スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自虐史観から脱却こそ安倍政権の使命。

強まる自虐史観 集団自決「軍強制」 慰安婦「連行」
26日に検定結果が公表された高校教科書では、沖縄戦での集団自決について「日本軍が強いた」との表現や、慰安婦について「連行」「強いられた」といった記述がみられ、現行の教科書に比べ自虐的な歴史観に基づく反日的な記述が強まった。いずれも検定意見は付かず、識者から疑問の声が出ている。

 集団自決を記述したのは日本史教科書9冊のうち8冊。実教出版の日本史Bは現行版では、日本軍により「県民が集団自決に追いやられたり…」としていたが、今回は「県民が集団自決を強いられたり…」と表現を強めた。さらに「軍とともに死ぬことを求められたりもした」との記述を「軍とともに死ぬことを強制された」とした。

 清水書院の日本史Bも、現行版は「日本軍の関与のもと…集団自決に追い込まれた人々もいた」としていた表現を「日本軍によって…」と変えた上、「日本兵による命令によっても集団自決をとげた」との記述も加えた。

 平成18年度の検定では文科省が「日本軍が強いた」などと軍命令が読み取れる記述に初めて検定意見を付け、軍強制の記述がいったん削除・訂正されたが、沖縄県側が抗議の県民大会を開くなど強く反発。このため、文科省は訂正申請に応じ直接的な軍命令でなく住民が心理的に追い込まれたとの文意が含まれれば軍強制の記述を容認した。

具体的には「強制的な状況」「強制集団死」といった記述が認められたが、今回の「強いられた」「命令」などは、直接的な軍命令とも受け取れる。文科省は集団自決へのとらえ方は前回と変わっていないとした上で「直接的な軍命令を表現したものではないと判断した」と説明している。

 集団自決に詳しい現代史家の秦郁彦氏は「明らかに軍命令があったと受け取れる表現で、修正を求めないのは検定の一貫性を欠く」と指摘。意見を付けない背景には「政府が米軍普天間飛行場の移設問題を進めるため、沖縄の世論を刺激したくないという考えがあったのではないか」とみる。

 日本による朝鮮半島統治時代の慰安婦については、日本史教科書9冊のうち8冊、政治・経済では7冊のうち6冊が記述した。

 日本政府は19年3月に「軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す資料はない」とする答弁書を閣議決定しているが、清水書院の日本史Aは、「日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」と記述。現行版の「慰安婦として連行される者もいた」との表現から強めたが、これも検定意見は付かなかった。

 文科省は「明確に強制連行されたとは受け取れない記述なので許容された」と説明している。

 教科書問題に詳しい拓殖大学の藤岡信勝教授は「左翼的思想を持つ教科書執筆者たちは、ギリギリの表現で自虐史観の記述に変えようと狙っており、毅然(きぜん)と検定意見を付けて正していかないと不適切な記述が増えていく」と指摘している。

教科書検定、自虐史観が強まった内容になっているそうですね。沖縄の集団自決に関しては「強いられたり」や「強制された」と言葉を強めた。
慰安婦に関しては「連行」「強いられた」という記述が見られる。
例によって産経の記事を参照にしています。
この記事を書いている午前1時には、読売も毎日も教科書検定については記載なし。
朝日は書いているけど、有力なので「絶対に見ない」のだ。
沖縄と韓国への配慮なのか?
配慮したとしても、向こうは調子に乗るだけなのに。

尖閣・竹島の記述増 3冊に修正求める
部科学省は26日、来春から使用される高校教科書(主に2、3年生用)の検定結果を公表した。中国公船による尖閣諸島(沖縄県)周辺の領海侵犯が相次ぐ中、領土については、尖閣と竹島(島根県)を取り扱う教科書の割合が現行より増えたが修正も相次いだ。

 尖閣と竹島については、地理の全2冊が明記。昨年度検定に合格した7冊全てにも記述があり、高校で取り扱う流れが定着した。現行教科書の15冊中10冊が記載していた政治・経済では今回、7冊中6冊が取り扱ったが、このうち3冊が修正を求められた。

 歴史認識については、沖縄戦の集団自決で「軍命令」を強くうかがわせる記述や、慰安婦の「連行」「強いられ」といった記述など、自虐史観の傾向が強まったが、いずれも検定意見は付けられなかった。

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を取り上げた教科書も増加した。

 今回の検定は、「脱ゆとり」を目指した新学習指導要領に基づく。平成22度以降に検定を受けた主要高校教科書の平均ページ数は現行より14・9%増えた。「脱ゆとり」が色濃く反映された教科書は、これで全学年分が出そろった。

それでも、尖閣諸島、竹島に関しての記載が増えたのは一歩前進か?
領土の関しては一歩も引かないという安倍内閣の姿勢を色濃く反映しているように思える。

ニダーは相変わらず気持ち悪いこと言ってくるしね。
韓国、竹島表記に日本公使呼び抗議
【ソウル=加藤達也】韓国外交通商省の趙世暎東北アジア局長は27日、日本の文部科学省の高校教科書検定で、竹島(韓国名・独島)を明記した教科書が合格したことについて、在韓日本大使館の倉井高志総括公使を呼び、抗議した。

 同省報道官は声明を通じて「深い失望と遺憾」を表明し、日本側に根本的な是正も求めた。

深い失望と遺憾かっ(笑)
そのままずっと失望して貰い、こっちを見ないでくれたら助かるんだけどね。
だから、そこまで竹島の領有権に自信があるのならハーグに行こうぜ。
どうして今すぐに、平和的に解決できる方法があるのに解決しようとしない?
そして金に困ったときだけ「未来志向の関係で・・・」とやるんだろう。
本当に付き合いきれない。

尖閣「日本領」に不快感 中国
中国外務省の洪磊副報道局長は26日の定例記者会見で、日本の高校教科書検定で沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を「日本の領土」と明記した教科書が合格したことについて、「日本が歴史と現実を正視するよう望む」と述べ、不快感を示した。

 洪氏は「釣魚島は中国固有の領土であり、中国が主権を有することに議論の余地はない」と従来の主張を繰り返した上で、日本に対し「過ちを正して、両国関係の改善のために本気で努力するよう」要求した。

 習近平国家主席は23日、訪問先のモスクワで「(中ロ両国は)第2次世界大戦の勝利で得た成果と戦後の秩序を守らなければならない」と述べ、尖閣をめぐる問題で一切譲歩せずに、日本に圧力をかけ続けていく方針を明らかにしている。(共同)

日本は歴史と現実を正視しようと頑張っていますよ。
南京事件「30万人説」、自衛隊「違憲」…誇大、誤解招く記述も
今回の教科書検定では、南京事件の犠牲者について「誇大」とされる30万人説や、自衛隊を違憲だと強調するなど、疑問の残る記述もみられ、一部には検定意見が付いた。

■南京事件
 日中戦争で日本軍が多くの中国人を虐殺したとされる「南京事件」の犠牲者数について、国内では戦後長く数十万人以上の「大虐殺派」が主流だったが、過去十数年の研究では、数万人とする「中間派」や虐殺はなかったとする「事件否定派」も有力となってきている。山川出版社は昨年度の検定で、中国政府が主張する30万人説を「学者の間では誇大な数字と考えられている」と初めて記述し、検定も合格した。

 しかし、文科省は犠牲者数について、諸説あると示すことだけを求めており、これまで同様、今回も「30万人」や「20万人」といった誇大な数字が続出した。

 実教出版日本史Aは「少なくとも10数万人」「30万人以上」とだけ記述したため検定意見が付き、「約20万人や10数万人、またそれ以下など諸説あります」と修正して合格した。

歴史と現実を正視して「南京事件」の記述を修正しました。
これでも控えた感じの記述と思うよ。
「南京事件はある。しかしそれは通常の戦闘行為であり虐殺などはなかった」
なんてそのままズバリをかかれなかっただけでも感謝してもらいたいものだ。
まぁ、中国人が感謝とか、太陽が西から登るようなものだろうけどね。

総じて、自虐史観についてはなかなか戻すのがしんどいらしい。
なにせ日本国内で「日本は昔悪いことをした。中国と韓国には謝らなければ」と脚を引っ張りまくる人々がいるからだ。
こんなことが起きてしまう日本は、どう考えてもおかしいと思うのです。
「慰安婦に謝罪と補償を」 京都府議会が意見書可決
京都府議会は26日、旧日本軍の慰安婦とされた女性に謝罪や補償をするよう国に求める意見書案を賛成多数で可決した。市民団体によると、同様の趣旨の意見書が可決されるのは都道府県議会では初めてという。
慰安婦ね。
これについての説明をしてくれよ、話はそれからだ。
a9e3eba7-shosyusoku.jpg
朝鮮の議員は8割が朝鮮人であり、日本人は少数だった。
慰安婦の募集について悪徳業者がいるので注意を促し警戒していた。
995c67c4-shosyusoku.jpg
警部や高等刑事も朝鮮人だった。
お前らの犯罪予防がデタラメだったから、騙される人が増えたんじゃないの?

こんなデタラメを、韓国人が言い出すのではなく、日本人(もしくは日本人もどき)が言い出すのだから始末に負えない。
中国、韓国と対外的に牽制しながら、身内から脚を引っ張られるんだろうから戦うには不利すぎるなぁ。
なぜ、教科書が左翼的な内容になるかといえば、日教組のせいと思うんです。
日教組が、左翼的な教科書を選ぶから、よく売れる。
当然出版社は売れる教科書をつくることになる。
さらに左翼的な記述が増える。
この悪循環をどこかで断ち切らなければいけない。
やはり日教組を潰して、教師を左翼主義から開放することが必要だ。と思うのです。
今年は無理でも、来年こそは「慰安婦は軍が強制したという意見もあるが、現在までその明確な証拠は残っていない」という一文を入れるようにしたい。
自国の教科書に、事実を淡々と記載するのに、なぜ他国の意見を気にする必要があるのか?
それは、強く、安倍内閣にも注文をつけるべきである。
自分は安倍さんや下村大臣が、好き好んで自虐史観を許しているとは思えないんだけどね。
止むにやまれぬ事情があり、ある程度の自虐史観の記述も許してしまったのだろう。
現場で戦っている人々が一番悔しい思いをしていると思うのである。
ならば、自分たちができることは応援と、後押しだ。
「国民は自虐史観の教科書を望んでいない。見直しを強硬に行うことを支持します」
そう言う意見を出すことが、大事と思うのです。
自民党へメール
安倍晋三事務所メール
下村大臣事務所連絡先
下村大臣フェイスブック
文部科学省 教科書についての意見受付
自分で出来ることを、出来る範囲で行う。
なかなか、政治は簡単には変わりません。
しかしそれを、変えようとする努力を諦める言い訳には、したくはないですよね。
子供にはのびのび育ってほしいし、自分もそれを見たいからね。
よって、明日は6時起きというのに、こんな時間(2時30分)まで起きてブログを書いています。
(更新するのは11時45分だけど)
まぁ、悔しくて寝れないんですよね。
サッカーは負けるし、寝ようと思ってネット開いたらこんな記事があるんだから。
うわぁ、と思いながらもババっとキーボードに文字打ち込むと心が落ち着くという(笑)
すでにブログは生活の一部になっている。
そしてささやかながら、ネットを通しての護国活動が生活の一部になっているのが今の自分です。
国を愛して、政治を、政治家を身近に感じる。
それだけで、生活に張りが出て、国を変えて、未来を明るくしていこうという気持ちになる。
同じように感じている人がいれば、これからも応援をお願いします。
なんか最終回のような挨拶になりましたが、ブログはこれからも絶賛運営しますよ(笑)

自虐史観からの脱却こそ、自分たちが望むことだ。

人気ブログランキングへ

それができるのは安倍内閣だ。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>中山なりあき ‏@nakayamanariaki 4時間
文科省が来年から使用される高校教科書の検定結果を公表した。領土については全部に記述があるが、他国の主張を強調する傾向は改まっていない。慰安婦や南京事件についても自虐史観に基づく記述がむしろ強まっており、民主党政権下の検定だったことが明白。今年こそ採択段階で目を光らせる必要がある。

確認していませんが、タイムラグじゃないですか?

No title

自虐史観から脱するという当たり前で単純なことですら、国内に在日朝鮮人が巣くっている現状では、そんなに簡単なことではありませんね。
朝鮮人に不利なことをしようとするとマスコミからネガティブキャンペーをくらって、マスコミに騙される人が多い現状では、政党・政治家は落選の憂き目を食らうことになります。

愛国保守の政治家に応援メールを送ることはいいことですが、現状で実行することが難しい要求をしても、彼らに判断を誤らせるだけになるかもしれません。

優先事項は、B層状態になっている国民をできるだけ覚醒させることだと思います。政治家もまず拡散活動からはじめていけばいいと思います。ブログを始めるのは当然ですしもうやっている方が多いですが、ブログをやるだけでは、能動メディアのネットでは、なかなかB層にはとどかないので、積極的な宣伝活動が必要でしょう。
予算をつけて、ネット拡散なんかやればいいと思いますね。自民党の宣伝でなくて、保守政治ネットに一般の人を誘導するのがいい方法です。自民党がやってるとは思われないまたは思ってもそう断定できないから、邪魔は入りません。

Re: No title

意見ありがとうございます。
確かにタイムラグと思えばしっくりきますね。
民主党の野田元総理も領土問題だけはちゃんとしていたし。

Re: No title

katze generalstabさん、コメントありがとう。

ああ、国民の覚醒が必要という意見、最もな意見だとおもいます。
一般人にねネットの政治関係を見せる。
いろいろ案を考えると面白いことができそうですね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。