スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交上手だなぁ、と思う。

安倍さんが、シリア問題でアメリカとロシアの板挟みにあっていたようです。
板挟みと言われると苦しそうだけど、実質はそんなことはなく。
アメリカもロシアも日本の支持を取り付けたいと思っています。
この機会に、恩を高く売りつけておけばいいと思います(笑)

安倍首相、米ロの板挟みに=シリア介入是非に触れず
【サンクトペテルブルク時事】安倍晋三首相は5日、ロシア・サンクトペテルブルクで同国のプーチン大統領、米国のオバマ大統領と相次いで会談した。首相は日米同盟重視を外交の基本に据えるが、北方領土交渉を抱えるロシアとも良好な関係を維持したいのが本音。米ロはシリアへの軍事介入の是非をめぐって鋭く対立しており、板挟みとなった首相は態度を明確にしなかった。
 「大統領の考えは十分理解している。国際社会の幅広いコンセンサスを得ようとする大統領の努力を評価する」。首相はオバマ大統領との会談で、軍事介入を支持するかどうかに言及しなかったものの、米国の立場には理解を示した。
 これに先立つプーチン大統領との会談では「シリアで化学兵器が使用された可能性は極めて高い。ロシアを含む国際社会と緊密に連携していく」と強調。やはり軍事介入の是非には触れず、これに反対するロシアとも協調する姿勢を伝えた。
 日本政府は「日米同盟を優先するのは当然」(高官)としており、米国が介入に踏み切れば歩調を合わせるのが基本方針だ。5日の日米首脳会談は米側が前日の4日になって急きょ申し入れてきた経緯があり、政府内では「米国は日本の支持を取り付けたがっている」(関係者)との見方も広がっていた。
 一方、今回の日ロ首脳会談を北方領土交渉を進める重要な機会と位置付けていた首相には、「ロシアを刺激したくない」(政府関係者)との思いがあった。日ロ首脳会談では、外務次官級協議の継続を確認。首相はシリア問題で旗幟(きし)を鮮明にしないまま、ひとまず両首脳との会談を乗り切った形で、同行筋は「軍事介入が遅れてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 もっとも、米議会は9日にも軍事介入承認決議案を採決。可決されればオバマ政権はシリアへの攻撃を実行するとみられ、日本が支持表明を迫られるのも時間の問題と言える。ただ、その場合も介入「支持」までは踏み込まず、「理解」にとどめるべきだとの声も政府内では出ている。

阿部装置、G20で強かな外交交渉を行っていますね。
アメリカは日本にシリア空爆の支持を得たい。
ロシアは、シリア空爆の牽制するため日本にも釘をさしておきたい。
まさか、プーチンも日本がシリア空爆について反対するとは思っていないでしょう。
ただ、日露の首脳が逢うからにはこの話題は避けられないから言っただけと思うけどね。
日本政府は「日米同盟を優先するのは当然」(高官)としており、米国が介入に踏み切れば歩調を合わせるのが基本方針だ。というのは当然です。
アメリカは日本の同盟国。
よほどのことがない限り、アメリカの敵に回ることは避けるべき。
せっかく、アメリカに恩を売る機会なので、思いっきり売っておきたいねぇ。
ただ、介入「支持」までは踏み込まず、「理解」にとどめるべきだとの声も政府内では出ている。 という意見もわからないでもない。
シリア政府側が化学兵器を使ったという証拠があれば『支持』
証拠が無ければ『理解』と使い分けるのがいいように思える。
イラクみたいに、空爆したはいいけど濡れ衣だったとか、同じ轍を踏みたくないからね。
ロシアも協力できるところは協力できるけど、腹の中は見えない。
独裁国家の横暴。←クリック。
2プラス2、11月に開催=シリア情勢も議論-日ロ首脳←クリック。
ロシアとは北方領土や中国の牽制など話し合うことも多い。
でも仲良くすべき国のワンオブゼムでしかないからね。
が、ワンオブゼムとしてアメリカや中国にプレッシャーをかけられる数少ない国だと思う。
ある程度の考慮をしつつ、うまく付き合うのが日本の国益だ。
同盟国アメリカを尊重しつつ、全方位外交を遂行する(特亜以外)
安倍政権の外交は外交下手な日本では珍しく、したたかにうまく立ち回っていると感じる。
日本の国益は確保しつつ、シリア国民の手助けとなるような判断をしてもらいたい。
そういう判断が出来る政権だと信頼しています。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当の敵は米国

日本の取るべき道を考えると・・・

韓国→メリットゼロ 切り捨ててよし 
中国→    〃           ただし警戒必要
米国→少しずつ距離をとりながら、自立を目指す 貿易など大事な相手

米は大事な同盟国ではありますが、経済的なつながりは保ちつつも自立できるように 防衛&自主憲法を一刻も早く作っておく必要があります

米でチャイナ系か韓国系大統領が誕生する可能性があり、そうなった時何が起きるかは 言わずもがなです 又TPPで日本人奴隷化が実現される可能性もあります・・

中韓とは違い、米と縁を切ることは経済的に大打撃があるため、ムカつくけど付き合わざるを得ない相手なのがつらい・・

最も厄介な相手は米国かも・・・     

Re: 本当の敵は米国

mikuさん、コメントありがとう。
アメリカラスボス説、たしかにありますね。
良くも悪くもアメリカに経済、防衛を依存しているこの状態。
揺籃に乗せられている。
力をつけなければ行けませんね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。