スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓スワップの行方

日韓通貨スワップ協定、韓国の延長要請なし 出方見守る政府 
通貨危機などの緊急時に外貨を融通し合う「日韓通貨交換(スワップ)協定」の総枠130億ドル相当のうち30億ドル分について、協定延長交渉が行われずに失効する可能性があることが8日、分かった。日本政府は韓国側からの要請がない場合は延長しない方針。同協定をめぐっては昨年8月に李明博大統領(当時)が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した後、欧州通貨危機などに伴い700億ドルまで引き上げていた拡充策を10月に取りやめた経緯がある。
 朴槿恵新政権が国内の政府批判を警戒して協定延長の要請をためらっているとの見方もあり、日本政府は韓国側の出方を注意深く見守っている。
 同協定の30億ドル分については融通期限が今年7月3日に迫っているが、現時点で韓国側から延長協議の打診はない。韓国にとって協定は、国際金融市場で交換性に乏しいウォンによって国際通貨であるドルや円を調達できるため、韓国経済の安定化につながりこそすれ、デメリットはない。
 このため、朴政権は「重要な政治決定を行う体制ができていない」(政府筋)との見方のほか、急速に悪化した日韓関係の中で「日本への支援要請で“弱腰”との政府批判が高まることを懸念し、要請に二の足を踏んでいるのではないか」(外交筋)とみられている。 ただ、今回30億ドル分が失効しても、1997年のアジア通貨危機を受けた東南アジア諸国と日中韓3国による通貨スワップの取り決め(チェンマイ・イニシアチブ)により、100億ドル分の融通枠は継続される。
 韓国側にとって死活的ではないだけに、延長要請に踏み切る可能性は高いとはいえないが、日本政府には協定延長交渉を両国関係の改善に向けた糸口にしたいとの期待もあり、朴政権の動きに注目している。

日韓スワップ延長停止キター!!!
日韓スワップの延長、未だに韓国から要請は来ていないようです。
というより、要請すらできない状態のようです(笑)
もう、この段階で要請が来ていないのだから、今更来ても間に合わないんじゃないかなぁ?
韓国が必要無いと言っているんだから、絶対に日本から延長してはダメだ。
日本から延長することは、国民感情を損ねるだけでなく、国益も損ねる。
「やはり日本は韓国との関係が大事なのだ」と間違えたメッセージを送ってしまうことになる。
このまま30億ドルに関しては、廃止にしていくべきだ。
廃止したあと、韓国経済が揺らぐと、どうしてもスワップが必要になる。
その時こそ、重要な外交カードとなり得るのだ。
その為にも「援助が必要ならば頭を下げてお願いすべき」と教育していく必要がある。
今までの日本のようにチラチラとこっちを見るだけで気を使ってくれる訳ではないのだ。
日本は自虐史観から脱却し始めている。当然韓国も変わらければならない。
それが嫌だというのなら勝手にしればいい。
日本は韓国を必要としていないのだ。
「助けず、教えず、関わらず」の関係性を維持していきたい。

残りの100億ドルについては、韓国というよりASEAN+日中韓で決められたチュンマイイニシアチブでの取り決めです。
チュンマイイニシアチブ←クリック。
1. 概要
 短期流動性問題への対処、 既存の国際的枠組みの補完、を目的とする、東アジアにおける自助・支援メカニズム。
 1997-98年のアジア通貨危機後、東アジアにおける金融協力の必要性が認識され、2000年5月の第2回ASEAN+3財務大臣会議(於:タイ・チェンマイ)にて、外貨準備を使って短期的な外貨資金の融通を行う二国間の通貨スワップ取極のネットワークであるCMIに合意。
 その後、通貨スワップ発動のための当局間の意志決定の手続きを共通化し、支援の迅速化・円滑化を図るため、2010年3月、CMIのマルチ化契約が締結されました。
2. 構造
<CMIマルチ化以前>
• CMIは、 二国間通貨スワップ取極(BSA)(注)のネットワーク、 ASEANスワップ協定(ASEAN Swap Arrangement: ASA)、により構成されていました。
(注)Bilateral Swap Arrangement (BSA)。通貨交換(スワップ)の形式によって、短期的な資金の融通を行う取極。
• BSAのネットワークとは、「(スワップの発動方法や条件を規定する)基本原則」に基づく通貨スワップ取極をASEAN+3各国が二国間ベースで多数締結するもので、締結相手の選択は各国の判断に任されています。スワップの発動条件は、基本的にIMF融資とリンクしていました。(但し、締結されたスワップ総額の20%まではIMF融資とのリンク無しに発動可能。)
<CMIマルチ化後>
• 2010年3月、CMIマルチ化契約が発効しました。一本の契約の下で、通貨スワップ発動のための当局間の意思決定の手続きを共通化し、支援の迅速化・円滑化を図るものです。スワップの発動条件は、基本的にIMF融資とリンクしています(但し、締結されたスワップ総額の20%まではIMF融資とのリンク無しに発動可能。)
• この際、これまでCMIのネットワークに参加していなかった、ASEAN新規加盟国(ブルネイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)を含め、全てのASEAN加盟国と日中韓が参加することとなりました(計13か国)。

韓国だけとの取り組みではないので、これに関しては廃止しにくいですね。
基本的にIMF融資とリンクしているので、貸してやってもいつかは回収できそうですし。
韓国を守るだけのスワップではなく、ASEANを守るスワップでもある。
重要なスワップ協定です。

韓国経済も刻々と悪い方向へ向かっています。
韓国経済:1-3月成長率暫定値、0.8%に下方修正
韓国銀行は7日、韓国の今年第1四半期(1-3月)の国内総生産(GDP)成長率(暫定値)を0.8%と発表した。4月25日に発表された速報値(0.9%)に比べ、0.1ポイント下方修正された。第1四半期のGDP成長率は、4月に速報値、6月に暫定値、翌年3月に確定値が発表される。韓銀のチョン・ヨンテク国民計定部長は「速報値の発表当時には使えなかった新たなデータが入手できたため、修正が避けられなくなった」と説明した。
 韓銀は今年4月初め、「景気はそれほど悪くない」と金利据え置きを決め、2週間後に速報値を根拠として、利下げ論に反論した。
 しかし、暫定値が速報値を下回ったことで、実際の国内景気は当初の統計よりも悪かったことになり、韓銀の金利据え置き判断に問題があったのではないかとの指摘が聞かれる。設備投資は速報値で前期比3%増加したと推定されたが、暫定値では2.6%増にとどまった。速報値で0.3%減だった民間消費は、暫定値では0.4%減となり、2009年第1四半期(0.4%減)以来の低水準となった。

このまま「助けず、教えず、関わらず」を実践していく必要がある。

気を緩めずにメール、凸電だ。
自民党へメール
首相官邸にメール
外務省にメール
財務相へメール

文例①
日韓スワップの廃止を希望します。
韓国は大統領自らが「千年経っても忘れない」としています。
永遠に韓国との対等な協力関係は無理だと思います。
今まで日本は自虐史観に則り、韓国の支援をしてきました。
韓国は「日本が助けるのが当たり前」と考えているように思えます。
それは明らかな間違いです。
助けて欲しい時はお願いしるのが当たり前。
助けてもらったら感謝するのが常識です。
韓国はどちらも出来ていません。
このまま韓国を援助するのは国民感情に反するだけでなく国益にも反します。
国民は注視していますよ。
この結果は、参議院選に必ず影響してきます。
正しい判断をお願いします。

文例②
日韓スワップ反対。
韓国は「敵国」としての対応しかしてきていない。
なぜ、日本が韓国を助ける必要がある。
絶対に、スワップ延長などしてはいけない。
選挙の判断材料にするからそのつもりで。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

【大阪】日韓歴史認識“共有化”を目指す50歳美人韓国人女性が発行する歴史新聞『日韓歴史観光新聞』

 大阪や京都、奈良などに伝わる韓国ゆかりの“歴史観光史跡”にスポットを当てて紹介する
月刊紙『日韓歴史観光新聞』(A4判、4ページ)が創刊され、話題を集めている。
編集長を務めるのは韓国・ソウル市出身で、大阪市生野区在住の歴史研究家、姜信英(カン・シニョン)さん(50)。
「日韓の古代と現代を橋渡しする観光ガイドとしての役割を果たすことができれば」と姜さんは期待を込める。(戸津井康之)

 創刊は今年3月。毎月1回のペースで発行し、今月には4号を数える。
1面には研究者や行政関係者など、日韓交流に取り組む人たちのインタビュー記事を掲載。
また東アジア古代史研究の第一人者、上田正昭・京都大学名誉教授による歴史コラム「大阪のなかの渡来文化」
を連載したり、韓国の最新情報なども盛り込む。

とりわけ注目を集めるのが、あまり知られていない、関西にある韓国ゆかりの史跡の紹介。
創刊号では、大阪市生野区の御幸森天神宮にある「難波津の歌」の和文・ハングル併記歌碑を取り上げた。

「難波津に咲くやこの花冬ごもり、今は春べと咲くやこの花」。この歌は、1600年前、朝鮮半島の百済から日本に渡来、
論語と漢字文化を日本に伝えた学者、王仁(わに)博士が、仁徳天皇の即位を祝って詠んだ日本最初の和歌とされる。
百済からの渡来人が多く移り住み、古代から日韓の親交が深い同区の新たな歴史名所にしようと平成21年、
和文・ハングル併記でこの歌をつづり、解説した歌碑が境内に建てられた。

 「大阪を中心に関西へ、さらに将来的には日本全国をめぐり、日韓の歴史を残す観光遺跡を紹介していく予定です」と姜さんは語る。

 姜さんはソウル市内の高校を卒業後、同市の貿易会社に就職。取引先に日本企業が多く、
職場で日本語に興味を覚えた姜さんは地元外大の観光通訳科に進学、日本語の勉強を始めるが、
「正しい日本語を学びたい」と一念発起し留学を決意。大阪市生野区の知人宅にホームステイし、
大阪明浄大学(現・大阪観光大学)観光学部で日本語と観光について学ぶ中で、
日韓交流に貢献した王仁博士の存在を知り、以来、大阪で暮らしながら日韓の歴史の研究に取り組んできた。

 上田正昭・京大名誉教授は「日韓友好の史跡が多い大阪を拠点に刊行されるユニークな新聞。
古代から近世の密接なつながりを物語る史実に即し、日韓の歴史認識の共有を目指す試みは世界唯一の新聞と言っていい」と関心を寄せる。

 姜さんは「大阪は古くから日韓交流の歴史拠点。現在も十数万人の在日韓国人が大阪で暮らしており、
この“日韓共生の地”から、両国民が歴史認識を共有できる情報をこの新聞で発信していければ」。

ほぼ一人で取材から編集までをこなす姜さんの夢は、自身が観光と歴史を結びつけた日韓交流の架け橋となることだという。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130609/dms1306092154013-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20130609/dms1306092154013-p1.jpg
引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370787581
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。