スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるがままに報道するべき沖縄の声。

社民・照屋議員「沖縄は独立した方がいい」中国紙に同調、県民からは危惧の声
沖縄の本土復帰から41年を迎える15日、沖縄で「琉球民族独立総合研究学会」が設立される。これに関して、衆院沖縄2区選出の社民党の照屋寛徳(てるや・かんとく)国対委員長が自身のブログで『沖縄、ついにヤマトから独立へ』と題した文書を公表した。沖縄の独立をめぐっては中国共産党の機関紙、人民日報傘下の国際情報紙である環球時報が11日の社説で、沖縄の独立勢力を「育成すべきだ」などと中国政府に提案したが、歩調を合わせるような一連の動きに、県民からも「独立が『沖縄の総意』とは思わないでほしい」と危惧する声があがっている。 照屋氏は、研究学会の設立を伝える4月1日の地元メディアの報道に対して、同日付のブログで「明治いらいの近現代史の中で、時の政権から沖縄は常に差別され、いまなおウチナーンチュ(沖縄出身者)は日本国民として扱われていない」との認識を表明。
 そのうえで「沖縄は日本国から独立した方が良い、と真剣に思っている」と強調し、独立の研究学会設立に対して「大いに期待し、賛同する」との姿勢を打ち出した。
 こうした主張について沖縄在住のジャーナリスト、惠隆之介氏は「照屋氏の見方は一部の左翼勢力の歴史観をもとにしたもの。県民の7、8割は今のまま日本の統治下にあるのがいいと思っている」と反論。
 インターネットの普及によって若い世代を中心に、一部の極端な主張が地元メディアから「沖縄の総意」として扱われることへの反発も広がっているという。
 惠氏はまた、明治以降の沖縄に対して日本が国を挙げて近代化に努め、当時の県民が感謝していた事実をあげ、「歴史の中で日本もアメリカもすべて敵というのは尋常な感覚ではない」と指摘。「照屋氏は議員のバッジを返上して主張すべきだ」と批判した。
一方、学会は5月15日午後、沖縄県庁で記者会見を開いたあと県内の大学施設で発会式を行う予定。独立を前提に他国の事例などを研究、国連機関への訴えなど「実践」も行うという。
 沖縄の帰属をめぐっては8日付の人民日報が「琉球王国は明清両朝の時期には属国だった」とし、先の大戦の敗戦で日本の「琉球の領有権」はなくなったと主張する論文を掲載した。
 「沖縄独立」への賛意をブログで表明したことについて、照屋氏は14日中の産経新聞の取材には応じなかった。

沖縄は独立すべしと意見をあげたのは社民党の照屋国対委員長。
社民党は本当に潰れたほうが国益だ。
売国行為しか行って無いのではないか?
だれが社民党を支持しているのか不思議で仕方ない。
中国共産党が「沖縄は独立するアル(そして中国が併合するアル)」と行ってきたあとに。
照屋「沖縄は独立しよう(そして中国様に献上するのだ)」
こう思われても仕方ないだろう?
あまりにもあからさますぎる。
万が一独立したら、第二のチベットになるのは目に見えているのに。
この老人は自分の生まれ育った故郷を蹂躙させたいのであろうか?
照屋氏の意見に異を唱えたのが恵隆之介氏で「照屋氏の見方は一部の左翼勢力の歴史観をもとにしたもの。県民の7、8割は今のまま日本の統治下にあるのがいいと思っている」と反論。
うん、分かっています。ちゃんとネットで情報を取得している人は。
沖縄県民意識調査。中国に良くない意識を持っている人は9割
歴史的に関係が深い中国について沖縄県が去年初めて行った県民の意識調査で、
中国に「よくない」印象を持っている人が9割にのぼっているほか、
4割を超える人が東アジアで軍事紛争が「起きる」と思うと答えていることがわかりました。
中国に対する印象を聞いたところ
▼「良い」が1点4%、
▼「どちらかといえば良い」が7点7%、
▼「どちらかといえば良くない」が57点9%、
▼「良くない」が31点1%と答えました。

「良くない」などと答えた理由には、
▼「資源やエネルギーの確保で自己中心的に見える」、
▼「国際的なルールと異なる行動をする」、
▼「尖閣諸島をめぐり対立が続いている」などがあげられています。

さらに、中国とアメリカでどちらに親近感を覚えるか聞いたところ、
「中国」が4点2%、
「アメリカ」が53点9%、
「どちらにも感じる」が9点2%
「どちらにも感じない」が25点8%となっています。

一方で、日中関係について
「重要」、または「どちらかといえば重要」と答えた人はあわせて69%にのぼりました。
これについて、沖縄と中国の文化に詳しい琉球大学の上里賢一名誉教授は、
「中国との歴史的な交流の面からだけでは論じられらない今日的な課題が大きく作用していることに驚いている。
戦争への抵抗感が非常に大きい県民にとっていまの事態がこのまま進むと危ない状況に
なりかねないという県民の不安の表れだ」と指摘しています。

沖縄は中国が大嫌い。
これは自分の少し意外だったな。
韓国が主要産業の沖縄では、観光客の多い中国国民に対して好意的な人がある程度いてもおかしくないと思ったけど。
観光客としての中国人のマナーの悪さにうんざりしているのかもしれない。
もしくは、中国の自己中心的な行動、発言に驚異を感じているのかな。
地政学的にも、歴史的にも確かに沖縄と中国は近かった。
だからこそ、中国の脅威を皮膚感覚で感じているのかもしれません。
沖縄の人々はウチナンチュとヤマトンチュと、沖縄県民と本土の人と区別をしています。
照屋氏はこれを「明治いらいの近現代史の中で、時の政権から沖縄は常に差別され、いまなおウチナーンチュ(沖縄出身者)は日本国民として扱われていない」との認識しているようですが、本土人の自分からすると少し違う。
沖縄県民の人々は「沖縄県民であることを誇りに思っている」ように感じる。
「ウチナーウミンチュ」からりと陽気に話す人々に「差別されている」というマイナス思考は感じられない。
「差別されている」と訴える人は、訴える事で利益を得ている人々なのではないだろうか。
例えば照屋氏のように。
沖縄の問題は、問題としてこれからも改善していく必要はあるだろう。
米軍基地の負担の大きさは可能な限り是正すべきと思う。
しかし、沖縄には必要な軍事施設を撤去することが沖縄のためになるとは思えない。
高い失業率の改善も必要だ。
同じ日本国民としてよりよい生活ができるように協力していく。
これが当たり前の、考えと思う。
こういう画像を見ると、同じ日本国民だということがしみじみと伝わってくる。
天皇陛下奉迎提灯大パレード大成功
天皇陛下奉迎提灯大パレードはなんと7000名の方が参加されるというトンデモナイ事態となりました。
5000準備していた提灯があっという間に無くなり、日の丸の小旗を謝って渡すところから始まりました。
行列が長すぎて、国際通りをジャックするような事態となりました。

12812_385040658245744_1956568908_n.jpg
15046_385040771579066_625691702_n.jpg
599889_385040708245739_37574678_n.jpg
基地反対の報道などで目にする沖縄県民とは正反対に、笑顔で国旗を振る人々。
もちろん、全ての人がこのように日本大好きな人とは限らない。
しかし、基地反対の報道しか行わない今のマスコミの姿勢は間違っている。
そのため、左翼傾向の報道を大きく行うが、保守行動は全く扱われない。
沖縄を反戦、平和主義の象徴にしておきたいのだろう。
しかし、それはマスコミの思惑でしかない。
マスコミこそ、沖縄県民を差別しているとも言えるのだ。
きのうの5/15で沖縄は本土復活41年だった。
きょう5・15 地元主導の振興 成果が鍵
本土復帰から41年となる2013年度は、県が初めて自ら策定した振興計画に当たる「沖縄21世紀ビジョン」の2年目となり、地元主導による振興の具体的な成果がより求められる。県民所得は全国平均の7割、失業率は全国ワーストが続くなど復帰当時から続く課題は残されているが、全国一の出生率による人口増は将来的な発展の可能性を秘めた「切り札」だ。だが、離島地域は従来の沖縄政策で取り残され復帰から人口減少が続いており、一括交付金を活用した県、市町村の取り組みや国の支援の在り方が問われている。
失業率の改善、離島振興策は待ったなしで行うべき仕事だろう。
沖縄独立の声を上げることでなく、県民の生の声を届けることこそ、国会議員が本当に行うべき仕事と思うんですけどね。
そして、マスコミを、国会議員を変えることは、県民の声でしか出来ないことだ。
沖縄県民生の声をもっと聞きたいと望んでいる人は多い。
とりあえず、もし夏に衆参ダブル選挙になった場合。
照屋氏が再任できるか楽しみにしています。

クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

沖縄の左活動は沖縄の人がやっているのではなく、本土の活動家が本土からワラワラ押しかけてきて「なんちゃって沖縄人」として騒いでいるだけ、と聞いたことがあります。
それも見る人がみるとすぐわかる筋金入りのゴロツキ左翼が沖縄入りしているらしいですよ。

という噂からしても沖縄の人が左よりばかりではないというのは全く理解できる話です。

No title

「南京裁判」取立訴訟の履歴

次回裁判のお知らせ
と き:5月17日(金)午前11時
ところ:東京地裁103号法廷

※抽選になる可能性があります。

http://tendensha.co.jp/

Re: No title

でぶねこさん、コメントありがとうございます。
キュートなハンネですねぇ。

> 沖縄の左活動は沖縄の人がやっているのではなく、本土の活動家が本土からワラワラ押しかけてきて「なんちゃって沖縄人」として騒いでいるだけ、と聞いたことがあります。
> それも見る人がみるとすぐわかる筋金入りのゴロツキ左翼が沖縄入りしているらしいですよ。
>
> という噂からしても沖縄の人が左よりばかりではないというのは全く理解できる話です。
ああ、そういう話聞いたことあります。
人様の土地に乗り込んで好き勝手に活動するなんて、迷惑な人もいるんですねぇ。

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。