スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税決定。なぜなのか?これからどうするのか?

消費税、来年4月から8%=安倍首相「経済再生と両立可能」-対策5兆円・閣議決定
政府は1日夕の閣議で、現行5%の消費税率を2014年4月から予定通り8%に引き上げることを決定した。社会保障制度を持続可能なものにするとともに、財政健全化を図るため、安倍晋三首相が決断した。消費税率引き上げは1997年4月以来17年ぶりで、上げ幅は前回(2%)を上回る。景気を下支えするため、企業に設備投資や賃上げを促す減税措置や、公共投資を柱とする5兆円規模の経済対策を、12月上旬に策定する方針も決めた。

 首相はこの後、首相官邸で記者会見し、「本日、消費税を現行5%から8%に3%引き上げる決断をした」と正式表明。「経済再生と財政健全化は両立し得る。これが熟慮した上での結論だ」と説明した。15年10月に予定される税率10%への再引き上げについては「経済状況等を総合的に勘案し、判断時期を含め適切に判断したい」と述べ、増税後の景気動向を見極めた上で改めて結論を出す考えを強調した。
 閣議では、東日本大震災からの復興財源に充てる特別法人税について、1年前倒しして13年度末での廃止を検討することも決めた。これに関し、首相は15年度末までの25兆円の復興財源確保が前提とした上で、「検討に当たっては廃止が賃金上昇につながっていくことを踏まえ、12月中に結論を得たい」と語り、企業側の対応を踏まえて判断する姿勢を示した。(2013/10/01-20:20)

消費税増税が決まってしまいましたね。
残念です。
経済学的には、デフレ時の増税は消費を冷え込ませ、税収はむしろ低下してしまうというのが通説です。
1997年の橋本龍太郎総理の3%から5%上昇の時も税収は低下しました。
デフレ時の増税がマイナスなことは、理論的にも、経験的にも証明されていることなんです。
それではなぜ安倍さんは消費税増税を決断したのか?
安倍さんは総理大臣であり、経済学者ではないからでしょうね。
経済学だけの論理で政治判断は出来ません。
市場の反応、経済界の意見、官僚の操作、自民党内の意見、公明党とのすり合わせ、他国との関係、そして主権たる国民の声などを勘案して判断しなければいけません。
経済学的にマイナスなことでも政策として行わなければいけないと判断したのでしょう。
↓↓過去記事も参照してもらえると嬉しいです。
消費税増税決定?安倍さんの凄みを感じる。←クリック。
増税による景気の冷え込みを防ぐために、大幅な経済対策を行うそうです。
これはブレーキをかけながら、アクセルを踏み込むような状態。
素人には無駄なお金を使うことになると思うのですが。
財務相の麻生財務大臣兼副総理、甘利経済再生担当相が勧めた意見です。
これに、内閣官房参与の浜田宏一・エール大名誉教授や、本田悦朗・静岡県立大教授などが推奨してきた、年間1%ずつ上げていくという意見をかけあわせたことによる経済対策なのでしょう。
安倍さんが麻生さん、浜田宏一内閣官房参与、本田悦郎教授の意見を取り入れ作り上げた政策。
これらの人々を信じか信じないかといえば、自分は信じます。

消費税増税に関しての記事だ多量に出ていますが、これらの記事は読んでいたほうが良いと思います。
(上)「私たちにほかに道はない」 消費税率8%に引き上げ発表 ←クリック。
産経記者が書く、安倍内閣の裏話。
どういう経緯で安倍さんが増税を決意したか、新聞記者ならではの情報で書いています。
面白いです。
「経済再生と財政健全化は両立しうる」 安倍首相会見詳報←クリック。
安倍さんの会見の詳報です。
一時ソースとして把握しておきたい。
「10%への引き上げは経済状況などを総合的に勘案」 安倍首相会見質疑応答←クリック。
安倍さんの会見時の質疑応答。
こちらも一時ソースとして把握しておきましょう。

これから、国を思う人々が国を思うがゆえに安倍さんの政権運営を批判してくるかもしれない。
そう言う人は、これらの情報をキチンを把握した上で、批判してもらいたい。
そういう人たちとは、有意義なやりとりができると思うのだ。
また、国を愛していない、日本を陥れることが大好きな人が安倍政権の足を引っ張ってこようとするだろう。
さらには、自分の利益のために政権を倒そうとする人も出てくるだろう。
自分は全力で『日本を愛さない』人々と戦っていきたい。
消費税を10%上昇するときの判断、そして軽減税率導入とこれからも様々な戦いが続きます。
安倍政権を応援しつつ、自民党を監視、反日勢力を牽制していきます。
まだまだ自分がやれる事はあるはずだ。

応援クリックしてくれるとさらに頑張っちゃいますよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。

 来年4月に消費税率を8パーセントに引き上げることを表明した安倍総理、未だデフレ状態にも関わらず増税するのはかえってマイナスになる可能性が高いが、それまでデフレを解消する自信があるのでしょうか?

 それに増税以外に財源を確保する対策はなかったのかって言いたくもなりますね。
 いつぞや政府は自分たちで身を切る政策を強調しながら、それとは真逆のことをやろうとしていることに気づいてないのだろうか。もう一つ増税するにせよ、軽減税率導入などの別の案も打ち出すべきです。

 怖いのはこれが支持率低下につながらないかですね。これまで増税を打ち出したこれまでの総理は支持率がガクンと下がったケースも少なくないですから、支持率低下と言うリスク覚悟でのことでしょうかね?
 もう一つ言えること、これに野党が反発し審議拒否なんてストまがいのことをすれば、最近のアメリカのような政府機関が一部閉鎖と言うことも考えられます。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-3628.html

安倍首相は新自由主義者だったという事

安倍首相は前々から、新自由主義経済を本当に心から信じているフシが有りました。

今回の消費増税も、トリクルダウン理論を信じたのでしょう。
(消費増税で、庶民が苦しくなっても「外貨を稼げる企業」の業績が良くなれば、大丈夫!と信じている。)

地道に、国内需要を創出(庶民の懐を温かくする)する事は捨て、
グローバル市場で企業に外貨を稼いでもらう政策を選択したという事です。
(モデルは南朝鮮の経済体制)

今後、安倍政権は、

庶民から奪った資金を、「法人減税で、外貨を稼げる企業」に与える政策や、

「外資を稼げる企業」のグローバル市場でのシェア拡大を後押しする政策(TPP参加、労働条件の規制緩和)を推し進めようとするでしょう。


尚、当方は、新自由主義経済も、労働条件の規制緩和も、TPP参加も反対です。

何れ、安倍政権は、消費増税により、デフレ不況を招いた事を断崖され、政権から放逐されます。
安倍首相に望む事は、
その際、「他の自民党内の新自由主義者」と共に、抱き合い心中する事のみです。

No title

Re: No title

アジシオ次郎さん、コメントありがとう。
安倍さんは勝算があると判断したのか。
それともかけに出ざる負えなかったのか。
微妙なことろですね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。