スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝:日韓首脳会談延期(祈:永遠に)

米国での安倍首相発言に中国、韓国メディアがかみつく
安倍晋三首相が米ニューヨークで行った25日(日本時間26日)の講演で、日本の防衛費の伸びが中国の10分の1以下であることを指摘し、「(それでも)私を右翼の軍国主義者と呼びたいのならどうぞ」と発言したことに、中国と韓国のメディアが猛反発している。 【ソウル=黒田勝弘】安倍晋三首相の発言に対し、韓国各紙は27日、「本性現る」などと大々的に伝えている。安倍首相にとっては「余裕のユーモア」だったが、“安倍たたき”に熱を上げる韓国メディアには相変わらず余裕はないようだ。

 韓国や中国での「軍国主義復活」論を皮肉った安倍発言に、ニューヨークの現場では爆笑が沸いたというが、韓国マスコミは「(ついに)本性」(朝鮮日報)とか「突っ走る安倍」(中央日報)「極端発言」(東亜日報)「軍備増強を強弁」(韓国日報)などと真面目に一斉非難している。

 また安倍首相が目指す「積極的平和主義」についても「軍事大国への偽装」として評価していない。

 中には「中国を意識し中国こそ軍国主義と反論したもの」と解説しているのもあったが、安倍首相を「極右」とか「軍国主義」とする非難キャンペーンを続けてきたのはむしろ韓国メディアだった。

 韓国では中国の軍事的膨張には警戒が弱く、日本の防衛費の実情が伝えられることもほとんどない。その意味で今回の安倍発言は韓国世論に日中比較論を提供するいい機会になっている。

【北京=川越一】中国共産党機関紙、人民日報は27日付のコラムで、安倍晋三首相の発言を「破れかぶれの横暴、恐れ知らずがエスカレート」したと非難した。

 コラムは、安倍首相が唱える価値観外交や、憲法改正の動きを、それぞれ「狂想」「衝動」と切り捨てたほか、防衛費に関し中国を引き合いに出したことにも反発。「中国の国際的イメージを毀損(きそん)するという、腹黒い魂胆にすぎぬことが見て取れる」と主張した。さらに、「かくも悪辣(あくらつ)な政治的レッテルを自らに貼る自信はどこから来るのか?」などと、安倍首相を危険視する論調に終始した。

中国と韓国のメディア、予想通りの反応ですね。
「はは、やっぱり叩かれてますなぁ」とか余裕の発言していそうだ、安倍さん。
しかし中国、韓国ともに予想を一ミリも外さない反応で、何も面白くないですね。

日韓外相会談、物別れ APECでの首脳会談見送りへ
~前略~
日本側は安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談の早期実現を求めたが、会談では両国の溝の大きさが目立つ形となった。このため日本政府は、10月7、8両日のインドネシア・バリ島でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた日韓首脳会談開催を見送る方針だ。
 首脳会談について、岸田氏は外相会談後、記者団に「何も決まっていない」と述べた。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も27日の記者会見で、日韓外相会談の結果を受けて「まず事務レベルで会談を続けていくことの方が大事だ」と述べ、再開を急がない立場を強調した。

祝、日韓首脳会談延期決定。
これを安倍さんが狙ったとしたら、策士だなぁ。
むしろ、このまま日韓首脳会談は延期で良いよね。
中国は「敵」であり、いろいろと根回しやら取り決めやらを決めたほうがいいから、首脳会談は必要と思う。
特亜との付き合いは、なんでも反対すればいいというものでもないからね。
ただ、韓国との首脳会談は行っても何もメリットは無いし。
安倍さんは、民主党とは違って韓国に対して、そう簡単に支援は行わないとは思うけど。
不愉快になるだけだから日韓首脳会談は行わないでもらいたい。

中央日報で面白い記事がありました。
「韓日、経済・安保から関係正常化を」(1)
 ~前略~ 金永熙中央日報論説委員と若宮啓文元朝日新聞主筆。韓国と日本で“言論の知性”に数えられる2人が、こう着状態に陥った韓日関係を改善する知恵を見出すために額を突き合わせた。人間開発研究院(チョン・マンギ会長)が26日開催した「アジア時代・北東アジアの平和と繁栄に向けた韓日関係の未来」という対談からだ。

金論説委員は「韓日関係は謝罪→反発→謝罪→反発のパターンを繰り返してきた」として「両国社会の文化的な和解がなければ謝罪を繰り返しても真の発展はなく、日本政府の謝罪は右派の逆風を招いてむしろ両国関係を悪化させかねない」と指摘した。さらに「フランスがドイツを北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)の多者枠組みに引き込んだように、韓国は経済的に相互依存したクモの巣の網で日本をしばり、北東アジアと東アジアの多者安保体制で日本を牽制しよう」と解決法を提示した。 若宮元主筆は「ドイツのアデナウアー首相とフランスのド・ゴール大統領の政治的リーダーシップと道徳的権威が、両国の歴史的和解(1958年)を導いたという金論説委員の見解に同意する」としつつも「独仏関係と東アジアの環境は全く同じではない」と話した。

彼は「(日本の植民地時期に)臨時政府で活動した李承晩(イ・スンマン)大統領は、ドゴールがそうしたように日本に和解しようと言っていたら良かったはずだが、53年に日本を訪問した李大統領は日本を嫌っていたし当時会った吉田茂首相は植民地支配に対する反省がなく、和解のための修交交渉を実現することができなかった」と述べて残念な思いを表した。

彼は引き続き「村山富市や河野洋平のような日本の良心的な政治家たちが主導して、国家賠償ではなかったが慰安婦被害者女性のために日本がアジア女性基金をつくったが、韓国はそれも受け入れることができなかった」として「韓日基本条約(65年)で終結した賠償問題を今になって韓国の裁判所がたびたびひっくり返すような判決をしており、日本の人々は韓国政治と裁判所が変だと思っている」と日本の雰囲気を伝えた。

2人は日本の植民支配とドイツのホロコーストの比較などをめぐっても見解の差を見せた。若宮元主筆は「日本の戦争と植民地支配は良いものではなかったが、ドイツのホロコーストと全く同じだと批判すれば日本人は感情的に受け入れることができない」と話した。しかし金論説委員は「南京大虐殺や731部隊の生体実験だけでなく日本が名前と姓を変えるように強要して韓国語を使えなくしたことは魂に対する虐殺だった」として「量的にはホロコーストが非常に大きかったかも分からないが、質的に見れば日本の植民地支配がそれに劣らないという事実を、日本人は認めなければならない」と反論した。

韓国は経済的に相互依存したクモの巣の網で日本をしばり~とかあるんですが。
別に韓国に縛られているわけではないんだけどね。
韓国が無くなっても、ほかのお客さんを捕まえればいいだけ。
所詮「組立工場」なんだから、韓国の代わりをする国はいくらでもあるしね。
ただ隣にあるから付き合わざるおえない、というのが真実。
この国が隣になかったらどんなに良いだろう?
4b04c3c0-s.jpg
気分爽快ですよね(笑)
南京大虐殺や731部隊の生体実験だけでなく日本が名前と姓を変えるように強要して韓国語を使えなくしたことは魂に対する虐殺だった~とか、本気で言っているのかね?
一流紙といわれている中央日報の論説員でさえこの認識。
南京大虐殺や731部隊の実験とかはなかったし。
仮にあったとしても韓国は当時日本人であり、被害者側ではなく、加害者側。
日本が名前と姓を変えるように強要にしても。
nakayama3.jpg
氏の創設は自由、と通達しているにもかかわらず朝鮮人が役所に殺到。
これでウリ達も一等国民ニダ~とかホルホルしていたんだけどね。
韓国語を使えなくした~に関しても。
当時はハングルも教えていたという証拠がバリバリ残っているんですけど。
韓国人「日帝時代の小学校の教科書(参考書)をアップする」→なぜハングルを教えているのか?
さらには一番面白いのが。
質的に見れば日本の植民地支配がそれに劣らないという事実を、日本人は認めなければならない
認めるわけ無いでしょ?
ホロコーストは350万人もの虐殺を行ったが、日本人は35年かけて朝鮮人を1300万人から2600何人に倍増させた。
朝鮮人の識字率は4%程度だったのは60%まで上昇させた。
超劣化民族を頑張って食わせてやり、教育してやったのだ、どこがホロコーストなのだろう。
反省すべき点があるとするならば。
朝鮮人を倍に増やしてしまい申し訳ありませんでした。
と世界に向けて謝罪したい気持ちだ。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

精神的な(笑)
精神的にやられたのはこっちですよね。
支那朝鮮は消えてよろしい。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。