スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPにFTAにEPA?なんなだんだ一体?

最近、経済のニュースでは経済協定の新しい枠組みについて報道されることが多いですね。
TPPに日欧EPAに日中韓FTA
TPPに関しては、報道も加熱しているからわかる人も多いでしょう。
しかしEPAとFPAの違いは分かりますか?
俺はイマイチ把握していませんでした(汗
つまりはこういうことらしいです。
epa_img1_convert_20130401000844.jpg
自由貿易協定
FTAとEPAの違い [編集]
FTAは「自由貿易協定」と呼ばれ、特定の国や地域とのあいだでかかる関税や企業への規制を取り払い、物やサービスの流通を自由に行えるようにする取り決めのこと[1]。
EPAは「経済連携協定」と呼ばれ、物流のみならず、人の移動、知的財産権の保護、投資、競争政策など様々な協力や幅広い分野での連携で、両国または地域間での親密な関係強化を目指す協定[1][2]。通商政策の基本ともいわれる[2]。
地域間の貿易のルールづくりに関しては、過去WTOを通した多国間交渉の形が取られていたが、多国間交渉を1つ1つこなすには多くの時間と労力が取られるため、WTOを補う地域間の新しい国際ルールとして、FTAやEPAが注目されている[1]。
日本は東南アジアやインドとの経済の連携協定を進めてきたように、FTAだけでなくEPAの締結を求めている[3]。その理由は、関税撤廃だけでなく、投資やサービス面でも、幅広い効果が生まれることを期待していることによる[3]。

まぁ、分かりやすく書くとこういう感じかな?
WTO>FTA>>EPA>>>>>>TPP

FTAは関税の撤廃、削減およびサービスの規制緩和。
EPAはFTA+物流のみならず、人の移動、知的財産権の保護、投資、競争政策など、付き合いは濃密になる。
さらにTPPになると広範囲になり24もの項目について
1.首席交渉官会、2.物品市場アクセス(農業)3.物品市場アクセス(繊維・衣料品)4.物品市場アクセス(工業
5.原産地規制 6.貿易円滑化 7.SPS(衛生植物検疫) 8.TBT(貿易の技術的障害) 9.貿易救済(セーフガード等 10.政府調 11.知的財産 12.競争政策 13.サービス(越境サービス) 14.サービス(商用関係者の移動) 15.サービス(金融サービス 16.サービス(電気通信サービス) 17.電子商取引 18.投資 19.環境 20.労働 21.制度的事項 22.紛争解決 23.協力 24.横断的事項特別部会
TPP、本当に決まるのかね?そう思ってしまう。
林農相「年内妥結にこだわらず」
林芳正農相は31日のNHK番組で、環太平洋連携協定(TPP)交渉で米国などが年内の合意を目指していることに関して「スケジュールに合わせなければいけないという意識が強すぎる。国益が満たされない場合、もう少し議論しようと主張していい」と述べ、日本としては年内妥結にこだわらず交渉に取り組む考えを示した。
 交渉で日本の主張が受け入れられない場合「その場で席を立って帰ることだって視野に入れてやればいい」と述べ、自民党が「聖域」とする重要品目が守れない場合、交渉脱退も辞さない姿勢を強調した。

聖域が守られない場合は、交渉離脱も辞さない。
その通りである。
TPPは、あまりにも交渉範囲が広すぎる。
日本の文化、伝統が破壊される可能性があるからです。
TPPとは、アメリカ主導ではありません。
アメリカに巣食う「新自由主義者」と呼ばれるグローバル企業の集合体が主導しています。
そのグローバル企業体の利益確保のためにアメリカ議会が動かされ、日本も巻き込まれています。
ISD条項や、ラチェット規定など、一度決めたら簡単には逃げられない取り決めもあります。
そんな危険なTPPになぜあえて参加するか?
アメリカが環太平洋という経済圏を構築するのに日本が参加しないわけにはいかないからです。
これをアメリカのポチと揶揄する人もいます。
しかし、新たな社会の枠組みが構築される中、やはり日本のパートナーとなるのはアメリカと思うのです。
アメリカ議会のTPP反対派や、ほかの国、マレーシアやタイ、ニュージーランドなどと協力してTPPのマイルドな経済協力に帰るのがベストと考えています。
今はTPP交渉参加を決定しただけ。
むしろ、参加を表明しても、交渉を断られる可能性もある。
実際カナダは一度断られているし。
ちなみにブログ主の姿勢としては、TPPの参加については「消極的容認」です。
国益にそった交渉をする限り安倍内閣を応援していきます。


そして日欧EPA
日本とEU、経済連携・政治協定交渉を4月開始
安倍首相は25日、欧州連合(EU)のファンロンパイ欧州理事会常任議長(EU大統領)と電話で会談し、日本とEUの経済連携協定(EPA)や、安全保障分野などの協力を盛り込んだ政治協定の締結交渉を4月に始めることで合意した。
 妥結まで数年かかるとみられるが、日本は米国主導の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を表明しており、EUとの貿易ルール作りも急ぎたい考えだ。
 電話会談には、バローゾ欧州委員長も同席した。EU側は、「現下の経済・金融情勢を踏まえ、EPAと政治協定の交渉開始に速やかに合意することが適当だ」と述べ、安倍首相は「出来るだけ早期の妥結を目指し、高いレベルのEPAを作っていきたい」と応じた。

民主主義などの価値観を同一とする国が締結する経済協定はEPAが一番バランスが良い気がします。
人的交流で移民などを提案されなければ、の話ですが。
まぁ、ヨーロッパも移民に関しては痛い目にあっているので提案しないと思いますけどね。
↓↓こういうふうな使い方も出来るんだなと感心しました。
安倍首相 フランスの対中武器輸出に懸念表明 EU首脳との電話会談
安倍晋三首相は25日、欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領と電話会談し、フランスの防衛企業が特殊なヘリコプター着艦装置を中国に売却したことを念頭に「厳しさを増す東アジアの安全保障環境の下で、EUの対中武器禁輸措置の維持と輸出管理の厳格な運用が不可欠だ」と述べた。
 大統領側は、安倍首相の対中輸出に関する懸念に対し「EUの立場を変えることはない」と応じた。
 安倍首相は、北朝鮮の核実験について「一連の挑発行為は極めて遺憾だ」と表明。日本がEUと共同提起し、国連人権理事会で設置が採択された拉致問題を含む北朝鮮の人権侵害を調べる調査委員会に関し「高く評価する」と述べた。

FTAでなく、EPAというより深い協力関係を結ぶ事を約束することにより、国際的な協力が得やすい。
中国で金儲けしているフランスに言っても無駄だから、フランス飛び越えてEUの大統領に相談(笑)
これでフランスが考え直すかはどうかとしてまずプレッシャーにはなる。
今度中国に武器輸出輸出するときは「日本がうるさいから辞めようかな」と牽制の効果はある。
そしてEUの大統領から言質を取れるということは、国際的立場が強化されることじゃないかと思うんだけどね。

そして日中韓FTA
日中韓FTA、知財保護・競争ルール明確化焦点
【ソウル=宮崎健雄】日本と中国、韓国の3か国による自由貿易協定(FTA)第1回交渉会合は27日、ソウル市内のホテルで2日目の協議を行った。
 関係者によると、この日は、外務省のほか、経済産業省や農林水産省などの担当者も交え、関税や投資、サービスの3分野で分科会を開き、各国の主張の整理や、今後の議論の進め方について議論した。
 今夏に中国で開かれる第2回交渉会合では、さらに分科会を倍増する方向で調整が進んでいる。日本は知的財産の保護や独占禁止法など、競争ルールの明確化でも独立した分科会を設置したい考えだが、中国は慎重とみられる。
 日本政府幹部は「中国との交渉は、投資ルールの明確化や知財が本丸だ」と話しており、28日の最終日までに、今後の議論の道筋をつけられるか注目される。

こんな価値観の違う国とは経済協定など結ばないのが一番なんだけど。
なんといっても恣意的政治介入が得意な国だし。
14089.jpg
尖閣問題で発生したデモ、というか暴動も中国政府が主導したという噂だしね。

司法制度が未確立な国だし
20130315-041203-1-N.jpg
盗んだ仏像を返さないでよいという裁判が起きる国だからね。

こんな国とはきちんと条約を結んで、もしもの時はきちんと賠償を請求できるようにしておくべきだ。
パクって盗まれた知的財産について。
反日無罪で破壊した工場などの賠償は払うのが当たり前だから。
あくまでFTAだから、関税の緩和とサービスの規制緩和についてのみ。
それ以外のお付き合いは断固としてお断りだ。

ちなみに、今日本のFTAやEPAの進捗状況はこんな感じらしいよ。
epa_fta_map_convert_20130401000920.gif
↓↓大きい画面で見たい人はこちらをクリック。
外務省:経済連携協定(EPA)/自由貿易協定(FTA)
こういうふうに、経済協力が活発していくと世界が変わっていくのが実感できる。
ここまで世界が狭くなっていくと、経済協定を進めない訳にはいかないのだろう。
だからといってグローバル化が素晴らしい訳ではないのだ。
日本の文化、伝統を大事にしながら世界の成長を取り込む。
経済発展はあくまで国民のため、企業や株主の為ではないのである。


グローバリズムは危険。日本の国益を守れ。

人気ブログランキングへ

日中韓FTAはマジで経済関係だけの協定にするように。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。