スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主に生活に社民。泥の船で漕ぎ出した。

読者さんのクリックのおかげで「もっと頑張ろう」と思えます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

細野氏、ネット番組で激怒 支持低迷に「訳が分からない!」
民主党の細野豪志幹事長は19日夜、インターネットの生番組に出演し、番組アンケートで同党の支持率4.5%に対し自民党が73.9%だったことについて「訳が分からない。(自民党は)最も表現の自由を規制しようとしている政党なのに」と怒りをぶちまけた。
 細野氏は自民党の憲法改正草案が表現の自由を規制していると指摘した上で「こんな憲法をネットの人は認めるのか。皆さん、考えた方がいい」と怒りの矛先をネットユーザーに向けていた。
 交流サイト「フェイスブック」で応酬している安倍晋三首相についても「特定の個人に外交を語る資格がないと言い切るのは問題だ。学者やジャーナリストは安倍政権の批判を躊躇(ちゅうちょ)している。首相に名指しで批判されるかもしれないからだ」と語った。

訳が分からないならば、理由を教えてやろうか?
与党時代の反省が全く出来ていないからだ。

ちなみに大反省会を行ったらしいが、どういう内容かはこれを確認してください。
実は反省なし? の民主党「大反省会」←クリック。
細野氏の話すことはすべてがブーメランとなり自分に突き刺さっている。
反省と、自己検証と、再生プランが出来ていれば、もう少しまともな発言ができるはずだ。
そもそも、学者やジャーナリストが批判を躊躇してどうする?
政治に非を鳴らし、権力の監視になることがジャーナリストの使命でしょ?
自分たちは安全な場所から、相手を叩くことがジャーナリストだと思っているのか?
誤報や偏向報道にはクレームが来るのが当たり前ではないか。
さすがマスコミとズブズブなお友達関係の民主党幹部は言うことが違いますな。
あ、マスコミと言っても、細野氏はフライデーは大嫌いでしょうけどね。
細野豪志と山本モナの不倫キス写真←クリック。

こちらも酷いよ。
「高市氏発言は自民党のおごり」 玄葉・前外相←クリック。
自民党の高市早苗政調会長から「原発事故で死んだ人はいない」という話があったが、現実をまったく知っていない。岩手、宮城、福島で津波で亡くなった方々はたくさんいるが、福島は特に深刻で、原発事故で自衛隊や警察、消防がすぐに捜索に入れなかった。原発事故がなければ助かった方もいたかもしれない。
 政策責任者である高市氏の発言なので、党全体の発言でもある。巨大になった自民党のおごりだ。それをチェックし、ブレーキをかけるのは民主党しかない。(国会内での民主党代議士会で)

菅直人が出しゃばらなければ、原発事故も最小の被害で済んだはずだ。
確かに、高市氏の発言は誤解を生むし、問題視するべきだろう。
しかし、細野の発言には政権与党だった反省が全く込められていない。
原発事故を人ごとのように話す民主党幹部の言葉が、国民に響くとは思えないのだ。
結局、民主党の問題は『自民に反対することでしかアピールできない底の浅さ』
に尽きると思う。
自民はダメだ、民主をよろしく。ではそこらへんの有象無象の政党と同じ。
民主はこうする、民主をよろしく。こう言えない限り、対決軸など産めやしない。
本当に、政権与党の3年3ヶ月を無駄にしているな。
もう一度チャンスをもらえる訳が無いだろうに。

そして、ほかの有象無象の党は?
民主と生活の党が福岡で選挙協力。
民主党の細野豪志幹事長と生活の党の鈴木克昌幹事長は19日、国会内で会談し、夏の参院選福岡選挙区(改選数2)で、生活が民主党公認候補を支援することで合意した。今後、比例代表や両党の公認、推薦候補が競合しない他の選挙区での協力も模索する。
分離した相手先と、また協力かぁ。
何がしたかったんだろう、一体?
合従連衡を繰り返しても、結局は政局優先の政党運営とばれるよ。
有権者をあまりにも馬鹿にした行為と感じる。
わかってないんだろうね、きっと。

類は友を呼ぶというけれど、似た者同士意見が合うらしいです。
社民の「米軍は人殺し」発言 民主・柳田氏が理解示す
社民党の山内徳信参院議員が参院外交防衛委員会で「米海兵隊の使う基地は人殺しのためのものだ」と発言した問題があり、民主党の柳田稔元法相は20日の同委員会で「そういう声も沖縄にあるんだな。真摯(しんし)に受け止めなければならないと感じた」と理解を示した。
 沖縄出身の山内氏は11日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を「人殺しをする戦争目的の飛行場建設だ」と述べた。
柳田氏は、佐藤正久防衛政務官が山内氏に発言の撤回を求めたことを問題視し、「議員が委員会の場で発言するのは憲法で認められている」と山内氏を擁護。柳田氏は菅直人政権の法相当時、「(国会答弁は)2つ覚えておけばいい」との国会軽視発言で辞任に追い込まれた。

柳田稔は参議院議員。しかし改選は2016年でまだまだ先です。
選挙関係ないから、こんないい加減なこと言えるんだろうな。
3年後まで覚えておくぞ!!!
まぁ、この言動を忘れる人はいないだろうから、落選は確実と思うけどね。
「皆さんも、何で柳田さんが法相と理解に苦しんでいるんじゃないかと思うが、一番理解できなかったのは私です。私は、この20年近い間、実は法務関係は1回も触れたことはない」「法務大臣とは良いですね。二つ覚えときゃ良いんですから。 個別の事案についてはお答えを差し控えますと、これが良いんです。 わからなかったらこれを言う。で、後は法と証拠に基づいて適切にやっております。この二つなんです。まあ、何回使ったことか」などと発言した[5]。
柳田の選挙区は広島。
広島の皆さん、2016年の選挙に期待しています。

そして社民はこんな感じです。
社民党選挙公約「強い国より優しい社会」
社民党は20日、参院選公約を決定した。
素案の段階では、改憲阻止、くらしと雇用の再建、脱原発、
環太平洋連携協定(TPP)の4本柱としていたが、パブリックコメント(意見公募)を踏まえ、
東日本大震災の「被災地の再生」を柱に加えた。
公約のキャッチフレーズは「強い国より優しい社会」。
被災地再生では、避難生活が長期化し、命に関わるほどの問題になっているとして、
被災者や避難住民向けに、雇用創出と住宅再建を急ぐとした。
また、憲法改正の発議要件を定めた96条の改正反対を明記。
首相の経済対策を「雇用がますます不安定になりかねない」と非難し、
賃上げと雇用安定化で景気回復を目指すとした。 

被災地の再生を優先というのは賛成だ。
しかし社民党にそれを言う前にやることがあるはずだ。

社民党旧本部、復興予算で耐震診断 「流用」批判と矛盾
社民党の本部が入っていた社会文化会館(東京都千代田区)で昨年中に実施された耐震診断費用の一部に、東日本大震災の復興予算が使われていた。社民党は復興予算が被災地以外の事業に流用されていた問題を批判してきたが、姿勢が問われそうだ。
金を返して謝罪をすべきだ。
まぁ、どうせ泡沫政党に転落するだろうが、ここは確実に追い込んで置きたい。

過去記事参照してください。

自民は躍進、維新低迷、みんなは埋没、民主は維持、社民は滅亡←クリック。
政党として認められるには?
5議席以上or得票率が2%なんだけど。
次の参議院選挙獲得議席が0だと、社民党は4議席となる。
得票率も前回は2.2%だったので、2%切る確率は多い。
よし、頑張ろう。
慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士
『慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士』というタイトルだけでも広めたい。


最後に維新。
橋下氏「都議選敗北なら共同代表辞任」 石原氏との関係に亀裂!?
日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は19日、東京都議選(23日投開票)の結果次第で共同代表を辞任する考えを表明した。石原慎太郎共同代表が橋下氏の慰安婦問題をめぐる発言を「大迷惑だ」と批判するなど2人の亀裂も表面化。橋下氏が辞任すれば石原氏の責任問題も避けられず、7月予定の参院選を前に党が分裂する可能性が出てきた。参院選後をにらんだ「野党再編」の動きにも拍車がかかりそうだ。(原川貴郎)
う~ん、弁慶と義経のようには行かなかったようですなぁ。
もともと太陽の党と維新の会は政策もかなり違っていて、合同するのが不自然だった。
しかし、維新の会の『議席数』を有効に生かし、存在感を強める旧太陽の党の人々に「乗っ取り!GJ!」とか思っていたんだけど。
うまくいっているときは見逃せる歪でも、怪しくなれば大きく見える。
いよいよ橋本氏を追い出して維新乗っ取りを行うのか。
それとも、維新と分離して太陽の党として独自路線をいくのか?
俺には読めません(笑)
まぁ、後者のほうが応援のしがいがあるなぁと思う。
ふと、石原慎太郎閣下は『西村議員の無念』を忘れてないのかなぁ、なんてちょっと思いました。

参議院選挙が近くなってきました。
選挙関係の記事も増やしていきます。
日本の未来を決めるのは、私たち国民であり、その手段が選挙です。
民主党政権時代に「誰が政治をやっても変わりはしない」というのが間違いとうことを学びました。
その学んだことを活かしていきましょう。
自分で調べて、自分で考える。
多くの国民が真剣に政治に向き合ってこそ「国民の主権」を確立できると思うのです。

このブログが、ちょっとした手助けになれば、自分がここにいる意義もあると思える。
これからも頑張っていきますので、応援お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。