スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習近平の焦りと安部外交の凄みを思う。

習主席、異例の早期訪米決断のウラ…“中国包囲網外交”への焦り←クリック。
【北京=矢板明夫】中国の習近平国家主席が6月に訪米し、オバマ米大統領と会談することが決まった。政権の外交方針が固まっていないにもかかわらず、中国の最高指導者が最も重要な外交相手である米国を訪問することは異例。最近、中国の外交状況が悪化しており、東アジアでの孤立感が強まっていることへの焦りが背景にありそうだ。習主席は米国と直接交渉することで、局面を打開したい思惑があるとみられる。
 国家主席の訪米は中国外交最大の見せ場であり、入念に準備するのが一般的。2003年3月に国家主席に就任した胡錦濤氏が初めて米国を訪問したのは2年半後の05年9月だった。
 習主席は今回、政府内部の人事調整がいまだに続いているほか、政権の外交方針も固まっていない、主席就任からわずか3カ月後という時期に、公式訪問でないとはいえ訪米を決断した。
 早期訪米の理由の一つは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり対立している日本の安倍晋三首相が、積極的に展開した“中国包囲網外交”に対抗する意味があるとみられる。東南アジア、トルコ、モンゴルなど中国の周辺国が次々と日本と関係を深めたことに、「習政権内部で危機感が高まっている」と証言する中国の外交関係者もいる。
 カリフォルニア州で行われる予定の米中首脳会談では、オバマ大統領がサイバーテロや人民元、シリア、北朝鮮問題などで中国の積極的対応を求める可能性が高い。一方の習主席は南シナ海問題や、尖閣諸島をめぐる日本との対立などで、米国の関与を牽制(けんせい)するとみられる。
 米国問題専門の中国人学者は「対米関係重視の姿勢を内外にアピールすることはできるかもしれないが、今回の訪米で具体的な成果を出すのは難しいだろう」と分析している。

中国国家主席習近平が、訪米を決めたそうですな。
記事を見てもらうとわかりますが、安部さんの中国ハズしの外交に焦っている様子。
かと言って、自分からは日本に擦り寄る行為などはできない。
素人の俺が考えても、今回の訪米で習近平が何らかの実績を得られるとは思えない。
せいぜい「米中は大事なパートナーとして今後も発展していきたい」と当たり障りのないコメントをもらうくらいでは?
経済が絶好調だった頃には、アメリカ国債買わせるためにある程度の譲歩はしただろうが、今はアメリカの経済も明るさを取り戻し、中国は逆に厳しい状態だ。
中国軍によるサイバーテロなどをアメリカで起こしている状態で、アメリカが何か譲歩するとは思えないなぁ。
金平ちゃん、アメリカいっても手ぶらで帰ることになりそうだぜ?
しかし、なぜそこまで焦る必要があるのか?
そもそも、中国の高官は、どこかと会談するときは何らかの成果が必要なんではなかったのか?
靖国、尖閣…無理を承知で「成果」求めドア閉じる中国←クリック。
両氏以外は親中派であっても、中国側は習氏と会わせようとしない。中国の専門家は、「成果」が得られない会談に、最高指導者を出すことはできないからと指摘する。中国側にとって「成果」とは、最低限、日本政府が領土問題や「棚上げ論」の存在を認めること。その可能性がないことは中国側も認識している。
まぁ、メンツを保つ余裕も無い状態なのかもしれませんな。
印、中国軍越境に不満表明 首脳会談 貿易促進では共同声明
【ニューデリー=岩田智雄】インドを初訪問した中国の李克強首相は20日、シン印首相と会談した。会談で李首相は中印友好を強調したが、シン首相は、両国が領有権を争うカシミール地方で中国人民解放軍が最近、実効支配線を越えて駐留したことへの不満や対中貿易赤字への懸念を表明。最近のぎくしゃくした関係を反映した形となった。~中略~
20日付のインド紙インディアン・エクスプレスは、「インドが対中封じ込め戦略にくみしていないのに、中国はパキスタンに核エネルギーやミサイルで協力し不均衡が生じている」とした上で、「インド政府は現在の対中外交を捨て去るべきだ」と政府の全方位外交路線を批判する専門家の見方を紹介。ほかのメディアも対中外交の見直しを求める意見を伝えている。

中国、インドとの外交で成果なし。
そもそも、インドのカシミール地方を侵略しておいて、友好的関係が作れると思う方がどうかしている。
今までなら、経済力に物を言わせて無理矢理握手できたんだろうが、今の中国は自分を支えるので精一杯だろう。
むしろ、さらに他国に輸出して自国の経済を支えたいくらいだ。
金のない中国と仲良くしようと考える国はアジアにはないだろ?
北朝鮮は、日本に擦り寄り始めている。
パキスタンも中国から援助が引き出せなくなると、姿勢を変えるだろう。
中国も本格的に、アジアで孤立してきたな。
ちなみにインドも親日。
インド人の8割強、中国は安全保障上の脅威 日本は親密度で3位 世論調査
【ニューデリー=岩田智雄】インド人の間で中国を安全保障上の脅威だと考え、米国とインドの関係が強固であることを望む人が8割強に上ることがインドとオーストラリアの研究機関の世論調査で明らかになった。外国への親密度は米国、シンガポール、日本の順で高かった。 調査は豪州系シンクタンク、ロウイー国際政治研究所などが昨年行い、20日に発表した。それによると、中国を安全保障上の脅威と考える人は83%で、理由に核兵器保有や外国での資源獲得、インド洋周辺のインド以外の国との関係強化を挙げる人が多かった。
 中国の台頭がインドにとって良いと考える人は31%にとどまった。また、65%が中国の影響力を抑えるため他国と協力すべきだとする一方、64%は中印が世界で主導的な役割を果たせるよう協力すべきだとし、対照的な意見をてんびんにかける傾向もみられた。
 米国に対する意識では、強固な関係を望む人は83%で、安全保障上の脅威ととらえる人は31%と低かった。
 外国への親密度は22カ国を対象に0~100で測った。1位の米国は62で、3位の日本は57。中国は11位の44、韓国は14位の41で、最低はパキスタンの20だった。インドはどの国の政府や社会のようにすればよくなるかとの問いには、78%の人が米国を挙げ、日本、豪州の60%がこれに次ぎ、中国(42%)など他国を大きく引き離した。

もちろん、中国を警戒している一方で、インドにも中印で協力すべきと考えているインド人も一定数いる。
日本の媚中派、親中派がいるのと同じだろう。
インドもカーストの名残や、宗教問題、格差問題を抱えており、日本と価値観が同一と出来るかはわからない。
しかし、中国の脅威に対抗すべきという点では、確実に協力できる。
親日国で、中国に対抗できる国なんだから、これからも友好を進めて行かなければ。

ちなみに、習近平が訪米する理由はここら辺になると思います。
米製造業が「中国離れ」…低品質で賃金も高騰
2008年の米金融危機以降、不況と高い失業率にあえいでいた米製造業が、復活の兆しを見せている。
 オバマ政権の支援策など複合的な要因が背景にあるが、注目されるのは「中国離れ」だ。安い労賃にひかれ、中国に流出した産業が国内に回帰しており、「メード・イン・アメリカ(米国製)」を目指す潮流が生まれている。
 「微妙なサイズが合わないなど品質に問題があり、多くの顧客を失った」。ミネアポリスのゴム製部品工場「ハイアワサ・ラバー」のハワード・ハウザー副社長(62)は、中国企業に生産委託をしていた頃を振り返る。
 同社が自社製品生産を江蘇省蘇州市の中国企業に委託したのは8年前。しかし、貧弱な品質管理に加え、高騰する中国の賃金や輸送費が重荷となった。結局、「米国内で製造してもコストに大差はない」状態にまでなり、4年前に外注解消を決断した。 米国で生産を再開した後も、雇用を守るため稼働日を週3日にするなど苦労を重ねたが、「品質を取り戻すと、失った顧客も戻ってきた」。昨年、08年のリーマン・ショック以前の生産水準まで戻した。
 フードプロセッサーの部品の生産を中国に外注していた「パーマック社」も、「指定した原材料が使われていなかった。二度と中国に発注しない」(ダーリーン・ミラー社長)と、発注先を国内に切り替えた。

安い人件費でアメリカの企業を誘致。
安かろう、悪かろうが基本の中国では、アメリカ企業は計算通りには儲からなかった。
安かった人件費も高くなり、総合的にはアメリカで作っても大差はないと判断。
メイドインアメリカに戻ろう。←今ここ。
ちょ、マジでアメリカさん、中国から出て行かないでおくれ。
そういったことをお願いしに行くのじゃないのかな。
見返りは、北朝鮮への支援打ち切り、シリア内戦の介入への拒否権を行使しないなどかな?
シリアでまた拒否権の中露の悪党度←クリック。
金儲けのためには手段を選ばない中国らしい選択だ。

では、日本はどうするのか?
今と同じように中国包囲網を強化していくべきです。
これは中国に効いてる状態なんだから、手を緩めてはいけない。
直接相手にはせず、真綿でじわじわと首を絞めていくべきだ。
飯島氏、首相に訪朝報告 首脳外交で北包囲網
安倍晋三首相は21日、北朝鮮を訪問した飯島勲内閣官房参与と官邸で会談し、北朝鮮側との会談内容の報告を受けた。飯島氏は首相との会談後、記者団に「(訪朝を)判断材料のひとつとして首相が不退転の決意で実行していく」と述べた。首相は今週末にミャンマー、来月中旬にはポーランドを訪れ、北朝鮮と関係の深い国に拉致問題解決への協力を要請し、北朝鮮包囲網を強めていく。
北朝鮮との対話を深め、中国よりも日本とのやり取りを増やし、北に対する中国の影響力を削いでいく。
中国は国際的な外交カードをひとつ失うことになる。
拉致問題の進展も進めれるし、北の核放棄も勧められたら一石三鳥だ。
きちんと戦略を練って進めているのが素晴らしい。
包囲網づくりを主導するのは首相自身だ。第1弾として今年1月、北朝鮮から流入する「脱北ルート」のタイを訪問、3月には北朝鮮の友好国モンゴル、4月には6カ国協議のメンバーであるロシアを訪れた。
 今週末に訪問予定のミャンマーは北朝鮮企業との貿易を継続している。「中国依存から脱却したい北朝鮮は外貨稼ぎの拠点を東南アジアに移している」(政府高官)とされ、首相はミャンマー民主化への協力をテコに北朝鮮に対する圧力路線への協調を呼びかける。
 旧共産圏のポーランドには北朝鮮が大使館を置いているが、ポーランドは2004年の欧州連合(EU)加盟後、人権問題で北朝鮮を非難する立場に転換しつつあり、拉致問題解決への共感も得られやすい状況だという。

布石を既に打っており、飯島参与の訪朝を実施。
今後も他国との連携は進めていくのだろう。
安倍さんが訪朝するときは、拉致問題が進展する時だと期待できる。
中国との関係が悪化する中、拉致問題の解決とかできるのかなぁとか思っていたけど。
安倍さん、きちんと勝算はあったんだなぁ。
これが本当の外交能力というものか。
特亜におもねって、卑屈な、自虐的な対応をすることが外交ではないんだね、民主党さん。
本当に民主党との格差が凄いな。
参議院選では、安倍自民党を圧勝させて、衆参過半数を達成させたい。
それが出来たら、「B層」だった自分を卒業できるような気がします。

応援してもらえたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。