スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『週間TPP調査報告書』VOL-1

内閣支持72%、高水準を維持…読売世論調査
読売新聞社は10~12日に全国世論調査(電話方式)を実施した。
 安倍内閣の支持率は72%(前回4月12~14日は74%)で、内閣発足から4回続いていた上昇は止まったが、高水準を維持した。不支持率は20%(前回17%)だった。
 安倍内閣が日本銀行との連携を強化し、成長重視の経済政策を進めていることを「評価する」は65%(前回67%)を占めた。安倍内閣が景気回復を実現できるとの回答は55%(同57%)に上った。ただ、景気回復を「実感している」という人は21%にとどまり、「実感していない」が76%に達した。
 環太平洋経済連携協定(TPP)への参加については、「賛成」が55%(前回60%)で、「反対」は28%(同28%)となった。
 憲法96条で定められている憲法改正の発議要件を、衆参各院の3分の2以上の賛成から、過半数に引き下げることに「賛成」は35%、「反対」は51%だった。
 衆院選での「1票の格差」を是正するため、小選挙区定数の「0増5減」を実現する区割り法案が今国会で成立する見通しとなったことを評価する人は68%に達した。「0増5減」の実現後、選挙制度の抜本的な見直しを「急ぐべきだ」という回答は66%に上った。

20130512-221667-1-N.jpg
安倍内閣の支持率72%と依然として高い。
やるべきことをやっているのだから支持率が高いのも当然ですね。
これで民主党時代の方が良かったとか言う人いたら見てみたい。
そういうのは、在日くらいしかいないんじゃないのかな?
TPPの参加が55%が賛成というのも困りものです。
調べれば調べるほど参加のメリットがわからなくなるTPP。
不満の少ない安倍政権の唯一の瑕疵と行ってもいいくらいです。
どうしてTPPに参加するのか自分でも納得のいく説明ができない。
ちなみに、TPP参加が決まった時の記事がこれです。
安倍さん、麻生さん、二人のAがいる贅沢内閣を支持だ。←クリック。
今も、安倍さんを応援する気持ちは変わらないし、TPP参加に疑問を持っている気持ちも変わらない。
これからもそういうスタンスで記事を書いていきます。

なぜTPP参加するのか?という疑問に対して安倍さんは安全保障の観点から、と言っていました。
TPPに関する主要閣僚会議←クリック。
安倍総理は冒頭のあいさつで次のように述べました。
 「今般、我が国のTPP交渉参加に関し、日米が合意いたしました。
 今回の日米合意は、我が国の国益をしっかり守る合意であったと思います。
 TPP交渉参加は国家百年の計です。
 TPPは、日本経済やアジア太平洋地域の成長の取り込みといった経済的メリットに加え、同盟国の米国をはじめ、自由、民主主義、法の支配といった普遍的価値を共有する国々とのルール作りは、安全保障上の大きな意義があると思います。
 我が国の国益を実現するための本当の勝負はこれからです。
 最強の体制の下、一日も早くTPP交渉に参加し、TPP交渉を主導していきたいと思います。」

TPPに参加しなければ、アメリカの日本に対する防衛戦略が変わるのだろうか?そうとも思えませんよね。
TPPを進めているのはUSTRで、安全保障の主な管轄は国防省です。
あの国防省が自分の管轄の安全保障に関して、USTR辺りの横槍を受け入れるかな?
そもそも、中国遺体する脅威は十分感じていて、日本がアメリカを必要なように、アメリカも日本を必要としているはずだけど。
キーワードは「TPPは国家100年の計」と「安全保障」という安倍さんの言葉に注目すると。
世界は将来的に自由経済を経て、再び「ブロック経済」へと到達する。と考えているのかもしれません。
そのブロック経済のパートナーとしてアメリカを選ばざるを得ない。
アメリカを選ぶなら、いずれはTPP参加は必要不可欠なので参加は早いほうが良い。
安倍さんはそう考えているのかもしれません。
ちなみにブロック経済とは?←知らない人はクリック。

TPPとは別に、RCEPの協議も始まりました。
RCEP:東アジア地域包括的経済連携(Regional Comprehensive Economic Partnership)の略。ASEAN10か国+6か国(日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インド、以下「FTAパートナー諸国」)が交渉に参加する広域経済連携。
TPPに参加しない中国からしたら、RCEPの重要性は高いでしょう。
日本、オーストラリア、ニュージーランドはTPPに参加して、さらにRCEPにも参加予定です。
中国からしたら、TPP参加国できない分、TPP参加国との結びつきを強くしてアメリカ経済とのやり取りを増やしたいと思うでしょう(何しろ、中国からしたらアメリカは世界最大のお客さんです)
そうなると、いつも上から目線で者をいう中国も、少しは相手を阿る(おもねる)交渉を学ぶのではないか?
中国に協調性を学ばせる良い機会になればいい。

TPPに参加する理由は自分にはわからない。
しかし安倍さんはTPPの参加は国益だという。
TPPに関しての詳細情報をもっと集める必要があります。
今後、ネットや図書館を利用して、出来るだけTPPに関する情報を紹介していきます。
すでにいくつか本を読んでいるので、紹介していきます。
今回のタイトルに「週間」と付けてあるのは、毎週TPP記事をあげますよって約束ですね。
(こういう縛りがないと、なかなかup出来ない)
今週はネットからこの記事です。
日本がTPPを止める。米国議員に日本の主張を伝えよう←クリック!!!
現在米国議会は、日本をTPP交渉に参加させるかどうかを議論するとともに、政府に通商条約を結ぶための権限を与えるかどうかを検討中です。2007年に失効している大統領貿易促進権限(Trade Promotion Authority)、略してTPAを米国議会が政府に認めるかどうか、注目が集まっています。TPAを取れない場合、アメリカはTPP協定締結を諦めなければならないからです。
~中略~
ですから、日本の主張をしっかり伝え、米国議員に日本がTPP協定交渉に参加する意味を考えてもらい、ひいては現在USTRが行っている背信行為を認識し、TPP協定が、一部多国籍企業を除いては米国国民自身にとってもメリットの少ないものだということを理解してもらうきっかけになることを期待します。
TPPに反対する日本の国会議員の皆さまを後ろから応援することにもつながることでしょう。

三橋さんが紹介しているのに、今更自分が紹介するのもなんですが。
TPPを止めたいと思っている人にとっては必読の記事です。
知らない人もいるかもしれないので、ぜひ読んで、メールを出してください。

安倍さんのTPP参加表明によって、保守のブロガーも二分された感じです。
TPP参加賛成、反対。
正確には安倍さんを信じる、信じない、でしょうか?
今はどちらが日本にとって正解なのかわからない。
きっと、150年前、幕末に攘夷だ開国だと騒いでいた志士たちも同じだったんだろうな。
どちらが正解か、不安に思いながら国の為、故郷の為、家族や友人の為と思い活動していた人もいるだろう。
逆に、自分の確固たる信念をもって活動していた人もいただろう。
共通するのは「国のため」という想いだ。
その思いは、今の自分たちと同じはずだ。
違いがあるとすれば、幕末の志士たちは命をかけて活動していたけれど。
自分が無くすのはせいぜい時間と労力を費やすだけだ。
なんて恵まれた話。
TPPは国家100年の計。そんな大きなお祭りに参加しない手はない。
皆さん、どしどし参加していきましょう。

あ、TPPは重要度が高い割に、人気が得られない、しかし勉強がたいへんという、ブロガーにとっては頭の痛い記事内容です。
しかし、それでも日本のためにTPPについて声を上げていくことが必要と思っています。
頑張っていけよ~、と応援してしてもらえるなら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

TPPに関しては、基本、日本語のwikepedeaを見れば、細かく書いてあります。そんなに苦労して情報収集する必要はありませんよ。
むしろenglishのwikipedaのほうが、TPPに関しては情報が少ないという異例の状態。

なぜなら、交渉に参加してはじめて、交渉内容が政府に明らかにされる。

TPPが始動しても、4年間は国民に情報を知らせない という情報秘密の契約があるからです。

よって今は、断片的に出てくる情報しかわからないことになります。



衆院選では安倍自民に期待して投票した私ですが、
TPPで完全に、信じない派になりました。

客観的情報は信しますから、
反論があれば、聞く立場でいます。

ニュートラルに心を置きたいのです。

三橋貴明さんのコメント欄では過激な事を言ってたたかれてますが。
仕方が無い。

No title

皆さん、安倍首相を信じましょう。

2006年12月
原発の電源喪失に伴う原子炉冷却に関する質問で、
「必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない。」として、
「原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」
と答弁し、そのまま放置した
安倍首相を信じましょう。

2013年2月
少なくない国民が望んだであろう、政府主催の『竹島の日記念式典』を
政府主催とせず島尻安伊子内閣府政務官の出席に留めた
安倍首相を信じましょう。

2013年3月
選挙公約で「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します」として、
聖域交渉はこれから行うと言い、TPP交渉参加した
安倍首相を信じましょう。

2013年4月
麻生副総理や他の国会議員は参拝したが、
靖国神社で最も重要な祭事である春秋例大祭に参拝しない
安倍首相を信じましょう。

2013年5月
過去公明党も推進した『人権擁護法案』や『人権委員会設置法案』と同じく
「三条委員会」の設置を認めるマイナンバー法案を衆議院で通過させた
安倍首相を信じましょう。

菅義偉官房長官により、『村山談話』を
「(談話)全体を歴代内閣と同じように引き継ぐと申し上げる」
と修正された
安倍首相を信じましょう。

皆さん、安倍首相を信じましょう。

No title

興味があるなら浅川芳裕さんの本を読むことをおすすめします。
TPPは農業問題ではないと言いますがやはり農水省の闇は深いです。
自分は安倍さんは松岡大臣の無念を晴らしたいのかと思っています。

Re: No title

まささん、コメントありがとう。

もちろんウィキは読んでいますが、それ以外の情報という意味です。
TPPに関してはネットよりも、本のほうが情報が豊富な気がしています。

安倍さん信じない派になった人も多いでしょうね。
自分も、今後はどうなるかわかりません。
総合的に判断していきたいと思っています。
ニュートラルに心を置きたい、まさに同感します。

Re: No title

自民党ネットサポーターズクラブ さん、コメントありがとうございます。

「政治家が自分の価値観と同様に動かないと支持しない」
そう言う人は、自分が政治家になるしか満足できなような気がします。
ま、そんな人が政治家になれるわけはないのですが。

Re: No title

名無しさん、コメントありがとうございます。

> 興味があるなら浅川芳裕さんの本を読むことをおすすめします。
> TPPは農業問題ではないと言いますがやはり農水省の闇は深いです。
> 自分は安倍さんは松岡大臣の無念を晴らしたいのかと思っています。
朝河芳裕さんですね、図書館でチェックしたらありました。
早速読んでみます。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。