スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院選挙で日本の未来を選択しよう

今日は選挙ネタです。
3年に一度の参議院選挙ですね。
政治によって国民生活は変わります。
民主党政権の暗黒時代。
もう二度とあんな不安定で無能な政権に政治を任せられない。
選挙は自分の将来の生活環境をを決める行為です。
しっかり調べて考え、決断しましょう。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

内閣支持続落、53.6%=発足時下回る-時事世論調査
時事通信の7月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比3.8ポイント減の53.6%となった。依然高水準ではあるものの、減少は3カ月連続で、内閣発足直後の1月調査の54.0%を初めて下回った。不支持率は同3.3ポイント増の23.3%だった。
 調査は参院選公示後の5~8日、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.9%。
 支持する理由(複数回答)は多い順に「他に適当な人がいない」17.2%、「リーダーシップがある」16.8%、「首相を信頼する」15.1%など。支持しない理由(同)は「期待が持てない」11.4%、「政策が駄目」9.5%、「首相を信頼できない」8.2%などだった。
 支持率がピークだった4月調査と比較すると、「リーダーシップがある」が4.3ポイント減少する一方、「政策が駄目」は5.2ポイント増加した。
 自民党の支持率も3カ月連続のマイナスで、前月比2.3ポイント減の25.4%。民主党は同0.4ポイント増の3.9%にとどまり、同1.9ポイント伸ばした公明党の4.4%に逆転された。その他の政党支持率は共産党2.0%、みんなの党1.7%、日本維新の会1.6%、社民党0.6%、生活の党0.3%、みどりの風0.1%の順だった。 (2013/07/12-15:04)

安倍内閣の支持率の高さにも少し陰りが見えてきたようです。
選挙前に嫌な情報ですね。
しかし、今までのような高支持率がすこしおかしかったのかな?
アベノミクスのフィーバーが終わり、現実的になったとき、国民がどのくらい支持するかによるんでしょうね。
日本の政治は小泉政権以来「何かやってくれそうな人」を支持してきました。
その結果「なんだか期待できそうだ」という理由で民主党を選択し、日本の国力の低下を招きました。
郵政選挙の時などは「郵政」の中身よりも「強力なリーダーシップで何か変えてくれそうな人」をいう意味で支持されたような気がします。
その後の内閣も、最初は支持率高いけどだいたい下降線を辿ります。
j005_convert_20130713101840.gif
日本人は政治に対する結果をすぐに求める傾向があるようです。
その結果が、一年ごとの総理大臣交代であり、ねじれ国会の恒常化です。
総理大臣の交代は民主党もそうだけど、自民も同じだしね。
支持政権が直ぐに変わるからねじれ国会が恒常化する。
政権が変わるから、長期戦略も立てられない。
他国からの「日本国総理大臣」は政治的パートナーとして信用されにくい状態になる。
そろそろ、日本には安定政権が必要です。

自公、安定多数70議席確実 民主は半減も
産経新聞社は全国の総支局を通じて、21日投開票の参院選情勢を探った。自民、公明両党は過半数(122)に必要な63議席を大きく上回り、すべての常任委員長ポストを独占できる「安定多数」に必要な70議席の獲得が確実な情勢だ。共同通信社が4、5の両日に実施した電話世論調査でも、同様の傾向が出ている。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」などへの期待感や野党の低迷が影響しているとみられる。
 自民党は6月の東京都議選で候補者59人全員が当選した勢いを持続しており、全国31の改選1人区のほとんどで大きく先行している。ただ、岩手、沖縄では現職と激しい戦いを展開しており、予断を許さない情勢だ。他の選挙区でも、大半で候補者を1人しか立てておらず、安定した戦いぶりをみせている。2人を擁立した東京、千葉でも複数当選の可能性がある。
 一方、民主党は「2人区」の北海道、長野や「3人区」の埼玉、千葉、愛知などで議席獲得をうかがっているが、衆院選や都議選での低迷から脱却できておらず、「1人区」では厳しい戦いが続いている。~後略。

まぁ、この記事を見る限り自民党の圧勝はかなり確率が高い。
実際に世論的にも自民党の有利はまりがいないとは思いますが、油断は大敵。
党ブログは、選挙結果出るまでは安倍自民党を推薦していきます。
それと同時に「国民がきちんと政治に向き合い選択する」という行為も薦めていきたい。
選挙は政治家を選ぶ行為ですが、自分の将来の生活環境を選ぶ行為でもあるのです。
民主党政権で、政治が変われば、自分の生活も変わるということを学びました。
今後の選挙では、この唯一の『民主党政権時の功績』を生かさないと、やりきれませんしね。
実際、政治について学ぶことは知的好奇心を満足できる行為とも思うのです。
政治は分かりにくいしけど、調べて知識が増えるととても面白い。
日本は経済は一流だけど政治は二流と言われてきました。
『自分で調べて、自分で決める』選挙が日本に根付けば、政治も一流に近づけると思うのです。
子どもたちに、よりよい日本の社会を残していきたい。
そのためには、もっと『政治の選択』を真剣にし、政治に関わることを日常とするべきだと思います。
国民が政治について賢くなる、それこそが優秀な政治家を育てる一番の効果的手段と思ってます。
政党・候補者との相性診断
↑ここら辺とかやって見ると面白いですよ。
自分は自民党と出ました。
実際の支持政党なので、診断の正確さはあると思いましたよ。
選挙前.com
↑こちらのサイトでは、政治家の思想が簡単に分かる仕組みになっています。

選挙行っても何にも変わらないよ、という若い人も多いんですが。
そんな考えだから、何も変わって行かない、のです。
衆議院議員総選挙年代別投票率の推移
syu_nendaisui_convert_20130713110652.jpg
20代の若者の投票率は60代の半分以下です。
政治家も人間だからね、声がきちんと届く人向けの政策を優先させるのは仕方ない。
若者向けの支援政策を高齢者なみにしてもらうためには若者が声を上げるしかない。
選挙の言って投票率を上げ、政治家に圧力かける位は必要と思う。
『黙っていても政治家が何とかしてくれる』←これ、ちょっと情けないと思います。
自分には、選挙もいかずに政治について文句言う人の気持ちは分かりません。
政治を変えたければ、まず自分が変わらなければ。そう、思うのです。

あと、政治がわかりにくい、という人にもう一つ判断材料を。
政治家を金を得るための職業と考えている人がいます。
勝ち馬になるために、政党をコロコロ変えていく人々ですね。

こういう人こそ、政治に参加させたらいけないと思うのです。
ちょっと待って!その無所属は元ミンス
↑こちらのサイトを参照ください。

あと、いい記事が出ていたので紹介します。
【激闘 参院選】“元民主党候補”の厳しい前途 最悪の場合「2勝33敗」 (1/2ページ)
7・21参院選が猛暑の中、熱気を帯びている。報道各社の情勢調査では、民主党の苦戦が伝えられているが、元民主党候補の前途にも注目が集まっている。政治評論家の浅川博忠氏と夕刊フジが、民主党を離党するなどして他党公認や無所属で出馬した35人について序盤情勢を分析した結果、最悪のケースでは「2勝33敗」となることが分かった。残りの選挙戦で「民主党の呪縛」を断ち切ることができるのか。 ~後略
これが元民主党議員の参議院選候補者です。plt1307110729000-p1.jpg
参考にしてもらえると幸いです。

あと、当ブログのおすすめ比例代表区候補者を紹介します。
ヒゲの隊長 佐藤正久氏HP
保守本流 衛藤晟一氏HP
拉致解決の星 中山恭子氏HP
どのような人なのかは、ブログを参照してご自分で確認してみてください。
すごく魅力的で自分の票を託すに値する人物です。
投票は『自分の権利を託す行為』使わないと損しますよ!!

応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。