スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は中国でどう教えられているのか


人気ブログランキングへ
押してくれる励みになります。



中国では反日教育がされているとは知っていましたが、その反日教育とはどのような内容か?
疑問に思っていたので調べてみました。

①中国の歴史を教えるといっても、共産党がどのように素晴らしいのかを教える洗脳教育
 わかりきっていることですね。中国ですから。

②小さい頃から一党独裁による洗脳教育を行っているので、価値観の幅が少ない
 日本のように歴史は立場や味方、右や左によっての変化がなく、あくまで共産党主体の歴史
 中国は他国の抗議はするけど、自国を反省する事ないのはなんでだろう?民族の差から?
 と疑問に思っていましたが、なんとなく理解できました。
 自国を疑うということ価値観が無いように教育されているんですね。
 戦前の日本と同じことをやっている事に歴史の皮肉を感じます。

③日本は中国といえば漢民族として見ているが、中国は多民族としている
 つまり、チベットやウィグルも当たり前のように自国民としている
 だから民衆は内政問題として捉えており、他国への侵略とは考えない。
 当然、チベットとかの虐殺は伝えてないと思われる。

④A級戦犯についての記述が詳しい
 靖国参拝がどうして中国国民が感情的になるか謎が解けた。
 日本の内政問題だろ?と思っていたんですがね。
 中国からしてみれば、戦前の戦争賛美になるらしい。
 日本国民からしたら靖国参拝は、戦没者に感謝を伝え、同じことを繰り返さない誓い
 なんだけど、中国からしたら理解できないだろうな。

⑤日本の軍国主義と先鋭的右翼に対して、現代の日本人の一般大衆を分けて考えており、一般大衆には罪はないと見ている。
 これは意外でした。
 まぁ、共産党からしてみると現代の日本人の経済協力や技術提供は欠かせないからでしょうか。

⑥帝国主義の戦時中における虐殺の教育は苛烈で容赦がない。
 まぁ、これは相変わらず。
(ちなみに南京大虐殺があったかなかったかはまだ自分の中では宿題として勉強中です)

⑦中国の学生は概ね日本の文化や技術力の高さなど好意的な部分はあるが、歴史認識に対しては厳しく見ており、日本国民は歴史を教えられていないと思っている。
たしかに、今まで不勉強だった自分には耳の痛い話です。

⑧しかし、勉強時間は長いし、学生は熱心でレベルは高そうだ。
 日本の教育もちゃんと立て直さなきゃやばいんじゃないかな?

いい勉強になりました。
読んで良かった。

自分としては共産党独裁が無くなれば、中国人とは今より仲良くなれるような気がします。
共産党が君臨している限り、歴史認識については同じにできないだろうし、同じにしてはいけない。
民度の違いや、風習の違いはあるだろうけど、同じアジアにすむ漢字圏、箸を使う文化を共有する民族として、共通点は多いのだし、協力することはできるような気がします。
甘いかな?

少なくとも韓国人よりは仲良くなれそうだ(笑)
早く平和的に民主化して欲しいですね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。