スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の女、サッチャー元イギリス首相死去。

「鉄の女」イギリスのサッチャー元首相死去 87歳、女性初の英首相
英BBC放送は8日午後、米国と強固な連帯を組んで旧ソ連共産主義を崩壊に導き「鉄の女」の異名を取ったマーガレット・サッチャー元英首相が同日午前、脳卒中を起こした後、死去したと報じた。87歳だった。総選挙に3度勝利し第二次世界大戦後の英政界では最長となる約11年半の間、首相を務めた。在任中に国有企業の民営化、規制緩和、金融改革を断行し、長期的な経済衰退から英国を復活させる礎を築いた。
 リンカーンシャー州グランサム生まれ。1959年、フィンチリー選出の保守党下院議員になり、70年、エドワード・ヒース内閣の教育相。75年の同党党首選でヒース党首を破り、英国の政治史上初の女性党首になった。79年の総選挙で「英経済の復活」と「小さな政府」の実現を公約に掲げて勝利し、女性初の英首相に就任した。
 新自由主義に基づき国営産業と国営企業を民営化するとともに、労働組合と激しい政治闘争を展開。「揺りかごから墓場まで」の福祉国家体制にも大なたを振るった。
 82年、アルゼンチン軍が南大西洋の英領フォークランド諸島に侵攻した際、間髪を置かず艦隊を派遣、74日間の戦闘で英兵255人の死者を出したが、アルゼンチン軍を駆逐した。ロナルド・レーガン米大統領の戦略防衛構想(SDI)、いわゆる「スター・ウォーズ計画」を支持して、ソ連と共産主義を崩壊に追い込んだ。妥協を許さない政治哲学は「サッチャリズム」と呼ばれた。 同元首相の経済政策は二度の不況、失業率の上昇という苦しみを伴ったが、一部修正されて労働党のトニー・ブレア、ゴードン・ブラウン両政権に受け継がれ、現在の堅調な経済成長をもたらしている。

鉄の女、死す。
なんだか、一つの時代が終を告げたような気分ですね。

どのような政治家だったか簡単に振り返ってみると。
『鉄の女サッチャー』の異名は伊達ではない。
サッチャーが登場する以前のイギリスは「英国病」に悩まされていた。
社会制度を充実させて行き過ぎた福祉政策「ゆりかごから墓場まで」の時代。
医療費は無料、困窮者には生活保護、老齢年金に失業保険。
さらに、企業の保護のため国有化を進めたため、競争原理が働かなくなり、競争力をなくしていった。
福祉の充実される一方、累積税率の高さから国民は労働意欲が薄くなる。
「働いたら負け」状態かよ(笑)
税収低下により国際の累積残高が増加して、財政破綻。
労働党の政権により、老労働組合の力が強くなりストライキが頻発する。
ゴミは回収されず、柩は埋葬されないという社会混乱。
IMF救済!その時英国の人々は、、、、/財政破綻の下での暮らし
↑↑当時のイギリスの空気感が伝わるいい記事です。

鉄の女、登場する。
労働党から保守党が政権が移り、サッチャーが総理に就任する。
国有企業の民営化、金融引き締めによるインフレの抑制、財政支出の削減、税制改革、規制緩和、労働組合の弱体化などの政策を推し進めていった。
サッチャリズムと呼ばれる経済政策はまさに「痛みを伴う改革」だった。
大きい政府から小さい政府へと変更。
規制緩和と構造改革、国有企業を民営化。なるほど、まさに小泉劇場だ
(というか、小泉がサッチャーを手本にしたんだろうけど)
当然、痛みを伴う制作にはイギリス国民は不満がたまりサッチャーの人気は低下。
しかし、総理就任から3年後にはフォークランド紛争勃発。
アルゼンチンのイギリス領フォークランドへの侵攻から始まる紛争。
サッチャー、財政難で喘ぐ状態ながらも一歩も引かず反撃を決断。
255人もの戦死者を出したが、紛争の勝利によってサッチャーの人気は急上昇。
11年半の長期政権となった。
結局、サッチャリズムは国際的評価は高いけど、当時の国民は評価はされなかった。
竹中平蔵氏が「小泉政権の是非は、歴史的判断が必要になる」とか言っていたのはここら辺が元なのかね?
サッチャーが鉄の女とあだ名される所以は。
「国民の不満の声にも負けず政策を通したし、フォークランドでは反撃を躊躇わなかった」
まさに、自分の信念を貫き通す政治家だったんですね。

映画にもなっています。こちらは「政治家としてよりも、妻であり親であるサッチャー」が描かれているようですね。
自分も未読なので週末にでもレンタルしようかな。

世耕官房副長官「安倍首相は自分に重ねていると感じている」
世耕弘成官房副長官は8日夜、サッチャー元英首相が死去したことについて「尊敬する政治家であり、心からご冥福をお祈りしたい」と述べた。首相官邸で記者団に述べた。
 また「サッチャー元英首相は保守政治家でイギリスを長い経済の停滞から立ち直らせた政治リーダーだ。安倍晋三首相は自分に重ねていると感じている」と語り、「話を聞いたりするチャンスがなくなり非常に残念に思っているだろう」と述べた。


安倍首相「偉大なリーダーだった」
安倍晋三首相は8日夜、サッチャー元英首相が死去したことについて「意志の力を身を持って示した偉大なリーダーであり、国家国民のためにすべてをささげた尊敬すべき政治家であった。イギリス国民と深い悲しみを共にしたい」とのコメントを発表した。

歴史に名を残す偉大な政治家の死去。
ご冥福をお祈りします。

さてそれはそれとして「サッチャリズムに学べ」とか下らない戯言を言い出す人間が増えそうですね。
構造改革と規制緩和こそ正義!!!とか。
はぁ、くだらない。
藤巻某とか、紫頭のオバチャンとか、経済芸人とか。
反撃の準備をしておきます。

マーガレット・サッチャー元英首相のご冥福を祈る

人気ブログランキングへ

だからといって、新自由主義の主張はありえない。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

名宰相

 こんにちは。

 イギリスを劇的に立て直したサッチャー元首相、当時「揺りかごから墓場まで」と言われるくらい高福祉に依存した国民に劇薬を投入し、イギリス経済を立て直した名宰相と評されますが、一方でその政策は一部で反論を呼び、言うなれば国内では好き嫌いが分かれる元首相ですが、何を言われようが我が道を行き、政治信念を曲げなかった姿勢は評価されるべきです。

 国民からブーイングを浴びながらも政策を強行し、フォークランド紛争では財政難にも関わらず軍事介入を続け勝利を収めたことで、強いリーダーであることを国民に知らしめたのだから、リーダーとはこうあるべきと言うところを教えることになったのでは。
 またアメリカと協調路線を取って、冷戦終結と共産主義陣営崩壊に導きましたが、言うなればこれがイギリスのアメリカ追従姿勢につながったのは言うまでもない。

 これほど名宰相と謳われた人物の死、また一つ一時代が終わりを告げたと言えます。

 死去してからイギリス国内で対応が賛否分かれてますが、政治家ほど好き嫌いがはっきりするものはないし、これが普通なのでは? むしろ死去後も冷ややかな姿勢なのはフォークランド紛争で交戦したアルゼンチンだと思うね。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。

Re: 名宰相

アジシオさん、コメントありがとう。
功罪ないまぜな状態であるけれど、サッチャー氏は世界で有名な政治家の一人ではありますね。
しかし、調べてみたらフォークランドで反撃を決意できた判断はすごいなぁ。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。