スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うるさい外野の人々は黙ってもらいたい。

今日も暑いですね。
エアコン29度設定+扇風機で過ごしています。
文明国日本に住んでいて良かった。
お隣には災害ではなく、人災で原発停止している国があるようです。
しみじみ日本人で良かった。
日本のためにも、記事は熱い心とクールな筆致で書いていきます(笑)
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

与那国町長選、陸自誘致派の現職3選 島を二分わずか47票差
陸上自衛隊の部隊誘致の是非を争点に、日本最西端の沖縄県与那国町(与那国島)で行われた任期満了に伴う町長選は11日投票、即日開票の結果、誘致推進派の自民現職、外間守吉氏(63)=公明推薦=が、反対派で無所属新人の農業、崎原正吉氏(65)=共産、社民、沖縄社大推薦=を破り、3選を果たした。
 投票率は95・48%で、得票数は外間氏553票、崎原氏506票。人口減少や高齢化などに苦しむ島の有権者1128人を二分する激戦となった。
 政府は国境に位置する南西諸島の防衛力強化のため、2015年度末までに与那国島に陸自沿岸監視部隊を新設する計画で、推進派の勝利により信任を得た格好だ。ただ得票数は拮抗しており、配備計画を強引に進めれば町民の反発が大きくなる可能性もある。


与那国島の判断に拍手したい。
台湾、中国にも近い。さらに尖閣諸島も近く。
普段から島の人々は、中国からの侵略の脅威を感じているのだろう。
中国の船が肉眼で見える範囲まで近づくのが日常らしい。
何か被害が出たわけではないが、怖いだろうな。
市長の外間氏は、過去に10億円の「迷惑料」を要求したりもしたいるが、今は推進派として活動している。
また変なこと言い出さなければいいけれど。
与那国島への沿岸監視部隊配置・移動警戒隊の展開
与那国島の人口は1500人程度。
そこに、自衛隊のレーダー基地が出来て、100人程度の自衛隊員が在中することになると島もかなり潤うだろう。
インフラの整備も格段に良くなるはずだ。
島にとっても、メリットも多い。
反対派の人々も多いらしいが、少しずつ自衛隊基地は受け入れられるようになればいいな。
あくまで、与那国島の住民の意思を尊重してもらいたい。
外部からきた人間の基地反対運動などに耳を傾けないで欲しいと切に願う。
今後も注視していきたい。

首相の靖国参拝に懸念 米議会報告書
【ワシントン=佐々木類】米議会調査局は2日、日米関係に関する報告書を公表し、安倍晋三首相が終戦記念日の15日に靖国神社を参拝すれば「北東アジア地域の緊張が激化する可能性がある」と指摘した。
 報告書は、安倍首相について「強固なナショナリズムの考えを持つことで知られる」と指摘。安倍首相や閣僚による歴史認識に関する言動は、「周辺国との関係を不安定にさせ、米国の国益を損ねるとの懸念を高めてきた」とした。
 また、首相が目指す憲法改正や集団的自衛権の行使容認に関し、中韓両国から警戒の目を向けられていると分析。「首相が日米関係をどう維持していくか依然として不透明だ」と否定的に報告している。
 米議会調査局は連邦議員の立法活動に役立てるために専門スタッフが定期的に報告書をまとめている。テーマは多種多様だが、専門家の個人的な見解が反映されるケースもある。
 今年5月の報告書でも慰安婦について、朝鮮日報の記事を検証しないまま引用し、「クリントン前国務長官が“性奴隷”という言葉を使うよう指示した」と明記した経緯がある。このため、「考証不足が目立つ内容だ」(与党関係者)などと、政府・与党から不快感の表明が相次いでいた。

アメリカは日本にとって同盟国であり、世界で最も重要なパートナーだ。
しかし、だとしても言わせてもらいたい。
内政干渉は止めてもらいたい、と。
周辺国との関係を不安定にさせ、米国の国益を損ねるとの懸念を高めてきたと書いているのが、アメリカの良いところだ。
中国や韓国のように歴史を絡めず、現在の政治状況で意見を述べている。
あくまでアメリカの国益についての意見、日本の国益とは別だ。ということは、アメリカもわかった上で、意見出している。
いっそ、清々しい。
日本も、日本の国益についての意見をガンガンアメリカに言ってやれ。
アメリカ人とか、言わなきゃわからない人種なんだから。
英語の様な、ストレートに意見を述べる言語で育った人間なんだからさ。
日本人みたいに「気持ちを推し量る」芸当ができるわけがない。
朝鮮日報の記事を検証しないまま引用し、「クリントン前国務長官が“性奴隷”という言葉を使うよう指示した」と明記した経緯がある
こんなの、ちゃんと文句言っておかないから悪い方向に向かうんだ。
靖国参拝は個人の自由。何度の何度もくり返し言っておきたい。

竹島訪問1年―政治が世論をあおる罪
一国のリーダーの愚かな行動や発言が隣国との関係をめちゃくちゃにし、草の根交流や経済活動まで滞らせてしまう。
 1年前、韓国の李明博(イミョンバク)・前大統領が強行した竹島訪問と、それに続く天皇への謝罪要求は、まさにそんな言動だった。
 その後、日本では安倍首相が、韓国では朴槿恵(パククネ)大統領が誕生したが、関係改善の兆しは見えない。
 首脳同士が会えず、閣僚間の接触もほとんどないような状態がこれほど長期に及ぶのは、1965年の国交正常化以降、極めて異例のことである。
 政治がナショナリズムをあおれば、どんな結果を招くか。そのことを両首脳は肝に銘じるとともに、関係修復に向けた取り組みを急がねばならない。
 ソウル中心部の明洞。繁華街を埋めていた日本人の姿は昨秋以降、めっきり減った。
 実際、日本から韓国への観光客は昨年、過去最高を更新したものの竹島騒動後は前年比2割減の状態が続く。このところの円安や不安定な北朝鮮情勢も加わり、日本企業の対韓投資も減っている。
 これが、浅はかな行動がもたらした代償である。韓国では、李氏の言動がいかに国益を害したかという指摘も聞かれる。
 李氏は竹島訪問後、従軍慰安婦問題で日本政府が誠意をみせないから行った、と説明した。それが行動を正当化する理由には到底ならないが、日韓に歴史認識問題が重く横たわっていることは事実だ。
 にもかかわらず、日本側では最近も橋下徹大阪市長の慰安婦発言や閣僚らの靖国参拝、首相の「侵略の定義」発言などが相次いだ。これらは韓国や中国との関係をさらに冷え込ませただけではない。
 欧米からもその人権感覚や歴史認識を疑う声が出るなど、国際社会での日本のイメージをいたく傷つけた。
 韓国の司法が、戦時中の元徴用工らの訴えを認め、日本企業に損害賠償を命じるなど新たな火種も持ち上がっている。
 こんな時こそ、みずから挑発的な言動を控え、国民に冷静な対応を呼びかける。それが政治家の仕事だろう。
 まずは8月15日の終戦記念日に、首相や主要閣僚は靖国参拝を控える。韓国の政治指導者らも、国民の対日感情を刺激するような言動を慎む。
 ともにアジアのリーダーとして責任を負う隣国同士が、自分たちの問題さえ解決できない。こんな醜態をいつまで世界にさらすつもりなのか。

出た、朝日の伝統芸「マッチポンプ」
マッチポンプ=自分で問題やもめごとを起こしておいてから収拾を持ちかけ、何らかの報酬を受け取ろうとすること。また、その人。マッチで火を付けてポンプで消火するという二役を一人でこなす意。
慰安婦問題も、靖国問題も朝日が火をつけた。
そんなことをしておいて、書いていることは。
こんな時こそ、みずから挑発的な言動を控え、国民に冷静な対応を呼びかける。それが政治家の仕事だろう。
欧米からもその人権感覚や歴史認識を疑う声が出るなど、国際社会での日本のイメージをいたく傷つけた。

お前が言うな、朝日!!!
読者の皆様へお願いです。
なにか、朝日新聞にダメージを与える方法があれば教えていただきたい。
消費税の新聞への軽減税率適用反対については記事を各予定なので、それ以外で何かあれば。

クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

国民からの損害賠償請求

自分はブログ主様の質問について真剣に考えたことがあります。
そう「著しく国益を損なう記事を書いた朝日新聞に対し、日本国民が訴訟を起こせないかを・・・」


裁判の証拠資料として朝日が資料も提出しなければいけないですし、結果捏造・もしくは証拠認定できないという裁判結果の元「日本国民に著しく損害を与えた(実害・精神的)という判断は勝ち得るのでは?と思っています」

個人間であれば「名誉を傷つけられた」「精神的に傷ついた」ということで賠償を求めることは多いですが、「日本国民」が対称だとあまりにも対象が広すぎて実現できていないだけだと推察します。

上手く実現して国民の代表団が献金を元に活動できないんですかね・・・・


失礼しました


Re: 国民からの損害賠償請求

> 自分はブログ主様の質問について真剣に考えたことがあります。
> そう「著しく国益を損なう記事を書いた朝日新聞に対し、日本国民が訴訟を起こせないかを・・・」
訴訟かぁ、なるほど。
いま思ったのですが。
NHKの「JAPANデビュー裁判」は起ったのに、朝日への訴訟が起きないのは変ですね?
「チャンネル桜」のような核となる団体が必要なのかな。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。