スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重要】中国製食物は食べたら危険。

またもや粉ミルク育ちの女児が「性早熟症」、生後8カ月で乳房ふくらみ、1歳で初潮―中国江西省
中国江西省の1歳の女の子が初潮を迎え、「性早熟症」と診断された。中国ではたびたび、粉ミルクを飲んでいる女児に乳房がふくらむなどの第二次性徴が現れており、社会問題となっている。この女の子も生まれた時から粉ミルクを飲んでいた。中国新聞網が伝えた。
両親によると、女の子は生後8カ月で乳房がふくらみはじめたが、「まさか第二次性徴が始まっているとは思わなかった」。ところが、1歳になったころ、下半身から大量の血が流れてきた。驚いて病院に連れていき、そこで「性早熟症」と診断された。
女の子は生まれた時から母乳ではなく、粉ミルクを飲んでいた。現在は治療を受け、第二次性徴は止まったように見えるが、今後も引き続き治療が必要だという。

1歳の女の子に第二次性徴を引き起こすミルク、それって毒だろ。
どういうメカニズムでこのような事が起きるのかイマイチわからないのだが。
調べてみると、これが初めてでは無いみたいだ。
「幼児早熟」は粉ミルクの飲用と関係ある?
中国では最近、湖北をはじめ、湖南、江西、山東、広東などの省で、国内の同じ乳製品メーカー「聖元」製の粉ミルクを飲んだ赤ちゃんに胸が膨らむなど早熟現象が相次いで報告されている。保護者の間では、牛乳が良く出るように乳牛に注射したホルモンが粉ミルクに残留していたのではないかとの疑惑が出ているが、「聖元」側は「品質に問題はない」としている。   国内の医学や食品関係の専門家は、「早熟現象の原因はかなり複雑であり、粉ミルクによるものかどうか詳しい調査が必要だ」と伝えた。関連の調査は進められている。
 中国衛生省の報道官も、「衛生省は、関係部門ができるだけ速くこの事件を調査して適切な処理をほどこし、その結果をできるだけ速く公布するよう指示した」と述べた。  
 乳製品の安全確保のため、2008年から中国は「乳製品品質安全監督管理条例」を実施し、薬品使用期間の乳畜からの生乳の販売、買付けと加工を禁止することを明確にしている。

上記は2010年の記事だ。
2010年にも問題が起きているのに解決されず、再発している。日本では考えられないなぁ。
どうせ、共産党の高官が会社の役員とかしていて、正常化ができないんだろうね。
中国では、自浄作用が期待できないので、中国国民はどうやって自己防衛するか?
外国産を買い漁るんですね。
中国人、世界各国でミルクを買い占める←クリック。
中国人の思考は自国の企業を改革するではなく、他国の品物を買い占めるという方向に動きます。
他国の資源や品物を買いあさり、食い散らかすのは中国のお家芸なんですね。
本当にろくなことしないなぁ。
ま、自国民でさえ中国産では食の安全は規定していないという事ですね。

こんな記事もあります。
「毒ピータン」30社生産停止=熟成に工業用硫酸銅-中国←クリック。
【北京時事】中国メディアによると、江西省南昌県で、アヒルなどの卵を熟成させるピータンづくりに、工業用硫酸銅が使われていた疑いが強まり、同県は30社のピータンの加工場を閉鎖・生産停止とした。
 有害物質を含む「毒ピータン」が出回らないよう、国家食品薬品監督管理総局も、食品添加物としての基準に合わない硫酸銅が使われていないか、加工会社や製品などの検査に乗り出した。
 ピータンづくりは一般に、卵を塩や生石灰などと2カ月以上漬け込むが、大幅に期間を短縮するため、一部の加工場で硫酸銅を混ぜていたという。(2013/06/16-16:32)

ピータンを作成するには、強アルカリ性の雰囲気に漬け込み、時間をかけて熟成する必要があります。
時間を短縮するために、工業用硫酸銅を使うことを考えたということなんでしょうが。
pic002.gif
硫酸銅は、毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている毒物です。
化学物質を作成する事業者は、MSDSと呼ばれる製品安全データシートを必ず作成しなければいけない。
そのMSDSによると硫酸銅の危険性は?
有害性情報
皮膚腐食性 :皮膚に接触すると発赤、痛み、水疱の薬傷を起こす。
刺激性 :眼、皮膚、気道を刺激
急性毒性 :経口 ラット LD50 300mg/kg 文献 №1
慢性毒性 :反復または長期間の皮膚との接触は皮膚炎を起こすことがある。反復または長時間の粉じんまたはヒュームの吸入は鼻中隔のせん孔をおこすことがある。

皮膚に接触すると水疱の薬傷を起こすって書いてある・・・・。
触ると薬傷を起こすような毒物を使ってピータン作成しているんですね。
命が大事ならば、中国産の食物は絶対に食べてはいけない。
これ、大事なことなので、家族や友人にも情報提供しておきましょう。

ちなみに韓国も同様です。
韓国食物は人間の食べるものとして不適格である←クリック。
米食品医薬品局(FDA)は、健康に害を及ぼす可能性があるとして米国市場に韓国製海産物製品を入れないよう求めた。
 14日ロイター通信が伝えたところでは、韓国製の海産物の中にヒトの糞便の痕跡が見つかり、この事は、胃腸の病気を引き起こすノロウイルスが食べ物の中に存在する可能性を意味する、との事だ。
  問題となっているのは、韓国製のカキ、ホタテなどの貝類やイクラなどで、生のものも又、缶詰入りのもの、さらには別の方法で加工された製品も含まれている。
  ロイター通信によれば、今のところ駐米韓国大使館からは、何のコメントも出されていない。

命が大事ならば、韓国産の食物は絶対に食べてはいけない。
味も良く、安全安心な国産の食物があればそれで満足できる。
100%国産しか食べないというと結構厳しいかもしれない。
しかし、原産地情報とか確認しながら、中国産、韓国産を排除するのは可能です。
我が家は可能な限り行っていますよ。
食の安全は、手間ひまかけて手に入れる時代になったんです、悲しいけれど。
子供たちの成長のためにも、妥協せずに頑張りましょう。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。

 5年前の冷凍ギョーザ事件を想起するものだが、改めて中国産食品と言うのは危険がいっぱいだと言えます。日本としては中国産食品のボイコットを改めて視野に入れることもだし、中国を生産拠点としている企業は東南アジアに工場を移転することも考えていいです。

 根本的なこととして、日本は食料自給率を上げることです。他国に依存してばかりではいずれとんでもない事態を招きます。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。