スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国企業で足の引っ張り合い。それでこそ朝鮮人だ!

泥沼の海外受注競争、安値受注のツケ表面化
サムスン物産は先月、大規模な海外工事受注に成功したことを大々的に広報した。オーストラリアで鉱山を開発する「ロイヒル・プロジェクト」のインフラ工事だった。しかし、同プロジェクトの発注元であるロイヒル・ホールディングスは、同じ韓国勢のポスコ建設とも事業発注に向けた交渉を進めていた。サムスン物産による受注発表の直前まで、ポスコ建設は63億ドル(約6200億円)前後で受注する方向で、ロイヒル側と大詰めの交渉を行っていた。ロイヒル・プロジェクトにはポスコ建設の親会社である鉄鋼大手ポスコが12.5%を出資していたためだ。韓国国土交通部(省に相当)の担当者はオーストラリアに飛び、ポスコ建設が派遣した関係者と夕食会で受注の前祝いまで行っていた。
 しかし、土壇場でサムスン物産が受注に乗り出し、脚本が狂った。サムスン物産はポスコ建設より6億ドル(約590億円)安い57億ドル(約5610億円)を提示し、工事を受注した。発注元の立場から見れば、韓国企業同士の競争関係を利用し、当初の予想価格より安値で工事を発注することに成功した格好だ。ポスコ建設関係者は「その価格では到底工事を進めることはできない。(サムスン物産も)後で大きな損害を受けることになる」と指摘した。
■競合社のネガティブキャンペーンも
 2011年にA社が受注したサウジアラビアでの建設工事は、当初B社が受注したと報道発表した事業だった。しかし、A社はB社の親会社の会長が検察の取り調べを受けているという韓国国内の事情をアラビア語に翻訳し、発注先にばらまいたことから、B社からA社に発注先が変更された。
 C社が昨年マレーシアで受注に失敗したプロジェクトは、発注元と契約直前まで行っていた。しかし、D社がC社の韓国国内での財務危機や不渡り説を発注元に流し、結局D社が落札した。C社はシンガポールでも同様の状況に直面した。韓国のライバル企業がC社に関するネガティブなうわさを翻訳し、複数の発注元に電子メールで流したため、C社は耐え難い多くの質問を受ける羽目になった。C社関係者は発注元に電子メール送った韓国の建設会社に厳重抗議し、騒ぎはひとまず沈静化したが、C社は大きな打撃を受けた。
 4年前にシンガポールで行われた土木工事の入札は、韓国有数の建設会社E社とF社が激しい競争を展開した。しかし、入札価格の探り合いをしていた当時、E社がF社の入札担当者をハンティングしたことで泥仕合となり、超低価格での落札につながった。
 SK建設が09年3月に受注したアラブ首長国連邦(UAE)のガス圧縮施設工事は、9億ドル(約885億円)前後に入札価格が決まったが、海外メディアはそれを「衝撃的で驚くべき価格だ」と報じた

ポスコ:62億ドルで受注が決まった。祝勝会だ。
サムスン:57億ドルで受注決めたニダ。
ポスコ:も、儲かるわけないニダ。
サムスン:・・・・・。
(A社)受注した→(B社)A社の会長は犯罪者らしいよ→B社が受注。
C社とD社がネガティブキャンペーン。耐え難き多くの質問の内容が気になる(笑)
E社とF社が、泥仕合。超低価格落札で結局損
足の引っ張り合いこそ競争。さすが朝鮮人クオリティ。

これが日本人ならね、品質の優劣、適正価格での勝負、アフターサービスの有無などで勝負を付けるんだろうけどね。
韓国では自分が勝つために、相手を貶めることが大事のようですね。
それじゃぁ、進歩がないのも仕方ないですな。
日本には「談合」という商習慣がありました。
A社が受注したら、次の受注はBへ譲る。その次はC社へと。
競争原理が働くなくなり、無駄に高い経費がかかるという弊害はあります。
しかし、日本人らしい譲り合いの精神や「共存共栄」という価値観無しでは発達しなかったでしょうね。
日本人の「お互い様」という精神が生んだ商習慣と言えます。
(悪く言えば、日本のむら社会が生んだ悪習とも言えます)

韓国の「受注すればよい」という文化は、恐ろしいものがあります。
以下、シンシアリーさんのブログより。
建設会社、海外でダンピングしすぎて赤字決算へ←クリック
何故、赤字で工事を受注するのか?
そういえば、李明博前大統領時代の、UAEの原子力発電所受注もそうでした。UAE側に出した条件が良過ぎで、長期的には韓国の損失に繋がるとの指摘が相次ぎました。これは、実は 朝鮮BIZによると、「構造的な矛盾」を抱えている問題とのことです。
引用します。
『・・・(低価格受注でも)海外受注こそが会社の業績、及び最高経営責任者(CEO)の功績になるから、低価格でも甘受するしかないという説明だ。
ある大型建設会社の役員は、"今回は低価で獲得しても、次に収益性の良い工事で挽回すればいいという考えを持った幹部が多い"と話した』。
もし、B国が、「前にあなたたちがA国でOKした条件と同じだから、これでいいですよね」と言ったら、何と答えるつもりなんでしょうね。
実際、相手国もバカではありません。
わざと入札出来る条件を低くして、建設会社同士の競争を激化させる・・・・俗に言うと「煽る」ということです。
そして、後になって設計や資材を勝手に変更し、建設会社の工事費用が予想より増える場合も多いとか。事前にちゃんと協商しておかないから、損を被るしかないのです。
同じく朝鮮BIZによると、『20年以上も海外受注分野を担当したという、ある建設会社の常務は、 "今は海外建設業界の危機"とし、 "度を超えた競争で収益率がますます落ちており、何か対策を用意しなければ共倒れになるだろう"と語った』。
造船、半導体、テレビ、海外建設・・・・
韓国の企業がある程度のシェアを握ると、その市場は急激に崩壊します。

その裏にはこういう「低価格」攻勢と、その後の自爆があったんじゃないでしょうか。

市場が崩壊する、いわゆる「場が荒れる」という訳ですね。
造船:韓国会社が参入→パクリで開発費を抑えた製品投入→ダンピングで韓国会社が市場斡旋→値下げしすぎて利益が低減→韓国会社の衰退
韓国造船大手の借入金膨らむ=1年間で44%増←クリック
1年間で44%借金が増えるってすごいな、おい。
半導体:韓国会社が参入→パクリで開発費を抑えた製品投入→市場を斡旋しそうになる→パクリが酷すぎて訴訟続発→おろおろ。
韓国「サムスン」揺るがす特許訴訟←クリック
サムスンは世界中の企業から訴えられている。その訴訟件数はなんと3800件!
韓国の会社が、衰退するのは自業自得だから「ザマァ」位にしか思わないけど。
優位に立つためにダンピングして、市場を荒らすのはやめてほしいね。
全く迷惑極まりない。

さて、そろそろ韓国の経済も行き詰まってきましたね。
韓国経済に関しては、また記事にします。

足の引っ張り合いは韓国内だけで完結してくれ。

人気ブログランキングへ

というか、朝鮮半島から出てこないで。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

むら社会はバカサヨ用語。
談合は素晴らしい。悪習でも何でもない。

日本は談合で発展した。悪影響はない。些細な問題で、重箱の隅をつつくのはやめた方がいい。
日本の封建制は素晴らしい。バカサヨシナ畜猿バカチョン白土人とかその他下等生物のは民主主義諸とも糞。

日本人も足の引っ張り合いですよ。

Re: タイトルなし

> 日本人も足の引っ張り合いですよ。

役さん、コメントありがとう。
そうですね、足の引っ張り合い。
日本は言論の自由があるので様々は意見が出てきます。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。