スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍内閣、拷問禁止委員会の勧告を華麗にスルー

このブログ好きでよく見に来るよ、って人はどのくらいいるのかなぁ?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

国連勧告、従う義務なし 答弁書閣議決定
政府は18日、従軍慰安婦を傷つけようとする動きに反論するよう求めた国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会の勧告に関し、「法的拘束力を持つものではなく、締約国に従うことを義務付けているものではない」との答弁書を閣議決定した。
 委員会は今年5月末、従軍慰安婦は必要だったとした日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による発言を念頭に日本政府に対して勧告を発表していた。
 菅義偉官房長官は18日午後の記者会見で、答弁書の内容について、「政府として改めて発言することはないという趣旨だ」と説明した。
 共産党の紙智子参院議員の質問書に答えた。

うむ、さすがは安倍内閣&菅官房長官だ。
あえて言おう、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会の勧告なんか無力だと。
もし、拷問禁止委員会の勧告が強制力があるのなら、中国のチベット拷問問題も、少しは解決に進むはずだ。
中国は協力的ではないと問題視されていますぜ。
拷問禁止委員会会議 中国のチベットにおける拷問について←クリック。
この報告書は、中国の占領下にあるチベットで行われている人権を無視した拷問・虐待の事実についてまとめられたものとなっております。
11月21日というのは審議最終日で、この日に審議の結果が公表されます。
国家間同士の政治的な内容は秘密に保たれて、一般には公表出来ないことが多いのですが、国連の審議結果は公表することができて、それによって、現在のチベットでどんなことが行われているか(事実認識)、そして、改善に向けての項目を、ベンチマークを作って打ち出していきます。結果は定期的にレビューされ、また、NGOがチベットにおける現状をモニターしていく役割も担います。
今回の審議では、質問状に応えていない、調査をしていないなど、中国の非協力的な態度自体が、審議官により問題視されていました。
是非とも、この報告書をご一読いただき、中国政府のチベット人に対する非人道的な行いの事実を広く認識していただきたいと存じます。

70年も昔の事よりも、現在進行形で進む拷問の防止にもっと力を入れるべきである。
いま、まさに人が殺されているのにね。
チベットの女性と子供の人権←クリック!!!
女性の人権(強制不妊手術と人工流産)
子供の人権、教育問題、虐待
女性と子供の囚人(囚人の7割が死亡する)
中国が行っているチベット人女性に対する拷問の実例

未来の沖縄で、同じことが起きないとは限らない。
正しく学び、そして拡散しなければ。

「政府として改めて発言することはないという趣旨だ」という判断も賢明と思う。
慰安婦問題は、人権侵害問題として扱うと不利になる。
そもそも、70年前の出来事を、今の価値観で判断することがおかしいからね。
しかし、それがまかり通ってしまうのが人権問題の難しさ。
「人権を守るいためには人を騙すことも辞さない」人々が多すぎる。ナニコノセカイ。
では、どうすればいいのか?
自分としては事実誤認状態を正すべきだと思うのだが。
国連の拷問禁止委員会?←過去記事参照クリック。
  ~過去記事より抜粋~
一番いい解決方法は、セックススレイブは存在しませんよ。と証明するのが一番かな。
日本軍による戦時中の性的虐待のサバイバーはいませんよ。
いるのは、朝鮮戦争での性的虐待を、日本軍から受けたと勘違いしている老婆だけです。

これなら通りやすいのではないだろうか?
そもそも11歳や13歳で慰安婦にされたというのが無理がある。
証言もコロコロ変わり、どう考えても後の朝鮮戦争辺りの慰安婦としか思えない。
まぁ、嘘ついていると言うと話がこじれるので、あえて勘違いしているという表現にした。
あまり言いたくないのだが。
嘘ついてまで金をせびろうとする老婆は、早く亡くなって欲しい。~抜粋ここまで~
自称:性的虐待のサバイバーがいなくなれば、人権問題から歴史問題に移行できるのではないだろうか?と思っています。

今回の内閣閣議は違う結論に至ったようですね。
『安倍内閣、拷問禁止委員会の勧告を華麗にスルー』と言ったところだろうか。
橋本発言による、維新の低迷を見ていると参議院選挙前に慰安婦問題に触れるのは得策では無いということかな?
保守原理派の人々には不満だろうが、自分としては懸命な判断と思うよ。
参議院選挙で圧勝しないと、政治の低迷が続くことになる。
上手く、賢く、誠実見せて、でも少しだけずるく立ち回ることも政治家には必要と思うのだ。

国連に関して、中山議員のツイートが痛快だ。
国連には敵国条項があり、日本は未だ敵国。
nakayamanariaki/中山なりあき 2013/06/16(日) 06:37:17
国連の拷問禁止委員会で日本の司法制度を批判されて日本大使が激怒した。
マスコミは批判的だが、たまにはいい。従軍慰安婦の非難決議もしたこの委員会は人権派の巣窟。
そもそも国連至上主義はおかしい。
国連には敵国条項があり、日本は未だ敵国。撤回しないと過大な国連負担金は払わないとなぜ言えぬ。

国連とは、戦勝国による世界支配の手段だ。
国連に参加しないというわけにはいかないけれど。
今の日本の、国連の判断をありがたがる状況は、変えていかなければいけない。
よく日本は中国から「敗戦国が何~」とか侮辱されているけど。
その敗戦国からの資金援助と技術援助が無ければ発展できなかった二流国家が中国です。
翻って日本は多額のODAで世界各国に援助し、国連の負担金もアメリカに次いで多く支払っている。
「日本は世界の平和と発展に貢献しており、それは世界から認められている」
卑屈になる事もなく、誇るでもなく、事実を事実として淡々と主張してもらいたい。
FACT(事実)の積み重ねこそ、日本の得意分野と思うのだ。
あとは、それを主張していく文化が足りない。
これからの日本人は、謙遜もほどほどにしておくように教育も必要だと思う。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

慰安婦婆は老婆兵器です!
心理作戦用の兵器なんです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。