スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国封じ込め作戦継続中

応援とは、力を貸して助けること。
読者の方のクリックは、確実に私の力になっています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

尖閣12カイリ、不進入要求 中国 首脳会談の条件に「領有権問題認めよ」 日本は拒否
日本政府が昨年9月、沖縄県・尖閣諸島を国有化した後、中国政府が首脳会談開催の条件として「日本が領有権問題の存在を認めた上で、日中双方の公船が尖閣諸島から12カイリ内に入らないことで合意する」ことを日本側に要求していたことが21日、分かった。
 領有権問題は存在するが「棚上げ」状態とする中国の基本方針に沿った要求で、日本側は拒否。電話会談も含め首脳間の協議ができず、1年前に日中防衛当局がホットライン設置などで一致した偶発的衝突防止のための「海上連絡メカニズム」が正式合意できない状況だ。複数の日中関係筋が明らかにした。
 関係筋によると、尖閣諸島の国有化で日中関係が険悪化する中、尖閣周辺での不測の事態を恐れた日本側は昨年末まで、河相周夫外務次官と杉山晋輔アジア大洋州局長を北京に断続的に派遣。昨年6月に事務レベルで大筋合意に達した「海上連絡メカニズム」を首脳間で合意するための外交工作を進めた。

安倍内閣は『尖閣は日本固有の領土』という姿勢を崩さないようですね。
付け入る隙を与えない、流石だ。
中国からしたら、日本が会話を拒否するせいで、アジアの緊張が高まるというのだろうが。
フィリピンやベトナム、ブルネイあたりとの国交を活発にしている今は、通用しない。
盗人が盗みに失敗したのに「頑張ったんだから少しは分けろ」とか言われる筋合いはないのだ。
中国:そろそろ仲直りするアルよ~。
日本:ほう?だが断る。尖閣には入るな。
中国:会話を拒否する日本のせいでアジアの緊張が高まる。
日本、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、インド:お前が言うな!!!
1347377946.jpg
安易に尖閣を棚上げにしたら、中国は安心して南シナ海の侵略に集中するでしょう。
棚上げを拒否することは、日本の国益だけでなくアジアの平和にも貢献すると思うのです。
ただ、偶発的衝突防止のための「海上連絡メカニズム」が正式合意できない状況は心配です。
万が一のことがあったらどうするか?
その危険性を認識し、日本から常に外交工作を続けるべきですね。
日本は会話のドアは開いている。
中国は理不尽な行動を慎み、会話を重ねるべきだ。

まぁ、国際社会には常にこういうアピールをしていく必要があるでしょう。
中国は、共産党は戦争を望んでいなくても、一部の軍人が暴走する可能性はある。
棚上げ論は承知できないが「海上連絡メカニズム」はお互いの国にとってメリットがある仕組みだ。
そのお互いのメリットについてさえ、取引材料にしようとする中国の態度は改める必要があるだろう。
自国の国益ばかりを拘って、協力関係を壊しているのは中国だ!
菅さんあたりに、バシっと言ってもらいたいね。

そうとう追い詰められているようですなぁ。
「中国の脅しには強く反対」米国務次官補指名のラッセル氏 上院公聴会
【ワシントン=佐々木類】オバマ米大統領から次期国務次官補に指名されたダニエル・ラッセル国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は20日、上院外交委員会の公聴会で、「アジア太平洋地域における中国の軍事力や経済力を使った脅しに強く反対する」と述べた。
 また、中国が東シナ海の尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域で挑発活動を続けていることや、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島でフィリピンやベトナムと領有権争いを続けていることに直接言及した。
 ラッセル氏は中国がこうした海域で示威活動を行っていることについて、「米国は中国に対し、日本やフィリピンなど同盟国を支持していることを明確に伝えてきた」と強調した。その上で「米国の国益に関わる問題であり、米中関係に影響を与えることを中国は理解している」と語った。
 ラッセル氏は近く上院で指名を承認される見通し。

そうとう強い勢いで、中国に対してプレッシャーかけています。
習近平が太平洋を二分割しようとか途方もないバカな夢を語ったばかりに。
アメリカさん、怒らせたのかもねぇ。
ちなみに、国務次官補、および国務次官補クラスの職務はアメリカには30以上あるらしい。
アメリカ合衆国国務次官補←クリック。
その中の一人が行ったことだから、対して影響力はないかもという考え方もあるが。
このダニエル・ラッセル氏が、東アジア・太平洋担当国務次官補だとしたら、かなり期待が持てると思います。
そんなダニエル氏は、こんな人らしい。
米国務、国防両省幹部に知日派3氏 アジア太平洋政策どう影響?
【ワシントン=佐々木類、犬塚陽介】2期目のオバマ米政権発足に伴い退任したカート・キャンベル前国務次官補の後任に、国家安全保障会議(NSC)のダニエル・ラッセル・アジア上級部長が内定したことが明らかになった。ラッセル氏の後任には、シファー元国防次官補代理の起用が有力視されている。
 ラッセル氏は職業外交官で、駐大阪・神戸総領事や国務省日本部長を歴任した知日派。オバマ政権が発足した2009年、NSC日本・朝鮮部長に就任、11年からNSCアジア上級部長に昇格した。

知日派であることは間違いない。
きちんと日本の文化や風土を理解した人が、外交分野の窓口になるのならば心強い。
お互いの国益のために協力し合うのには、理解が深い人のほうがうまくいく。
きちんと、連携しあって、中国包囲網を完成させたい。
外交ベタと言われた日本が、最近では中国を追い詰めるほどになりました。
アメリカやASEANやインドが変わったのではない。
日本が変わったからこそ、日本に対するアプローチも変わったのです。
中国に何を言われてもショボンとしている国に対して「一緒に戦おう」とか言うわけがない。
日本が中国に毅然とした態度をとるからこそ他国は「協力して戦いたい」と思うのです。
そして、この状態は安倍内閣だけの成果ではありません。
中国に対して引かない日本政府を支持する私たち国民の成果でもあると思うのです。
国民が支持するからこそ、政府も自信を持って強い態度で中国に当たれる。
私たちが変われば、政治も変わる。
その証明がされていると思うのです。

参議院選でも、国民は賢くなったと思えるような投票をしていきましょう。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

強気&腹黒日本を期待!

中国人はそもそも自分にすりよってくるような
プライドの低い人間を軽蔑する

公明党の山口がシナを訪問した際、
自分から頭を下げていたが、
あれはシナ人に対しては絶対にやってはいけない態度

今後の日本は強気&もっと腹黒くたちまわるべき
シナ・朝鮮に対しては
「反日を止めて日本に謝罪しない限り
一切の援助はしない」と明言するべき

これで1000年は近寄ってこれないww


No title

 こんにちは。

 これまで妥協し過ぎた過去の外交姿勢を反省に立って、強気な姿勢で行く外交を望みます!!

 日本の強気な姿勢がアジアの緊張を高めると中国は言うが、緊張を高めているのはどっちだ? 帝国主義丸出し国家に言われたくない!! これはアメリカとイスラエルが「戦争のない世界を」って訴えるのと同じだ。

 フィリピンやベトナム、インドとの関係を強化して中国を包囲する姿勢を取ることが必要です。あと朝鮮半島も包囲しないとダメですね。
 アメリカが中国を「軍事力と経済力を使った脅しに抗議」と牽制、アメリカにしてみればかつてのソ連以上の「脅威」と見なす可能性が出てきました。

 日本が行動に出たならば、チベットのダライ・ラマも行動に移すべきです!!

No title

金輪際、支那朝鮮と有効関係など結べるはずがないことを認識の核にすえるべきですね。向こうが謝ってこようがそんなことはうわべだけで一切信用するべきではありません。

ただ、一方的に外交を断つようなことをあからさまにやるのも芸がないので、うわべだけ、こちらはいつでも有効関係を深める用意があるとはいっておいた方がいいですね。ただし、向こうが絶対に折れることができない相手の核心的利益に触れることをいっておいて、さらには核武装し、特ア以外の諸外国との関係強化を進めながら。

まあ朝鮮相手には、お前らの間違った歴史観を正して、これまでの日本に対する侮辱に対して謝罪するなら許してやるといえば、それでOKですね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。