スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛快、中国批判!!!

阿比留瑠比さんが、痛快なコラムを書いています。
尖閣「生き証人」のうさん臭い告白
野中広務元官房長官と鳩山由紀夫元首相の姿が、ぴたりと重なってみえる。尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「侵略しに来ている」(外務省幹部)中国へと、のこのこ出かけ、相手の意向に沿った発言をするところなど、そっくりである。
 「自民も民主もOB議員によるOB(コース外にそれた打球)には本当に困りもの。OB杭(くい)の向こう側には、巧妙な外交的落とし穴が隠されているのだ」
 民主党の長島昭久氏は4日、自身のツイッターにこう書き込んだ。尖閣諸島をめぐり「領有権問題棚上げの日中合意があった」と発言した野中氏と、「日中間の係争地」と述べた鳩山氏を指すのは明らかである。
 論点はそれぞれ違うが、ともに日本政府の公式見解を否定し、自ら進んで中国のわなに飛び込んだ形だ。
 思えば鳩山氏は今年1月、南京大虐殺記念館を訪ねて改めて謝罪した。これも平成10年5月、自民党幹部(幹事長代理)として初めて公式に同館を訪問した野中氏と軌を一にする。
 「当時のことを知る生き証人として、明らかにしたいという思いがあった」
 野中氏はこう語るが、どうもうさん臭い。野中氏によると、昭和47年9月の日中国交正常化から間もないころ、箱根で開かれた自民党田中派の研修会で田中角栄首相(当時)から直接聞いたことだという。
 だが、現職の首相だった田中氏が、当時は一介の京都府議だった野中氏(衆院初当選は58年)らに重大な「国家機密」を漏らすだろうか。研修会で語られた話が、今回の証言まで一切表に出なかったというのもあまりに不自然ではないか。
 筆者は、野中氏が自分の主義・主張を通すために論点を誇張したり、事実関係を無視したりする場面を何度も見聞きしてきた。
「君らと違い、戦争を知る世代として言うが…」
 野中氏は現役時代、若手政治家らの外交・安全保障に関する自由な議論を、この一言で封じてきた。
 2001年の米中枢同時テロに際し、海上自衛隊のイージス艦派遣が浮上した際には、講演や派閥(橋本派)会合などで強硬に反対論陣を張った。これについて閣僚経験者は振り返る。
 「野中さんは1隻約1200億円のイージス艦を『5千億円する』と言ったり、『戦前の戦艦大和に当たる』と言ったり、めちゃくちゃだった。イージス艦は対空探知能力、自己防衛能力に優れている以外は他の艦船と変わらない」
 また、その後に自衛隊が首相官邸や原発など重要施設を警備できるようにする自衛隊法改正が検討されたときには、「警察への侮辱だ」「国民に銃を向けるのか」などと非論理的な感情論で、これをつぶした。
自民党幹部は「野中さんにはあの世代特有の、社会党的、情緒的な平和主義がある」と指摘する。だが、米国の核の傘の下で安穏としていられた冷戦期ならばともかく、現在の厳しい国際情勢では通用しない。
 第一、棚上げするも何も、中国は国交正常化から20年後の1992年に施行された領海法で、尖閣諸島を新たに自国領と明記した経緯がある。この時点ですでに「棚上げ論」は、歴史的にも政治的にも完全に破綻しているではないか。(政治部編集委員)

しかし野中広務はひどすぎるな。一体何がしたいのだ?
野中「領有権問題棚上げの日中合意があった」
野中「当時のことを知る生き証人として、明らかにしたいという思いがあった」
当時、国会議員ではなかったのにどうして国家機密を知り得たのか?
野中「私はそれを言うために(中国に)行ったのだから、発言の撤回などしません」
確信犯的売国奴行為である。
だがしかし、政治家でもない、自民党員でさえない無力な老人の哀れな独り言。
お薬をもらったほうが良いと思われる。
そんな老人の世迷いごとにさえ、中国は喜んで報道する。
外交部:日本側の合意違反が緊張を招いた
外交部(外務省)の洪磊報道官は4日の定例記者会見で「中日間の合意に違反したことが現在の緊張を招いた根本的原因だ」と表明した。
記者:日本の菅義偉官房長官はこのほど、釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について日中間に係争棚上げの合意はなかったと中国側に反駁した。
洪報道官:中日国交正常化交渉と平和友好条約締結時、両国の一世代上の指導者は両国関係の大局的見地から『釣魚島問題を棚上げし、後で解決する』ことで重要な了解と共通認識に達した。これは歴史事実だ。日本側は昨年以来してきたことが、この了解と共通認識に背き、破壊するものであり、これが現在の緊張を招いた根本的原因だ。われわれは日本政府に対して、歴史を直視し、野中元官房長官のような国内の有識者の呼びかけを重視し、つまり釣魚島係争の棚上げについて中日間に合意があったことを認め、対話と協議を通じた釣魚島問題の管理、コントロール、解決の道に戻るよう再度促す」と述べた。

野中広務氏は、中国のお役にたてて嬉しくて卒倒しているかもしれませんなぁ。
出来ればそのまま天国に召されてもらいたいと思う。わりとマジで。
同類項の鳩山氏はたった一つだけ、正しいことを言ったことがある。
hatoyambaka.jpg
その通りだ、バカが政治家を行うと国が滅ぶ。

ナポレオンボナポルト:真に恐ろしいのは有能な敵ではなくて、無能な味方である。

中国の兵法書「六韜(りくとう)」
「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
 交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。
 そしてやがては滅ぶ。
 

うむ、全く無能な味方ほど厄介な者はいない。

もう一つ、中国関連で面白い記事を。
中国外務省 「中国のアフリカ支援は私心なし」
中国外務省の洪磊報道官は3日の定例記者会見で、安倍晋三首相がアフリカ開発会議(TICAD)で最大約3兆2千億円のアフリカ支援策を表明したことについて、「日本が打ち出したアフリカ支持の措置を好ましく見ている。計画がアフリカの平和と発展に役立つことを望んでいる」と述べた。
 日本のアフリカ支援策に関しては、2日付の中国人民解放軍機関紙、解放軍報が、国連常任理事国の席を得るための方策と批判。洪氏は直接的な言及は避けたが、「中国は力の及ぶ範囲でアフリカに私心のない援助を提供してきた」と暗に日本の意図を警戒すると同時に、中国の積極的なアフリカ進出に対する批判を牽制(けんせい)した

中国のアフリカ支援に私心なし(キリッ

西アフリカで違法採掘 中国人116人を逮捕
中国外務省の洪磊報道官は5日、西アフリカ・ガーナ政府が国内で違法採掘者を摘発し、中国人116人が逮捕されたと発表した。洪氏はガーナ在住の中国人に対し、現地の法律を順守して違法活動を行わないよう注意を呼び掛けた。
 洪氏によると、ガーナ政府は昨年10月以降、外国人による違法採掘を摘発してきた。116人は近く中国に送還される見通し。違法採掘した鉱物などの詳細は明らかにしなかった。(共同)

中国人116人もの盗人が、私心により盗掘(笑)
大丈夫、全世界が「知ってた」とつぶやいているよ。

悪化した世界の中国国家イメージ、日本も注意
英国のBBCが各国の国際社会における影響力について、世界25カ国2万6299人を対象に行った調査結果を発表していました。中国はプラスが前年の50%から42%に、マイナスが51%から59%へと評価を下げる結果となっています。 中国は貿易依存度が高い国のひとつです。中国の貿易依存度は2006年の67%あたりからは低下してきているとはいえ、2012年で47%といまだに高く、海外での国家イメージの悪化は決して望ましいことではありません。(後略)
世界の中国に対するイメージはプラスが減少しマイナスが増加している。
まぁ、順当だな、と思う。

同感だと思われた人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。