スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍さん、麻生さん、二人のAがいる贅沢内閣を支持だ。

TPP、カナダも日本参加承認 11カ国で支持へ
いよいよTPPの参加が決まったようですね。
自分はTPPの参加は「消極的容認」という立場でした。
出来れば交渉参加を断念して欲しかった。
なるべく不可抗力的な状況で(カナダやニュージーランドの反対で仕方なく、みたいな)
しかし、決まったからには仕方ないです。
これからは『TPPでどのくらい日本が変わるか』という書き方をしていこうと思います。


その前に当ブログの立ち位置を表明しておきたいと思います。
最近、安倍さん「売国」という言葉が使われています。
はぁ?マジで言っているの?と思います。
安倍さんの保守政治家としての道のりを知っていれば、そんな事思えないはずなんですけどね。
安倍さんが新自由主義者とい話もあります。
自分からしたら、安倍さんは新自由主義者ではなく、実践主義者です。
自民党の歴史を見直してみよう←クリック
清和政策研究会を見ると、面白いことが分かります。
小泉純一郎元首相が在籍した派閥ですが、小泉政政権時では「小さな政府」を目指して財政緊縮、規制緩和を勧めていました。
しかし、現在は町村派となっており、安倍総裁も在籍しています。
安倍総裁は、財政出動、金融緩和と小泉政権とほぼ逆の政策です。
時代に合わせて政策を正しく実施しようとしている事が分かります。

必要とあれば財政支出もするし、規制緩和も行う。
ホワイトカラーエグゼンプション←クリックのように、もろ新自由主義のような政策を打ち出す事もあれば、アベノミクスのように、新自由主義者(新古典派)に真っ向から対立するような政策を実施中です。
安倍さんは、必要なときに、必要な政策を選択して実施する事が出来る実践主義者と思っています。
TPP参加のみで『売国』と判断して『売国奴』とレッテル張りする人々は大体決まっています。
媚中、親中、親韓、左翼主義の政治家やその支援者ですね。
TPPは新しい、世界の中心的な経済機構になりえます。
参加しない中国や、参加を見送った韓国からしたら、TPPは目障りなんでしょう。
TPPは、最終的には、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に参加する21か国・地域による「アジア太平洋自由貿易地域(FTAAP)」を創設することが目標です。
その時のために、TPPには早めに参加して、イニシアチブを発揮しておく必要があります。
GATT(貿易、関税における一般協定)やWTOの事を考えると分かりやすいかもしれません。
日本とGATT/WTO体制←クリック
日本は戦後にGATTになかなか入れず4年間ほど苦労しました。
中国はWTOに入りたくても15年間、待ったが掛かったのです。
後発国は、それだけマイナスだし苦労するということですね。
実際、TPPの参加が遅れたことで結構マイナス面がありましたことは事実です。

また、TPPは経済機構というより、安全保障条約の強化という目的もあります。
「自由貿易」「安全保障」からもメリット大。あまりに粗雑で誤解だらけのTPP反対論を論破する←クリック
高橋洋一氏の記事なので「そのつもりで」読んでください。でも頷ける部分もあります。
自分からしたら「TPPと安全保障絡めるのはアメリカの戦略でそれにのってどうする?」と思うのだけど。
安倍さんは実際の日米首脳会談で「必要だ」と判断したのでしょう。
TPPは本当にこれからの日本に必要な経済協定と内閣総理大臣が判断したということです。
だからといって黙っていることはありません。
自分もISD条項は不安だし、医療の崩壊、食の安全は絶対に譲れない部分です。
政府の公共事業がアメリカの企業に奪われるかもしれない。
知的財産権の重視で裁判頻発するかもしれないし。
地方の市役所も英語が必要になったり、人のサービス拡大で外国人が増えるかもしれない。
不安を数えればキリがありません。
しかし、プラスポイントを考えても良いと思います。
農業は競争力を取り戻しブランド米や高級果実などの輸出が増えて農家の後継者も育つ。
農協や医師会などの既得権益が衰え、競争力を取り戻す。
日本の自動車メーカーは国内回帰をはじめ、日本に工場が戻る。
日本の医療技術をサービスまで含めてパッケージで海外に売り込む。
先端建築技術と丁寧なサービスで日本製のビルや橋が海外の公共事業で立てられる。
ありえる未来像だと思います。
メリットもデメリットもきちんと検証してTPPについて提案していきたいと思います。
また、最近アメリカや他国の報道は丸呑みして、日本の報道は疑うという人が増えています。
もちろん、日本のマスコミを疑うのが習い性になっているのは十分わかるんですが。
日本も海外もどちらのマスコミも疑ってしかるべきと思うんですよね。

ブログや、本などで得た知識は意見として政府、自民党、地元の政治家に伝えるべきでしょう。
政治家は国民の意見が聞きたいと思っているはずです。
国民のたくさんの意見が、アメリカなどの外国と戦う政治家のモチベーションになると思うのです。
政治家なんてブラック職業「何かの使命感」を感じていなければできないと思います。
その使命感をさらに燃やす燃料こそが、一般国民の声と思うのです。
特にこれからの選挙シーズンなどは最も「声」が届く時期です。
奇しくも参議院選挙とTPPの本格交渉は7月と時期がリンクしています。
政治家に対する、電話やメールの威力が最も発揮する時期と思うんですよね。

今からさらに勉強して7月までには出来るだけ多くの記事を書きたいと思っています。

当ブログは、現在の段階では安倍政権を支持します。
やはりTPP参加を決断したあとでも安倍さんを信じています。
安倍晋三試論「約束の日」←クリック
そして副総理大臣に麻生さんがいることがすごく頼もしく思っています。
麻生氏、米の円安批判に反論「モノを知らない」
【ワシントン=中沢謙介】麻生副総理・財務相は19日の記者会見で、米自動車業界などから出ている円安批判について、「円が不当に安いというのは、どの数字を見て言っているのか分からない」 と述べ、真っ向から反論した。
 麻生財務相は、「この1年少々を見れば、日本の貿易収支は真っ赤の赤字。間違っているのか、モノを知らないのかのどっちかだ」と批判。その上で、2008年9月のリーマン・ショックをきっかけに、1ドル=108円台だった円相場が75円台まで円高が進んだと指摘。「リーマン・ブラザーズの米国の失敗から、我々はえらく迷惑した」と語った

imagasou2.jpg
なにこの麻生さんの頼もしさ。


安倍さん
BE-SINNZOU。
この人が日本の国益を損ねるとはどうしても思えない。
fnc13042010280002-n1.jpg
SOU-TAROU。
この人が日本の副総理でいることがどんなに心強いだろう。

安倍晋三と麻生太郎。
この自民党歴代の中でも、トップクラスの実力をもつ元総理が揃っている内閣だ。
俺はこの、二人のエースを信頼しています。

よろしければクリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

御手数ですが、こちらもお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

民主の時だってTPP反対してたし安倍になったって反対だよ。
なんで安倍だったら大丈夫なんて話になってしまうのか
そっちのほうが理解不能です。
いくら財政政策で小泉と反対だからって(金融緩和はしてた)んなのTPPで吹っ飛んじゃうでしょ。
小泉の時だって靖国参拝における中韓に対しての強行な
態度から 保守なんて小泉を熱狂的に支持したんだから。
それでやることはグローバリズムって話なんだから
同じことの繰り返しじゃない。
誰がやろうとTPPは売国。
また騙されたってことなのかな。
まあ自分も騙されたうちの一人です。
小泉の時と同じで 結局小林よしのりが正しかったって
話になっちゃう、残念だけど。

おはようございます

麻生氏、本当に頼もしいですね。
こういう方は、育成しようと思ってできるもんではないからなぁ。
特に、何でもかんでも自分のレベルまで引きずり下ろしてしまおうとする今の日本ではね・・・

強く同意します!

他ブログも色々荒れておりますが…

TPP に関しても 安倍総理に関しても
主様と同じ思いです

今後の自由貿易のかたちがどのようになって行くかは分かりませんが
世界規模の自由貿易のルール作りの柱となるTPP に参加しない事の方が
如何なものかと思います
鎖国できるわけではないのだし…
確かに 官僚の交渉力が大事になりますが…

私も「約束の日」を読んで 安倍総理の国を思う気持ち、誰も手をつけられなかったタブーへの挑戦
本当に命がけだと思います
このような方が国のトップであるというのは大変貴重だと思います

どんなに周りから「安倍信者」だの
盲信し過ぎだの言われようが 全く気になりません
政策に不満があれば 一国民として意見は届けますが
安倍総理を応援する気持ちは 全くブレていません

主様と同じ気持ちの人も沢山いるので
これからも情報発信 頑張って下さい!応援しています!

Re: No title

コメントありがとうございます。
実践主義者、この考えを大きく宣伝していきたいと思っています。
まぁ、元ネタは三橋貴明さんの本ですが。

メールでの訴え、ぜひお願いします。
応援ありがとうございます、嬉しいコメントでした。

Re: No title

コメントありがとうございます。
自分はTPPには反対だけど必要な規制緩和はやるべきだ、と思っています。
だから、今の内閣と親和性があるのだと感じています。
TPPは売国、そう考える保守の人がいるのも理解できます。
事実、自分もTPPは反対、安倍政権は支持ですからね。
自分の考えを全て満たしてもらえる内閣など存在しないでしょう?

Re: おはようございます

イーグルさん、こめんとありがとう。
麻生さん、頼もしい。本当に総理だった頃に目覚めていなかった自分が悔やまれる。

Re: 強く同意します!

mayumiさん、コメントありがとう。

そうなんです、未来を見据えて今から準備しなければ国益を損じると思うのです。
安倍さんが国のTOPであるうちに、なんとか道筋を立ててもらいたい。
ほかの政治家がTPP参加を表明したらここまで安心して支持できませんでした。

とても勇気付けられるコメントでした、ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。