スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本外し?望むところだ。

東アジアでは、中韓が接近しており、日本外しを画策しているようですね。
望むところです。そのまま日本に構わないでください。
同じように思ったら、you~クリックしちゃいなyo~。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

日本念頭に歴史問題で憂慮表明、朝鮮半島非核化で協力
【北京=川越一】国賓として中国を訪問した韓国の朴槿恵大統領は27日、北京の人民大会堂で中国の習近平国家主席と会談した。両首脳は戦略的協力パートナーシップ関係を強化し、北朝鮮の非核化に向けて協力していくことを確認。中韓関係の未来像を示す共同声明の中で、日本を念頭に歴史問題に憂慮を示した。
 共同声明で両首脳は、「最近、歴史問題などにより(北東アジアの)国家間の対立と不信が出現し、状況はさらに悪化している。これに対し、憂慮を表明する。国家間の信頼と協力を構築するために努力する」と主張した。
 韓国歴代大統領が就任後、日本より先に中国を訪問するのは初めて。中韓と日本の関係が冷え込む中、朴氏は、北東アジアの政治的対立が解消されない原因は日本にあるとの認識を、中国と共有することを望んでいた。共同声明で示した「憂慮」が、日本を念頭に置いたものであることは明らかだ。直接の日本批判を避けたのは、米国に対する配慮が働いた可能性がある。
 また、首脳会談の中で朴氏は、北朝鮮の挑発に断固とした態度で対応するとした上で、対話を通じて緊張緩和を図り、非核化を導くとする自らの対北朝鮮政策「朝鮮半島信頼プロセス」について説明。習氏は支持を表明した。中韓自由貿易協定(FTA)交渉を加速することなども話し合われたという。

韓国と中国、これらの特定アジア国と協力体制は取れません。
どれだけ日本がへりくだり、気を遣い、思いやっても「それが当たり前」と思うような国家です。
日本は、よく我慢しました、でももう我慢しなくて良いのです。
というか、もう我慢したくない。
中国、韓国の方から日本外ししてくれるなんてなんて、なんてラッキーなんでしょう。
一応「対話のドアは開いている」と日本は関係を見直すことに前向きですよ、と「国際社会」にはアピールしておき。
中韓には、擦り寄ってこないように「靖国参拝」や「教科書検定」をしっかり行っていきましょう。
ダブルスタンダードですが国益に叶う方法なんだから、いいんです。
日本もそのくらいの「図太さ」を身につけなければ。
正直さや誠実さは個人では美徳だが、国家では損失になる場合があるのだ。

中国と韓国が急接近しているところ、日本はどうなっているのかといえば。
安倍外交のとてつもない凄さ
習近平は六月六日、カリフォルニア州のオンタリオ空港に到着した。米中首脳会談に臨むためだ。世界各国の報道を比較すると、日本のメディアだけが浮足立っていた。より正確に言えば、産経を除く日本メディアと中国共産党の機関紙、人民日報と環球時報だけが「世紀の会談に臨む両首脳」というイメージを演出していた。
  ~中略~
 安倍首相誕生から半年で、2プラス2協議を日本と行う国は従来の米国、豪に加え、インド、インドネシア、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてロシア、フランスと凄まじい勢いで増えている。一方、日本メディアが騒いでいた米中首脳会談は、歴史上、最低の会談に終わり、あのNYタイムズまでもが電子版で、最初は《米中、気候の話は一致だが、サイバー攻撃では決裂》と皮肉たっぷりの見出しで報じ、その後、《米中、北朝鮮では近づいたが……》と差し替えられた。
 習近平がオバマに、「太平洋には米中二大国を収める十分な空間がある」と述べたという報道はあった。だが、オバマがそれをいなした背景には、太平洋を法と民主主義が支配する自由な海にすべきだと、安倍首相が就任直後に発表した英語論文「アジアの安全保障ダイヤモンド」の構想どおりにこの半年間、走り続けてきた安倍外交があったことを報じるメディアはない。米中首脳会談後、人民日報が連日、安倍外交を非難し始めた。つまり、朝日とNHKが米中首脳会談に期待していたのは、実は、安倍批判だったのである。

長いので抜粋していますが、出来ればリンクから全文読んでください。
いい記事書くな、この人と思ったら、筆者は西村幸祐さんでした。納得。
2プラス2とは安全保障について話し合う会議のことで、外務大臣と防衛大臣クラスの人間がそれぞれ出席する会議のことです。
過去にこだわる中国、韓国は日本憎しの感情に捕らわれて、協力関係を築けない。
しかし、日本は未来志向で、他国との相互協力関係を築くのに積極的だ。
そもそも日本は、中国、韓国、北朝鮮以外とはウィンウィンの関係を築けるのだ。
なんだか、このイラストが現実だったんですね。
9d9b22aa_convert_20130610215827.jpg
日本は世界に必要とされている。
中国、韓国が日本外しをしたいというのなら、それは大歓迎である。

むしろ、今まではアメリカ、中国、韓国との関係が強すぎた。
グローバル社会だとか言うんだから、その通りに世界中との付き合いを深めていきたい。

そんな中国韓国はさらに経済関係を強めるらしいのですが。
韓国と中国が通貨スワップ協定を3年延長、必要なら規模拡大も=韓国中銀
[ソウル 27日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は27日、韓国と中国が緊急時に通貨を融通し合う通貨スワップ協定の3年延長で合意したことを明らかにした。
同中銀によると、64兆ウォン と3600億元 相当の通貨スワップ協定は当初2014年10月に期限を迎えるはずだったが、この期限が2017年10月に延期された。
韓国中銀は声明で、中韓両国が協定の期間を3年以上に伸ばす可能性や必要なら既存の協定の規模を拡大する可能性もあると説明した。

中国も韓国も経済やばい状態なのに、ダメダメコンビでスワップ組んでどうするんだろう?
共倒れか(笑)
うまい酒が飲めそうだ。

まぁ、不安な面もある。
韓国が経済破綻しても世界は特に困らないだろうけど。
中国は市場がでかいだけ、世界にある程度の影響はあるだろうなぁ。
金融不安も起きるだろうから、円高になりアベノミクスの効果が半減される可能性もある。
しかし、アベノミクスを実施していない状態で中国経済が破綻したら、超々円高になり、それこそダメージは大きいだろう。
中国経済の破綻は、世界経済に影響は与えるけどすべてが悪い方向に進むわけでもない。
中国の会社が倒産続出し、生産が減少することで輸出が減ることになると、日本の製造業の復活もあり得る。
中国の生産低減は「無駄に使っているエネルギー」も減ることになり、資源関係は獲得しやすくなるだろうし、材料費も安くなる。
そしてこんな記事を見つけました。
コラム:中国減速の影響はアジア域内でもまだら模様
アジア市場の下落は、中国の景気減速がこの地域に悪影響をもたらすとの見方を反映している。しかし事はそれほど単純ではない。
経済規模の大きいアジア諸国の輸出に占める中国向けの比率と、輸出の国内総生産(GDP)における重要性に目を向けよう。中国は過去10年間で急拡大を遂げたが、近隣諸国への影響は予想より小さい。
~中略~
好況時には、中国が市場開放を遅らせていることが不満の種となったが、景気が減速するとむしろ幾分かの安心感をもたらす可能性がある。

儲けること優先で、市場開放を送らせているおかげで、破綻しても影響は少ないそうだ。
逆に、中国が破綻しそうになっても国際社会は助けない可能性もある。
これって、凄いメシウマなんですが(笑)
少しは安心しました。
一刻も早い、中国経済の破綻を望みます。
そして中韓共倒れならなお良し!

日本は絶対に助けない、こっち見んなよ。
こっち見そうな空気を感じたら、即、靖国参拝だな。
英霊たちのご加護がある。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中韓サイドから離れてくれて感謝感激!!!

 朴大統領の不良娘は親父を批判して大統領になっただけのことはある。どんな教育を受けてきたのかわからないが、全然サラブレッドの片鱗さえない駄馬そのものだ。
 破産寸前の宗主国支那と仲良くしようとは大した負け犬根性でよろこばしい限りだ。
 日銀が特亜3国(寄生虫国家)支援政策を止めた途端に彼らは坂を真っ逆さまにおちているようだが、どれだけ現状認識できているのやら。
 日本としてはじっと見ているだけで良い結果が期待できそうだ。正しい歴史認識ができるまでは、永遠にさようならだ。。、

事実の追認

 これを逆説的に述べると、日本から突き放された中韓がメンツを保つために「日本外しするアルニダよ」と言っているにすぎないということになりますね。
 マスゴミはこぞって「日本が孤立するぅぅぅ!」と叫ぶのでしょうが、日中・日韓首脳会談がなくて、なんか日本に不都合なことありましたかね?
 なんもないし、むしろ日中韓FTAなどという無意味な協定の話が進まないだけ有益であると言えます。
 このまま中韓とは距離を置いて、親日あるいは中立の国々と連携し、中韓に割いていた無駄な予算をそちらのほうに向けるようにしていくべきです。
 安倍自民党はすでにそのように動いていますから、あとは、参院選で民主党が大惨敗して、中韓と結ぶ日本国内のダニが減ることを願っています。

日本の未来は明るい!

初めてコメントします。

毎日のブログ更新、お疲れ様です。

最近、嬉しいニュースが多いですね♪
日本は長い間、本当によく我慢して来ましたね。
世界は広いのですから、こんな頭のおかしい民族と無理してまで付き合う必要もなければ、歩み寄る必要もないと思います。
適当にあしらって必要以上に関わらないのが一番です。

ニュースを見ていて、ん?と思う時に、こちらのブログにお邪魔すると、わかりやすく解説して下さっていて、助かります。

これからもお邪魔させて頂きますね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。