スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特亜に負けず、主張する日本~安倍政権応援。

国際司法裁への提訴検討 政府、戦時徴用問題で 韓国で賠償命令確定時
戦時中に朝鮮半島から徴用された韓国人らが賠償を求めた訴訟で、新日鉄住金(旧日本製鉄、本社・東京)など日本企業に賠償命令が相次いだことを受け、政府は29日、韓国大法院(最高裁)で敗訴が確定した場合、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方向で検討に入った。韓国の同意がなければ裁判は開かれないが、解決済みの戦後補償の前提を覆す判決の不当さを国際社会に訴える意義は大きいと判断している。
 首相周辺は「日本側に瑕疵(かし)はなく国際司法裁判所に提訴すべきだ」との考えを明かし、別の周辺も「賠償が確定すれば提訴するのは当然だ」と述べた。
 日韓間の賠償請求権問題は、昭和40年の国交正常化に伴い締結された日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決された」と明記。協定には日本が韓国に無償3億ドル、有償2億ドルを供与することが盛り込まれ、日韓両政府は協定に基づき戦時徴用問題も解決済みとの立場をとっている。
 戦時徴用訴訟をめぐり外務省は「仲裁委員会の発足を求める」(幹部)との立場を強調する。協定の3条では両国間で紛争が起きた際、両国が合意した第三国の委員を含む仲裁委を発足させるとの規定がある。
首相周辺も仲裁委の規定を把握しているものの、国際司法裁への提訴検討を強調するのは、韓国側が仲裁委の設置に応じるか定かでないためだ。
 無策のまま時間を浪費すれば日本側にデメリットが生じる。徴用訴訟ではすでに、韓国の高裁レベルで日本企業に賠償を命じる判決が相次いでおり、賠償命令が確定すれば日本企業は韓国での保有資産を差し押さえられる恐れもある。
 このため国際司法裁への提訴で日本の正当性を表明し、差し押さえを踏みとどまらせる狙いがある。
 新日鉄住金は韓国の高裁判決を不当として上告。最高裁で「主張の正当性を明らかにしていく」と説明しているが、最高裁で敗訴が確定すれば賠償に応じる意向だという。
 最高裁が判断を翻す可能性は低いとされ、仮に新日鉄住金が賠償に応じれば、元徴用工や遺族らの賠償請求が続出し、解決済みの補償問題も次々と蒸し返されかねない。こうした事態は日韓間の戦後処理の崩壊を意味する。政府は国際司法裁への提訴で日本企業を全面支援する姿勢を示し、企業側にも一致した対応を求めたい考えだ。

国際司法裁判所への提訴、ぜひやってもらいたい。
ようやく、納得のいく対応をしてくれましたね。
まだ、国際司法裁判所への提訴は決定ではないけれど、提訴するというメッセージだけでもかなり協力だと思う。
・慰安婦の訴えも国際司法裁判所で方をつけようか?
・ついでに竹島の提訴もしちゃう?
・これを機会に、日韓基本条約をもっと韓国民に知らしめよう。
ここら辺が韓国へのプレッシャーとして伝わるはずだ。
そもそも、今まで『遺憾』で終わらせていたので、調子に乗っているのであって。
日韓基本条約を守らないのなら、訴えるというのは当たり前の行為。
国際条約を守らないのは韓国で、事を大きくすると困るのは韓国であり日本ではない。
それなのに、韓国の裁判所が勝手に大きくしている。
なんだか火をつけて回るのに責任は取らない朝日新聞のようだ。
共通点は左巻きってところですね。
黙っていたら、韓国の方も「日本人は困っているニダ」とか勘違いする。
もっと騒いで韓国の非常識っぷりを世界に広めればいい。
それが日本のためだけでなく、世界のためでもある。


離島防衛で中国けん制 小野寺防衛相が敵基地攻撃に言及
小野寺五典防衛相は29日(日本時間同)、ブルネイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議で演説し、沖縄県・尖閣諸島での日中対立を念頭に離島防衛を強化すると強調した。中国をけん制した形だ。敵基地攻撃能力の保持をめぐる議論にも言及した。 小野寺氏は、離島防衛は自衛隊の海兵隊機能の充実などが柱とした上で、安倍政権の安保政策について「周辺諸国の挑発的行動を抑止し、予期せぬ紛争を防ぐ上で最低限必要な措置だ」と語った。同時に「地域諸国に誤解がないよう丁寧に説明する」と述べた。
 アジア太平洋地域の安全保障環境について、中国の台頭を念頭に、不安定要因が存在しているとの認識を表明。「対話を基調に問題の解決を図る習慣を根付かせることが重要だ」と指摘した。アジア各国の軍事力の透明性向上や信頼醸成へ向け、ASEANの取り組みに期待感を示した。敵基地攻撃能力に関して具体的内容には踏み込まなかった。(共同)

GJ小野寺五典ちゃん。
(小野寺大臣ってなんだか「ちゃん」付けしたくなる風貌してるよね?)
最近は散々中国、韓国から「日本が右傾化しているアル」とか言われているのに。
ものともしない(笑)
具体的内容には踏み込まなたったにせよ、敵基地攻撃能力について話したのは相当のことだよ。
いざとなったらミサイル打ち込める
これがあると無いでは、相当敵国に対するプレッシャーは変わってくる。
もちろん、ASEANの国々も日本の印象は変わるだろう。
今まで何をされても黙って耐えていた日本が。
いざとなったら本気で怒るからな!なんて言っているわけだ。
アジアで中国に互角に対抗できる唯一の国として期待されている。
そのASEANからの期待は、日本の国益となる。
中国包囲網を完成させるには、日本には覚悟があるということを見せる必要がある。
戦う覚悟がない国と、協力したいと思うわけがない。
戦争をする覚悟ではない。
いざとなったら戦争も辞さないという覚悟だ。
この二つは似ているけど、目的が全く違う。
防衛力を整え、戦えばひどい目に合う事を伝えるのが、戦争を回避する方法だ。
もちろん、防衛力だけでなく、対話も重要だし必要だ。
ただ、対話を有利に運ぶために、防衛力、軍事力は必要不可欠だ。
安倍政権になって、防衛力を増強する議論はタブーではなくなった。
中国、韓国などの「反日国家」に対しての反論も行えるようになった。
もう、日本は黙ってばかりではなく、主張する日本と変わっている。
明らかに安倍政権は、結果を出していると思う。
そんな中「期待と違って裏切られた」とか「結局、口だけ」という意見があるのも知っています。
しかし、政治について考えて欲しい。
経済や、国際状況、国内の支持率など、変化する内容が大きいし多すぎる。
それらを全て考えずに、決められたことを決められたまま猪突猛進する政治で良いわけがない。
その時、その時の状況に合わせて政策も変えていく必要もあるだろう。
評価には絶対評価と相対評価がある。
絶対評価:評価のうち、特定の基準に基づいて絶対的に評価する方法。
相対評価:評価のうち、複数の被験者、試料の間で相対的に行うもの。
政治家の評価に照らし合わせれば。
絶対評価は、公約を守っているか守っていないか?
相対評価は、ほかの政権に比べてどうだったか?
自分は相対評価で政治家を判断しています。
今のところ、安倍内閣は歴代内閣でもトップクラスの仕事をしていると思います。
このまま3年間政権を維持して、さらに大きな仕事をしてもらいたい。
クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんいちわ

そろそろ、暑さも和らぐといいですね

きいちさんのご意見には、とっても賛成です。

日本では下手に出ると、相手も遠慮して譲歩してくれるなんてこともありますけれど、世界では図に乗って更なる無理難題を吹っかけてくる人種も多いのですから、相手かまわずニコニコしてあげれば、うまく行くと思うのは間違いです。

安倍総理は、なんとなくそこのところの認識が、過去の政権にくらべると良いように思えますので、わたしも少し長続きしてくれるといいなあと、願っております。

No title

2013年08月30日 19:54
テキサス親父日本事務局から緊急拡散のお願い

テキサス親父の慰安婦関連の動画「慰安婦は売春婦」が何らかの力によって削除されました。
ここのところ、VANKと思われる勢力からの攻撃を受けています。
慰安婦の事実を知られると困る連中の仕業である事は間違いないと思います。そこで、インターネットの世界では「消せば増える」という事を知らしめる為に今朝、テキサス親父よりこの動画に関する複製の他チャンネルへのアップロードの許可を貰いました。Youtubeアカウントをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ご協力をお願い致します。
h ttp://staff.texas-daddy.com/ほぼRTがメインですが情報収集のためにTwitterを始めました。
h ttps://twitter.com/greentea_drop

h ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21713722?cate_newarrival_g_politics

Re: No title

ふすべ庵さん、コメントありがとう。

自分たちがそうだからといって、世界も同じと思っていましたよね、今までの日本は。
そろそろ、きちんと世界を見回して現実的な外交行って欲しいです。
強かで、少しだけズルイ位の。

とりあえず3年は継続しそうですね。
次の政権が全く考えられないのが不安ですが。

Re: No title

*さん、情報ありがとうございます。

あさってあたりには慰安婦像とからめた記事にします。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。