダ~がいるからいいじゃないか(笑)

しかし中国は世界の厄介者だな。

人気ブログランキングへ

アル~とニダ~で仲良くしなよ。こっちみんな。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



PS
拍手コメントを非公開にすると返事ができないんです。
でも、読んでいて励みにもなっていますからね。
と、昔の拍手コメントに今頃気づき、遅ればせながらお礼を言っておきたい。
まりさん、toyoashiharaさん、みつばさん、コメントありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

現代の「エコノミック・アニマル」

 こんにちは。

 領土問題を争うベトナム相手にこの姿勢、普通の漁船に対し発砲して威嚇、まるで東西ドイツ時代にベルリンの壁を越えようとした市民相手に平然と銃殺する国境警備兵と変わらないな。

 アフリカでも嫌われる中国、やっていることは現代の植民地主義だと言うが、変に経済力をつけたから偉くなったと勘違いして、他国を経済支配しようとするやり方は、一昔前の日本以上にひどいかも。金儲けのことしか考えない成金の国と化したな、中国は。

 他国を食い物にして自分たちは儲けてばかり、コレでは植民地主義と変わらないと指摘するのも無理はない。
 かつての日本が「エコノミック・アニマル」と国際社会から評されたが、今その言葉が当てはまるのは中国でしょうね。

 それにしても、昔も今も大国に搾取されたりでエゴの犠牲になるアフリカ諸国が何か不憫に見えます・・・。

Re: 現代の「エコノミック・アニマル」

アジシオさん、コメントありがとう。
日本がエコノミックアニマルだったころも、武力で侵害などあり得なかったですしね。
アジア人の面汚し。
アフリカの人々の未来も心配になります。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。