スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日や韓国が困っていても日本は何も困らない。

国有地に朝鮮人が50年前から生息している問題
京都市北区の紙屋川の砂防ダム内に多数の住宅が密集している問題を解決するため、
京都府は新年度から、立ち退きも視野に入れた本格的な対策に乗り出す。

専従職員を配置し、国や市と連携し、まずは地域の現状調査に取りかかる。
50年以上前から人がダム内に住み始めたとみられ、
住民の間で「長年の生活の場を離れられない」と戸惑う声が上がっている。

河川管理者の府によると、紙屋川の砂防ダム内はほとんどが国有地。

河川区域で住宅建設は認められないが、1953年のダム完成直後から人が住み始め、
現在は在日韓国・朝鮮人を中心に約50人が暮らす。

市は74年以降、市民の衛生的な生活を保障する観点から上水道を供給している。

昨年7月の大雨で約50棟の大半が浸水被害を受けたのを機に、市が府に対策を要望。

府、国、市でつくる河川敷地環境整備対策協議会は昨年11月、
新たに天神川(紙屋川)部会を設置し、3者が連携して対策に当たることにした。

府は新年度予算に不法占拠対策として500万円を計上。
4月に砂防課内に天神川環境整備担当課長を置く。

地域の実態を把握した上で、住民の移住を促す。

府砂防課は「安全面からダム内の居住は認められないが、
長年の生活実態があり、住民の声を聞き対策を考えたい」としている。

50年以上暮らす玉川浩二さん(54)は「他に行き場のない人が、身を寄せ合い暮らしてきた。
長年立ち退きの要請はなく、なぜ今更という思い。
年老いた人が多く簡単に別の場所に移ることはできない」と話している。


80e75a16.jpg

50年以上昔、朝鮮から逃げてきた人々が、ダムに住み着く。
たぶん、こういうストーリーなんだろうね。
朝鮮:とりあえずここに住み着くニダ。
日本:ここは国有地だから出て行ってください。
朝鮮:出て行けといういけど、どこに行けというのか?
日本:・・・出来るだけ早く出て行ってくださいね。
朝鮮:水が飲めない。日本人ウリ達を殺す気だ。
日本:市民の衛生的な生活を保障する観点から上水道を供給します。
朝鮮:浸水被害が凄いニダ。生活できる権利を取り上げるつもりニカ?
日本:移転先を探します。
朝鮮:住み慣れた土地を離れたくないニダ。謝罪と賠償を!!!
日本:出て行け&帰れ!!!
お願いしてそこに住んでもらっているわけじゃない。
国有地を不法占拠しておいて罪の意識は皆無。
感謝の気持ちを表せとは言わないが、せめて黙って出て行け。



年老いた人が多く簡単に別の場所に移ることはできない、と言っているらしいな。
ここに移ればいいんじゃないか?
地震の恐怖に怯えた在日の働きかけにより帰国事業が再開
 「日本集落」の建設計画は、今回が2度目。06年に移住希望者を募ったが少なく、実現しなかった。
ところが、昨年3月に起こった東日本大震災を契機に、津波や放射能への恐怖から在日同胞や日本人などによる不動産の問い合わせが増加、南海郡が再度、計画を進める運びとなった。現在、すでに70人ほどが受付申請中であるという。

 南海大橋で陸地と連結された南海郡の周辺は閑麗海上国立公園に指定され、韓国でも有数の風光明媚な景観に恵まれている。麗水世界博覧会が開催された麗水市に隣接しており、壬辰倭乱の露梁海戦で李舜臣将軍が戦死した激戦地としても知られる。

 すでに南海郡は、三東面鳳貨里にドイツ村33棟、二東郡龍沼里にアメリカ村21棟を建設した。1960~70年代、韓国の外貨獲得政策の一環として多数の看護士や抗夫が労働力不足のドイツに派遣された。
祖国経済発展の一翼を担った同胞のために、欧風建築様式の住宅を提供した。

 問い合わせは南海郡文化観光課「日本村造成チーム」(※電話番号省略)。

(2012.8.29 民団新聞)

よし、出て行く事を条件に日本が面倒を見てあげよう。
帰国する際の旅費と引越し費用は日本政府がめんどうみよう。
言語がわからない人のために、日本が学校を建ててあげるよ。
学校の運営費用は10年間くらいは日本が見てあげよう。
コミコミで10億円くらいかな?
それを条件に全ての在日朝鮮人は帰国してください。
10億円で在日と縁が切れるなら、お互いにハッピーじゃないか。

もうさ、韓国人、朝鮮人と分かり合えるなんてありえないことに日本人は気づいてしまったよ。
こんな記事や。
川崎市、不法占拠の在日韓国人1世帯に2,700万円(総額35億円)保証☆
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news01.asp?kiji=7048
在日韓国・朝鮮人集落 歴史に幕
国有地や市有地を「不法占拠」した場所も多く、市や国が約40年間住民に求めてきた立ち退きに、住民側がこの5月に応じることが決まった。
集落内に点在する民有地を公有地と交換後、開発業者に転売することで「補償費」を工面することにした。1世帯当たり平均で2700万円程度の「補償」が見込まれるという。
>自らの都合で日本に渡ってきて公用地を60年も不法占拠し続けた挙句、2700万円も手にして、さらに日本国民でも抽選や審査に通らないと入居できない市営住宅に簡単に入居できてしまう。一世帯あたり平均で2700万円とは、全130世帯分で、単純計算で35億1000万円です。
詳しくはココで↓
http://blog.livedoor.jp/lancer1/


こんな記事を読むとね。
在日韓国人が所得税や住民税を1円も払わずに済む理由とは?虚偽の仕送り申告・20人の「扶養家族」で無税生活、重税で苦しむ日本人を尻目にあっという間に金持ちに!!

もちろん、これらの記事も本当かどうかの検証が必要だ。
鵜呑みにすることはできないが「ありえるな」と思ってしまう。
調べれば知れば得るほど嫌いになっていく民族だから。


韓国は翌「未来志向のパートナー」というが、日本からしたら迷惑な話だ。
韓国と付き合ってメリットは少なく、デメリットははるかに巨大だ。
かと言って、国交断絶などは現実的ではない。
せめて、冷徹な、厳然たるビジネライクなお付き合いにとどめるべきだ。
日中韓FTA。特亜のパクリを防げるかも?

韓国:経済が厳しいニダ。スワップする相手が欲しいなぁ。チラッ。
日本:中国と組んでいるから大丈夫でしょ。
韓国:ゆ、輸出企業が厳しい。そろそろ円安も終わりニカ?
日本:三本の矢を放ち、アベノミクス邁進!!!

韓国が困っても、別に日本は何も困らない。
助けて欲しいなら、土下座してくるべきだ。

お人好しの日本人は助けてしまうだろう。
俺はそれで良いと思っている。
困っている人を助けるのが日本人の価値観だから。
ただし、助けて欲しいなら、ありもしない権利を振りかざさず謙虚な気持ちでお願いをするべきだ。
ま、そんなことができる民族でないことは分かっているが。

在日、韓国が困ってもむしろメシウマ。

人気ブログランキングへ

在日、韓国人に謙虚とか(笑)ありえない(嘲)
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あの人達、助けちゃダメですよ。
そうすると、何度でも来る。
キチガイに刃物、泥棒に追い銭。
たかられても、たかられてもお人好しに
助けるのが日本人だなんて、先祖にも
失礼です。日本の文化は、自分の
物は自分で護るというものです。騙されて、
たかられて、虚仮にされてそれでも黙って、
もっと差し出すなどという腰抜けでは
ありません。

日中韓FTA

いつもブログの更新楽しみにしてます。
なんかこのブログ語り口に独特の味があって好きです。

日中韓FTAは、やめておいたほうがいいんじゃないですか?
だって中国も韓国も法治国家じゃないし、国際ルール守れませんもん。
パクリをルールに則って防ぐのは無理かと。
表だって断交宣言は、現実的に難しいとしても
徹底的に関わりを絶ってゆきたいですね。
国家レベルでも、個人レベルでも今まで関わってきて
いつもひどい目に会わされています。トホホ

Re: No title

Supermumさん、コメントありがとうございます。
うん、自分の気持ち的には「絶対に助けないで滅んでいく様を乾杯しながら眺めたい」
というのが本当なんですが。
ブログの方向性や自分の価値観を考えると、なかなか
気持ちの通りには書けません。

先祖にも失礼という意見には「そういう考えもあるな」と思いました。
確かに現代に日本刀を持った侍たちが居ればどうなるかと思いますね。
特亜:謝罪と賠償を~
日本:「ガチャり」←日本刀の鯉口を切る音。
特亜「・・・・・」
痛快ですね(笑)

Re: 日中韓FTA

保守のおっさん様、ありがとうございます。
そういう応援は励みになります、ほんとに。

日中韓FTAも難しい問題で。
一応知的財産などの切り口だと参加すべきと思うのですが。
労働サービスの解禁とかが議題に上がると全力で阻止すべきとも思います。
(労働サービスの件はまだ議題になっていません)
徹底的に関わりを持たないという意見には賛同します。

個人レベルでの体験談、ぜひお伺いしたいです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。