スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国問題。国内の反応。安倍さんからも一撃!!!

まずは、本日最新のニュースから。
靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」←クリック!!! 
安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、安倍内閣の閣僚らの靖国神社参拝に中国や韓国が反発していることに関し「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。その自由は確保している。当然だろう」と述べた。
 首相は韓国が反発していることに「靖国の抗議を始めたのは盧武鉉(政権)時代が顕著になったが、それ以前はほとんどない。なぜ急に態度が変わったかも調べる必要がある」と強調。
 中国に対しても「A級戦犯が合祀(ごうし)されたとき、時の首相の参拝に抗議せず、ある日突然抗議をしはじめた」と不快感を示した。
 また「歴史や伝統の上に立った私たちの誇りを守ることも私の仕事だ。それを削れば(中国や韓国との)関係がうまくいくとの考えは間違っている」とも語った。
 靖国神社を参拝した麻生太郎副総理は「世界中で、祖国のために尊い命を投げ出した人たちに対し、政府が最高の栄誉をもって敬することを禁じている国はない」と指摘。古屋圭司国家公安委員長は「国のために命をささげた英霊に哀悼の誠をささげるのは当然だ」と述べた。

photo_convert_20130424153004.jpg
国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。

stt0809030127001-p1_p.jpg
世界中で、祖国のために尊い命を投げ出した人たちに対し、政府が最高の栄誉をもって敬することを禁じている国はない

mca1212270834014-p2.jpg
国のために命をささげた英霊に哀悼の誠をささげるのは当然だ
素晴らしい内閣だ。
この正論を正々堂々と述べることが出来る状況。
明らかに、日本の政治家は変わってきており、日本は変わってきている。
この安倍内閣を支持する。
そう思った人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

マスコミや、ほかの政党の反応は?
靖国参拝の反応、今日は国内編です。
まずは朝日。相変わらず左を向きっぱなしです。角度的には左90度ですなぁ。
靖国問題―政治家は大局観を持て←クリック?
朝日:日本はいったい、何を考えているのか。この国の為政者全体の国際感覚が、そう疑われても仕方がない。
俺:朝日はいったい何を考えているのか。朝日新聞の国際感覚が売国だと決められても仕方ない。
朝日:隣国の神経を逆なでする行動が流行のように政治家に広がることを憂慮せざるを得ない。
俺:隣国に土下座外交を強いられるような報道を繰り返す新聞が未だに売れているのを憂慮せざるおえない。
朝日:外交とは、国同士の相互関係で紡ぐものであり、一方が問題ないと片づけることはできない機微にふれる問題なのである。
俺:外交とは、国同士の相互関係で紡ぐものであり、一方が問題だと騒ぎ立てる事に気配りするだけでは大問題なのである。
朝日:来月に外遊を始める朴槿恵(パククネ)大統領はまず米国を訪れ、その次は日本ではなく中国を考えている。歴代政権で異例のことだ。
俺:来月に外遊を始める朴槿恵(パククネ)大統領はまず米国を訪れ、その次は日本ではなく中国を考えている。非常にいい流れだ。
朝日:国内の一部の感情を優先して近隣外交を揺らすような日本の姿は、米国にとっても信頼に足る同盟国とは言えない。
俺:国内の多くの感情を優先して近隣外交に毅然とした態度をとる日本の姿は、米国しか見ていない団体にとっては悩みの種だろう。
朝日: 何よりも肝要なのは、中国、韓国との信頼関係づくりに歩を進めることだ。国を思うなら真の大局観を失ってはならない。
俺: 何よりも肝要なのは、中国、韓国との新しい信頼関係づくりに歩を進めることだ。国を思うなら真の大局観を失ってはならない。
中国、韓国との新しい信頼関係とは「相互主義」だ。
自国の、日本の国益を優先する外交をするだけである。
相手の国益ばかり気にする朝日は一体どこの国の新聞なのか?
お互いに利益になることは協力する(経済の協力や北朝鮮制裁)
お互いの利益がぶつかる時はぶつかるのが当たり前なのだ。
摩擦や衝突を恐れて、譲るだけの交渉を繰り返す国に未来はない。
日本の政治家が日本人の感情や利益を優先させるのは当然である。
それを問題とする朝日の国際感覚はクソだと決め付けるね、俺は。
糞くらえだな。
ん、下品か?
上品に言えば、「ウンコ召し上がれ」だな(by中島らも)
それって、どこの国の文化だよ(笑)

次は読売。これは硬軟織りまぜてやや左あたりか?
左四五度くらいかなぁ。
閣僚の靖国参拝 外交問題化は避けるべきだ(4月24日付・読売社説)←クリック
戦没者をどう追悼するかは他国に指図される問題ではない。立場の相違を外交全体に極力影響させない努力が双方に求められる。
 一方、菅官房長官は「靖国参拝は心の問題だ」と語り、麻生氏ら閣僚の参拝をことさら問題視しない考えを示している。
 しかし、麻生氏らの靖国参拝が日韓関係に悪影響を与えたことは否定できない。政治も外交も重要なのは結果であり、「心の問題」では済まされない。麻生氏は副総理の要職にある以上、より慎重であるべきではなかったか。
 首相は、かつて第1次安倍内閣時代に靖国参拝できなかったことを「痛恨の極み」と述べたが、歴史問題が外交に悪影響を与えないよう細心の注意を払って政権運営してもらいたい。
 尖閣諸島の問題で日中関係が険悪になる中、まず日韓関係を改善することは、安倍外交にとって最優先の課題であるはずだ。

俺:ここら辺までの記事は、まぁ良いとしよう。ある程度の配慮が必要と書いているけど、それは大新聞である不特定多数の人に声を届かせるためにも仕方ないかなぁと思う。しかし、最後の方が大問題だ。
靖国神社参拝をめぐる問題の根底には極東国際軍事裁判(東京裁判)で処刑された東条英機元首相ら「A級戦犯」が合祀ごうしされていることがある。韓国や中国だけでなく、日本国内にも戦争を招いた指導者への厳しい批判がある。
 誰もが、わだかまりなく戦没者を追悼できる国立施設の建立に向け、政府は議論を再開することも考えるべきだろう。

「A級戦犯」が合祀されていることを問題視して、分祀についても言及している。
特亜のプロパガンダに乗ってどうする、読売よ?
万が一、合祀したとしても特亜が「これで靖国問題は片付いた」とでも言うと思う?
特亜は「分祀した、やはり戦争は悪だったと日本人は知っていたのだ。謝罪と賠償のおかわりっ」とか言い始めるぜ。
結局新しいいちゃもんをつけるだけである。
そりゃそうだ「被害者商法」なんだから許したら金づるが無くなってしまう。
1000年先も被害者づらするつもりなんだから譲っても全く意味はない。

最後は産経。
「相手の言いなり」だけが外交ではない
薩摩、大隅などを治めた島津家は関ケ原で敗れたにもかかわらず、幕府による取りつぶしを免れた。領地はほぼ無傷で安堵(あんど)された。それは島津義弘軍による凄(すさ)まじい退却戦の効果である。敗北後わずか千人の手勢で敵将、徳川家康の本陣に襲いかかった。
 ▼たじろぐスキに退却を始め、最後は80人になる死にものぐるいの戦いで、義弘は自国に生還した。それを目の当たりにした徳川方は、これ以上追い詰めた場合の島津の抵抗を恐れた。だから戦後処理でも島津家にだけは手を入れられなかったのである。
 ▼同じようなことは先の大戦でも起きた。日本は敗色濃厚となっても、特攻を繰り返すなど決死の戦いを続けた。それは米国など戦勝国を畏怖させた。このため戦後、さまざまに日本人の「骨抜き」を図りながらも、象徴天皇を残し苛烈な占領政策はとらなかったのだ。
 ▼そう考えると今、繁栄を享受している日本のリーダーが靖国神社を参拝、英霊たちに感謝するのは当然のことだ。いやそれだけではない。参拝によって日本人の勇敢な戦いぶりを思い起こさせる。そのことは、日本を敵視する国に対する十分な抑止力となると言っていい。
 ▼麻生太郎副総理ら3閣僚をはじめ、160人を超える国会議員が春の例大祭に合わせ靖国を参拝した。韓国は早速とばかり外相の訪日を中止した。抗議行動も起きているそうだ。この過剰な反応こそ、韓国が日本の「底力」を恐れていることの証拠と思えばいい。
 ▼例によってマスコミの多くは、日中、日韓外交が悪化すると憂える。参拝を「無神経」などと批判している。だが相手の言いなりに「よい子」でいることだけが外交ではない。中国、韓国をはじめ世界のすべての国が知っていることである。

おう、全くその通りだ、産経。
これでようやく真ん中0度。中道じゃないだろうか?
この記事読んで、はっとなったのが「参拝によって日本人の勇敢な戦いぶりを思い起こさせる。そのことは、日本を敵視する国に対する十分な抑止力となると言っていい。」という部分だ。
確かに、潜在的敵国しか靖国参拝の文句は言ってこないからね。
日本が平和を愛する臆病者国家でいてほしいのだろう。
靖国参拝を非難する国は、日本が平和を愛する勇猛果敢な国家に戻ってしまったら、困る国なんだろうね。

そして各政党は。
靖国参拝を批判=民主代表ら
民主党の海江田万里代表は22日午後の記者会見で、麻生太郎副総理らの靖国神社参拝と安倍晋三首相による真榊(まさかき)奉納について、「既に日韓外相会談(の先送り)など外交への影響が出ている。政権中枢にいる方々は大局的立場で行動していただきたい」と批判した。
 生活の党の広野允士副代表も記者会見で「閣僚は政府を代表しており、外交も考えて慎重に判断してほしい」と指摘。共産党の志位和夫委員長は会見で「侵略戦争を肯定する立場に身を置くもので許されない。アジア諸国との関係を決定的に悪くする」と断じた。(2013/04/22-18:49)

判りやすい。
どうせ、次の選挙で浮上する可能性など全くない政党である。
文句をつけるしか存在意義はない、税金の無駄使いな議員たち。
次の参議院選挙が楽しみで仕方ない。

昔は靖国参拝するだけで、議員の人々は覚悟が必要だっただろう。
今も、靖国参拝するのに、本来は不要な配慮や遠慮が必要である。
しかし、国民が「靖国参拝を支持しますよ」という議員を選挙で当選させることで、やがては「靖国参拝」はありふれた議員活動になるだろう。
他国、国内のマスコミや団体の牽制批難に惑わされず、個人が個人の意思で自由に参拝できる環境。
その時が来てこそ「英霊よ、安らかにお眠りください」と胸を張って言えるような気がする。

同意いただけましたら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

靖国問題。国内の反応。安倍さんからも一撃!!!について

はじめまして。いつも拝見させていただいております。
安倍総理の立場を十分理解した上での発言です。

彼はいつも勇ましい言葉で、国民を先導しているが、結局特亜のいいなりなのでは無いでしょうか。

今回、彼は真榊を奉納したようですが、特亜の反発をおそれ、参拝を事実上断念したようにうつるのは、私だけでしょうか。

自由民主党は支持しています。しかし私は、安倍晋三という似非保守主義者だけは、絶対に信用しません。

No title

おひさしぶりです

 安倍政権は この地震大国で、それでも原発を推進し、MOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物)が日本にやってくるのは、OKなのでしょうか?

 「戦犯」を合祀してしまった靖国にお参りするということは、結局、戦犯はなかったことに・・ポツダム宣言受諾は無効になるのでしょうか

 中国、韓国の反応は予知できていただろうし・・
というか、あなたが韓国人ならやっぱり怒るでしょう?

自国の利益最優先では、信頼されないでしょう

 

Re: 靖国問題。国内の反応。安倍さんからも一撃!!!について

keiさん、コメントありがとうございます。
> 今回、彼は真榊を奉納したようですが、特亜の反発をおそれ、参拝を事実上断念したようにうつるのは、私だけでしょうか。
自分は、安倍総理は任期中に必ず靖国参拝すると思っています。

> 自由民主党は支持しています。しかし私は、安倍晋三という似非保守主義者だけは、絶対に信用しません。
ああ、逆ですね。
自民党はイマイチ信用していませんが、安倍さんは信頼しています。
考えて検討した結果、逆の結論になっていますね。
それはそれで良いと思う。
攘夷も開国も明治という扉を開ける重要な役割をしたように、それぞれ国を思う人々が意見を交わすのは重要なことです。

Re: No title

ぼんのんのさん、こめんとありがとう。
お久しぶりです。

MOX燃料、必要なんだと思います。
日本の対外赤字の理由がエネルギー輸入の増大。
今は必要ですが、将来的には原発の可動は減っていく予定です。
それを疑って活動する人を批難するわけではありません。

戦犯は日本的には存在しないことになっています。
ボツダム宣言は有効でし「戦犯は無かった」という事はありません。
戦犯の名誉を回復するという国会決議はありますが。

中国、韓国の反応は予想できたけど「やるべきことをやる」必要があります。
中国、韓国により日本の歴史を歪められてまま子供に教えていくことを、自分は許せないのです。
自分が韓国人なら「不快に思うけど、自国の歴史観も恥ずかしく思う」でしょう。

自国の利益最優先しなければ、どうするのですか?
他国が日本の利益を優先させる訳はないでしょう。
互の利益を調節するために外交努力をすべきなのです。
そのための摩擦や批難を恐るべきではない。
外交努力をしたその先に、本当の理解があるとは思えませんか?

No title

こんばんは。
横入りですみません。

「戦犯」は既に名誉回復されていますよね。
それは日本だけで有効でしかない、とするとしてA級戦犯を丸ごと受け止めるとしても、処刑された人たちは死を以って既に償っています。死刑とはそういうものです。
刑が執行されたり刑期を終えたり、恩赦で釈放された人を、その後も永遠に「罪人」として扱うのでしょうか。一般の犯罪人でも刑期を終えたら「普通の人」です。
償った後も罪人とされるなら、A級とされながら釈放された岸信介や重光葵はどうなるんですか、首相や大臣になったのです。

処刑されたA級戦犯が今も尚「罪人」であるなら、未来永劫そうなってしまう。
裁判した側に取っても「死で償った」意味が消えうせてしまう。
だから当の裁判を行なった連合軍側は靖国参拝について何も言って無いのです。

中国韓国は単に因縁付ける道具にしているだけです。

長文を失礼しました。

No title

結局、日本自体の『大東亜戦争』の総括、評価がされていないのではないかと思います。

No title

「戦犯」というのは、戦争を起こしてしまった責任者です。
戦犯がいないという事は、戦争の責任はどこに?
では、第2次世界大戦という戦争をどう捉えているのでしょうか

「自国の利益最優先」という言葉をずっと考えています
それは「日本の企業が儲かる」とうことでしょうか。
企業はすでに[多国籍」なのでは?

また、私にとって最優先なのは
健全に命を育む大地、国土を守る事、未来の子供たちを守ることです。命は「太陽、空気、水、緑、大地」と「希望」が、育むと思います。

No title

紺屋の鼠様!
とても良いお話ですが死んだら罪が無くなるとは思いません。

殺人者が死刑になれば本人は死にますが
殺人者は殺人者で罪が「無し」になったわけではありません
死して償ったというだけです。
そして殺人者の親類縁者も末代までも負い目を背負います。
死んだからもう何の関係もない!って日本人は思いませんよ。

戦犯も同じではないですか?
日本人だけで310万人にもの命を無くした先の大戦
何度死んでも、何年たっても償いきれない程の尊い命の数です

Re: No title

紺屋の鼠さん、コメントありがとうございました。

丁寧な解説、ありがとうございます。
戦争をしていない、中国共産党や朝鮮人が文句を言ってくるのも変な話ですね。
アメリカやイギリスは多くの要人が参拝しているというのに。

Re: No title

ADさま、コメントありがとうございました。

> 結局、日本自体の『大東亜戦争』の総括、評価がされていないのではないかと思います。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/
正しい歴史認識様のブログで、戦争の総括についての描かれている記事です。
よろしければ、ご参考になってください。

Re: No title

ぼんのんのさん、こめんとありがとう。

記憶より記録です。
人の記憶はあやふやで消去や継ぎ足しされるものですから。
いろいろな一次証拠を元に、歴史の真実を伝えようとする動きが活発化しています。
水間政憲著「ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実」を読んでみてください。

Re: No title

第二次世界大戦、もちろん日本政府にも日本国民にも責任があります。
日本政府は戦争という決断をした事。
日本国民は、そういう政府を支持したこと。
しかし、その時の世界情勢を考えずに「日本の侵略主義」と決定するのはどうかと思います。
日本を戦争に追い込もうとした勢力は確実にありました。
なんとか戦争を回避しようと努力した日本人も多数いました。
また「日本人は残虐だ」と捏造をくり返し政治的な圧力にしている団体が許せないのです。
悪いことをした人はいました。
その人たちは責めるべきだと思います。
しかし無かったことを有ったと捏造するのが許せないのです。

国益とは企業の利益ではありません。
国民の利益です。
そこには日本人の文化、安全、誇りまで含まれています。

ぼんのんのさんの最優先はとても理解できます。
方法論が違っているだけなのですが、その角度はほとんど正反対という。
お互いに切ないですね。

Re: No title

通りすがりさん、コメントありがとう。
ブログ主としてのコメントさせてくださいね。

死んだらもう関係ない、というと話が違ってきます。
「死んだら仏」という日本の文化があります。
どちらを選択するかはその人の価値観によって違うのでしょう。
しかし、通りすがりさんの価値観だと「親類縁者は末代まで罪を償え」となりませんか?
親の罪を子が償うというのはありえないような気がします。

戦犯というのは、戦勝国が当時の国際法にもない価値観で裁かれたものです。
戦争に負けるとはこういう扱いをされるということなのでしょうね。
戦争は二度と行ってはいけないという思いと、戦犯の名誉を回復したい、という思いは相反しないと思っています。

靖国参拝は戦争を賛美するものではありません。
二度と戦争は起こさないと誓い、英霊たちが安らかに眠れるように約束する事だと思うのです。

・・・・と、まだ靖国参拝にいったことのない自分が偉そうなことは言えないのですが・・・・。


No title

煽るのは不本意にて、一部削除しました。

>国益とは企業の利益ではありません。
国民の利益です。
そこには日本人の文化、安全、誇りまで含まれています。

>二度と戦争は起こさないと誓い、英霊たちが安らかに眠れるように約束する事だと思うのです。

同感です。
 10年以上まえ、人生で一度だけ、念願の東京の満開の桜をみました。北海道では見る事のない圧倒的は桜世界でした。その時、靖国にもいきました。英霊たちは眠り、そして、じっと日本を見ているように感じました。

 戦犯だけに戦争責任を背負わせていいものかと思うところはあります。それでも責任ある立場の人の判断一つで多くの命が異国の地に果てました。今の福島とまったく同じなのかもしれません。

 記憶も頼りないが 「記録」も また意図的であったり・・さあ、何を信じましょう・・

 軍需特需・・キーワードだとおもいます

自分の気持ちを主張して通すことが「勝ち」でなく、「折り合いをつける」事が力量だとおもいます。

 誠実に付き合っていただきありがとうございます。
 戦争前夜もこのブログのように、「お国のために」と.信じて、燃えて、海を越え戦地にむかった人も多かったのでしょう、その空極の悲惨さを伝える人も去って、憲法9条も崩れ去って・・悲しいです。

 ちなみに 桜柄の着物は避けていました、桜は好きなのに またかなしい花になりそうですね

では、この辺で

Re: No title

>  戦争前夜もこのブログのように、「お国のために」と.信じて、燃えて、海を越え戦地にむかった人も多かったのでしょう、その空極の悲惨さを伝える人も去って、憲法9条も崩れ去って・・悲しいです。
戦争の悲惨さを理解していない人は少ないと思います。
戦争よりも、侵略されることのほうが悲惨だと思っています。
『9条があれば日本は平和』これが世界の真実ならばどんなに幸せな世界だろうと思うのですが。
現実は決してそうではない、悲しいことに。

ぼんのんのさん、お体お大事に。

「ウンコ召し上がれ」とかてめぇが食えよ糞バカチョンマスゴミ(笑)食糞国技のスカトロミンジョク○ねカス(笑)
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。