スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国、中国、必死ですな。

選挙も終わって、今日から平常運転です。
ランキングもだいぶ落ちました。
ま、一喜一憂せずに毎日きちんと記事を更新していきます。
でも、ランキングを気にしてしまうのはブロガーの宿命。
このブログ、好きで見に来ていますよ~という人はクリックお願いします。
そしたら、もっと頑張っちゃうかもしれませんよっ!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

参議院選挙の自民圧勝という結果を受けて、中韓はどのように反応しているのか?
予想を一ミリも外さない反応でしたね。
日中関係、緊迫局面へ=靖国参拝や尖閣国有化1年-安倍長期政権前提に戦略・中国
【北京時事】中国の習近平指導部は、21日の参院選で安倍晋三首相率いる自民党が圧勝したことで、長期政権を前提にした対日戦略の構築を迫られている。選挙結果は想定内だが、8月15日の終戦記念日や10月の秋季例大祭に安倍首相が靖国神社に参拝すれば、両国関係がさらに悪化するのは必至。また9月11日には沖縄県・尖閣諸島国有化1周年を迎え、反日感情が盛り上がる可能性も指摘される。日中関係はまた緊迫局面を迎えたと言えそうだ。
 参院選を受け、中国外務省の洪磊・副報道局長は22日、談話を出し「日本側が誠意をもって関係する問題を適切に処理・解決し、両国関係の改善のため努力するよう希望する」と表明したが、国営新華社通信や共産党機関紙・人民日報の論調は、安倍政権の右傾化への警戒が際立った。
 新華社は論評で「安倍の『日本を取り戻す』という夢の本質は結局、日本戦前のあの体制の再建をもくろむことであり、攻め込む準備を進める安倍の照準は平和憲法にある」と報じている。
 一方で「安倍の勝利獲得は、世界に秘めた憂いをもたらした」との見出しを1面に掲げた人民日報系の環球時報は「今後数カ月が中日関係の大勢にとって極めて重要」と指摘。安倍首相の靖国参拝のほか、尖閣諸島国有化1周年を挙げ、「中国は1周年の日を静かに過ごすことはあり得ない」と日本をけん制した。 
 中国政府は日本政府に対し、尖閣諸島をめぐり領土係争の存在や、領有権「棚上げ」を認めるよう求めており、安倍氏の柔軟姿勢がない限り首脳・外相会談に向けた「入り口にも入れない」(中国外務省幹部)と主張している。中国政府関係者は「中国で『右翼』として批判されている安倍氏との関係改善はもはや困難だ」と指摘し「安倍を相手とせず」が対日方針となっていることを示唆した。
 もはや突破口が見えない日中関係に関して同関係者は「両国関係にはこれから(尖閣問題以外にも)さまざまな問題が起こる。その際に関係が壊れないよう経済・人的・文化交流を推し進めるしかない」と述べている。(2013/07/22-20:40)

なるほど、靖国参拝されると相当困るんですね。
日本側が誠意をもって関係する問題を適切に処理・解決し、両国関係の改善のため努力するよう希望するってことだけど、十分に誠意を持って努力している。
「常に対話のドアは開いている」とし、中国側に呼びかけている。
中国にパイプを持つ高村自民党副総裁などが中国外遊を申し出ても断ってくるのは中国側だ。
その理由が尖閣諸島をめぐり領土係争の存在や、領有権「棚上げ」を認めるよう求めており、安倍氏の柔軟姿勢がない限り首脳・外相会談に向けた「入り口にも入れない」事を要求するからなんだけどね。
首脳会談を妨げているのは中国。
見方を変えると、首脳会談の実現に注文をつけておく必要がある。
首脳のレベルが違いすぎるのでハンデが欲しい。
って事なんでしょうねぇ。
米中首脳、明かされる会談の真実、都議選は自民党圧勝で近づく参院選…今後の政局を青山がズバリ!
img10914_130626-04ayaturi.jpg
「操り人形、習近平」を安倍さんと会談させる事態が共産党としては負け試合だろうしな。
安倍さんは胡錦涛も呆然とさせた実績があるんだし。
中国は完全に安倍外交に屈していた
会談の前にそれなりの成果をもぎ取っておきたいという中国側の思惑。
ロクでもない国家の顔を持つと大変なことになるなぁ。
日本は鳩山とか菅とかで十分に苦しんだし。
ま、中国に関しては受身で良いと思われる。
首脳会談に応じればやればいいし、応じなければしなければいい。
日本は特に困らない。

さて、韓国は?
【社説】安倍首相の勝利、右傾化の白紙小切手ではない
昨日の日本参議院選挙で安倍晋三首相が率いる自民・公明党連立政権が予想通り勝利した。安倍内閣に対する中間評価の性格を帯びた今回の選挙で勝ったことで、安倍首相は次の選挙が行われる2016年までに安定的に執権できる基盤を固めた。昨年12月の総選挙で衆議院の3分の2の議席を確保したのに続き、参議院でも過半数以上の議席を占めたことで、安倍首相は望む政策を推進できる政治的な動力を得た。しかし白紙小切手を委任されたと考えるのは傲慢な錯覚だ。
安倍首相の最大の勝因はアベノミクスに対する期待のためというのが一般的な分析だ。執権後に安倍内閣は無制限的な量的緩和で景気浮揚に力を注いだ。アベノミクスの成果については懐疑的な見方もなくはないが、「失われた20年」と呼ばれるほど低迷した日本社会の雰囲気を一新するのに寄与したのは事実だ。景気回復に対する有権者の期待が選挙で安倍首相支持につながったとみるのが妥当だ。
選挙を控えて安倍首相は改憲の必要性を強調してきた。武力行使と軍隊保有、交戦権を禁止した平和憲法を改め、軍隊を持って戦争ができる正常国家に変えようということだ。このため改憲発議要件を規定した憲法条項から手をつけ、現在の衆参両院の「3分の2以上の賛成」から「過半賛成」に緩和するということだ。しかし改憲に関しては日本国内の世論が分かれている。連立パートナーの公明党は反対している。十分に世論に耳を傾け、できる限り慎重に処理する問題だ主張している。
今回の選挙結果に喜んで右傾化を加速すれば、安倍内閣は世論の逆風を受ける可能性が高い。国際社会で日本の孤立も深まるだろう。韓国を含む周辺国は8月15日の終戦記念日を控え、安倍首相が靖国神社を参拝するかどうかに注目している。得票のために無理な公約をしたとしても、選挙で勝利した後には慎重に行動するのが政治的に賢明だ。安倍首相は悪化した韓日関係と日中関係からどう解決するか悩むことを望む。

国際社会で日本の孤立も深まるだろう?
はいはい、相変わらずですなぁ。
そして日本がどのように国際社会で孤立しているかというと。
安倍首相の東南ア訪問を発表
 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、安倍晋三首相が25日から3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピン3カ国を訪問し、各国首脳と会談すると発表した。首相はシンガポールで講演するほか、同国で米国のバイデン副大統領の表敬を受ける。
 首相の東南アジア訪問は、首相再登板後、1月のベトナム、タイ、インドネシア3カ国、5月のミャンマーに続き3度目。日本の首相の公式訪問は、マレーシア、フィリピンはそれぞれ6年ぶり、シンガポールは11年ぶりとなる。
 東南アジア歴訪の目的について、菅長官は「経済関係を中心に2国間の連携を深めたい」と説明した。
 
韓国を完璧に無視して東南アジア外遊出発。 
問:日本が孤立している国際社会とやらは、どこに存在しているのか?
解:韓国人の想像上の世界にのみ、存在します。
韓国人は惨めだろうなぁ。
歴史認識で日本を攻撃することで、日本に対する優位性を確保してきた国。
ようやくサムスンを始めとした企業も日本に対して優位に立ち、自尊心を満足できると思っていたら。
アベノミクスが始まり、円安になると途端に経済が苦しくなる。
慌てて歴史問題で日本を攻撃して円安を止めようとするが、日本は無視。
日韓スワップも黙っていれば日本から提案してくれたのに土下座要求され、破棄決定。
仕方なく中国に擦り寄りチラチラ日本を見るが日本は無視←今ここ。

今の日韓関係を分かりやすく解説している記事があります。
虫が良すぎる韓国!戦時徴用で日本企業に賠償支払命令 一方で投資呼びかけ
~前略~韓国の現在の対日姿勢は、「歴史認識」で一方的に日本を厳しく追及する大統領のほか、賠償金まで請求する市民がいる一方、“商売は別”とばかりに投資を呼びかける政府という、ムシが良すぎる状況だ。
サムスン電子が堅調のいまは、日本の素材・部品メーカーが巨大投資を続けているが、万が一、強制執行で日本企業の在韓資産が差し押さえられるようなことになれば、日本側に「韓国は法治国家ではない」との認識が広まり、企業は韓国への投資をハイリスクと認識するだろう。
 韓国政府は表向き「司法の判断」として状況を静観し、改善に積極的に動く姿勢をみせない。
 経済発展のために日韓基本条約を結び請求権協定によって韓国に5億ドルの外貨をもたらしたのが、当時の朴正煕大統領だ。朴大統領の日韓国交正常化という外交政策については、韓国ではここのところ、「無効だった」として、「外交政策の過ち」を批判する声も目立つ。
 その娘である朴槿恵大統領は「親日」批判を恐れるあまり、日韓関係の収拾に積極的に打って出られないという泥沼にはまっている。それどころか、日本には相変わらず「正しい歴史認識」を求めるばかりだ。 朴槿恵政権で外交関係を維持、外交の前面に立ち、関係を改善するべき韓国外務省は朴大統領の姿勢に逆らえず、かえって日本への挑発的な発言を強める。
 韓国がこの事態をどう収めるか。日本は注視している。

日本が謝罪しながら金を出せば日韓関係はうまくいくニダ。というのがパククネの言い分ですね。
アホか、関わるだけ損する国家と付き合う必要がどこにある。
これでもパククネは「ニューライト」と呼ばれる日本との歴史認識を冷静に考えよう、というムーブメントに参加していたんです。
そのニューライトの作った教科書は、それなりに事実関係を公平に記しており、今のファンタジー歴史とは違っています。
韓国の歴史教科書を読むこのリンクの後半部分参照。
しかし大統領になった途端に「1000年先も恨みは忘れない」ときたもんだ。
9d9b22aa_convert_20130610215827.jpg
じゃぁ、1000年後にもう一度話し合いましょう。
日本は韓国がいなくても全く困らない。

むしろ清々するわ!

清々するわ、と思ったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。