スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許さなくていい、だから関わらないでくれ。

いつも応援ありがとうございます。
目標としていた20位以内をなんとかキープ出来ています。
奢らず、真摯に、真剣に、記事を書いていきます。
応援されると、サイトの更新も楽しいし、やり甲斐があります。
もっと国益になるような、いい記事を書きたい。
そう思いながら文章修行の日々を送っています。
頑張れ、と思った方はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


「中韓と首脳会談なし」は孤立か
11日午後、ソウル市内の韓国外務省。訪韓した斎木昭隆外務事務次官と金奎顕第1次官は硬い表情で会談に臨んだ。斎木氏は終了後、記者団に「友好的な雰囲気の中で建設的な意見交換をした」と語った。日本側は次官協議を通じ、日韓関係を前進させたい考えだが、金氏は「両国関係の発展にはまず日本が歴史問題の解決へ、誠意を持って対応することが重要だ」と慎重姿勢を示した。
 むしろ韓国は中国との接近を図る。韓国紙・ソウル新聞によると22日ごろには米中韓戦略対話をソウルで開催する。「日本を排除する目的ではない」(尹炳世外相)としつつ、中国との蜜月ぶりを強調したいようだ。
 日韓間では竹島(島根県隠岐の島町)や慰安婦の問題に加え、10日には日本統治時代に強制労働させられたとする韓国人への損害賠償を日本企業に命じる判決がソウル高裁であった。北朝鮮の核・ミサイル問題もあるが、正式な首脳会談は昨年5月以降、1年以上開かれていない。日中間も同様だ。
参院選で野党側はこれをとらえ「(安倍晋三)首相はいろんな国を回ったが肝心の中国、韓国とまだ会談が行われていない」(海江田万里民主党代表)、「国際的に孤立を深めている」(小沢一郎生活の党代表)と、首相批判を展開する。
首相は「全然孤立していない」と反論。「対話のドアは常に開いている。(中国は)そこで主張すべきは主張すればよい」として、日米同盟を基軸に、対中外交などに関してはじっくり機が熟すのを待つ考えだ。~後略

日本が歴史問題の解決へ、誠意を持って対応することが重要?
日本は誠意をもって対応していますが?
「アジアの真実」さんより
まず1965年の日韓基本条約において無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借款で3億ドルを支払っている。合計して8億ドルである。この金額は当時のものであるので、貨幣価値を今の時代に換算してみる。また、8億ドルのうち3億の無償分のみに絞って考えてみる。
・(円換算)3億ドル×360円(当時1ドル=360円)=1080億ドル
・(物価換算)1080億円×10(当時の大卒初任給が約2万円)=1兆800億円さらに、日本は戦前韓国に残した資産を放棄している。これはインドが英国から独立したとき、イギリス人がインドに持っていた個人資産が個人に返却されたという前例があるように、十分に戦後賠償として通用する行為である。驚くべきはその額であり、総司令部民間財産管理局の調査では、軍事用資産を除き計53億ドルであった。(大蔵省財政史室編『昭和財政史。終戦から講和まで』東洋経済新報社)
つまり、日本は韓国に対して戦前資産53億ドル、戦後賠償8億ドルもの巨額の賠償を行っている。そして日韓基本条約には、以下の言葉が記されている。「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」(協定第二条1)
つまり、61億ドル支払ったという事。
・(円換算)61億ドル×360円(当時1ドル=360円)=21960億ドル
・(物価換算)21960億円×10(当時の大卒初任給が約2万円)=219600。
戦時賠償の話がしたいのなら、21兆1960億円返せ、話はそれからだ。
金じゃないんだよ、誠意の問題なんだよ、という韓国人もいるかもしれないね。
しかし、それは嘘だ(断言)
理由は韓国人だから、という理由で十分と思います。

謝罪についてはこのような記事がありました。
韓国の98%「謝罪は不十分」=安倍首相好感度、中国で9%-米調査
【ワシントン時事】米調査機関ピュー・リサーチ・センターは11日、アジア太平洋地域で行った対日意識調査の結果を発表した。それによると、「過去の軍事行動に対する日本の謝罪は不十分」との回答は韓国で98%、中国で78%に達した。 また、安倍晋三首相の印象を尋ねたところ、好ましい印象を持つ人は中国で9%、韓国で12%にとどまった。「好ましくない」との答えは中韓両国とも85%。
 調査は3月4日~4月6日、中韓両国のほかオーストラリア、インドネシア、マレーシア、パキスタン、フィリピンと日本で実施された。
 日本の謝罪を「十分」と思う人は韓国で1%、中国で4%。「謝罪は不要」との回答は韓国で1%、中国で2%だった。
 これに対し、。日本の謝罪を「不十分」とする人は、フィリピンで47%、インドネシアで40%、マレーシアと豪州でともに30%日本では「不十分」28%、「十分」48%、「不要」15%となった。 
 一方、日本に対して好印象を持つ人は中国で4%、韓国で22%。2008年春時点で中国人の21%、韓国人の47%が日本に良い印象を抱いており、対日感情の悪化が顕著に見て取れる。
 マレーシア、インドネシア、豪州、フィリピンの4カ国では今回、日本に好印象を持つ人はいずれも8割程度に上り、中韓との差を際立たせた。(2013/07/12-01:13)

日本の謝罪は不十分との回答は韓国で98%、中国で78%に達したということですが。
なるほど、それがどうしました?
日本は、既に何度も謝罪もしているし、金も払っている(中国にはODAとして支援)
それでも中韓が「日本を許さない」というのならば仕方ない。
許さなくていい、だから関わらないでくれ。というのが日本人の素直な気持ちではないでしょうか。
フィリピンで47%、インドネシアで40%、マレーシアと豪州でともに30%というのは意外ですよね。
フィリピンやインドネシア、マレーシアは親日国ですが、意外と高い。しかし、記事の後半に注目。
マレーシア、インドネシア、豪州、フィリピンの4カ国では今回、日本に好印象を持つ人はいずれも8割程度に上り、中韓との差を際立たせた。
謝罪が不十分と考えている人が一定数います。しかし、日本に好印象を持っている人々は8割程度に上ります。
歴史は歴史、日本に対する好印象とは別問題。ということです。
これが本当の未来志向というものですよね、ありがとうフィリピン、インドネシア、マレーシア、豪州。
謝罪が不十分と考えている人々は、中韓のプロバガンダにやられているのだ。
きちんと「日本は謝罪を繰り返してきましたよ。今も村山談話を継承しています」とちゃんと知らしめなければいけない。
中韓で言っても効果は薄いだろうから、ASEAN会議などの国際社会の場所できちんとロビー活動する必要があるだろう。
日本を好きになってくれる国、必要としている国はたくさんあるのだ。
衰えたとは言え、世界第三位の経済大国。
高い民意と教養を持った国民が暮らす平和主義な法治国家だ。
その上国民はやけに世話焼きで技術を教えてくれる、金払いがいいくせに見返りを求めない。
そりゃあ必要とされるだろう。
日本が孤立?アジアではありえない。
日本が孤立?中韓とは孤立で本望だ。

ちなみにそれを証明するアンケート。
アジア10ヶ国の親日度
■ 日本という国について
 韓国、中国を除く8ヶ国では、80%が日本を「大好き」、「好き」と回答をしており、アジア全体で見ると、日本に対して友好的な傾向がみられます。中国では55%が日本という国を「大好き」、「好き」と回答をしている一方、韓国では「大嫌い」、「嫌い」という回答が64%となっており、「大好き」、「好き」を大きく上回っております。
2012110602_1_convert_20130712104309.gif
■ 日本人について
 タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピンでは、80%が日本人を「大好き」、「好き」と回答をしており、日本人に対して友好的な傾向がみられます。特にベトナム、フィリピンにおきましては90%以上が「大好き」、「好き」と回答しております。一方、韓国、中国では、「大好き」、「好き」との回答が50%を下回っております。
2012110602_2_convert_20130712104327.gif
素直にありがたいなぁ、と思いますよね。
と、同時に価値観を同一とする国と付き合うことの大事さがよく分かります。

所詮、中国は共産党独裁国家で価値観が合うわけがない。
韓国は民主国家だが政治、民度ともに未熟で、日本離れ出来ずに甘えて駄々をこねる幼児性国家。
・・・・書いていて気持ち悪い。
対話を続けても分かり合えるわけがないのだ。
ちゃんと社会が成熟している国や、日本を好意を持ち頼ってくる国とこそ、関係を深くしていき国際社会での立場を強化すべきだ。
つまりこう。
9d9b22aa_convert_20130610215827.jpg
こちらのイラストは本当に秀逸ですね。

そんな韓国の一流紙、朝鮮日報のマジキチ記事がこちら。
韓日間の非公式チャンネル構築を模索する日本
韓日間の緊張を解消するため、日本の安倍晋三内閣が朴槿恵(パク・クンヘ)政権と高官級の「非公式協議チャンネル」の構築を望んでいることが11日までに分かった。ソウルの外交消息筋によると、安倍内閣は最近、両国関係がさらに悪化することを防ぐため、朴大統領の信任を得ている政治家や外交部(省に相当)元高官などとの間に水面下のチャンネルを構築したい、という意向を伝えてきたという。安倍内閣のこうした立場は、正式な外交チャンネルを通じてではなく、日本の高官級の専門家たちを通じて朴大統領側に伝えられたとのことだ。
 韓日両国はこれまで、関係が悪化するたびに、韓日議員連盟に所属するベテラン議員が「水面下のチャンネル」を通じて問題を解決してきた。
 しかし、韓国大統領府(青瓦台)は日本側のこうしたチャンネル構築提案に対し、冷淡な立場を示しているという。韓国政府の関係者は「朴大統領は領土問題、過去史問題で対立を引き起こした安倍内閣が反省し、変化することが、両国間の信頼を構築する近道だと考えている。以前のように秘密チャンネルを通じて問題を取り繕うことには関心がないようだ」と語った。~後略

絶句(人は途方にくれると言葉を失う)
どう判断すればいいんだろう?
韓国は本気で日本が韓国を必要としていると思っているんだろうか?
何を、どういうところで、韓国は必要とされている?
断言するが。
日本は韓国を必要としていない。
キャンキャン吠えるウザイ野良犬を必要とする訳が無いだろう?
まぁ、韓国が日本を必要としていないのならば、それは喜ばしいことだな。
安倍内閣は今の状態を維持してもらえればいいと思う。
すなわち、政治は冷戦、経済は疎遠。
そして安倍内閣を代表して菅官房長官の名言で記事を締めくくろう。
『言っている意味が良く判らない』

応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マスゴミの報道は反日フィルターがかかっていますから、都合の悪い部分は『報道しない自由』が発動されます。今回の記事もそうなのです。
実はこの調査の回答は、
・謝罪は不十分
・謝罪は十分
・謝罪の必要はない
・分からない
という4択なのです。
「謝罪は十分」と「謝罪の必要はない」の数字を足すと、オーストラリア、マレーシア、フィリピンの回答は「謝罪は不十分」より上回ります。
詳しくは以下のソース元からご覧下さい。

ソース元
ttp://www.pewglobal.org/2013/07/11/japanese-publics-mood-rebounding-abe-strongly-popular/

支那、朝鮮とは拘わりたくない

 何度でも申し上げたい。日本から断交宣言はできません。大国には国際社会に責任がありますから。だから、すぐに韓国から断交宣言を出しなさい。それで終わり。
 もともと自立できない国家など国家ではありません.。一体何回経済破綻すれば気が済むのだ。支那の属国に戻るのが一番良いでしょう。長い間骨髄まで染みこんだ奴隷根性は1000年経とうが変わることはあるまい。
 日本には、ロシアの脅威もほぼなくなったし、緩衝国としての朝鮮など邪魔なだけで必要ない。
 国防は少々きつくなるが再構築すれば良い事だ。アメリカも重要視しなくなったし、よい時期だろうと思います。

No title

許さなくていい、だから関わらないでくれ。

自分の中の今年度「心の流行語大賞」に決定です

おはようございます

近代史上、今が一番いい状態

Re: No title

通りすがりさん、コメントありがとう。
> マスゴミの報道は反日フィルターがかかっていますから、都合の悪い部分は『報道しない自由』が発動されます。今回の記事もそうなのです。
ああ、報道しない自由ですね。
自分も検索したときは何もヒットしなくて。
もう報道は疑うこと前提で聞かなくては行けませんね。

Re: 支那、朝鮮とは拘わりたくない

一石賢さん、コメントありがとうございます。

>  もともと自立できない国家など国家ではありません.。一体何回経済破綻すれば気が済むのだ。
ああ、その通りですね。
自立できない国家を助け、自立させようとして関わってしまった。
底から間違いが生じたので、今後は関わらない。
お互いにスッキリするのに、韓国は構ってほしがる。
本当に気持ち悪いです。

Re: No title

shinさん、コメントありがとう。

> 許さなくていい、だから関わらないでくれ。
>
> 自分の中の今年度「心の流行語大賞」に決定です

ああ、これ心の声です(笑)
褒められると素直に嬉しいです。
応援ありがとうございます。

Re: おはようございます

イーグルスさん、コメントありがとう。

> 近代史上、今が一番いい状態
うん、そうですね。
気分はスッキリ爽快。
だけでなく「日本が意思を表した」事が大事ですよね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。