スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹に対する期待と不安

最低賃金廃止、橋下氏「雇用狙い」 維新公約に波紋
日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は30日、維新の政権公約「骨太2013~2016」に盛り込んだ「最低賃金制の廃止」について、雇用の創出が狙いだと説明。「ハードルを課せば、最低賃金を出せない企業や、本当ならあと2、3人雇えるのに1人しか雇えないという企業もある。できるかぎり多くの雇用を生み出したい」と述べた。市役所で報道陣に語った。
 一方で、収入が一定水準を下回る人については、所得税を免除し、逆に国が一定額を給付する「負の所得税」の考え方を導入し、国が最低限の収入を保障する考えを表明。最低限の収入の水準については「専門家が意見を出して制度設計する話。今の段階で出せない」として明示せず、「今の生活保護の支給基準は高すぎるところがある。負の所得税的な考え方では、水準は下がる」とも述べた。
 ネット上では、維新が公約に明記した「最低賃金制の廃止」について書き込みが相次いでいる。「労働する国民を奴隷化するものだ」「望むのは財界だけだろう」との批判の一方、「反対が出るだろうが、一石を投じるのは悪くない」と理解を示すものもある。

題名だけ見たら維新の会終わった~!と思いました。
記事の内容をよく読んでみると、そんな悪い案でもないような気がする。
今はデフレで少しでも雇用確保したいので、仕事のしたくても見つからない人に雇用を与えられる政策は有効と思う。
失業中の人が、生活保護を受けていたら、多少なりとも保護費の削減にもなるし、保護受けているより仕事している方が社会復帰しやすくなるし。
人が欲しいけど、経費がかかるので雇えない企業は助かるしね。
利益が上がっていて、内部留保溜め込むような企業には適用しない(雇用の拡大や設備投資をしなくて預金するからデフレ悪化するわけで)
起業後3年経過以上の、赤字の企業に限定する(この手当目的で起業する輩が出てくると思う)
成長率2%を達成した時点で、この政策は廃止する。
などの制限付ければ、有効と思うけどな。
最低賃金の設定を、各都道府県の格差を抑えた金額にすると、地域間格差の是正にもつながるし
(道州制推進派だから、そこらへんも盛り込むつもりと思われる)
維新は新自由主義なだけあり、規制緩和の政策に意欲的なのかと思った。
竹中平蔵氏あたりが絵を書いたんだろうな、と思ったらそうでもなかったみたい(笑)
http://www.hoshusokuhou.com/archives/20787883.html
維新と旧太陽の党の政党間の綱引きはなにげに続いているようですね。
空中分解しなければよいのですが。

橋下氏は、国政の政治手法に関しては未知数だけど、アジテーターとしての能力は高いと思う。
短いセンテンスで情報を伝え、敵を作りながら自分の意見を広めていく。
元祖で劇場型政治手法の小泉元首相を彷彿させますね。
ブレーンが竹中平蔵氏というのも、共通点。

他の政治家が言ったら問題となるようなことも、橋下氏の場合「また言っている」で終わることが多い気がする。
例えば、この発言とかがそうかな。
韓国と中国ともに国際司法裁判所(ICJ)の強制管轄権を受け入れるように
韓国と中国ともに国際司法裁判所(ICJ)の強制管轄権を受け入れるように。(それを受け入れないのは)韓国と中国がまだ先進国に入れないでいる最大のウイークポイントだ」
これ聞いたときは「よく言いました、橋本さん」と思ったもんな。

将来的に、橋本さんや、石原さんが特亜に言いたことを言って、安倍さんが老獪な外交進めるようなイメージがあります。
橋下「中国は、尖閣が自国領と思うならどうして国際司法裁判所に訴えないのだ。南沙諸島や、チベット、ウイグルなどで逆に訴えられる事を恐れているのではないか」
中国「橋下生意気、なんとかしろよ」
安倍さん「いやぁ、野党の党首の意見ですから。決して日本政府に意見ではないですよ」
中国「安倍総理の方で抑えないのか?」
安倍さん「日本は中国のように、一党独裁では無く、政党間での意見の違いは仕方ないですよ」
中国「・・・・」
なんて空想していて楽しかったです。

繰り返しますが、橋下徹という男の、アジテーターとしての能力は認めていても、政治家としての能力は未知数です。
政治家としての能力がわからない限り、決してトップに立たせてはいけない。
3年半の悪夢にて、期待感だけで政治を任せる危うさを勉強しましたからね。

扇動するだけして、暴走するなんて事ありえますからね。
それを考えると、橋下氏には若干の期待感と、一抹の不安を感じます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事を面白いと感じた方はクリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。