スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史認識はアジア全体で理解しよう

朴大統領が27日訪中 習主席と会談、接近強める
韓国大統領府は7日、朴槿恵大統領が27~30日に中国を訪問し、27日に習近平国家主席と首脳会談を行うと発表した。
 韓国の歴代大統領は、就任後、米国の次に日本を訪問することが慣例だったが、朴氏は初めて、日本より先に中国を訪問することを決めた。
 韓国政府は27、28両日、米国と中国の当局者や民間の外交専門家を招いた「戦略対話」を韓国南部済州島で開催すると伝えられており、韓国が外交パートナーとして日本を排除しながら中国に接近し、北朝鮮への対処などで「日米韓」の枠組みを「米中韓」に変えようとする姿勢が鮮明になっている。
 大統領府報道官は、朴氏が習氏との会談で、自身の対北朝鮮政策と、「北東アジア平和協力構想」と名付けた地域の新たな枠組みづくりについて理解を求めると説明した。(共同)

ああ、なんというグッドニュースだろう!!!
日中韓、すべてがハッピーになる稀に見る良い政策だ。
ん?中国はどう思うかわからないが、そういうことにしておこう(笑)
国と国の関係においては「国益」や「情勢」は大事だが「国民感情」も大事だ。
韓国や中国と、協力体制が出来るのが良いのだろうが、はっきり言って無理である。
反日を国是とする国と協力するには土下座外交が求められる。
そして、日本はすでに本当の歴史を知ってしまった。

昔のように気を遣い、阿り、卑屈に対応することは国民が許せない。
普通に付き合えればいいのである。
協力できるところは協力して、出来ないところは可能な限り関わらない。
どこまで協力するのかは、中国、韓国が決めれば良い。
日本との協力が必要というのならば、不要な反日行動を慎めば良い。
それができないというのならば、日本は他国と協力するだけだ。
まぁ、中韓はうまく協力できるんじゃないかな?
昔から属国だったんだから、お互いなれているでしょ。
img_1050202_36357694_10.jpg
とにかく韓国の面倒見なくて良いと思うと本当に清々する。
これで「スワップは協力するニダ」とか言われることはなくなった。
(だがしかし、恥を知らない民族だから言ってくる可能性がありゾッとする)

中韓は「歴史を直視せよ」というけれど、日本からしたら「お前が言うな」と思う。
アメリカからこのような提案が来ている。
歴史認識で米高官、「日中韓で国際機関を」提言
日米韓3カ国が連携をどう深めるかを話し合うシンポジウムが6日、ワシントンで開かれた。米側パネリストは従軍慰安婦問題や歴史認識をめぐる日韓、日中間の緊張緩和の必要性を指摘した。
 スティーブンス前駐韓米大使は日中韓を土台に「アジアで多国間の国際機関設立を目指すべきだし、それは可能だ」と強調した。
 また、ハバード元駐韓米大使は日韓、日中関係について「相互の歴史をより理解する努力が求められる」とし、人的交流を強化すべきだと訴えた。
 シンポジウムは日米学生会議、米韓学生会議が共催した。(共同)

俺は、良い話だなぁと思う。
何よりこの案が素晴らしいのは「アジアで多国間の国際機関設立を」というところだ。
歴史認識を深めるには、大東亜戦争に関わった国々は全て参加してもらったほうが良いだろう。
日本、中国、韓国だけがアジアではない。
台湾やASEAN、インド含めてのアジアである。


アジア全体で、国際機関設立が出来たなら素晴らしいと思う。

とりあえず、韓国は本当に歴史を直視する必要がある。
まずはこの言葉に何と答えるか楽しみだ。
維新・中山氏「朝鮮人の親は弱虫か」 強制性主張に
日本維新の会の中山成彬代議士会長は7日の党代議士会で、韓国が慰安婦問題で旧日本軍の強制性を主張していることについて「自分の子や近所の娘が連れて行かれるのを黙って見ていたのか。そんなに朝鮮人の親は弱虫だったのか。このことは日本人をおとしめ、彼らの祖先もおとしめている。こういうのはやめようというのが私の率直な気持ちだ」と述べた。
 中山氏は、朝鮮半島の人口は当時2千万人余りとした上で「(一部で主張されている)20万人強制連行するということは100人に1人」とも指摘した。
 中山氏の発言に対し、維新共同代表の橋下徹大阪市長は「歴史家がやるような発言は控えないといけない」と述べた。

どうせ韓国紙はスルーするか「妄言」としか言えないだろうな。
深く掘り下げると困るのは韓国ということくらいは分かっているだろう、たぶん。
韓国人だけでなく、日本人ももっと歴史について広く学ばなければいけない。
この本など、高校の世界史の副読本に指定すべきと思うんですけどね。

著者の水町氏のブログも参照してください。
拡散希望 韓国の急所
●拡散希望《韓国の急所》
■韓国の国防相が、シンガポールでの小野寺防衛大臣との会議を、「歴史認識」を理由に拒否したことは前代未聞の珍事です。
本来、各国の国防相が歴史認識をたてに、安全保障会議を拒否することなどあり得ないことで、日韓でも過去に前例はありません。
この状況は、なりふり構わず日本からの緊急支援を求めている現れです。
本年7月末に期限がくる「一兆四千億円の通貨スワップ」枠の更新を、日本が拒否すると韓国の財政は破綻する状況で、また「日本がお願いしてきたから受け入れてやった」などと言う、環境づくりに「歴史認識」をたてにゴネていることを認識する必要があります。
それを見越して、国民は監視しなくてはいけません。
国民は、すでに我慢の限界を過ぎており、1998年、金大中大統領が「歴史問題終結宣言」を持ち出して来て、一兆四千億円を騙し盗られた緊急支援と酷似しています。
韓国のサムスンや現代自動車は、すでに欧米資本が牛耳っており、通貨スワップの維持を水面下で米国が求めて来ることは見え見えですが、我々は一度韓国が破綻するのを見届けて、泣きついてきたときには、在韓国日本大使館前の「慰安婦像の撤去をしなければ、国民感情が承知しない」との宿題をだす必要があります。
橋下市長の謀略で、一度は潰えた一次資料に基づく歴史検証は、また『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』が息を吹き返し、インターネット上でジワジワ普及していますので、この動きが波及すると韓国には相当な痛手になる状況です。
現在、覚醒されていらっしゃる方は、ほとんどがインターネットユーザーの皆様方で、アマゾンで品薄になっているようですが、紀伊國屋書店やジュンク堂書店には在庫があるようですので、入手できない方は両書店にお巡りください。

※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


日本人、ひとりひとりが正しく、公平な歴史観を持つことが大事だ。
それができてこそ、特亜のプロパガンダにも屈せず、政治家が正論を言える土台ができると思うのだ。
何もかも政治家に任せてはおけない。
自分たちが歴史を学び、世論を代弁してくれる政治家を支持しなければいけない。
それができてこそ『戦後レジュームからの脱却』は叶えられると思うのです。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

歴史認識

初めてコメします。
韓国への対処法は皆で知恵を出し合って解決法を探りたいと思います。

私見ですが、戦後、李承晩大韓民国大統領のような朝鮮併合時代の独立派が、戦後権力を得たのが全ての始まりだと思います。

朝鮮半島出身の朝鮮人(当時は日本人)も、大日本帝国議員であり、大日本帝国軍人であったのです。日本に対する非難の積りが、殆んど彼等自身のご先祖に対するものなのです。
見方によっては、日本との併合賛成派(日本人)に敗れた独立派が復讐の矛先を日本に向けているのではとも思われます。

純然たる朝鮮の国内問題の筈であるのに、お人好しで金蔓でもある日本に見当はずれの難癖を付けているのでしょうか。


見当はずれの妄言は無視しても、国際世論には、日本の正義は主張し続ける必要は残念ながらあるようです。「日本精神」には反しますが。

No title

 こんにちは。

 自分たちに都合のいい歴史観をでっち上げてそれを押し付けるような国相手に共通の歴史観を持てなんて無理があるし、歴史を直視しろなんて言うけど、まず中韓は自分たちの歴史を知るべきなんじゃないかって言いたくもなる。

 フランスとドイツですら、共通の歴史観を持つのに何十年と費やしたが、これはフランスとドイツがお互い「大人」だから出来たことであり、近代国家として成熟した国だからこそ出来たことですが、特アは精神的にも子供で近代国家として未熟な国だから無理があるのです。まず自分たちが優位に立たねば気の済まない正確なことも挙げられますし・・・。

 それに日本もだが、アジア全域が近代化して歴史が浅いから「未熟」と思われているのかも知れませんね。インドや中東にしたって近代化して日も浅いですから、なお更です(サウジアラビアのような未だ封建的な国家もあるし)。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。