スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の防衛もそろそろ変わらなきゃいけないと思う。

陸自部隊、与那国から石垣島に変更検討 10億要求の町長「決裂やむなし」
与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊「沿岸監視部隊」の配備計画で、政府は3日、配備先を石垣島(同県石垣市)に変更する検討に入った。与那国町との用地取得交渉が難航しているためで、同町の外(ほか)間(ま)守(しゅ)吉(きち)町長も3日までの産経新聞のインタビューに対し、「交渉決裂もやむなし」と述べた。

 これまでの用地取得交渉で、町側が10億円を要求しているのに対し、防衛省の提示額は最大1億5千万円。両者の隔たりは大きく、交渉は暗礁に乗り上げたままだ。

 外間氏はインタビューで、平成24年度の防衛予算に工事費などを含め配備関連で10億円が計上されたことで「町民は10億円が入ると思っており譲れない」と説明。ただ、10億円の積算根拠がないことを認め、特例の「市町村協力費」としてゴミ処理施設などインフラ整備費で国が10億円を支払うよう主張した。

 沿岸監視部隊配備の国防上の意義については「国が考えること」とし、「(町の)経済効果が最優先だ」とも説明した。

防衛省は10億円の支払いには応じないが、8月の町長選までは配備容認派の外間氏の軟化を期待しつつ交渉姿勢は保つ。ただ外間氏が再選しても事態打開のめどはつかないばかりか、仮に配備反対派が当選すれば計画は即座に頓挫する。

 8月は26年度予算案の概算要求を固める時期にもあたる。このため、防衛省は町長選を判断の区切りとし、与那国配備の撤回と計画変更に踏み切る。

 新たな配備先は石垣島が有力。23年度から5年間の経費総額を明示した中期防衛力整備計画は、石垣・宮古両島を念頭に初動対処部隊の配備も明記している。ある政府高官は「中国に近い石垣に監視部隊も配置するしかない」と指摘する。

 監視部隊は航空機などの接近をレーダーで探知するが、中国から遠ざかれば水平線の下になる低空飛行への監視能力が低下する。早期警戒機などでカバーする必要もあるが、警戒機はすでに過密な監視飛行を迫られており、新たな課題を抱えることになる。
2012_1230image.jpg
与那国島への沿岸監視部隊配置・移動警戒隊の展開
↑↑防衛省のサイトに詳しく載っています。クリック願います。

もともと与那国島の国防は、警察官が二人いるだけで、武器としては二丁の拳銃しか装備されていない。
国境の島としてはあまりにも貧弱、脆弱すぎる、ということで与那国島のほうが自衛隊の誘致を行っていた。
自衛隊誘致に危機感を募る沖縄タイムズ
↑↑当時の空気を感じるいい記事です。
防衛省が自衛隊の湾岸監視部隊の配置を決めて、用地の買収を決めてから話がややこしくなり。
そもそも「町民は10億円が入ると思っており譲れない」というのは、町民が勝手に思っていることでそれこそ「捕らぬ狸の皮算用」なんではないのだろうか?

与那国島:中国怖い。島を守ってよ~。
自衛隊:レーダー施設を作ります。
与那国島:はい、迷惑料10億円。
自衛隊:は?
誘致しといて決まったら迷惑料って。
ここでかわいそうなのは与那国島に住む人々で、中国の驚異を感じて不安に思っている人々だ。
自衛隊の誘致が決まり、ようやく安心して暮らせると思っている人も多いだろうに。
町長の勇み足で、ご破産になるとすれば、どんなにがっかりするだろう。
与那国島にとってもメリットは高いと思うんだけどね。
与那国島の人口はわずか1600人足らず。
自衛隊の部隊人数が遠くらいになるかは不明だが、100名規模くらいは必要になるのではないだろうか?

100人増えると街の人口の大幅増になる。
ましてや、自衛隊の配置に家族も連れてきたりするならばさらに倍率ドン。
子供も増えると必然的に学校も必要となる。
与那国島に高校が内政で、子供が高校進学時に家族も揃って離島する家庭が多いと言われる。
3月に人口減の与那国島、4月に人口増の石垣島
子供も増えれば、高校も設立可能になるかもしれない。
長い目で見れば、10億の迷惑料より、自衛隊の誘致のほうが遥かに有益だろうに。
こちらが町長のインタビュー。
渦中の与那国町長インタビュー「国防は国が考えることだ」
--自衛隊を誘致したのに「迷惑料」を求めた

 「周囲にまずいといわれ市町村協力費に修正した」

 --なぜ10億円なのか

 「用地取得費『など』ではあったが、(配備関連で)10億円が計上され町民は10億円入ると思っている。数字が一人歩きした」

 --昨年2月の政府答弁書は10億円の内訳に工事費や移転補償費も明記。町民に説明すべきだったのでは

 「…。10億円を担保するのが私の課題だ。理論は破綻していない」
 「10億円が町に入れば町民に使途を問い、インフラ整備に充てたり、『果実』として残し学校給食費の無料化に使ったりできる」

 --インフラ整備への補助金事業は部隊配備との因果関係が必要。特別措置法でも制定しない限り、国は拠出できない

 「それをどう保証してくれるのか防衛省に聞いているが、答えてこない」

 「沖縄は大戦で被害を受けた背景がある。宜野座村は米軍に山を貸し、年間18億円が支払われている

 --宜野座が提供する村有地は1400ヘクタール。与那国は民有地を含め26ヘクタールだ

 「町民にそう説明して納得してもらえるか。バッシングを浴びてしまう」

 --配備が遅れると国防にとってマイナス

 「国防の意義を言ったことはない。国防は国が考えることだ」

 --21年に自衛隊誘致を陳情した際、安全・安心という表現で意義を語った

 「あの時点ではそうだったが、今は経済効果だ。2年前から(配備)反対派が動き始めた。議会でも(反対派から)やられている」

 --防衛省は10億円の支払いには応じない構えだ

 「そうであれば仕方ない。町の経済にとって千載一遇のチャンスだが決裂やむなしだ。(再選しても)10億円は譲らない」

町長さんは国から10億円分捕ってきた英雄として歴史に名を残したい。
そんな考えが透けて見えるのは自分だけだろうか?
宜野座が提供する村有地は1400ヘクタールで18億円。
与那国は民有地を含め26ヘクタールで10億円せしめようとしているのだからあまりにも無理があるだろう。
与那国島が納得してもらえないのなら仕方ない、石垣島に変更しよう。
okinawa_convert_20130405101511.gif
自衛隊誘致は、過疎の進む島嶼にとってもメリットのある話だ。
ごねれば国が譲ると思われたら今後の防衛戦力にも支障をきたすだろう。
行き過ぎた平和主義、平等主義はどう考えてもおかしいと思う。

ちゃんと与那国島の人々に説明し、根気よく交渉して貰いたい。
マスコミは与那国の参政派の意見も取り上げてきちんと比較検討するべきだ。
それでもダメなら仕方ない。
ダメなら石垣島で!!!

与那国島の賛成派の人々の意見を取り上げろ。

人気ブログランキングへ

ぼったくりの外間町長は恥をしれ。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。