スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国包囲網がいい感じだ。

なんだか、中国の他国への侵略があからさまになってきている気がします。
追い詰められて余裕が無くなった証拠と思うのです。
日本はアジアの盟主として、中国に毅然とした態度で対応することこそ、国際社会での貢献と思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
支えられて、がんばれています。

東シナ海ガス田開発 中国が新たな採掘施設の建設すすめる
東シナ海のガス田開発をめぐり、中国が新たな採掘施設の建設を進めていることがFNNの取材でわかった。
政府関係者によると、中国が新たに建設を進めている採掘施設は、東シナ海にあるガス田「樫」、
中国名「天外天」の北東およそ30kmに位置し、2013年4月ごろから建設が開始されたという。
5月中旬に海上保安庁が上空から確認したところ中国側が巨大なやぐらやパイプなど、ガスの採掘に必要な機材を船で運んでいた。
採掘施設は7月中旬にも完成し、その後、水深およそ100メートルの海底にパイプを通す作業が始まるとみられている。
中国のこうした動きについて岸田外相は、外遊先のブルネイで「情報収集には努めていますが、その内容およびそれに対してどう対応したか、その点につきましては現状においては控えさせていただきます」と述べた。
東シナ海のガス田をめぐっては、2008年6月、日本と中国がガス田「白樺」、中国名「春暁」を共同開発することで合意したが、その後、中国側に単独掘削の動きが見られたことなどから、共同開発は一向に進んでいない。

3e1f2b72_convert_20130703234530.png
東シナ海のガス田の問題はこちらを参照。
東シナ海ガス田問題
ざっくり説明すると。
東シナ海には6箇所のガス田が存在する。
いくつかのガス田が、境界線をまたいで存在するのが厄介。
中国は平湖で採掘開始。中国側なので日本はスルー。
白樺で中国が採掘開始。
日本がクレームをつけて共同採掘することを決定。
中国が「樫」を単独採掘。日本はクレームするも中国は反発する。
まぁ、結局は中国の強かさと狡さに日本の資源を盗まれている訳です。
51c0cdc1.jpg
img_846757_38055054_3.jpg
↑本来、日本側で採掘すれば資源が得られるが、中国が全て吸い取ってしいまい盗み続けている。
当然、日本側は講義をしているのですが、中国は相変わらずです。
中国「抗議受け入れられない」 東シナ海ガス田施設建設
東シナ海での中国による新たなガス田採掘関連施設建設で、中国外務省の華春瑩副報道局長は3日の記者会見で「中国は自国の管轄海域で開発活動を行っている」として事実上建設着手を認めた上で、「日本側の抗議は受け入れられない」と述べた。
 菅義偉官房長官が同日午前の記者会見で、中国による新たな施設建設着手が確認されたと明らかにしていた

なるほど、受け入れられないのなら、受け入れるようにしたらいいと思います。
このガス田問題こそ、国際司法裁判所に訴えると警告するべき事案です。
ガス田自体は、埋蔵量も少なく経済的には影響は少ない。
ただ、施設を建設することで、中国の領土を拡張しようという目論見です。
黙っていたら、新たな施設を建築されてますます不利になります。
国際司法裁判所に訴えて、国際社会に正々堂々と主張しましょう。
一時期は、日本と共同開発すると同意しているのです。
いい勝負ができるのではないでしょうか。
ただ、中国の建設物が出来ている限りは、裁判で負ける可能性もある。
裁判で負けたら、そこまでは中国の海域と認めることになり、非常にやばいです。
あくまで訴えると主張して、新しい建設物の構築を防止する。
そして領土問題を抱える国にプレッシャーをかけることになります。
中国が「では、尖閣について中国は日本を訴える」とは絶対に行ってきません。
尖閣諸島は、訴えれば中国が100%負けることは奴らも分かっていますから。
日本は選択条項受諾宣言国家です。
この宣言をしたいるからには国際私法裁判所へ訴えられたら応訴が義務となっています。
なぜなら、日本は平和国家で、法治国家の先進国ですから。
中国も先進国のお仲間入りをするにならば、選択条項受託宣言をするべきだ。
そのくらいの事は言っていいと思います。
ASEANからも喜ばれるでしょうね。
特に、フィリピンは中国を国際海洋法裁判所に訴えていますからね。
せっかく作った中国包囲網、効果的に活かして追い詰めていきたい。
ここで訴えれば「次は竹島が訴えられるニダ」とか勝手に火病起こす奴らがいてウザイですが。
こいつらにも選択条項受諾宣したらどうですか?と言ってやろう。
きっと「ファッビョ~~~~~ン」とか言うんだろうな。ああ、気持ち悪い。

孤立恐れているのは中国
米国のブッシュ共和党政権の元高官が最近、ケリー国務長官とアジア問題で協議した際に、長官から「どうして日本はアジアで孤立しているのか」と問われた。知日派の元高官が「それは中国と韓国だけのことで、日本の安倍晋三政権は、他のアジア諸国から歓迎されている」と答えると、びっくりしていたという。 最近、ある日米安全保障に関係した集まりで聞いた話である。元来、アジアへの関心が薄かったケリー長官に対する国務官僚の説明が不十分だったか。あるいは、中国による「世論戦」の成果かもしれない。
 中国は日本政府が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化して以来、尖閣諸島問題がただの領土紛争ではなく、日本による「侵略の歴史」が原因として歴史カードを多用した。
 だからこそ、東アジアを熟知する米国の知日派人脈が重要になる。知日派の元高官は、ケリー長官に「孤立を恐れているのは、むしろ当の中国なのだ」と解説を加えており、長官は東アジア情勢への学習効果を高めたに違いない。
 実際、日本がアジアの海をめぐる案件で孤立することは考えにくい。中国は南シナ海の大半を「力で支配」しようと、ベトナム、フィリピンの沿岸国と対立し、東シナ海では尖閣諸島を奪取しようと日本と対立している。~後略~

協調性のない国が孤立するのは当然である。
他国の領土、領海を侵略しまくる中国が、認められる訳が無い。
今までは、中国対日本、中国対フィリピン等と個別対応が出来たから、大きな問題になならなかっただろう。
しかし、今は中国包囲網である自由と繁栄の弧が描かれている。
080927_01.jpg
中国封じ込め作戦である、セキュリティダイヤモンドが形成されている。
plt1301281136002-n1.jpg
価値観を同一とする各国が、協調して中国に対して監視、警戒を行っている。
今までのように、好き勝手にできるわけがないのだ。
しっかし、中国からしたら日本は目障りだろうなぁ。
個別対応で、ASEANとかの批判も封じてきたのに、最近は日本がどんどん味方を増やして包囲されていく。
アメリカもようやく中国の経済力によるのメリットより将来の危険性を重視し始めた。
一国だけ、日本の中国包囲網に誘われずに参加出来なかった上、中国に擦り寄っていく馬鹿な国がありますが。
わざわざようやく完成した包囲網の中に入って行って何をするつもりなんでしょうね。
本当に理解できない国だ。

そんな理解できない国の話題を1件。
韓国 「日本よ、過去に被害を与えた国々に日本領土の一部を割譲したらどうか・・・ドイツはそうした」
日本が隣国の信頼を得る三つの方法がある。これを通じて日本は”戦犯国”の汚名を脱して、今後、東アジアの秩序を主導する道徳的名分と政治的地位を固めることができる。
最も強力な方法は現在の日本領土の一部を戦争犯罪の代価として、過去に被害を与えた国家に割譲すると宣言することだ。とんでもないことだと思うでしょうが、同じ敗戦国家であるドイツはそのようにした。
~以下くだらないので略~

相変わらずです。
当時、朝鮮人は日本人で朝鮮半島は日本国だった。
韓国も紛れもない敗戦国なんだが、漢字も読めなければ歴史も直視できない民族に何を言っても無駄だろうな。
疫病神とは、関わったら負けである。
中国もとんでもないババ引いたなぁ、ざまぁ(笑)

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

是非早々に抜き合戦に参加を

資源泥棒の件ですね。

もう何年も前に話題に成った時、「日本も日本側でドンドン抜いた方がいい」という声もありました。

相手は中国、口では「話し合いで」とか「中国は平和主義だ」とかの大嘘に騙されてはいけませんね。

そんな嘘をついていう合間にせっせと盗掘をする国ですから。

だから、「日本もさっさと抜いちゃえ」というのもあながち間違いでもないでしょう。

戦争目的であるアジアの植民地解放は達成しましたから、一概に敗けたとは言えませんね。

Re: 是非早々に抜き合戦に参加を

ADさん、コメントありがとうございます。

> 資源泥棒の件ですね。
中国は資源、領土泥棒しないと国が傾きますからね。
日本も共同開発した時の証拠とか振りかざして欲しいと思います。

Re: タイトルなし

> 戦争目的であるアジアの植民地解放は達成しましたから、一概に敗けたとは言えませんね。

アジアさんコメントありがとうございます。
うん、そういう考えもありますね。
台湾や東南アジアの親日は、ご先祖様のおかげだなぁ。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。